ユーザーガイド: Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをダウンロードしてインストールするUser Guide: Download and install the Azure Information Protection unified labeling client

適用対象: Azure Information Protection、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1Applies to: Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1

手順: Windows 用の統一されたラベル付けクライアント Azure Information ProtectionInstructions for: Azure Information Protection unified labeling client for Windows

管理者が Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをインストールしていない場合は、自分で行うことができます。If your administrator does not install the Azure Information Protection unified labeling client for you, you can do this yourself. ドキュメントや電子メールにラベルを付けて保護できるように、このクライアントをインストールするには対象となる PC のローカル管理者である必要があります。You must be a local administrator for your PC to install this client so that it can label and protect your documents and emails.

さらにIn addition:

  • Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントでは、Microsoft .NET Framework 4.6.2 の最小バージョンが必要になります。これがない場合、インストーラーでこの必須コンポーネントのダウンロードとインストールが試行されます。The Azure Information Protection unified labeling client requires a minimum version of Microsoft .NET Framework 4.6.2 and if this is missing, the installer tries to download and install this prerequisite. この必須コンポーネントがクライアントのインストール時にインストールされたら、コンピューターの再起動が必要になります。When this prerequisite is installed as part of the client installation, your computer must be restarted.

  • Windows 7 SP1 を使用する場合、Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントには特定の更新プログラム KB 2533623 が必要です。If you have Windows 7 SP1, the Azure Information Protection unified labeling client requires a specific update, KB 2533623. ご利用の PC にこの更新プログラムが必要で、まだインストールされていない場合、インストールは完了しますが、Azure Information Protection クライアントにこの更新プログラムが必要だというメッセージが表示されます。If your PC needs this update but it is not installed, installation completes but with a message that the Azure Information Protection unified labeling client requires this update. この更新プログラムがインストールされるまで、Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントの機能すべてを使用できるようにはなりません。Until this update is installed, you won't be able to use all features of the Azure Information Protection unified labeling client.

Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントをダウンロードしてインストールするにはTo download and install the Azure Information Protection unified labeling client

Azure Information Protection の統一されたラベル付けクライアントをインストールする前に、管理者またはヘルプデスクに問い合わせて、ドキュメントや電子メールの分類と保護に機密ラベルを使用していることを確認してください。Before you install the Azure Information Protection unified labeling client, confirm with your administrator or help desk that you are using sensitivity labels to classify and protect documents and emails.

  1. Microsoft ダウンロードセンターからAzInfoProtection_ULをダウンロードします。Download AzInfoProtection_UL.exe from the Microsoft Download Center.

  2. ダウンロードした実行可能ファイルを実行し、続行を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。Run the executable file that was downloaded, and if you are prompted to continue, click Yes.

  3. [Azure Information Protection クライアントのインストール] ページ上で、ライセンス条項および条件を読み、 [同意する] をクリックします。On the Install the Azure Information Protection client page, click I agree when you have read the license terms and conditions.

  4. 続行を確認するメッセージが表示されたら、 [はい] をクリックしてインストールが完了するまで待機します。If you are prompted to continue, click Yes, and wait for the installation to finish.

  5. [閉じる] をクリックします。Click Close. Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントの使用を開始する前に、次の操作を行います。Before you start to use the Azure Information Protection unified labeling client:

    • コンピューターで Office 2010 を実行している場合、コンピューターを再起動し、最後の手順として次のセクションに進みます。If your computer runs Office 2010, restart your computer and then go to the next section for your final step.

    • その他のバージョンの Office では、Office アプリケーションとエクスプローラーのインスタンスをすべて再起動します。For other versions of Office, restart all Office applications and all instances of File Explorer. インストールはこれで完了となります。クライアントを使用して、ドキュメントや電子メールにラベルを付けたり、保護したりできます。Your installation is now complete and you can use the client to label and protect your documents and emails.

Office 2010 で Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントをインストールするInstalling the Azure Information Protection unified labeling client with Office 2010

前の指示に従い、Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントをインストールしたら、次の操作を行います。After you have installed the Azure Information Protection unified labeling client by using the previous instructions:

  1. Microsoft Word を開きます。Open Microsoft Word. Azure Information Protection クライアントのインストール後に初めて Office 2010 アプリケーションを実行した場合、 [Microsoft Azure Information Protection] ダイアログ ボックスが表示されます。When this is the first time that you have run an Office 2010 application after you have installed the Azure Information Protection client, you see a Microsoft Azure Information Protection dialog box. このダイアログ ボックスには、サインイン プロセスを完了するには管理者の資格情報が必要であることが記されています。This dialog box tells you that administrator credentials are required to complete the sign in process.

  2. [Microsoft Azure Information Protection] ダイアログ ボックスで、 [OK] をクリックします。In the Microsoft Azure Information Protection dialog box, click OK.

  3. [ユーザーアクセス制御] ダイアログ ボックスが表示された場合、 [はい] をクリックします。Azure Information Protection でレジストリが更新されます。If you see a User Access Control dialog box, click Yes so that the Azure Information Protection client can update the registry.

インストールはこれで完了となります。Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントを利用し、ドキュメントや電子メールにラベルを付けたり、保護したりすることができます。Your installation is now complete and you can use the Azure Information Protection unified labeling client to label and protect your documents and emails.

その他の手順Other instructions

Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントユーザーガイドのその他の操作方法については、次を参照してください。More how-to instructions from the Azure Information Protection unified labeling client user guide:

管理者向け追加情報Additional information for administrators

管理者ガイドの「ユーザー用に Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをインストールする」を参照してください。See Install the Azure Information Protection unified labeling client for users from the admin guide.