個人用 RMS と Azure Information ProtectionRMS for individuals and Azure Information Protection

*適用対象: Azure Information Protection**Applies to: Azure Information Protection*

*関連: AIP のラベル付けクライアントと従来のクライアント。 **Relevant for: AIP unified labeling client and classic client.*

注意

統一された効率的なカスタマーエクスペリエンスを提供するために、 Azure Information Protection クラシッククライアント および Azure Portal での ラベル管理、2021年3月31日非推奨 となっています。To provide a unified and streamlined customer experience, Azure Information Protection classic client and Label Management in the Azure Portal are being deprecated as of March 31, 2021. このタイムフレームにより、現在のすべての Azure Information Protection のお客様は、Microsoft Information Protection 統合ラベル付けプラットフォームを使用する統一されたラベル付けソリューションに移行できます。This time-frame allows all current Azure Information Protection customers to transition to our unified labeling solution using the Microsoft Information Protection Unified Labeling platform. 詳細については、公式な非推奨の通知をご覧ください。Learn more in the official deprecation notice.

個人用 RMS は、Azure Information Protection によって保護されたファイルを開く必要があるユーザー向けの、無料セルフサービス サブスクリプションです。RMS for individuals is a free self-service subscription for users who need to open files that have been protected by Azure Information Protection. そのようなユーザーを Azure Active Directory で認証できない場合は、この無料登録サービスでユーザーのために Azure Active Directory にアカウントを作成できます。If these users cannot be authenticated by Azure Active Directory, this free sign-up service can create an account in Azure Active Directory for a user. 結果的に、会社のメール アドレスでユーザーを認証できるようになり、保護されているファイルをコンピューターまたはモバイル デバイスで読み取ることができます。As a result, these users can now authenticate by using their company email address and then read the protected files on computers or mobile devices.

個人用 RMS では、Azure Active Directory のセルフサービス サインアップが使用されます。RMS for individuals uses Azure Active Directory self-service signup. ユーザーがこのサブスクリプションを使用して組織のアカウントを作成していた場合は、組織の管理者として、ユーザーのアカウントの所有権を要求し、アカウントを制御することができます。If users have created accounts for your organization by using this subscription, as an administrator for your organization, you can claim ownership and take control of their accounts.

この無料アカウントにサインアップするには、Microsoft Azure Information Protection のページに移動して、仕事用メール アドレスを指定します。To sign up for this free account, users go to the Microsoft Azure Information Protection page, and provide their work email address. ユーザーは、Microsoft からの応答メールを受信したら、アカウントの作成に必要な詳細情報を入力してサインアップ プロセスを完了できます。They receive an email in response from Microsoft, and they can then complete the sign-up process by entering details to create their account.

アカウントが作成されると、各種デバイス用の Azure Information Protection クライアントまたはビューアーをダウンロードするためのリンク、ユーザー ガイドへのリンク、Rights Management による保護をネイティブでサポートするアプリケーションの最新の一覧へのリンクが、最終ページに表示されます。When the account is created, the final page displays links to download the Azure Information Protection client or viewer for different devices, a link to the user guide, and a link for a current list of applications that natively support Rights Management protection.

代替手段: Office 365 メッセージ暗号化または Microsoft アカウントを使用するAlternatives: Use Office 365 Message Encryption or Microsoft accounts

個人用 RMS は、組織外の承認されたユーザーが、組織が保護しているファイルを常に読み取ることができるようにするための1つのオプションです。RMS for individuals is one option to help ensure that authorized people outside your organization can always read files that your organization protects.

代替オプションは次のとおりです。Alternative options include:

  • Office 365 Message Encryption と新機能を使用して、ドキュメントを電子メールで送信します。Email documents by using Office 365 Message Encryption with new capabilities. 電子メールによるこのソリューションは、あらゆるデバイスのあらゆる電子メール アドレスに対して利用できます。組織外の人と、ブラウザーで安全に情報を共有し、Office ドキュメントを確認することができる、お勧めの方法です。This email solution works for all email addresses on all devices and is the recommended way to safely share information and view Office documents in a browser with people outside your organization.

  • Microsoft アカウントを使用します。Use Microsoft accounts. 認証に Microsoft アカウントが使用されている場合、保護されたコンテンツを開くことができないアプリケーションもあります。Not all applications can open protected content when a Microsoft account is used for authentication. 詳細情報More information

個人用 RMS にサインアップするにはTo sign up for RMS for individuals

  1. Windows または Mac のコンピューター、またはモバイル デバイスを使用して Microsoft Azure Information Protection のページにアクセスします。Using a Windows or Mac computer, or a mobile device, go to the Microsoft Azure Information Protection page.

  2. 開く必要があるドキュメントを保護するのに使用された電子メール アドレスを入力します。Type the email address that was used to protect the document you need to open.

  3. [サインアップ] をクリックします。Click Sign up.

    Microsoft では、ユーザーの電子メール アドレスを使用して、組織が既に Azure Information Protection Premium のサブスクリプション、または Azure Information Protection を使用したデータ保護を含む Office 365 サブスクリプションを利用しているかどうかを確認します。Microsoft uses your email address to check whether your organization already has a subscription for Azure Information Protection Premium or an Office 365 subscription that includes data protection by using Azure Information Protection. これらのサブスクリプションのいずれかが見つかったら、個人用 RMS は必要ありません。If either of these subscriptions are found, you don’t need RMS for individuals. すぐにサインインが行われ、個人用 RMS のセルフ サービス サインアップはキャンセルされます。You are signed in immediately and the self-service sign up for RMS for individuals is canceled. これらのサブスクリプションのいずれも見つからない場合は、次の手順に進みます。If one of these subscriptions isn't found, you continue to the next step.

  4. 入力したアドレスに確認の電子メール メッセージが届くまで待ちます。Wait for a confirmation email message to be sent to the address that you supplied. これは Microsoft 365 チーム () からのものであり、 support@email.microsoftonline.com サブジェクトが Microsoft Azure Information Protection の サインアップを完了しています。It will be from the Microsoft 365 Team (support@email.microsoftonline.com) and has the subject Finish signing up for Microsoft Azure Information Protection.

  5. このメールが届いたら、[はい、私です] をクリックすると電子メール アドレスが確認されたことになり、サインアップ プロセスが完了します。When you receive the email, click Yes, that's me to verify your email address and complete the sign-up process.

  6. [最後に...] というページが表示され、アカウントの詳細情報を入力できるようになります。You now see a One last thing ... page for you to supply details for your account. 氏名とパスワードを入力し、パスワードを確認のため再入力してから [開始] をクリックします。Type in your first name, your last name, enter and confirm a password of your choice, and then click Start.

  7. アカウントが作成されると、Microsoft Azure Information Protection の新しいページが表示されます。ここで、Azure Information Protection クライアントをダウンロードしてインストールすることができます。また、ユーザー ガイド リンクをクリックして、Windows コンピューター用の操作手順を表示することができます。When your account is created, you see a new Microsoft Azure Information Protection page where you can download and install the Azure Information Protection client, or click the User guide link for how-to instructions for Windows computers.

これでアカウントが作成されたので、保護されたファイルを読み取るためにサインインを求められた場合は、個人用 RMS のアカウントを作成するときに指定したものと同じ電子メール アドレスとパスワードを入力します。Now your account is created, if you're prompted to sign in to read protected files, enter the same email address and password that you used to create the account for RMS for the individuals.

重要

このアカウントを使用してファイルを保護することもできるようになりましたが、組織が Azure Information Protection の試用版または有料サブスクリプションを取得するまでは実行しないでください。Although you can now also protect files with this account, do not do so until your organization has a trial or paid subscription for Azure Information Protection. この無料サブスクリプションを使用してファイルや電子メールを保護した後で、組織がアカウントを制御した場合、前に保護したコンテンツにアクセスできなくなる可能性があります。If you protect files and emails by using this free subscription and then your organization takes control of your account, previously protected content might become inaccessible.

次のステップNext steps

個人用 RMS は、Azure Active Directory でサポートされているセルフサービスサインアップ機能を使用する例です。RMS for individuals is an example of using the self-service signup feature that is supported by Azure Active Directory. この機能の動作の詳細については、Azure Active Directory のドキュメントの「 Azure Active Directory のサインアップ Self-Service について」を参照してください。For more information about how this feature works, see What is Self-Service Signup for Azure Active Directory? in the Azure Active Directory documentation.