ユーザーガイド: Azure Information Protection を使用したドキュメントアクセスの取り消し (パブリックプレビュー)User Guide: Revoke document access with Azure Information Protection (Public preview)

*適用対象: Azure Information Protection、windows 10、Windows 8.1、windows 8 **Applies to: Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8*

*関連: AIP 統合ラベルクライアントのみ*Relevant for: AIP unified labeling client only. 従来のクライアントについては、「 ユーザーガイド: AIP classic client を使用してドキュメントを追跡および取り消す」を参照してください。For the classic client, see User Guide: Track and revoke your documents when you use the AIP classic client.*

この記事では、Microsoft Office から保護したドキュメントへのアクセスを取り消す方法について説明します。This article describes how to revoke access for documents that you've protected from Microsoft Office. 保護されたドキュメントがラベル付けされていない場合でも、追跡と取り消しはサポートされます。Protected documents are supported for track and revoke, even if they are not labeled.

保護されたドキュメントへのアクセスを取り消すと、前にアクセス権を付与した場合でも、他のユーザーがドキュメントにアクセスできなくなります。Revoking access for a protected document prevents other users from accessing the document, even if you've given them access before. 詳細については、「 ユーザーガイド: 分類と保護」を参照して Azure Information Protection 統合ラベルクライアントを参照してください。For more information, see User Guide: Classify and protect with the Azure Information Protection unified labeling client.

統一されたラベル付けクライアントの機能の追跡と取り消しは、現在プレビューの段階です。Track and revoke features for the unified labeling client are currently in PREVIEW. Azure プレビューの追加使用条件には、ベータ版、プレビュー版、またはまだ一般提供されていない Azure 機能に適用される追加の法律条項が含まれています。The Azure Preview Supplemental Terms include additional legal terms that apply to Azure features that are in beta, preview, or otherwise not yet released into general availability.

Microsoft Office アプリからのアクセスを取り消すRevoke access from Microsoft Office apps

Word、Excel、または PowerPoint からのアクセスを取り消すには:To revoke access from Word, Excel, or PowerPoint:

  1. アクセスを取り消す保護されたファイルを開きます。Open the protected file whose access you want to revoke. 現在 のユーザーアカウントを使用して、保護を適用したファイルを指定する必要 がありますThis must be a file where you have applied the protection, using your current user account.

    ヒント

    単にラベルと保護を適用しただけの場合は、同じセッションでアクセスを取り消すことはできません。If you've only just applied a label and protection, you cannot revoke access in the same session. アクセスを取り消す必要がある場合は、ドキュメントを再度開きます。Reopen the document if you need to revoke access.

  2. [ ホーム ] タブで、[ 秘密度 ] ボタンをクリックし、[ アクセスの取り消し] を選択します。On the Home tab, click the Sensitivity button and select Revoke Access:

    [Microsoft Word からアクセスを取り消す] を選択します。

    注意

    このオプションが表示されない場合は、Don't see this option? 詳細については、 以下の考えられるシナリオを参照してください。For more information, see possible scenarios below.

  3. 確認メッセージが表示されたら、[ はい ] をクリックして続行します。In the confirmation message that appears, click Yes to continue.

アクセスが取り消され、他のユーザーがドキュメントにアクセスできなくなります。Access is revoked, and other users can no longer access the document. オフラインアクセスが許可されている場合、ユーザーは、オフラインポリシーの期限が切れるまで失効したドキュメントに引き続きアクセスすることができます。If offline access is allowed, users will continue to be able to access the documents that have been revoked until the offline policy period expires.

Revoke アクセスオプションが表示されない場合は、Don't see the Revoke Access option?

[感度] メニューで アクセスを取り消す オプションが表示されない場合は、次のいずれかのシナリオが考えられます。If you do not see the option to Revoke Access in the Sensitivity menu, you may have one of the following scenarios:

  • このセッションでは、保護を適用したばかりの可能性があります。You might have just applied the protection in this session. この場合は、ドキュメントを閉じて再度開き、もう一度やり直してください。If this is the case, close and re-open the document to try again.

  • 保護されていないドキュメントを表示している可能性があります。You might be viewing an unprotected document. アクセスの取り消しは、保護されたドキュメントにのみ関連します。Revoking access is relevant only for protected documents.

  • 最新の AIP のラベル付けクライアントバージョンがインストールされていないか、インストール後に Office アプリまたはコンピューターの再起動が必要になる可能性があります。You may not have the latest AIP unified labeling client version installed, or you may need to restart your Office apps or machine after installation.

    詳細については、「 ユーザーガイド: Azure Information Protection クライアントをダウンロードしてインストールする」を参照してください。For more information, see User Guide: Download and install the Azure Information Protection client.

  • 管理者が組織の 追跡機能を無効 にしている可能性があります。Your administrator may have turned off tracking features in your organization.

コピーでドキュメント保護が変更されたアクセス権を取り消すRevoking access where the document protection has been changed on a copy

別のユーザーがドキュメントのコピーのラベルまたは保護を変更した場合、そのドキュメントのコピーのアクセスは 取り消されませんIf another user had changed the label or the protection on a copy of the document, access is not revoked on that copy of the document.

これは、アクセスの追跡と取り消しは一意の ContentID 値を使用して行われるため、保護が変更されるたびに変更されます。This is because tracking and revoking access is done using a unique ContentID value, which changes each time protection is changed.

重要

ユーザーがドキュメントのラベルまたは保護レベルを変更し、アクセスを取り消す必要があると思われる場合は、システム管理者に連絡して、ドキュメントのそのコピーに対するアクセスを取り消すことができます。If you think that a user may have changed the label or protection level on a document and you need to revoke access, contact a system administrator to help you revoke access on that copy of the document.

次のステップNext steps

詳細については、次を参照してください。For more information, see: