Azure Rights Management データ保護をサポートするオンプレミス サーバーOn-premises servers that support Azure Rights Management data protection

適用対象: Azure Information ProtectionOffice 365Applies to: Azure Information Protection, Office 365

Azure Rights Management コネクタを使用すると、次のオンプレミス サーバー製品は Azure Information Protection でサポートされます。The following on-premises server products are supported with Azure Information Protection when you use the Azure Rights Management connector. このコネクタは、Office ドキュメントや電子メールを保護するために、Azure Information Protection によって使用される Azure Rights Management サービスとオンプレミス サーバーの間の通信インターフェイス (リレー) として機能します。This connector acts as a communications interface (a relay) between the on-premises servers and the Azure Rights Management service that is used by Azure Information Protection to protect Office documents and emails.

このコネクタを使用するには、Active Directory フォレストと Azure Active Directory とのディレクトリ同期を構成する必要があります。To use this connector, you must configure directory synchronization between your Active Directory forests and Azure Active Directory.

  • Exchange Server:Exchange Server:

    • Exchange Server 2016Exchange Server 2016

    • Exchange Server 2013Exchange Server 2013

    • Exchange Server 2010Exchange Server 2010

  • Office SharePoint Server:Office SharePoint Server:

    • Office SharePoint Server 2016Office SharePoint Server 2016

    • Office SharePoint Server 2013Office SharePoint Server 2013

    • Office SharePoint Server 2010Office SharePoint Server 2010

  • Windows Server を実行し、ファイル分類インフラストラクチャ (FCI) を使用するファイル サーバー:File servers that run Windows Server and use File Classification Infrastructure (FCI):

    • Windows Server 2016Windows Server 2016

    • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2

    • Windows Server 2012Windows Server 2012

    注意

    Windows Server 2008 R2 を実行するファイル サーバーには、Rights Management の保護を適用する組み込みのファイル管理タスク アクションがないため、このシナリオには Rights Management コネクタを使用できません。Because file servers that run Windows Server 2008 R2 do not have a built-in file management task action to apply Rights Management protection, you cannot use the Rights Management connector for this scenario. ただし、Azure RMS を使用してファイルを保護できる実行可能ファイルまたはスクリプトを実行するカスタムのファイル管理タスクを構成する場合、これらのオペレーティング システムでファイル分類インフラストラクチャと Azure RMS を使用できます。However, you can use File Classification Infrastructure and Azure RMS on these operating systems if you configure a custom file management task to run an executable or script that can protect files by using Azure RMS. たとえば、AzureInformationProtection コマンドレットを使用する Windows PowerShell スクリプトなどがあります。For example, a Windows PowerShell script that uses the AzureInformationProtection cmdlets.

    最新の Windows Server を実行しているサーバーでこれらのコマンドレットを使うこともできます。この場合、すべてのファイル タイプが保護されるという利点があります。You can also use these cmdlets with servers running later versions of Windows Server, with the benefit that these cmdlets can protect all file types. RMS コネクタでは Office ファイルのみ保護されます。The RMS connector protects Office files only. 操作手順については、「Windows Server ファイル分類インフラストラクチャ (FCI) での RMS の保護」を参照してください。For how-to instructions, see RMS Protection with Windows Server File Classification Infrastructure (FCI).

Rights Management コネクタは、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2008 R2 でサポートされています。The Rights Management connector is supported on Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2.

これらのオンプレミス サーバーで Rights Management コネクタを構成する方法の詳細については、「Azure Rights Management コネクタをデプロイする」をご覧ください。For more information about how to configure the Rights Management connector for these on-premises servers, see Deploying the Azure Rights Management connector.

次の手順Next steps

その他の要件を確認するには、「Azure Information Protection の要件」をご覧ください。To check for other requirements, see Requirements for Azure Information Protection.