Azure Information Protection 統合されたラベル付けユーザーガイドAzure Information Protection unified labeling user guide

適用対象: Azure Information Protection、windows 10、Windows 8.1、windows 8Applies to: Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8

手順: Windows 用の統一されたラベル付けクライアント Azure Information ProtectionInstructions for: Azure Information Protection unified labeling client for Windows

Windows 用の Azure Information Protection 統一されたラベル付けクライアントを使用すると、電子メールが転送されたり、ドキュメントが別の場所に保存されたりした場合でも、重要なドキュメントや電子メールを表示しないユーザーから保護することができます。The Azure Information Protection unified labeling client for Windows helps you keep important documents and emails safe from people who shouldn't see them, even if your email is forwarded or your document is saved to another location. また、このクライアントを使用して、他のユーザーが Azure Information Protection の Rights Management 保護テクノロジを使って保護したドキュメントを開くこともできます。You can also use this client to open documents that other people have protected by using the Rights Management protection technology from Azure Information Protection.

必要なものは、Windows 7 with Service Pack 1 以降を搭載しているコンピューターだけです。All you need is a computer that runs at least Windows 7 with Service Pack 1. 次に、この無料のクライアントを Microsoft からダウンロードしてインストールします。Then download and install this free client from Microsoft.

実行したい操作What do you want to do?

注意

エンタープライズネットワーク上で Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントを担当する管理者の場合は、「Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアント管理者ガイド」を参照して、追加の技術情報を確認してください。If you are an administrator who is responsible for the Azure Information Protection unified labeling client on an enterprise network, see the Azure Information Protection unified labeling client administrator guide for additional technical information.