Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアント-バージョンのリリース履歴とサポートポリシーAzure Information Protection unified labeling client - Version release history and support policy

適用対象: Azure Information Protection、windows 10、Windows 8.1、windows 8、WINDOWS 7 SP1、windows server 2019、windows server 2016、windows Server 2012 R2、windows server 2012、windows Server 2008 r2Applies to: Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2

手順: Windows 用の統一されたラベル付けクライアント Azure Information ProtectionInstructions for: Azure Information Protection unified labeling client for Windows

Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントは、 Microsoft ダウンロードセンターからダウンロードできます。You can download the Azure Information Protection unified labeling client from the Microsoft Download Center.

通常は数週間の遅延が発生すると、最新の一般公開バージョンも Microsoft Update カタログに含まれ、 Microsoft Azure Information Protection > Microsoft Azure 情報の製品名が付けられます。保護の統合されたラベル付けクライアント、および更新の分類。After a short delay of typically a couple of weeks, the latest general availability version is also included in the Microsoft Update Catalog with a product name of Microsoft Azure Information Protection > Microsoft Azure Information Protection Unified Labeling Client, and the classification of Updates. このようにカタログに含まれることで、WSUS や Configuration Manager、または Microsoft Update を使うその他のソフトウェア展開メカニズムを使って、クライアントをアップグレードできるようになります。This inclusion in the catalog means that you can upgrade the client by using WSUS or Configuration Manager, or other software deployment mechanisms that use Microsoft Update.

詳細については、「 Azure Information Protection の統合ラベル付けクライアントのアップグレードと保守」を参照してください。For more information, see Upgrading and maintaining the Azure Information Protection unified labeling client.

サービスの情報とタイムラインServicing information and timelines

Azure Information Protection 統合ラベルクライアントの各一般公開 (GA) バージョンは、以降の GA バージョンのリリースから最大6か月間サポートされます。Each general availability (GA) version of the Azure Information Protection unified labeling client is supported for up to six months after the release of the subsequent GA version. ドキュメントには、サポートされていないバージョンのクライアントに関する情報は含まれません。The documentation does not include information about unsupported versions of the client. 修正プログラムや新しい機能は常に最新の GA バージョンに適用され、古い GA バージョンには適用されません。Fixes and new functionality are always applied to the latest GA version and will not be applied to older GA versions.

実稼働ネットワークのエンド ユーザー向けにプレビュー バージョンをデプロイしないでください。Preview versions should not be deployed for end users on production networks. 最新のプレビュー バージョンは、次の GA バージョンに含まれる新しい機能や修正内容の確認と試用にお使いください。Instead, use the latest preview version to see and try new functionality or fixes that are coming in the next GA version. 最新でないプレビュー バージョンはサポートされません。Preview versions that are not current are not supported.

サポートされなくなった一般提供のバージョン:General availability versions that are no longer supported:
クライアントのバージョンClient version リリース日Date released
2.0.778.02.0.778.0 04/16/201904/16/2019

このページで使用される日付形式は、月/日/年です。The date format used on this page is month/day/year.

リリース情報Release information

次の情報を使用して、Windows 用の Azure Information Protection 統合ラベルクライアントのサポートされているリリースの新機能と変更点を確認してください。Use the following information to see what’s new or changed for a supported release of the Azure Information Protection unified labeling client for Windows. 最新のリリースは一番上に表示されます。The most current release is listed first. このページで使用される日付形式は、月/日/年です。The date format used on this page is month/day/year.

注意

マイナー修正は記載されていないので、統一されたラベル付けクライアントで問題が発生した場合は、最新の GA リリースで修正されているかどうかを確認することをお勧めします。Minor fixes are not listed so if you experience a problem with the unified labeling client, we recommend that you check whether it is fixed with the latest GA release. 問題が引き続き発生する場合は、現在のプレビューバージョン (使用可能な場合) を確認します。If the problem remains, check the current preview version (if available).

テクニカル サポートについては、「サポート オプションとコミュニティ リソース」の情報を参照してください。For technical support, see the Support options and community resources information. Yammer サイトで Azure Information Protection チームと情報交換することもできます。We also invite you to engage with the Azure Information Protection team, on their Yammer site.

このクライアントは Azure Information Protection クライアント (クラシック) に置き換わるものです。This client is replacing the Azure Information Protection client (classic). 従来のクライアントとの機能を比較するには、「 Windows コンピューターのラベル付けクライアント」を参照してください。To compare features and functionality with the classic client, see Compare the the labeling clients for Windows computers.

バージョン2.5.33.0Version 2.5.33.0

リリース日: 10/23/2019Released: 10/23/2019

新機能:New features:

  • スキャナーのプレビューバージョン。オンプレミスのデータストアを検査してラベル付けします。Preview version of the scanner, to inspect and label documents on-premises data stores. このバージョンのスキャナーでは、次のことを行います。With this version of the scanner:

    • 同じスキャナープロファイルを使用するようにスキャナーを構成するときに、複数のスキャナーが同じ SQL Server データベースを共有できます。Multiple scanners can share the same SQL Server database when you configure the scanners to use the same scanner profile. この構成により、複数のスキャナーの管理が容易になり、スキャン時間が短縮されます。This configuration makes it easier to manage multiple scanners, and results in faster scanning times. この構成を使用する場合は、スキャナーのインストールが完了するのを待ってから、同じプロファイルを使用して別のスキャナーをインストールします。When you use this configuration, always wait for a scanner to finish installing before installing another scanner with the same profile.

    • スキャナーをインストールするときにプロファイルを指定する必要があります。スキャナーデータベースには、 AIPScannerUL_<profile_name > という名前が付けられます。You must specify a profile when you install the scanner and the scanner database is named AIPScannerUL_<profile_name>. プロファイルパラメーターは、Set-AIPScanner にも必須です。The Profile parameter is also mandatory for Set-AIPScanner.

    • ドキュメントにラベルが既に付いている場合でも、すべてのドキュメントに既定のラベルを設定できます。You can set a default label on all documents, even if documents are already labeled. スキャナープロファイルまたはリポジトリの設定で、[ラベルの再設定 ] オプションを [オン] に設定し、新しい [既定のラベルを強制する] チェックボックスをオンにします。In the scanner profile or repository settings, set the Relabel files option to On with the new Enforce default label checkbox selected.

    • すべてのドキュメントから既存のラベルを削除できます。ラベルによって以前に適用されていた場合、この操作には保護の削除が含まれます。You can remove existing labels from all documents and this act includes removing protection if it was previously applied by a label. ラベルとは独立して適用された保護が保持されます。Protection applied independently from a label is preserved. このスキャナーの構成は、スキャナープロファイルまたはリポジトリの設定で次の設定を使用して実現されます。This scanner configuration is achieved in the scanner profile or repository settings with the following settings:

      • コンテンツに基づいてファイルにラベルを付ける:オフLabel files based on content: Off
      • 既定のラベル:なしDefault label: None
      • ファイルのラベルの再設定: [ 既定のラベルを強制する] チェックボックスがオンになっているRelabel files: On with the Enforce default label checkbox selected
    • 従来のクライアントのスキャナーと同様、既定では、スキャナーは Office ファイルと PDF ファイルを保護します。As with the scanner from the classic client, by default, the scanner protects Office files and PDF files. PowerShell の詳細設定を使用すると、他の種類のファイルを保護できます。You can protect other files types when you use a PowerShell advanced setting.

    • スキャナーサイクルの開始と終了に関するイベント Id は、Windows イベントログには書き込まれません。Event IDs for the scanner cycles starting and finishing are not written to the Windows event log. 代わりに、この情報に Azure portal を使用します。Instead, use the Azure portal for this information.

    • 既知の問題: 新しいラベルと名前が変更されたラベルは、スキャナープロファイルまたはリポジトリの設定の既定のラベルとして選択できません。Known issue: New and renamed labels aren't available to select as a default label for the scanner profile or repository settings. Workarounds:

      • 新しいラベルの場合: Azure portal で、グローバルポリシーまたはスコープポリシーに使用するラベルを追加します。For new labels: In the Azure portal, add the label you want to use to the global policy or a scoped policy.
      • 名前を変更したラベルの場合: Azure portal を閉じてから再度開きます。For renamed labels: Close and reopen the Azure portal.

    Azure Information Protection クライアント (クラシック) からスキャナーをアップグレードすることができます。You can upgrade scanners from the Azure Information Protection client (classic). アップグレード後に新しいデータベースが作成されると、スキャナーは初回実行時にすべてのファイルを再スキャンします。After the upgrade, which creates a new database, the scanner rescans all files the first time it runs. 手順については、管理者ガイドの「 Azure Information Protection スキャナーをアップグレードする」を参照してください。For instructions, see Upgrading the Azure Information Protection scanner from the admin guide.

    詳細については、ブログ投稿のお知らせを参照してください。統合されたラベル付け AIP スキャナーのプレビューにより、スケールアウトなどができます。For additional information, see the blog post announcement: Unified labeling AIP scanner preview brings scaling out and more!

  • PowerShell コマンドレットのセット-AIPAuthenticationには、ファイルに非対話的にラベルを付ける場合の新しいパラメーター (AppIdappsecretTenantIdDelegatedUserOnBehalfOf) があります。Azure AD にアプリを登録する手順。The PowerShell cmdlet Set-AIPAuthentication has new parameters (AppId, AppSecret, TenantId, DelegatedUser, and OnBehalfOf) for when you want to label files non-interactively, and also a new procedure to register an app in Azure AD. シナリオ例としては、スキャナーや、ドキュメントにラベルを付けるための自動 PowerShell スクリプトがあります。Example scenarios include the scanner and automated PowerShell scripts to label documents. 手順については、管理者ガイドの「非対話形式でファイルにラベルを付ける方法」を参照してください。For instructions, see How to label files non-interactively from the admin guide.

    DelegatedUserは、統合されたラベル付けクライアントの最後のプレビューバージョン以降の新しいパラメーターであり、登録済みアプリの API アクセス許可が変更されたことに注意してください。Note that DelegatedUser is a new parameter since the last preview version of the unified labeling client, and that the API permissions for the registered app have consequently changed.

  • 保護するファイルの種類を変更するための新しい PowerShell ラベルポリシーの詳細設定。New PowerShell label policy advanced setting to change which file types to protect.

  • 新しい PowerShell ラベルポリシーの詳細設定を使用して、ラベルの移行ルールを SharePoint プロパティに拡張します。New PowerShell label policy advanced setting to extend your label migration rules to SharePoint properties.

  • 一致したカスタム機密情報の種類がAzure Information Protection analyticsに送信されます。Matched custom sensitive information types are sent to Azure Information Protection analytics.

  • 適用されたラベルには、色が構成されている場合、ラベルに構成されている色が表示されます。The applied label displays the configured color for the label, if a color has been configured.

  • ラベルに保護設定を追加または変更すると、クライアントは、ドキュメントが次に保存されるときに、これらの最新の保護設定でラベルを再適用します。When you add or change protection settings to a label, the client reapplies the label with these latest protection settings when the document is next saved. 同様に、スキャナーは、強制モードでドキュメントが次回スキャンされるときに、これらの最新の保護設定でラベルを再適用します。Similarly, the scanner reapplies the label with these latest protection settings when the document is next scanned in enforce mode.

  • 1つのクライアントからファイルをエクスポートし、切断されたコンピューターに手動でコピーすることによって、切断されたコンピューターをサポートします。Support for disconnected computers by exporting files from one client and manually copying them to the disconnected computer. この構成は、ファイルエクスプローラー、PowerShell、およびスキャナーを使用したラベル付けでサポートされていることに注意してください。Note that this configuration is supported for labeling with File Explorer, PowerShell, and the scanner. この構成は、Office アプリのラベル付けではサポートされていません。This configuration is not supported for labeling with Office apps.

  • %Localappdata%\Microsoft\MSIP\Logs からすべてのログファイルを収集し、.zip 形式の1つの圧縮されたファイルに保存する新しいコマンドレットであるExportNew cmdlet, Export-AIPLogs, to gather all log files from %localappdata%\Microsoft\MSIP\Logs and saves them to a single, compressed file that has a .zip format. このファイルは、報告された問題の調査に役立つログファイルを送信するように要求された場合に Microsoft サポートに送信できます。This file can then be sent to Microsoft Support if you are requested to send log files to help investigate a reported issue.

関するFixes:

  • ファイルエクスプローラーを使用して保護されたファイルを正常に変更できます。ファイルのパスワードが削除されたら、右クリックします。You can successfully make changes to a protected file using File Explorer and right-click after a password for the file has been removed.

  • ネイティブ保護されたファイルをビューアーで正常に開くには、[名前を付けて保存]、エクスポート (エクスポート) [] の使用権限を必要としません。You can successfully open natively protected files in the viewer without requiring the Save As, Export (EXPORT) usage right.

  • ラベルとポリシー設定は、クリア-AIPAuthenticationを実行しなくても期待どおりに更新されます。または、%LocalAppData%\Microsoft\MSIP\mip フォルダーを手動で削除します。Labels and policy settings refresh as expected without having to run Clear-AIPAuthentication, or manually delete the %LocalAppData%\Microsoft\MSIP\mip folder.

その他の変更Additional changes

  • 設定をリセットすると、%LocalAppData%\Microsoft\MSIP\mip\ <ProcessName> /mip ではなく、%LocalAppData%\Microsoft\MSIP\mip\ <ProcessName> フォルダーが削除されるようになりました。フォルダー.Reset Settings now deletes the %LocalAppData%\Microsoft\MSIP\mip\<ProcessName.exe> folders instead of the %LocalAppData%\Microsoft\MSIP\mip\<ProcessName> \mip folder.

  • Get-AIPFileStatusに、保護されたドキュメントのコンテンツ ID が含まれるようになりました。Get-AIPFileStatus now includes the content ID for a protected document.

バージョン2.2.21.0Version 2.2.21.0

リリース日: 09/03/2020Released: 09/03/2020

04/23/2020 でサポートSupported through 04/23/2020

関するFixes:

  • 詳細設定のOutlookdefaultlabelを使用して Outlook に別の既定のラベルを設定し、指定したラベルにラベルポリシーのサブラベルがない場合は、ラベルが正しく適用されます。When you use the advanced setting OutlookDefaultLabel to set a different default label for Outlook, and the label you specify doesn't have any sublabels for the label policy, the label is correctly applied.

  • Azure Information Protection クライアントが Office アプリで使用されている場合、シングルサインオン用に構成されていない Active Directory アカウントを持つユーザーには、Azure Information Protection の認証を求めるメッセージが表示されます。When the Azure Information Protection client is used in an Office app, a user with an Active Directory account that isn't configured for single sign-on is prompted to authenticate for Azure Information Protection. 正常に認証されると、クライアントのステータスが [オンライン] に正しく変更され、ラベル付け機能が有効になります。After successfully authenticating, the client status correctly changes to online, which enables labeling functionality.

バージョン2.2.19.0Version 2.2.19.0

リリース日: 08/06/2019Released: 08/06/2019

03/03/2020 でサポートSupported through 03/03/2020

関するFixes:

  • クライアントは、ポリシーを正常にダウンロードし、現在の機密ラベルを表示できます。The client can successfully download its policy and display the current sensitivity labels. 以前のバージョンからアップグレードした後で、ラベル付けセンターでカスタム情報の種類を構成していない場合は、この修正が必要です。This fix is required after upgrading from a previous version and you haven't configured any custom information types in your labeling center.

  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。General performance and stability improvements.

バージョン2.2.14.0Version 2.2.14.0

リリース日: 07/15/2019Released: 07/15/2019

02/06/2020 でサポートSupported through 02/06/2020

新機能:New features:

関するFixes:

  • Discoveryinfotypesパラメーターを使用して、Analytics とset-aipfileclassificationコンテンツの一致をサポートします。Support for content matches for analytics and Set-AIPFileClassification with the DiscoveryInfoTypes parameter.

  • Windows で別のロケールに変更した後も、保護付きのラベルを PDF ドキュメントに適用できます。After you change to an alternative locale in Windows, you can still apply a label with protection to a PDF document.

  • コンテンツからラベルを削除すると、ラベル構成の一部として適用された場合にのみ、保護も削除されます。When a label is removed from content, protection is also removed only when it was applied as part of the label configuration. ラベルとは別に保護が適用されている場合、その保護は維持されます。If the protection was applied independently from the label, that protection is preserved. たとえば、ユーザーがファイルにカスタムアクセス許可を適用したとします。For example, a user applied custom permissions to a file.

  • 自動ラベル付けが構成されている場合、ドキュメントを初めて保存するときにラベルが適用されます。When automatic labeling is configured, the label applies the first time a document is saved.

  • 既定のラベル付けは、サブラベルをサポートします。Default labeling supports sublabels.

バージョン2.0.779.0Version 2.0.779.0

リリース日: 05/01/2019Released: 05/01/2019

02/15/2020 でサポートSupported through 02/15/2020

このリリースでは、Office アプリやエクスプローラーにラベルが表示されない場合がある競合状態の問題を解決するための修正プログラムが1つあります。This release has a single fix to resolve a race-condition issue where sometimes, no labels display in Office apps or File Explorer.

次のステップNext steps

インストールするクライアントが適切かどうかは確認できません。Not sure if this is the right client to install? Windows コンピューターに使用するラベル付けクライアントを選択する」を参照してください。See Choose which labeling client to use for Windows computers.

このクライアントをインストールして使用する方法の詳細については、次を参照してください。For more information about installing and using this client: