チュートリアル:Azure Information Protection (AIP) クラシック クライアントから統合ラベル付けソリューションへの移行Tutorial: Migrating from the Azure Information Protection (AIP) classic client to unified labeling solution

*適用対象:Azure Information Protection**Applies to: Azure Information Protection*

*関連する内容:Windows 用 Azure Information Protection クラシック クライアント**Relevant for: Azure Information Protection classic client for Windows*

注意

統一された効率的なカスタマー エクスペリエンスを提供するため、Azure portal の Azure Information Protection のクラシック クライアントとラベル管理は、2021 年 3 月 31 日をもって非推奨になります。To provide a unified and streamlined customer experience, Azure Information Protection's classic client and Label Management in the Azure portal are being deprecated as of March 31, 2021.

この期間に、Azure Information Protection クラシック クライアントの現在のすべてのお客様が、Microsoft Information Protection の統合ラベル付けソリューションを使用する AIP 統合ラベル付けに移行できます。This time frame enables all current Azure Information Protection classic client customers to transition to the AIP unified labeling, which uses Microsoft Information Protection's Unified Labeling solution. 詳細については、公式な非推奨の通知をご覧ください。Learn more in the official deprecation notice.

このチュートリアルでは、クラシック クライアントから組織の Azure Information Protection のデプロイを、および Azure portal でのラベルとラベル付けポリシーの管理を、統合ラベル付けソリューションと Microsoft 365 の秘密度ラベルに移行する方法について説明します。This tutorial describes how to migrate your organization's Azure Information Protection deployment from the classic client, and label/label policy management in the Azure portal, to the unified labeling solution and Microsoft 365 sensitivity labels.

必要な時間:移行を完了するために必要な時間は、お使いのポリシーの複雑さと使用する AIP 機能によって異なります。Time required: The time required to complete a migration depends on how complex your policies are and the AIP features you use. バックグラウンドで移行する間は、クラシック クライアントを使用し続けることができます。You can continue to work with the classic client while you migrate in the background.

このチュートリアルでは、各手順の概要について説明し、詳細については、Microsoft ドキュメントの他の場所にある関連セクションを参照してください。This tutorial provides a high-level description of each step, and then references to the relevant section elsewhere in Microsoft documentation for more details.

このチュートリアルでは、次のことについて説明します。In this tutorial, you'll:

  • 移行の計画についての詳細Learn about planning your migration
  • ラベルを統合ラベル付けプラットフォームに移行するMigrate your labels to the unified labeling platform
  • 新しいラベル付け管理センターで詳細設定を構成する方法の詳細Learn how to configure advanced settings in your new labeling admin center
  • ポリシーを統合ラベル付けプラットフォームにコピーするCopy your policies to the unified labeling platform
  • 統合ラベル付けクライアントのデプロイDeploy the unified labeling client

統合ラベル付けソリューションへ移行する理由Why migrate to the unified labeling solution?

クラシック クライアントの非推奨化が予定されていることに加えて、統合ラベル付けソリューションに移行することで、デジタル資産全体の機密データを効果的に保護できます。In addition to the planned classic client deprecation, migrating to the unified labeling solution enables you to effectively protect sensitive data across your digital estate. 移行が完了したら、Microsoft 365 クラウド サービス、オンプレミス、サードパーティの SaaS アプリケーションで Microsoft Information Protection (MIP) を使用します。Once you've migrated, use Microsoft Information Protection (MIP) in Microsoft 365 cloud services, on-premises, in third-party SaaS applications, and more.

MIP では、多くの基本的な情報保護機能に対して組み込みのラベル付けサービスをサポートしているため、組み込みのラベル付けでサポートされていない追加機能に対してのみクライアントの使用を予約できます。MIP supports built-in labeling services for many basic information protection features, enabling you to reserve client usage only for extra features not supported by built-in labeling.

  • デプロイして維持する追加ソフトウェアが少なくなることで、メンテナンス コストを削減するLower your maintenance costs, by deploying and maintaining less additional software

  • 追加のアドインを必要とせずに、Office のパフォーマンスを向上させるIncrease Office performance, without the need for additional add-ins

  • ラベル付け管理センターを使用して、AIP、Office 365、Windows での ラベル付けと保護ポリシーの管理を効率化するStreamline your labeling and protection policy management across AIP, Office 365, and Windows, using your labeling admin center.

    サポートされている管理センターには、Microsoft 365 コンプライアンス センター、Microsoft 365 セキュリティ センター、Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンス センターが含まれます。Supported admin centers include the Microsoft 365 compliance center, the Microsoft 365 security center, or the Microsoft 365 Security & Compliance Center.

詳細については、統合ラベル付けの移行に関するブログをご覧ください。For more information, see the Understanding unified labeling migration blog.

移行を計画するPlanning your migration

AIP クラシック クライアントで使用できるほとんどの機能は、統合ラベル付けクライアントでも使用できますが、一部の機能はまだ完全には使用できず、統合ラベル付け用に構成が異なっているものがあります。While most functionality available for the AIP classic client is also available for the unified labeling client, some features are not yet fully available, and some are configured differently for unified labeling.

統合ラベル付けクライアント使用時に、使用する Information Protection の機能がどのように異なるかを理解するには、次の記事を確認してください。Review the following articles to understand how the Information Protection features you use may differ when using the unified labeling client:

ヒント

エンド ユーザーの動作に影響を与えるクライアントの違いが文書化されている場合は、統合ラベル付けクライアントをデプロイし、新しいポリシーを発行する前に、これらの変更をユーザーに効果的に伝えることをお勧めします。If there are documented differences between the clients that impact your end users' behavior, we recommend communicating these changes effectively to your users before deploying the unified labeling client and publishing your new policy.

移行を計画し、発生する変更を理解したら、続けて、ラベルを統合ラベル付けプラットフォームに移行しますOnce you've planned your migration and understood the changes that will occur, continue with Migrating labels to the unified labeling platform.

ラベルを統合ラベル付けプラットフォームに移行するMigrating labels to the unified labeling platform

移行を計画し、クライアントの違いを管理する方法を検討したら、統合ラベル付けをアクティブ化し、ラベルを移行する準備が整います。Once you've planned you migration and considered how you will manage the differences in the clients, you're ready to activate unified labeling and migrate your labels.

移行中も、Azure portal の Azure Information Protection 領域にある AIP クラシック クライアントとポリシーを使用し続けることができます。While you migrate, you can continue to use the AIP classic client and the policies in the Azure Information Protection area in the Azure portal. 2 つのクライアントが、追加の構成なしで同時に動作できます。The two clients can work side by side without any additional configuration.

  1. 次のいずれかのロールを使用して、管理者として Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal as an administrator with one of the following roles:

    • コンプライアンス管理者Compliance administrator
    • コンプライアンス データ管理者Compliance data administrator
    • セキュリティ管理者Security administrator
    • グローバル管理者Global administrator
  2. Azure Information Protection 領域の左側にある [管理] の下で、 [統合ラベル付け] を選択します。On the Azure Information Protection area, under Manage on the left, select Unified labeling.

    ページの上部にある [アクティブ化] を選択して、統合ラベル付けを有効にします。

    ラベルが Azure Information Protection から統合ラベル付けプラットフォームにコピーされ、両方のシステムに格納されるようになります。Your labels are copied from Azure Information Protection to the unified labeling platform, and are now stored in both systems.

    ラベル付け管理センターを開き、表示されるラベルと Azure Information Protection 領域を比較します。Open your labeling admin center to compare the labels displayed there and in the Azure Information Protection area. この 2 つのリストは同じであるはずです。The two lists should be identical. たとえば、Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンス センターと比較すると、次のようになります。For example, when comparing to the Microsoft 365 Security & Compliance Center:

    Azure portal とセキュリティ/コンプライアンス センター間で移行されたラベルを比較する

    注意

    必要に応じて、移行が完了するまで、両方のシステムでラベルの使用を継続します。If needed, continue using the labels in both systems until you finish migrating. 詳細については、「ラベル付け編集の同期」を参照してください。For more information, see Synchronizing labeling edits.

続けて、ポリシーを統合ラベル付けプラットフォームにコピーしますContinue with Copy policies to the unified labeling platform.

ラベル付け編集の同期Synchronizing labeling edits

ラベルをラベル付け管理センター (Microsoft 365 セキュリティ センター、Microsoft 365 コンプライアンス センター、または Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンス センターなど) に移行した後は、Azure portal 内で移行済みラベルに編集を行うと、管理センター内で同じラベルに自動的に同期されて、統合ラベル付けが行われます。Once you've migrated your labels to your labeling admin center, including the Microsoft 365 security center, Microsoft 365 compliance center, or the Microsoft 365 Security & Compliance Center, any edits you continue to make to the migrated labels in the Azure portal are automatically synchronized to the same label in the admin center for unified labeling.

その逆で、管理センター内の移行済みラベルに編集が行われても、Azure portal には同期され "ません"。However, edits made to migrated labels in your admin center are not synchronized back to the Azure portal. 管理センターで編集を行い、Azure portal でそれらを更新する必要がある場合は、ポータルに戻って更新を発行します。If you make edits in the admin center and need them updated in the Azure portal, return to the portal to publish the update.

Azure portal で更新されたラベルを発行するには、次のようにします。To publish an updated label in the Azure portal:

  1. Azure Information Protection 領域の左側にある [管理] の下で、 [統合ラベル付け] を選択します。On the Azure Information Protection area, under Manage on the left, select Unified labeling.

  2. [発行] を選択します。

注意

この手順が必要になるのは、統合ラベル付けプラットフォームで移行済みラベルを編集し、その編集を Azure portal で同期する必要がある場合のみです。This step is only required if you've made edits to your migrated labels in the unified labeling platform, and need those edits synchronized back with the Azure portal.

PowerShell を使用してラベルを移行するMigrating labels via PowerShell

PowerShell を使用して、GCC High 環境の場合など、既存のラベルを移行することもできます。You can also use PowerShell to migrate your existing labels, such as for a GCC High environment.

New-Label コマンドレットを使用して、既存の秘密度ラベルを移行します。Use the New-Label cmdlet to migrate your existing sensitivity labels.

たとえば、秘密度ラベルに暗号化が含まれている場合、New-Label コマンドレットを次のように使用できます。For example, if your sensitivity label has encryption, you might use the New-Label cmdlet as follows:

New-Label -Name 'aipscopetest' -Tooltip 'aipscopetest' -Comment 'admin notes' -DisplayName 'aipscopetest' -Identity 'b342447b-eab9-ea11-8360-001a7dda7113' -EncryptionEnabled $true -EncryptionProtectionType 'template' -EncryptionTemplateId 'a32027d7-ea77-4ba8-b2a9-7101a4e44d89' -EncryptionAipTemplateScopes "['allcompany@labelaction.onmicrosoft.com','admin@labelaction.onmicrosoft.com']"

GCC、GCC High、および DoD 環境での作業の詳細については、Azure Information Protection Premium Government サービスの説明に関する記事をご覧ください。For more information about working in GCC, GCC-High, and DoD environments, see the Azure Information Protection Premium Government Service Description.

ポリシーを統合ラベル付けプラットフォームにコピーするCopy policies to the unified labeling platform

Azure portal に保存しているすべてのポリシーを統合ラベル付けプラットフォームでそのまま使用できるようにコピーします。Copy any policies you have stored in the Azure portal that you want to have available as they are in the unified labeling platform.

現在のところ、この機能はプレビュー段階です。This feature is currently in PREVIEW. Azure プレビューの追加使用条件には、ベータ版、プレビュー版、またはまだ一般提供されていない Azure 機能に適用される追加の法律条項が含まれています。The Azure Preview Supplemental Terms include additional legal terms that apply to Azure features that are in beta, preview, or otherwise not yet released into general availability.

注意

ポリシーのコピーには、一定の制限があります。Copying policies has certain limitations. 一から始めて、ラベル付け管理センターで手動でポリシーを作成することもできます。You can also start from scratch and create your policies manually in your labeling admin center. 詳細については、Microsoft 365 のドキュメントを参照してください。For more information, see the Microsoft 365 documentation.

ポリシーをコピーするには、次のようにします。To copy your policies:

  1. 次の項目について検討し、この時点でポリシーをコピーすることを確認します。Consider the following items and confirm that you want to copy your policies at this time:

    考慮事項Consideration 説明Description
    ポリシーをコピーすると、"すべて" のポリシーがコピーされるCopying policies copies all your policies ポリシーのコピーで、特定のポリシーだけをコピーすることはできません。現在は、すべてのポリシーをコピーするか、まったくしないのどちらかです。Copying policies does not support copying specific policies only - it's all of your policies, or none of them now.
    コピーすると、ポリシーが自動的に発行されるCopying automatically publishes your policies 統合ラベル付けクライアントにコピーしたポリシーは、統合ラベル付けがサポートされているすべてのクライアントに自動的に発行されます。Copying your policies to the unified labeling client automatically publishes them to all unified labeling-supported clients.

    重要:ポリシーを発行しない場合は、コピーしないでください。Important: Do not copy your policies if you don't want to publish them.
    コピーすると、同じ名前の既存のポリシーが上書きされるCopying overwrites existing policies of the same name 管理センターに同じ名前のポリシーが既に存在する場合、ポリシーをコピーすると、そのポリシーで定義されているすべての設定が上書きされます。If you have a policy with the same name already existing in your admin center, copying your policies will overwrite any settings defined in that policy.

    Azure portal からコピーされるすべてのポリシーには、AIP_<policy name> という構文で名前が付けられます。All policies copied from the Azure portal are named with the following syntax: AIP_<policy name>.
    一部のクライアント設定はコピーされないSome client settings are not copied 一部のクライアント設定は、統合ラベル付けプラットフォームにコピーされないため、移行後に手動で構成する必要があります。Some client settings are not copied to the unified labeling platform, and must be configured manually after migrating.

    詳細については、「ラベル付け詳細設定を構成する」を参照してくださいFor more information, see Configuring advanced labeling settings
  2. 次のいずれかのロールを使用して、管理者として Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal as an administrator with one of the following roles:

    • コンプライアンス管理者Compliance administrator
    • コンプライアンス データ管理者Compliance data administrator
    • セキュリティ管理者Security administrator
    • グローバル管理者Global administrator
  3. Azure Information Protection 領域の左側にある [管理] の下で、 [統合ラベル付け] を選択します。On the Azure Information Protection area, under Manage on the left, select Unified labeling.

  4. [ポリシーのコピー] を選択します (プレビュー)。 Azure portal に保存しているすべてのポリシーが管理センターにコピーされます。All of the policies you have stored in the Azure portal are copied to your admin center.

    同じ名前のポリシーが管理センターに既に存在する場合、そのポリシーは Azure portal の設定で上書きされます。If there are any policies already in the admin center with the same name, the policies are overwritten with the settings from the Azure portal.

    重要

    Microsoft Cloud App Security および Azure Information Protection ラベルを現在使用している場合は、ポリシーが 1 人のユーザーに限定されている場合であっても、ラベルの最小セットを持つポリシーを少なくとも 1 つ、ラベル付け管理センターに発行していることを確認します。If you currently use Microsoft Cloud App Security and Azure Information Protection labels, verify that you have published at least one policy with a minimal set of labels to your labeling admin center, even if the policy is scoped to a single user.

    このポリシーは、ラベル付け管理センター内のすべてのラベルを識別して Microsoft Cloud App Security ポータルで表示するために Microsoft Cloud App Security に必要です。This policy is required for Microsoft Cloud App Security to identify all the labels in the labeling admin center, and show them in the Microsoft Cloud App Security portal.

ラベルとポリシーの両方を移行したので、続けて、ラベル付け詳細設定を構成し、移行されなかった詳細構成に対応します。Now that you've migrated both your labels and policies, continue with Configuring advanced labeling settings to cover any advanced configurations that were not migrated.

ラベル付け詳細設定を構成するConfiguring advanced labeling settings

計画段階で説明したように、ラベル付け詳細設定の一部は自動的には移行されず、統合ラベル付けプラットフォーム用に再構成する必要があります。As explained during the planning phase, some advanced labeling settings are not migrated automatically, and must be reconfigured for the unified labeling platform.

詳細については、次を参照してください。For more information, see:

PowerShell でラベル付け詳細設定を構成するConfigure advanced labeling settings in PowerShell

  1. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell モジュールに接続します。Connect to the Office 365 Security & Compliance Center PowerShell module. 詳細については、セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell のドキュメントをご覧ください。For more information, see Security & Compliance Center PowerShell documentation.

  2. ラベル付け詳細設定を定義するには、Set-Label コマンドレットを使用し、AdvancedSettings パラメーター、設定を適用するラベル、および設定を定義するためのキーと値のペアを指定します。To define an advanced label setting, use the Set-Label cmdlet, specifying the AdvancedSettings parameter, the label you want to apply the setting to, as well as key/value pairs to define your setting.

    使用する構文は以下のとおりです。Use the following syntax:

    Set-Label -Identity <LabelGUIDorName> -AdvancedSettings @{<Key>="<value1>,<value2>"}
    

    各値の説明:Where:

    • <LabelGUIDorName> にラベル名または GUID を使用して、ラベルを識別します<LabelGUIDorName> identifies your label, using the label name or GUID
    • <Key> は、デバイスに設定するキーまたは詳細設定の名前です<Key> is the key, or name of the advanced setting you want to device
    • <Value> は、定義する設定値です。<Value> is the setting value you want to define. 値を引用符で囲み、複数の値はコンマで区切ります。Surround your value in quotes, and separate multiple values by commas. 空白はサポートされていません。White spaces are not supported.
  3. まず、次の詳細設定を構成します。Get started by configuring the following advanced settings:

    使用できる詳細構成の詳細については、「管理者ガイド:Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントのカスタム構成」を参照してください。For more information about advanced configurations available, see Admin Guide: Custom configurations for the Azure Information Protection unified labeling client.

注意

統合ラベル付けプラットフォーム用に定義した設定を活用するには、エンド ユーザーのコンピューターに統合ラベル付けクライアントがインストールされている必要があります。To leverage the settings you've defined for the unified labeling platform, end-users must have the unified labeling client installed on their machines.

これらの詳細設定は、Office 365 によって提供される組み込みのラベル付けのみを使用しているユーザーは利用できません。These advanced settings are not available for users who have only built-in labeling provided by Office 365.

ラベル付け管理センターでラベル条件を定義するDefine label conditions in the labeling admin center

統合ラベル付け条件は、Azure portal で作成されたものよりも柔軟性が高く、精度も向上します。Unified labeling conditions provide more flexibility and better accuracy than their counterparts that had been created in the Azure portal.

統合ラベル付け条件機能を活用するには、以下のラベル付け管理センターでラベル付け条件を手動で作成します。To leverage unified labeling condition features, create your labeling conditions manually in your labeling admin center, including:

  • Microsoft 365 コンプライアンス センターThe Microsoft 365 compliance center
  • Microsoft 365 セキュリティ センターThe Microsoft 365 security center
  • Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンス センターThe Microsoft 365 Security & Compliance Center

詳細については、Microsoft 365 のドキュメントの秘密度ラベルでできることに関する記事をご覧ください。For more information, see What sensitivity labels can do in the Microsoft 365 documentation.

ヒント

Office 365 DLP または Microsoft Cloud App Security で使用するために作成されたカスタムの機密情報の種類がある場合は、それらをそのまま統合ラベル付けに適用します。If you have any custom sensitive information types created for use with Office 365 DLP or Microsoft Cloud App Security, apply them as-is to unified labeling. 詳細については、Microsoft 365 のドキュメントを参照してください。For more information, see the Microsoft 365 documentation.

統合ラベル付けクライアントをデプロイするDeploy a unified labeling client

統合ラベル付けポリシーとラベルを確実に使用できるように、ユーザーのコンピューター全体で統合ラベル付けをサポートするクライアントをデプロイします。Deploy a client that supports unified labeling across your users' machines to ensure that they will be able to use your unified labeling policies and labels.

ユーザーは、ラベル付け管理センターに接続し、統合ラベル付けポリシーを取得できる、サポートされているクライアントを持っている必要があります。Users must have a supported client that can connect to your labeling admin center and pull the unified labeling policy.

詳細については、次を参照してください。For more information, see:

Windows 以外のプラットフォームNon-Windows platforms

Windows 以外のプラットフォームを使用しているユーザーの場合、統合ラベル付け機能が Office クライアントに直接組み込まれ、発行したラベルをすぐに使用できます。For users on non-Windows platforms, unified labeling capabilities are integrated directly in the Office clients, and can use any labels you've published immediately.

統合ラベル付け機能を組み込んだ Office クライアントには次のものがあります。Office clients with integrated unified labeling capabilities include:

  • macOS 用の Office クライアントOffice clients for macOS
  • Office for the web (プレビュー)Office for the web (preview)
  • Outlook Web AppThe Outlook Web App
  • モバイル用 OutlookOutlook for mobile

これらのプラットフォームの統合ラベル付けの詳細については、Microsoft サポート サイトの Office でファイルとメールに秘密度ラベルを適用するに関するページをご覧ください。For more information about unified labeling in these platforms, see the Apply sensitivity labels to your files and email in Office on the Microsoft Support site.

Windows プラットフォームWindows platforms

Microsoft 365 Apps for Enterprise がインストールされている Windows コンピューターの場合は、Office バージョン 1910 以降で提供されている組み込みのラベル付けサポートを使用するか、Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントをインストールして、AIP 機能をエクスプローラーまたは PowerShell に拡張します。For Windows machines with Microsoft 365 Apps for Enterprise, use the built-in labeling support provided in Office versions 1910 and higher, or install the Azure Information Protection unified labeling client to extend AIP functionality to the File Explorer or PowerShell.

詳細については、次を参照してください。For more information, see:

Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。The Azure Information Protection unified labeling client can be downloaded from the Microsoft Download Center.

クライアントをデプロイするには、AzInfoProtection_UL ファイルを必ず使用します。Make sure that you use the AzInfoProtection_UL file to deploy the client. 現在コンピューターにクラシック クライアントがインストールされている場合は、統合ラベル付けクライアントをインストールすると、インプレース アップグレードが実行されます。If you currently have the classic client installed on the machine, installing the unified labeling client performs an in-place upgrade.

注意

組み込みのラベル付けを使用するタイミングを決定するとき、および統合ラベル付けクライアントを使用するタイミングを決定するときは、組織で現在必要な AIP 機能を検討します。Consider the AIP functionality currently required by your organization when determining when to use built-in labeling and when to use the unified labeling client.

クラシック クライアントのエンドユーザーに表示される変更What changes for classic client end users?

Azure Information Protection クラシック クライアントを使用しているエンド ユーザーにとって最も目に見える大きな違いは、Office アプリの [保護] ボタンが [秘密度] ボタンに置き換わっていることです。The main, most visible difference for end users who have been using the Azure Information Protection classic client is that the Protect button in Office apps is replaced by the Sensitivity button.

秘密度ラベルと統合ラベル付けによってサポートされる追加機能を利用すると、エンド ユーザーの Office アプリにもそれらの変更が表示されるようになります。Once you leverage the additional capabilities supported by sensitivity labels and unified labeling, end users will also see those changes in their Office apps.

次に例を示します。For example:

  • Windows AIP クラシック クライアントWindows AIP classic client

    クラシック クライアントの [保護] ボタン

  • Windows AIP 統合ラベル付けクライアントWindows AIP unified labeling client

    Microsoft Office の統合ラベル付けクライアントのサンプル ボタン

ヒント

ラベルを発行済みで、組み込みサポートを使用しているクライアントに [秘密度] ボタンが表示されない場合は、必要に応じて、関連するトラブルシューティング ガイドを確認してください。If you have published your labels and the clients that have built-in support do not show the Sensitivity button, review the relevant troubleshooting guide as needed.

次のステップNext steps

ラベル、ポリシー、およびデプロイされたクライアントを必要に応じて移行した後は、Microsoft 365 コンプライアンス センター、Microsoft 365 セキュリティ センター、Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンス センターなどのラベル付け管理センターでラベル付けとラベル付けポリシーを管理します。Once you've migrated your labels, policies, and deployed clients as needed, continue by managing labels and labeling policies only in your labeling admin center, including the Microsoft 365 compliance center, the Microsoft 365 security center, or the Microsoft 365 Security & Compliance Center.

統合ラベル付けプラットフォームを使用すると、Azure portal の Azure Information Protection 領域に戻るだけで、次のことができます。With the unified labeling platform, you'll only need to return to the Azure Information Protection area in the Azure portal to:

エンドユーザーは、Web、Mac、iOS、Android 用の最新の Office アプリと Microsoft 365 Apps for Enterprise に組み込まれているラベル付け機能を利用することをお勧めします。We recommend that end-users leverage built-in labeling capabilities in the latest Office apps for web, Mac, iOS, and Android, as well as Microsoft 365 Apps for Enterprise.

組み込みのラベル付けによってまだサポートされていない追加の AIP 機能を使用するには、Windows 用の最新の統合ラベル付けクライアントを使用することをお勧めします。To use additional AIP features not yet supported by built-in labeling, we recommend using the latest unified labeling client for Windows.