管理者ガイド: Azure Information Protection クライアントのファイルとクライアント使用状況ログAdmin Guide: Azure Information Protection client files and client usage logging

適用対象:Active Directory Rights Management サービス、 Azure Information Protection、windows 10、Windows 8.1、windows 8、WINDOWS 7 SP1、windows server 2019、windows server 2016、windows Server 2012 R2、windows server 2012、windows Server 2008 r2Applies to: Active Directory Rights Management Services, Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2

手順:Windows 用 Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

Azure Information Protection クライアントをインストールした後、どこにファイルがあるかを知り、クライアントがどのように使われているのかを監視することが必要になる場合があります。After you have installed the Azure Information Protection client, you might need to know where files are located and monitor how the client is being used.

Azure Information Protection クライアントのファイルの場所File locations for the Azure Information Protection client

クライアント ファイル:Client files:

  • 64 ビット オペレーティング システムの場合: \ProgramFiles (x86)\Microsoft Azure Information ProtectionFor 64-bit operating systems: \ProgramFiles (x86)\Microsoft Azure Information Protection

  • 32 ビット オペレーティング システムの場合: \Program Files\Microsoft Azure Information ProtectionFor 32-bit operating systems: \Program Files\Microsoft Azure Information Protection

クライアント ログ ファイルと現在インストールされているポリシー ファイル:Client logs files and currently installed policy file:

  • 64 ビットおよび 32 ビット オペレーティング システムの場合: %localappdata%\Microsoft\MSIPFor 64-bit and 32-bit operating systems: %localappdata%\Microsoft\MSIP

Azure Information Protection クライアントの使用状況ログUsage logging for the Azure Information Protection client

クライアントは、ユーザー アクティビティをローカル Windows イベント ログの [アプリケーションとサービス ログ] > [Azure Information Protection] に記録します。The client logs user activity to the local Windows event log Applications and Services Logs > Azure Information Protection. イベントには次の情報が含まれます。The events include the following information:

  • クライアントのバージョン、ポリシー IDClient version, policy ID

  • サインインしたユーザーの IP アドレスIP addresses of the signed in user

  • ファイル名と場所File name and location

  • 操作:Action:

    • ラベルの設定: 情報 ID 101Set label: Information ID 101

    • ラベルの設定 (下位): 情報 ID 101Set label (lower): Information ID 101

    • ラベルの設定 (上位): 情報 ID 101Set label (higher): Information ID 101

    • ラベルの削除: 情報 ID 104Remove label: Information ID 104

    • 推奨されるラベルのヒント: 情報 105Recommended label tooltip: Information 105

    • カスタム保護の適用: 情報 ID 201Apply custom protection: Information ID 201

    • カスタム保護の削除: 情報 ID 202Remove custom protection: Information ID 202

    • Outlook 警告メッセージ: 情報 ID 301Outlook warn message: Information ID 301

    • Outlook 理由メッセージ: 情報 ID 302Outlook justify message: Information ID 302

    • Outlook ブロック メッセージ: 情報 ID 303Outlook block message: Information ID 303

    • サインイン (操作): 情報 ID 902Sign in (operational): Information ID 902

    • ポリシーのダウンロード (操作): 情報 ID 901Download policy (operational): Information ID 901

  • 操作ソース:Action source:

    • 手動Manual

    • 推奨Recommended

    • 自動Automatic

    • システム (サインインおよびダウンロードポリシー用)System (for sign in and download policy)

    • 既定Default

  • 操作前後のラベルLabel before and after action

  • 操作前後の保護Protection before and after action

  • ユーザーの理由 (該当する場合)User justification (when applicable)

  • 指定したユーザー、グループ、または組織のエンコーディング名に基づく使用権限が含まれるカスタム アクセス許可 (該当する場合)Custom permissions (when applicable) that includes the usage rights by their encoding name for the specified users, groups, or organizations

Outlook の警告、ブロック、およびブロックメッセージのイベントには、高度なクライアント設定が必要です。The events for Outlook warn, justify, and block messages require advanced client settings. 詳細については、「Outlook で、送信される電子メールに対する警告、理由の入力、またはブロックのためのポップアップ メッセージを実装する」を参照してください。For more information, see Implement pop-up messages in Outlook that warn, justify, or block emails being sent.

次の手順Next steps

Azure Information Protection クライアントに関連付けられているすべてのログ ファイルがわかったので、このクライアントのサポートに必要な追加情報を以下の記事でご覧ください。Now that you've identified all the log files associated with the Azure Information Protection client, see the following for additional information that you might need to support this client: