ユーザー ガイド: Azure Information Protection クライアントの保護のみモードUser Guide: Protection-only mode for the Azure Information Protection client

適用対象: Active Directory Rights Management サービス、Azure Information Protection、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1Applies to: Active Directory Rights Management Services, Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1

手順:Windows 用 Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

Azure Information Protection クライアントにドキュメントや電子メールを分類するラベルが割り当てられていない場合、このクライアントは保護のみモードで実行されます。When the Azure Information Protection client doesn't have labels to classify your documents and emails, it runs in protection-only mode. たとえば、このモードでは、Windows ファイル エクスプローラーの使用時に右クリックして [分類して保護する] を選択すると、以下が表示される場合があります。For example, in this mode, you might see the following when you use Windows File Explorer, right-click, Classify and protect:

保護のみモード

保護のみモードは、次のようなシナリオで実行されます。Protection-only mode runs in the following scenarios:

  • 組織が分類機能とラベル付け機能を含む Azure Information Protection のサブスクリプションを保有せず、Azure Rights Management サービスを使用したデータ保護を含む Office 365 のサブスクリプションを保有している場合。Your organization does not have a subscription for Azure Information Protection that includes classification and labeling features, but has a subscription for Office 365 that includes data protection by using the Azure Rights Management service.

    • Azure Information Protection クライアントを使用してファイルを保護し、保護されたファイルを表示できます。You can use the Azure Information Protection client to protect files and view protected files. ドキュメントや電子メールを分類したり、ラベル付けしたりすることはできません。You can't classify or label documents and emails.
  • 組織が一部のユーザーのみを対象とする Azure Information Protection のサブスクリプションを保有している場合。Your organization has a subscription for Azure Information Protection for only a subset of users:

    • このサブスクリプションの組み合わせの場合、管理者は、分類機能とラベル付け機能を一部のユーザーのみが使用できるようにする必要があります。For this mix of subscriptions, it's the administrator's responsibility to ensure that only the subset of users can use the classification and labeling features. 残りのユーザーは Azure Information Protection クライアントを保護のみモードで実行します。The remainder of users should be running the Azure Information Protection client in protection-only mode.
  • 組織が Azure Information Protection のサブスクリプションを保有しているが、自分用に構成されたラベルを保有していない場合。Your organization has a subscription for Azure Information Protection but you don't have any labels configured for you.

    • この状況は、グローバル ポリシーのラベルがすべて無効になっていて、アカウントがスコープ付きポリシーに追加されていないときに発生します。This can happen when all the labels in the global policy are disabled and your account is not added to a scoped policy. IT 部門が Azure Information Protection のロール アウトを始めたばかりで、ドキュメントとメールを分類するラベルがまだユーザーに提供されていないために発生している可能性があります。This might be because your IT department has just started to roll out Azure Information Protection but not yet provided you with labels to classify your documents and emails. ラベルが提供されるまでは、Azure Information Protection クライアントを使ってファイルを保護し、保護されたファイルを表示できます。In the meantime, you can use the Azure Information Protection client to protect files and view protected files.
  • 組織が Azure Information Protection のサブスクリプションを持っているのに、Azure Information Protection ポリシーをダウンロードできない場合。Your organization has a subscription for Azure Information Protection but you cannot download the Azure Information Protection policy.

    • この状況は、構成の誤りやサインインの失敗によって発生します。This can happen because of a misconfiguration or because your sign-in is not successful. ヘルプ デスクまたは管理者に問い合わせてください。ただし、その間に、Azure Information Protection クライアントを使用してファイルを保護し、保護されたファイルを表示できるようになる可能性があります。Contact your help desk or administrator but in the meantime, you might be able to use the Azure Information Protection client to protect files and view protected files.
  • 組織で Active Directory Rights Management Services (AD RMS) のみを使用しています。Your organization uses Active Directory Rights Management Services (AD RMS) only.

保護のみモードの制限Limitations for protection-only mode

  • Office アプリに Azure Information Protection バーは表示されません。In Office apps, the Azure Information Protection bar does not display. [保護] > [バーの表示] をクリックしても、このメニュー オプションを使用できません。When you click Protect > Show Bar, this menu option is unavailable.

  • エクスプローラーで [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスを使用しても、分類のラベルが表示されません。When you use the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box with File Explorer, you do not see labels for classification. その代わり、前の図のように、Rights Management (RMS) テンプレートを選択するオプションが表示されます。Instead, as in the previous picture, you see an option to select Rights Management (RMS) templates.

保護のみモードでサポートされるタスクSupported tasks for protection-only mode

  • Office アプリ内からドキュメントと電子メールを保護する (または保護を解除する) には、Office Information Rights Management (IRM) 機能を使用します。以下に例を示します。 [ファイル] > [情報] > [文書の保護] > [アクセスの制限] をクリックします。Protect (and unprotect) documents and emails from within your Office apps, by using the Office Information Rights Management (IRM) feature: For example: Click File > Info > Protect Document > Restrict Access. 詳細については、「[Office 365、Office 2019、Office 2016、または Office 2013 での情報保護の使用](../help-users.md#using-information-protection-with-Office-365-Office 2019-Office-2016-or-Office-2013)」を参照してください。For more information, see [Using information protection with Office 365, Office 2019, Office 2016, or Office 2013](../help-users.md#using-information-protection-with-Office-365-Office 2019-Office-2016-or-Office-2013).

  • ファイルを保護する (または保護を解除する) には、エクスプローラーを使用します。単一ファイル、複数ファイル、またはフォルダーを右クリックし、 [分類して保護する] を選択します。Protect (and unprotect) files by using Windows File Explorer: Right-click the file, files, or folder > Classify and protect. 管理者が構成した保護を適用するには、 [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスの [テンプレートの選択] をクリックし、使用できるテンプレートのいずれかを選択します。To apply protection that has been configured by your administrator, in the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box, click Select template and choose one of the available templates.

  • 保護されたファイルを表示するには、Azure Information Protection ビューアーを使用します。View protected files by using the Azure Information Protection Viewer.

  • Office アプリからドキュメント追跡サイトにアクセスします。Access the document tracking site from your Office apps. ただし、このサイトからドキュメントを追跡して取り消すには、有効なサブスクリプションを持っている必要があります。However, you must have a valid subscription to track and revoke documents from this site.