Microsoft Information Protection をサポートする PDF リーダーPDF readers that support Microsoft Information Protection

Microsoft Information Protection によって保護されている PDF ドキュメントを開く必要がある場合は、次のリンクと情報を参照してください。If you need to open a PDF document that's been protected by Microsoft Information Protection, use the following links and information.

デバイスの PDF リーダーをインストールするInstall PDF readers for your device

保護された PDF ドキュメントを開くことができる PDF リーダーのインストールに使用しているデバイスを選択します。Select the device you're using to install a PDF reader that can open protected PDF documents. これらのすべての閲覧者は、ISO 標準の PDF 暗号化に準拠した保護されたドキュメントを開くことができます。All these readers can open protected documents that adhere to the ISO standard for PDF encryption:

以前の形式のサポートSupport for previous formats

次の表の PDF リーダーは、ファイル名拡張子が ppdf である保護された PDF ドキュメントと、.pdf ファイル名拡張子を持つ古い形式をサポートしています。The PDF readers in the following table support protected PDF documents that have a .ppdf file name extension, and older formats that have a .pdf file name extension.

現在、SharePoint Online とオンプレミスの SharePoint では、IRM で保護されたライブラリで PDF ドキュメントの古い形式を使用します。Currently, SharePoint Online and SharePoint on-premises use an older format for PDF documents in IRM-protected libraries.

オペレーティング システムOperating system サポートされるリーダーSupported readers
Windows 10 と以前のバージョンWindows 10 and previous versions
から Windows 7 Service Pack 1through Windows 7 Service Pack 1
Azure Information Protection ビューアーAzure Information Protection viewer

Gaaiho DocGaaiho Doc

GigaTrust Desktop PDF Client for AdobeGigaTrust Desktop PDF Client for Adobe

Foxit ReaderFoxit Reader

Nitro PDF ReaderNitro PDF Reader

Nuance Power PDFNuance Power PDF

RMS 共有アプリRMS sharing app
AndroidAndroid Azure Information Protection アプリAzure Information Protection app

RMS を使用する Foxit MobilePDFFoxit MobilePDF with RMS

GigaTrust App for AndroidGigaTrust App for Android
[iOS]iOS Azure Information Protection アプリAzure Information Protection app

RMS を使用する Foxit MobilePDFFoxit MobilePDF with RMS

TITUS DocsTITUS Docs

Adobe Acrobat Reader と Adobe プラグインの使用Using Adobe Acrobat Reader with the Adobe plug-in

Microsoft と Adobe の連携により、分類され、必要に応じて保護されている PDF ドキュメントに対して、よりシンプルで一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。A collaboration between Microsoft and Adobe gives you a more simplified and consistent experience for PDF documents that have been classified and optionally, protected. このコラボレーションでは、Azure Information Protection など、Microsoft Information Protection ソリューションとの Adobe Acrobat のネイティブ統合がサポートされます。This collaboration provides support for Adobe Acrobat native integration with Microsoft Information Protection solutions, such as Azure Information Protection.

このネイティブ統合には次の利点があります。This native integration has the following benefits:

  • 機密情報が含まれるために保護されている PDF ドキュメントを表示できます。You can view PDF documents that have been protected because they contain sensitive information.

  • ドキュメントに適用されている組織のラベルに対する分類の値を表示できます。You can see the classification value for your organization's label that has been applied to the document.

  • PDF の暗号化における ISO 標準をサポートします。Support for the ISO standard for PDF encryption.

    この機能が管理者によって無効にされていない限り、この保護された PDF ファイル形式は Azure Information Protection クライアント (クラシック) に対して既定で有効になり、Azure Information Protection の統合されたラベル付けクライアントで常に使用されます。Unless this capability has been disabled by an administrator, this protected PDF file format is enabled by default for the Azure Information Protection client (classic) and is always used by the Azure Information Protection unified labeling client.

WindowsおよびMacOSで Adobe プラグを使用することができます。You can use the Adobe plug with Windows and MacOS.

詳細については、次のブログ投稿を参照してください。For more information, see the following blog posts: