ユーザー ガイド: Azure Information Protection を使用してドキュメントを追跡および取り消すUser Guide: Track and revoke your documents when you use Azure Information Protection

適用対象: Azure Information Protection、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1Applies to: Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1

手順:Windows 用 Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

Azure Information Protection を使用してドキュメントを保護した後は、保護されたドキュメントのユーザーによる使用状況を追跡できます。After you have protected your documents by using Azure Information Protection, you can track how people are using these documents. ドキュメントが読まれる必要がなくなった場合は、必要に応じて、ドキュメントへのアクセスを取り消すこともできます。If necessary, you can also revoke access to them if people should no longer be able to read them. このような場合は、ドキュメント追跡サイトを使用します。To do this, you use the document tracking site. このサイトには、Windows コンピューター、Mac コンピューターだけでなく、タブレットやスマートフォンからもアクセスできます。You can access this site from Windows computers, Mac computers, and even from tablets and phones.

このサイトにアクセスしたら、サインインしてドキュメントを追跡します。When you access this site, sign in to track your documents. ドキュメント追跡および失効をサポートするサブスクリプションが組織にあり、このサブスクリプションのライセンスが割り当てられている場合は、保護したファイルを開こうとしたユーザーおよび成功した (正常に認証された) かどうかを確認できます。When your organization has a subscription that supports document tracking and revocation and you are assigned a license for this subscription, you can see who tried to open the files that you protected and whether they were successful (they were successfully authenticated) or not. また、ユーザーがドキュメントへのアクセスを試みるたびに、その時間と場所がわかります。You also see each time they tried to access the document, and their location at the time. ただし、まれに、報告された場所が正確でない場合があります。However, in rare cases, the location reported might not be accurate. たとえば、保護されたドキュメントを開くユーザーが VPN 接続を使用している場合、またはそのコンピューターに IPv6 アドレスが割り当てられている場合です。For example, when a user opening a protected document is using a VPN connection, or their computer has an IPv6 address.

ドキュメント追跡サイトで実行できる操作は次のとおりです。Actions you can take in the document tracking site:

  • ドキュメントの共有を停止する必要がある場合:If you need to stop sharing a document:

    • [アクセスの取り消し] をクリックします。Click Revoke access. ドキュメントを継続して使用できる期間に注意してください。Note the period of time that the document continues to be available. カスタマイズされたメッセージを表示して、共有していたドキュメントへのアクセスを取り消すことを他のユーザーに知らせるかどうかを決めます。Decide whether to let people know that you’re revoking access to the document you previously shared by providing a customized message. ドキュメントへのアクセスを取り消しても、共有していたドキュメントが削除されるわけではありませんが、承認ユーザーはドキュメントを開けなくなります。When you revoke a document, it doesn't delete the document that you shared, but authorized users can no longer open it:

      ドキュメント追跡サイトの [アクセスの取り消し] アイコン

  • Excel にエクスポートする場合:If you want to export to Excel:

    • [CSV にエクスポート] をクリックすると、データを変更して独自のビューとグラフを作成できるようになります。Click Export to CSV, so that you can then modify the data, and create your own views and graphs:

      ドキュメント追跡サイトの [CSV にエクスポート] アイコン

  • 電子メール通知を構成する場合:If you want to configure email notifications:

    • [設定] をクリックし、ドキュメントへのアクセスがあれば電子メールで知らせるかどうかやその方法を選択します。Click Settings and select how and whether to be emailed when the document is accessed:

      ドキュメント追跡サイトで電子メール通知を構成する

  • 他のユーザーの共有したドキュメントを追跡し、アクセスを取り消す場合:If you want to track and revoke shared documents for others:

    • ユーザーが自分のドキュメントをドキュメント追跡サイトに登録している場合、Azure Information Protection の管理者は、[管理者] アイコンをクリックして、ユーザーの保護されているドキュメントを追跡して取り消すことができます。Administrators for Azure Information Protection can click the Admin icon to track and revoke protected documents for users when those users have registered their documents with the document tracking site. このアイコンは管理者にのみ表示されます。Only administrators see this icon:

      ドキュメント追跡サイトの [管理者] アイコン

      グローバル管理者でもこのアイコンが表示されない場合、ドキュメントが共有されていません。If you do not see this icon, despite being a global admin, it's because you haven't yet shared any documents. その場合、 https://portal.azurerms.com/#/admin の URL からドキュメント追跡サイトにアクセスします。In this case, use the following URL to access the document tracking site: https://portal.azurerms.com/#/admin

管理者でない場合は、自分が保護したドキュメントのみを追跡してアクセスを取り消すことができます。Unless you are an administrator, you can track and revoke only the documents that you have protected. ドキュメント追跡サイトを使用して、保護した電子メールを追跡することはできません。You cannot track your protected emails by using the document tracking site.

注意

管理者がドキュメント追跡サイトのプライバシー管理を構成した場合は、自分が追跡しているドキュメントに組織内のユーザーがいつアクセスしたのかを知ることができない場合があります。管理者はすべてのユーザーまたは一部のユーザーを除外できます。If your administrator has configured privacy controls for the document tracking site, you might not see when users from your organization have accessed a document that you track. An administrator can exempt all users or just some users. ただし、管理者でなくても、追跡しているドキュメントへのアクセスを取り消すことはいつでもできます。However, you can always revoke access to the documents that you track.

自分が保護したドキュメントを追跡するには、Windows コンピューターを使用してドキュメント追跡サイトに登録する必要があります。To track a document that you have protected, you must use your Windows computer to register it with the document tracking site. 登録するには、エクスプローラーまたは Office アプリを使用します。To do this, use either File Explorer, or your Office apps.

Azure Information Protection クライアントの現在の一般公開バージョンがある場合は、 set-aipfilelabelコマンドレットでenabletrackingパラメーターを使用するときに、保護されたドキュメントを PowerShell に登録することもできます。If you have the current general availability version of the Azure Information Protection client, you can also register the protected document with PowerShell when you use the EnableTracking parameter with the Set-AIPFileLabel cmdlet.

Office を使用したドキュメントの追跡または取り消しUsing Office to track or revoke the document

Office アプリケーション、Word、Excel、PowerPoint の場合:For the Office applications, Word, Excel, and PowerPoint:

  1. 追跡または取り消し対象の保護されたドキュメントを開きます。Open the protected document that you want to track or revoke.

  2. [ホーム] タブの [保護] グループで [保護] > [追跡と取り消し] をクリックします。On the Home tab, in the Protection group, click Protect > Track and Revoke:

    使用の追跡オプション

    Office アプリケーションでこれらのオプションが表示されない場合は、次のいずれかが理由の可能性があります。If you do not see these options in your Office applications, it’s likely to be because of one of these reasons:

    • Azure Information Protection クライアントがコンピューターにインストールされていない。The Azure Information Protection client is not installed on your computer.

    • Office アプリケーションを再起動する必要がある。Your Office applications must be restarted.

    • インストールを完了するには、コンピューターを再起動する必要がある。Your computer must be restarted to complete the installation.

Azure Information Protection クライアントのインストール方法の詳細については、「Azure Information Protection クライアントをダウンロードしてインストールする」を参照してください。For more information about how to install the Azure Information Protection client, see Download and install the Azure Information Protection client.

エクスプローラーを使用したドキュメントの追跡または取り消しUsing File Explorer to track or revoke the document

  1. 保護されたファイルを右クリックし、 [分類して保護する] を選択します。Right-click the protected file, and select Classify and protect.

  2. [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスから、 [追跡と取り消し] を選択します。From the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box, select Track and revoke.

    [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスの [追跡と取り消し] アイコン

Web ブラウザーを使用した登録ドキュメントの追跡と取り消しUsing a web browser to track and revoke documents that you have registered

Office アプリまたはエクスプローラーを使用して保護されたドキュメントを登録すると、サポートされる Web ブラウザーを使用してそのドキュメントの追跡および取り消しを行うことができます。After you have registered the protected document by using your Office apps or File Explorer, you can track and revoke these documents by using a supported web browser:

  • Windows PC、Mac コンピューター、またはモバイル デバイスでドキュメント追跡サイトにアクセスします。Using your Windows PC, Mac computer, or mobile device, visit the document tracking site.

    サポートされているブラウザー: Internet Explorer のバージョン10以上を使用することをお勧めしますが、次のいずれかのブラウザーを使用してドキュメント追跡サイトを使用することもできます。Supported browsers: We recommend using Internet Explorer that is at least version 10, but you can use any of following browsers to use the document tracking site:

    • Internet Explorer:バージョン10以降Internet Explorer: At least version 10

    • Internet Explorer 9 (少なくとも MS12-037):Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム:2012年6月12日Internet Explorer 9 with at least MS12-037: Cumulative Security Update for Internet Explorer: June 12, 2012

    • Mozilla Firefox:バージョン12以降Mozilla Firefox: At least version 12

    • Apple Safari 5:バージョン5以降Apple Safari 5: At least version 5

    • Google Chrome:バージョン18以降Google Chrome: At least version 18

その他の手順Other instructions

他の操作手順については、Azure Information Protection ユーザー ガイドを参照してください。More how-to instructions from the Azure Information Protection user guide:

管理者向け追加情報Additional information for administrators

管理者ガイドの「Azure Information Protection のドキュメント追跡の構成と使用」をご覧ください。See Configuring and using document tracking for Azure Information Protection from the admin guide.