ユーザーとサービスのためのテンプレートの更新Refreshing templates for users and services

*適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365**Applies to: Azure Information Protection, Office 365*

*関連: Windows 用のクラシッククライアント Azure Information Protectionます。*Relevant for: Azure Information Protection classic client for Windows. 統一されたラベル付けクライアントについては、Microsoft 365 ドキュメントの「秘密度ラベルの暗号化を使用して、 秘密度ラベル の詳細と コンテンツへのアクセスを制限する 」を参照してください。 *For the unified labeling client, see Learn about sensitivity labels and Restrict access to content by using encryption in sensitivity labels from the Microsoft 365 documentation.*

注意

統一された効率的なカスタマー エクスペリエンスを提供するため、Azure portal の Azure Information Protection のクラシック クライアントラベル管理 は、2021 年 3 月 31 日 をもって 非推奨 になります。To provide a unified and streamlined customer experience, the Azure Information Protection classic client and Label Management in the Azure Portal are deprecated as of March 31, 2021. クラシック クライアントは構成どおりに動作しますが、今後のサポートは提供されず、メンテナンス バージョンがクラシック クライアントにリリースされなくなります。While the classic client continues to work as configured, no further support is provided, and maintenance versions will no longer be released for the classic client.

統一されたラベル付けに移行し、統一されたラベル付けクライアントにアップグレードすることをお勧めします。We recommend that you migrate to unified labeling and upgrade to the unified labeling client. 詳細については、最新の非推奨に関するブログを参照してください。Learn more in our recent deprecation blog.

Azure Information Protection から Azure Rights Management サービスを使用すると、ユーザーがアプリケーションから保護テンプレートを選択できるように、クライアントコンピューターに保護テンプレートが自動的にダウンロードされます。When you use the Azure Rights Management service from Azure Information Protection, protection templates are automatically downloaded to client computers so that users can select them from their applications. しかし、テンプレートを変更する場合は、追加の手順が必要になることがあります。However, you might need to take additional steps if you make changes to the templates:

アプリケーションまたはサービスApplication or service 変更後のテンプレートの更新方法How templates are refreshed after changes
Exchange OnlineExchange Online

トランスポート ルールと Outlook Web アプリに該当Applicable for transport rules and the Outlook web app
1 時間以内の自動更新 - 追加の手順は必要ありません。Automatically refreshed within an hour - no additional steps required.
Azure Information Protection クラシック クライアントAzure Information Protection classic client Azure Information Protection ポリシーがクライアントに更新されるたびに自動的に更新されます。Automatically refreshed whenever the Azure Information Protection policy is refreshed on the client:

- Azure Information Protection バーをサポートしている Office アプリケーションが開いたとき。- When an Office application opens that supports the Azure Information Protection bar.

- ファイルまたはフォルダーを分類して保護するために右クリックしたとき。- When you right-click to classify and protect a file or folder.

- ラベル付けおよび保護のために PowerShell コマンドレット (Get-AIPFileStatus および Set-AIPFileLabel) を実行するとき。- When you run the PowerShell cmdlets for labeling and protection (Get-AIPFileStatus and Set-AIPFileLabel).

- Azure Information Protection スキャナー サービスが開始され、ローカル ポリシーが 1 時間前よりも古いとき。- When the Azure Information Protection Scanner service starts and the local policy is older than one hour. また、スキャナー サービスは 1 時間おきに変更を確認し、次のスキャン サイクルには変更を適用します。In addition, the scanner service checks for changes every hour and uses these changes for the next scan cycle.

- 24 時間ごと。- Every 24 hours.

また、このクライアントは Office と緊密に統合されているため、Microsoft 365 アプリ、Office 2019、Office 2016、または Office 2013 の更新されたテンプレートも Azure Information Protection クライアントに対して更新されます。Additionally, because this client is tightly integrated with Office, any refreshed templates for Microsoft 365 apps, Office 2019, Office 2016, or Office 2013 will also be refreshed for the Azure Information Protection client.
Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントAzure Information Protection unified labeling client Office アプリの場合、テンプレートはアプリが開かれるたびに自動的に更新されます。For Office apps, the templates automatically refresh every time the app is opened.

また、このクライアントは Office と緊密に統合されているため、Microsoft 365 アプリ、Office 2019、Office 2016、または Office 2013 用に更新されたテンプレートも Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントに対して更新されます。Additionally, because this client is tightly integrated with Office, any refreshed templates for Microsoft 365 apps, Office 2019, Office 2016, or Office 2013 will also be refreshed for the Azure Information Protection unified labeling client.

ファイルエクスプローラー、PowerShell、およびスキャナーの場合、クライアントはテンプレートをダウンロードせず、オンラインでアクセスします。追加の手順は必要ありません。For File Explorer, PowerShell, and the scanner, the client doesn't download templates but accesses them online - no additional steps required.
Microsoft 365 アプリ、Office 2019、Office 2016、および Office 2013Microsoft 365 apps, Office 2019, Office 2016, and Office 2013 自動更新 - スケジュールどおりに更新されます。Automatically refreshed - on a schedule:

- 以降のバージョンの Office の場合: 既定の更新間隔は 7 日ごとです。- For these later versions of Office: The default refresh interval is every 7 days.

スケジュールよりも早く強制的に更新するには、次の「 Microsoft 365 アプリ、office 2019、office 2016、および office 2013: テンプレートを強制的に更新する方法」セクションを参照してください。To force a refresh sooner than the schedule, see the following section, Microsoft 365 apps, Office 2019, Office 2016, and Office 2013: How to force a refresh for templates.
Office 2010Office 2010 ユーザーが Windows からサインアウトして、もう一度サインインし、最大で 1 時間待つと自動的に更新されます。Automatically refreshed when users sign out from Windows, sign back in, and wait up to 1 hour.

重要: Office 2010 の拡張サポートは、2020年10月13日に終了しました。Important: Office 2010 extended support ended on October 13, 2020. 詳細については、「AIP と従来の Windows および Office バージョン」を参照してください。For more information, see AIP and legacy Windows and Office versions.
Exchange On-Premises と Rights Management コネクタExchange on-premises with the Rights Management connector

トランスポート ルールと Outlook Web アプリに該当Applicable for transport rules and the Outlook web app
自動更新 - 追加の手順は必要ありません。Automatically refreshed - no additional steps required. ただし、Outlook Web アプリは UI を一日キャッシュします。However, the Outlook web app caches the UI for a day.
Office 2019 for Mac と Office 2016 for MacOffice 2019 for Mac and Office 2016 for Mac 保護されたコンテンツを開くと自動的に更新されます。Automatically refreshed when you open protected content. 強制的に更新するには、次のセクションの「 office 2019 For mac And office 2016 For mac: テンプレートを強制的に更新する方法」を参照してください。To force a refresh, see the following section, Office 2019 for Mac and Office 2016 for Mac: How to force a refresh for templates.
Mac コンピューター用 RMS 共有アプリRMS sharing app for Mac computers 自動更新 - 追加の手順は必要ありません。Automatically refreshed - no additional steps required.
組み込みラベル付き Office 365 ProPlusOffice 365 ProPlus with built-in labeling この組み込みのラベル付けソリューションでは、テンプレートはダウンロードされませんが、オンラインでアクセスします。追加の手順は必要ありません。This built-in labeling solution doesn't download templates but accesses them online - no additional steps required.

クライアントアプリケーションがテンプレートをダウンロードする必要がある場合 (最初または変更用に更新)、ダウンロードが完了して新しいテンプレートまたは更新されたテンプレートが完全に機能するまで、最大30分待機するように準備します。When client applications need to download templates (initially or refreshed for changes), be prepared to wait up to 30 minutes before the download is complete and the new or updated templates are fully operational. 待機時間はテンプレートの構成のサイズや複雑さ、ネットワークの接続などの要素によって異なります。The actual time will vary, according to factors such as the size and complexity of the template configuration, and the network connectivity.

Microsoft 365 アプリ、Office 2019、Office 2016、および Office 2013: テンプレートを強制的に更新する方法Microsoft 365 apps, Office 2019, Office 2016, and Office 2013: How to force a refresh for templates

Microsoft 365 アプリ、Office 2019、Office 2016、または Office 2013 を実行するコンピューターでレジストリを編集することにより、変更されたテンプレートがコンピューター上で既定値よりも頻繁に更新されるように、自動スケジュールを変更できます。By editing the registry on the computers running Microsoft 365 apps, Office 2019, Office 2016, or Office 2013, you can change the automatic schedule so that changed templates are refreshed on computers more frequently than their default value. レジストリ値の既存のデータを削除して直ちに更新することもできます。You can also force an immediate refresh by deleting the existing data in a registry value.

警告

レジストリ エディターの使用方法を誤ると、重大な問題が発生し、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。If you use the Registry Editor incorrectly, you might cause serious problems that might require you to reinstall the operating system. レジストリ エディターの使用方法を誤った結果生じた問題については、解決できる保証はありません。Microsoft cannot guarantee that you can solve problems that result from using the Registry Editor incorrectly. レジストリ エディターは、各自の責任で使用してください。Use the Registry Editor at your own risk.

自動スケジュールを変更するにはTo change the automatic schedule

  1. レジストリ エディターを使用して、次のレジストリ値のいずれかを作成し設定します。Using a registry editor, create and set one of the following registry values:

    • 更新頻度を日単位で設定するには (最短 1 日): TemplateUpdateFrequency という名前の新しいレジストリ値を作成し、データの整数値を定義します。これにより、ダウンロードされたテンプレートの変更をダウンロードする周期 (日数) が指定されます。To set an update frequency in days (minimum of 1 day): Create a new registry value named TemplateUpdateFrequency and define an integer value for the data, which specifies the frequency in days to download any changes to a downloaded template. この新しいレジストリ値を作成する際にレジストリ パスを検索するには、次の情報を使用します。Use the following information to locate the registry path to create this new registry value.

      レジストリパス: HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\MSIPCRegistry path: HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\MSIPC

      種類:REG_DWORDType: REG_DWORD

      : TemplateUpdateFrequencyValue: TemplateUpdateFrequency

    • 更新頻度を秒単位で設定するには (最短 1 秒): TemplateUpdateFrequencyInSeconds という名前の新しいレジストリ値を作成し、データの整数値を定義します。これにより、ダウンロードされたテンプレートの変更をダウンロードする周期 (秒数) が指定されます。To set an update frequency in seconds (minimum of 1 second): Create a new registry value named TemplateUpdateFrequencyInSeconds and define an integer value for the data, which specifies the frequency in seconds to download any changes to a downloaded template. この新しいレジストリ値を作成する際にレジストリ パスを検索するには、次の情報を使用します。Use the following information to locate the registry path to create this new registry value.

      レジストリパス: HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\MSIPCRegistry path: HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\MSIPC

      種類:REG_DWORDType: REG_DWORD

      : TemplateUpdateFrequencyInSecondsValue: TemplateUpdateFrequencyInSeconds

    これらのレジストリ値の両方ではなく、一方のみを作成して設定するようにしてください。Make sure that you create and set one of these registry values, not both. 両方が存在する場合、 TemplateUpdateFrequency は無視されます。If both are present, TemplateUpdateFrequency is ignored.

  2. テンプレートを直ちに更新する場合は、次の手順に進みます。If you want to force an immediate refresh of the templates, go to the next procedure. それ以外の場合は、Office アプリケーションとエクスプローラーのインスタンスを再起動します。Otherwise, restart your Office applications and instances of File Explorer now.

直ちに更新するにはTo force an immediate refresh

  1. レジストリ エディターを使用して、LastUpdatedTime 値のデータを削除します。Using a registry editor, delete the data for the LastUpdatedTime value. たとえば、このデータに 2015-04-20T15:52 が表示されている場合、この 2015-04-20T15:52 を削除して、データが表示されないようにします。For example, the data might display 2015-04-20T15:52; delete 2015-04-20T15:52 so that no data is displayed. 次の情報を使用して、このレジストリ値データを削除するレジストリ パスを見つけてください。Use the following information to locate the registry path to delete this registry value data.

    レジストリパス: HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\MSIPC\ < MicrosoftRMS_FQDN> テンプレート \ < user_alias>Registry path: HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\MSIPC\<MicrosoftRMS_FQDN>\Template\<user_alias>

    種類: REG_SZType: REG_SZ

    : LastUpdatedTimeValue: LastUpdatedTime

    ヒント

    レジストリ パスの <MicrosoftRMS_FQDN> は、Microsoft RMS サービスの FQDN を指します。In the registry path, <MicrosoftRMS_FQDN> refers to your Microsoft RMS service FQDN. この値を確認するには:If you want to verify this value:

    Azure Information Protection に対して AipServiceConfiguration コマンドレットを実行します。Run the Get-AipServiceConfiguration cmdlet for Azure Information Protection. AIPService PowerShell モジュールをまだインストールしていない場合は、「 AIPService powershell モジュールのインストール」を参照してください。If you haven't already installed the AIPService PowerShell module, see Installing the AIPService PowerShell module.

    出力から、LicensingIntranetDistributionPointUrl の値を確認します。From the output, identify the LicensingIntranetDistributionPointUrl value.

    例: LicensingIntranetDistributionPointUrl : https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com/_wmcs/licensingFor example: LicensingIntranetDistributionPointUrl : https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com/_wmcs/licensing

    この値から、https:// 文字列と /_wmcs/licensing 文字列を削除します。From the value, remove https:// and /_wmcs/licensing from this string. 残りの値が、Microsoft RMS サービスの FQDN です。The remaining value is your Microsoft RMS service FQDN. この例では、Microsoft RMS サービスの FQDN は次の値になります。In our example, the Microsoft RMS service FQDN would be the following value:

    5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com

  2. %localappdata%\Microsoft\MSIPC\Templates フォルダーとその中に含まれているすべてのファイルを削除します。Delete the following folder and all files it contains: %localappdata%\Microsoft\MSIPC\Templates

  3. Office アプリケーションとエクスプローラーのインスタンスを再起動します。Restart your Office applications and instances of File Explorer.

Office 2019 for Mac および Office 2016 for Mac: テンプレートを強制的に更新する方法Office 2019 for Mac and Office 2016 for Mac: How to force a refresh for templates

これらのバージョンの Office for Mac では、保護されたコンテンツを開くとき、または暗号化を適用するために新しく構成された秘密度ラベルを使用してコンテンツを保護するときに、テンプレートが更新されます。In these versions of Office for Mac, templates refresh when you open protected content or you protect content by using a sensitivity label that's newly configured to apply encryption. テンプレートを強制的に更新する必要がある場合は、次の手順を実行します。If you need to force a refresh of the templates, you can use the following instructions. ただし、この手順のコマンドを実行すると、テンプレート、キーチェーン内の RMS トークンキャッシュ、および以前に開かれた保護されたコンテンツのローカル使用ライセンスが削除されます。However, the command in the instructions deletes the templates, the RMS token cache in the key chain, and local use licenses for any previously opened protected content. そのため、以前に開いた保護されたコンテンツを開くには、もう一度認証を行う必要があり、インターネットに接続している必要があります。As a result, you will need to authenticate again and you must have an internet connection to open the previously opened protected content.

  1. ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。Open Terminal, and enter the following command:

    defaults write ~/Library/Containers/com.microsoft.Outlook/Data/Library/Preferences/com.microsoft.Outlook ResetRMSCache 1
    
  2. Mac 用 Outlook を再起動します。Restart Outlook for Mac.

  3. 新しい電子メールを作成し、[ 暗号化] を選択して、 資格情報を確認 します。Create a new email and select Encrypt, and then Verify Credentials.

参照See Also

Azure Information Protection ポリシーでテンプレートを構成して管理するConfiguring and managing templates in the Azure Information Protection policy