ユーザー ガイド: RMS 共有アプリケーションで実行していたタスクUser Guide: Tasks that you used to do with the RMS sharing application

適用対象:Active Directory Rights Management サービス、 Azure Information Protection、windows 10、Windows 8.1、windows 8、WINDOWS 7 SP1、windows server 2019、windows server 2016、windows Server 2012 R2、windows server 2012、windows Server 2008 r2Applies to: Active Directory Rights Management Services, Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2

手順:Windows 用 Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

ここでは、最近、Rights Management 共有アプリケーション (単に "RMS 共有アプリ" ともいう) から Azure Information Protection クライアントにアップグレードした場合に役立つ情報を提供します。Recently upgraded from the Rights Management sharing application (also known as just the "RMS sharing app") to the Azure Information Protection client?

以下の情報を利用すれば、すばやく作業を開始することができます。Use the following information to help you get up and running quickly.

RMS 共有アプリThe RMS sharing app Azure Information Protection クライアントでの作業方法How to do this with the Azure Information Protection client
デバイス上のファイルを保護するProtect a file on a device

"インプレースで保護" ともいうAlso known as "protect in place"
Office アプリの場合: 必要な保護を適用するラベルを選択するか、カスタム アクセス許可を設定します。For Office apps: Select a label that applies the required protection, or set custom permissions.

その他のファイルの場合: エクスプローラーのメニュー オプション [分類して保護する] を使用して、 [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスを開きます。For other files: Use the File Explorer menu option, Classify and protect to open the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box. 次に、必要な保護を適用するラベルを選択するか、独自のカスタム アクセス許可を指定します。Then select a label that applies the required protection, or specify your own custom permissions.

詳細については、「ファイルや電子メールを分類して保護する」を参照してください。For more information, see Classify and protect a file or email.
電子メールで共有するファイルを保護するProtect a file that you share by email

"保護ファイルの共有" ともいうAlso known as "share protected"
Outlook を使用する場合は、電子メール メッセージに必要な保護を適用したラベルを適用するか、Outlook の [転送不可] オプションを選択します。Using Outlook, apply a label with the required protection to your email message, or select the Outlook Do Not Forward option. 保護されていない添付ファイルでもファイルの種類がサポートされている場合、その添付ファイルは自動的に保護されます。Unprotected attachments that have a supported file type are automatically protected.

メモ:電子メールで送信する保護されたドキュメントを追跡するには、まず、それを保護してから電子メール メッセージに添付します。Note: To track a protected document that you email, protect it first and then attach it to the email message.

詳細については、「ファイルや電子メールを分類して保護する」を参照してください。For more information, see Classify and protect a file or email.
保護されたファイルに対するアクセス許可を変更するChange permissions on protected files

"再保護” ともいうAlso known as "re-protect"
Azure Information Protection バーが表示される Office アプリの場合:必要な保護を適用するラベルを選択します。For Office apps that display the Azure Information Protection bar: Select a label that applies the required protection.

保護のみモードで Azure Information Protection クライアントが実行されているその他のファイルの場合: エクスプローラーのメニュー オプション [分類して保護する] を使用して、 [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスを開きます。For other files, and if the Azure Information Protection client is in protection-only mode: Use the File Explorer menu option, Classify and protect to open the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box. 次に、必要な保護を適用するラベルを選択するか、独自のカスタム アクセス許可を指定します。Then select a label that applies the required protection, or specify your own custom permissions.

詳細については、「ファイルや電子メールを分類して保護する」を参照してください。For more information, see Classify and protect a file or email.
ドキュメントを追跡して取り消すTrack and revoke documents Word、Excel、PowerPoint から: ドキュメントを開き、 [ホーム] タブ、 [保護] グループ、 [保護] > [追跡と取り消し] の順に移動します。From Word, Excel, and PowerPoint: Open the document and then, on the Home tab > Protection group > Protect > Track and revoke

ファイル エクスプローラーから:ファイルまたはフォルダーを右クリックし、 [分類して保護する] を選択します。From File Explorer: Right click a file or folder > Classify and protect. 次に、 [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスで、 [追跡と取り消し] をクリックします。Then in the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box, click Track and revoke.

Azure Information Protection クライアントに対して PowerShell を使用する場合:Set-AIPFileLabel コマンドレットと共に EnableTracking パラメーターを使って、追跡用にラベル付きのドキュメントを登録します。When you use PowerShell for the Azure Information Protection client: Use the EnableTracking parameter with the Set-AIPFileLabel cmdlet to register the labeled document for tracking.

詳細については、「ドキュメントを追跡して取り消す」を参照してください。For more information, see Track and revoke your documents.
保護されているファイルの表示と使用View and use files that have been protected 保護されている Office ドキュメントの場合は、Office をインストールする必要があります。You must have Office installed for protected Office documents. Azure Information Protection ビューアーで、他の多くの保護されているファイルを開いて読み取ることができます。また、印刷と保存操作のアクセス許可がある場合は、保護されているファイルを印刷して保存することもできます。The Azure Information Protection Viewer can open many other protected files so that you can read them, and also print and save these files if you have permissions to do these actions. このビューアーはクライアントと共に自動的にインストールされますが、個別にインストールすることもできます。This viewer is automatically installed with the client, or you can install it separately.

詳細については、「保護されているファイルを開く」を参照してください。For more information, see Open files that have been protected.
ファイルからの保護の削除Remove protection from files エクスプローラーのメニュー オプション [分類して保護する] を使用して、 [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスを開きます。Use the File Explorer menu option, Classify and protect to open the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box.

次に、1 つのファイルの場合は、 [Protect with custom permissions] (カスタム アクセス許可で保護) オプションをオフにします。Then, for a single file, clear the Protect with custom permissions option. 複数のファイル、またはフォルダーの場合は、 [Remove custom permissions] (カスタム アクセス許可の削除) をクリックします。For multiple files or a folder, click Remove custom permissions.

詳細については、ファイルや電子メールからのラベルと保護の削除に関するページを参照してください。For more information, see Remove labels and protection from files and emails.

お探しのオプションは見つかりましたか?Can't find the option you're looking for?

RMS 共有アプリケーションで選択していた特定のオプションをお探しの場合は、以下の表を確認してください。If you're looking for a specific option that you're used to selecting with the RMS sharing application, check the following table.

RMS 共有アプリのオプションOption in the RMS sharing app [情報]Information
保護ファイルの共有Share Protected このオプションは、Office リボンで使用できなくなりました。This option is no longer available from the Office ribbon. Office アプリケーション内から直接共有する代わりに、エクスプローラーの右クリック オプション [分類して保護する] を使用して、カスタム アクセス許可でドキュメントのコピーを保護し、選択した電子メール クライアントを使用するか、共有場所を使用してファイルを共有します。Instead of sharing directly from within your Office application, use File Explorer's right-click option, Classify and protect to protect a copy of the document with custom permissions, and then share the file using your choice of email client, or sharing location.

保護した電子メールに、保護されていない Office ドキュメントを添付することもでき、そのドキュメントは、同じ制限で自動的に保護されます。You can also attach an unprotected Office document to an email that you protect, and the document is automatically protected with the same restrictions. ただし、このドキュメントを追跡したり、取り消したりすることはできません。However, you cannot track and revoke this document.
他のユーザーがこのドキュメントを開こうとしたら電子メールで通知するEmail me when somebody tries to open these documents 優先するメールの通知設定を構成するには、ドキュメント追跡サイトを使用します。共有している保護されたドキュメントを検索し、 [設定] > [メール通知] の順に選択します。Use the document tracking site to configure your preferred email notification setting: Locate the protected document that you shared > Settings > Email notifications
これらのドキュメントへのアクセスをすぐに取り消せるようにするAllow me to instantly revoke access to these documents このオプションは利用できなくなりました。This option is no longer available. オフライン アクセスを許可しない管理者定義の保護設定を使用します。Use administrator-defined protection settings that do not allow offline access. さらに、管理者は、 AipServiceMaxUseLicenseValidityTimeを実行することで、テナントの使用ライセンスの有効期間を短縮できます。Additionally, an administrator can reduce the use license validity period for your tenant, by running Set-AipServiceMaxUseLicenseValidityTime.
Outlook での使用の追跡Track Usage in Outlook Outlook からドキュメント追跡サイトにアクセスする機能は使用できなくなりました。The ability to access the document tracking site from Outlook is no longer available. 代わりに、Word、PowerPoint、Excel、エクスプローラーから [追跡と取り消し] オプションを使用します。Instead, use the Track and revoke option from Word, PowerPoint, Excel, or File Explorer. または、ブラウザーを使用してドキュメント追跡サイトに直接移動できます。Or, using a browser, you can go directly to the document tracking site.

次の手順Next steps

他の操作手順については、Azure Information Protection ユーザー ガイドを参照してください。More how-to instructions from the Azure Information Protection user guide:

管理者向け追加情報Additional information for administrators

Azure Information Protection クライアント管理者ガイド」をご覧ください。See the Azure Information Protection client administrator guide.