Azure Information Protection とはWhat is Azure Information Protection?

*適用対象:Azure Information Protection**Applies to: Azure Information Protection*

*関連する内容:AIP の統合ラベル付けクライアントとクラシック クライアント**Relevant for: AIP unified labeling client and classic client*

Azure Information Protection (AIP) はクラウドベースのソリューションです。これにより、組織はコンテンツにラベルを適用してドキュメントや電子メールの検出、分類、および保護を行うことができます。Azure Information Protection (AIP) is a cloud-based solution that enables organizations to discover, classify, and protect documents and emails by applying labels to content.

AIP は、Microsoft Information Protection (MIP) ソリューションの一部です。これにより、Microsoft 365 で提供されるラベル付けおよび分類の機能が拡張されます。AIP is part of the Microsoft Information Protection (MIP) solution, and extends the labeling and classification functionality provided by Microsoft 365.

次の図に、MIP に追加された Azure Information Protection を示します。これには、統合ラベル付けクライアントスキャナーSDK が含まれます。The following image shows the Azure Information Protection additions to MIP, including the unified labeling client, scanner, and SDK.

Microsoft Information Protection フレームワークの Azure Information Protection 領域

Microsoft Information Protection は、AIP 統合ラベル付けクライアントによって活用される共通の情報保護スタックです。Microsoft Information Protection is the common information protection stack that's leveraged by AIP's unified labeling client. 詳細については、Microsoft 365 のドキュメントを参照してください。For more information, see the Microsoft 365 documentation.

AIP 統合ラベル付けクライアントAIP unified labeling client

Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントにより、ラベル付け、分類、保護の各機能の対象が追加のファイルの種類に、さらにエクスプローラーおよび PowerShell にまで拡張されます。The Azure Information Protection unified labeling client extends labeling, classification, and protection capabilities to additional file types, as well as to the File Explorer and PowerShell.

たとえば、エクスプローラーで、1 つまたは複数のファイルを右クリックし、 [分類して保護する] を選択すると、選択されたファイルに対する AIP 機能を管理できます。For example, in the File Explorer, right-click one or more files and select Classify and protect to manage the AIP functionality on the selected files.

エクスプローラーから分類して保護する

統合ラベル付けクライアントの最新機能およびパブリック プレビュー バージョンの詳細については、「Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアント - バージョン リリース履歴とサポート ポリシー」を参照してください。For details about the latest features and public preview version of the unified labeling client, see Azure Information Protection unified labeling client - Version release history and support policy.

このクライアントは、Microsoft Azure Information Protection ダウンロード ページからダウンロードできます。Download the client from the Microsoft Azure Information Protection download page.

AIP オンプレミス スキャナーAIP on-premises scanner

Azure Information Protection オンプレミス スキャナーを使用すると、管理者は自分のオンプレミスのファイル リポジトリをスキャンして、ラベル付け、分類、保護を必要とする機密コンテンツを検索することができます。The Azure Information Protection on-premises scanner enables administrators to scan their on-premises file repositories for sensitive content that must be labeled, classified, and/or protected.

オンプレミス スキャナーは、統合ラベル付けクライアントの一部として提供されている PowerShell コマンドレットを使用してインストールします。そして、PowerShell、および Azure portal の Azure Information Protection 領域を使用して管理することができます。The on-premises scanner is installed using PowerShell cmdlets provided as part of the unified labeling client, and can be managed using PowerShell and the Azure Information Protection area in the Azure portal.

たとえば、Azure portal に表示されるスキャナー データを使用すれば、ご利用のネットワーク上で、危険にさらされる機密コンテンツを含んでいる可能性のあるリポジトリを見つけることができます。For example, use the scanner data shown on the Azure portal to find repositories on your network that might have sensitive content at risk:

危険なリポジトリがないか、スキャンされたネットワークを調べる

詳細については、次を参照してください。For more information, see:

スキャナーのインストールは、クライアントと共に Microsoft Azure Information Protection ダウンロード ページからダウンロードできます。Download the scanner installation together with the client from the Microsoft Azure Information Protection download page.

Microsoft Information Protection SDKMicrosoft Information Protection SDK

Microsoft Information Protection SDK により、機密ラベルの対象がサードパーティのアプリおよびサービスまで拡張されます。The Microsoft Information Protection SDK extends sensitivity labels to third-party apps and services. 開発者は SDK を使用して、ファイルにラベルと保護を適用するための組み込みのサポートを構築することができます。Developers can use the SDK to build built-in support for applying labels and protection to files.

たとえば、次の場合に MIP SDK を使用できます。For example, you might use the MIP SDK for:

  • エクスポート時に分類ラベルをファイルに適用する基幹業務アプリケーション。A line-of-business application that applies classification labels to files on export.
  • CAD/CAM 設計アプリケーションにより、Microsoft Information Protection のラベル作成に対して、組み込みのサポートを提供する。A CAD/CAM design application provides built-in support for Microsoft Information Protection labeling.
  • Cloud Access Security Broker またはデータ損失防止ソリューションが、Azure Information Protection で暗号化されたデータに対して推論する。A cloud access security broker or data loss prevention solution reasons over data encrypted with Azure Information Protection.

詳細については、Microsoft Information Protection SDK の概要に関するページを参照してください。For more information, see the Microsoft Information Protection SDK overview.

次のステップNext steps

AIP の使用を開始する には、統合ラベル付けクライアントとスキャナーをダウンロードしてインストールします。To get started with AIP, download and install the unified labeling client and scanner.

以下の最初のチュートリアルを使用して、AIP について理解を深めますGet familiar with AIP using our initial tutorials:

AIP をさらにカスタマイズする準備ができたら、「管理者ガイド: Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントのカスタム構成」を参照してください。When you're ready to customize AIP further, see Admin Guide: Custom configurations for the Azure Information Protection unified labeling client.

MIP SDK の使用を開始するには、「Microsoft Information Protection (MIP) SDK のセットアップと構成」を参照してください。To get started with the MIP SDK, see Microsoft Information Protection (MIP) SDK setup and configuration.

その他のリソースAdditional resources

リソースResource リンクと説明Links and description
サブスクリプションのオプションと価格Subscription options and pricing Azure Information Protection の価格Azure Information Protection Pricing
FAQ と既知の問題FAQs and known issues Azure Information Protection に関してよく寄せられる質問Frequently asked questions for Azure Information Protection
既知の問題 - Azure Information ProtectionKnown issues - Azure Information Protection
サポート オプションSupport options Azure Information Protection のサポート オプションSupport options for Azure Information Protection
YammerYammer Azure Information ProtectionAzure Information Protection
新機能What's new? Microsoft 365 および SharePoint 管理センターでの AIP に関連する新機能については、以下をご覧ください。Watch for new features related to AIP in the Microsoft 365 and SharePoint admin centers:
- Microsoft 365 管理センターの新機能- What's new in the Microsoft 365 admin center?
- SharePoint 管理センターの新機能- What's new in the Sharepoint admin center?

上位の Ignite セッションTop Ignite sessions

Ignite 2020 の次の録画されたセッションをご覧ください。See the following recorded sessions from Ignite 2020:

AIP のクラシック クライアントAIP's classic client

Azure Information Protection クラシック クライアントは、AIP の以前のバージョンで、管理者は Azure portal 内で分類ラベルを直接管理することができます。The Azure Information Protection classic client is the earlier version of AIP, and enables administrators to manage classification labels directly in the Azure portal.

Azure portal 内で管理される AIP ラベルは、統合ラベル付けプラットフォームではサポート "されず"、Azure Information Protection クライアントおよびスキャナーと、Microsoft Cloud App Security での使用に限定されています。AIP labels managed in the Azure portal are not supported by the unified labeling platform, are limited to working with the Azure Information Protection client and scanner, and Microsoft Cloud App Security.

これらの機能に加えて、SharePoint、Microsoft 365 アプリ、Web およびモバイル デバイス用 Outlook、PowerBI データ保護などをサポートする統合ラベルに移行することをお勧めします。We recommend migrating to unified labeling to support these features, as well as SharePoint, Microsoft 365 apps, Outlook for the web and mobile devices, PowerBI data protection, and more. 詳細については、「チュートリアル: Azure Information Protection (AIP) クラシック クライアントから、統合ラベル付けクライアントへの移行」を参照してください。For more information, see Tutorial: Migrating from the Azure Information Protection (AIP) classic client to the unified labeling client.

注意

統一された効率的なカスタマー エクスペリエンスを提供するため、Azure Portal の Azure Information Protection のクラシック クライアントラベル管理 は、2021 年 3 月 31 日 をもって 非推奨 になります。To provide a unified and streamlined customer experience, Azure Information Protection classic client and Label Management in the Azure Portal are being deprecated as of March 31, 2021.

このタイムフレームにより、現在のすべての Azure Information Protection のお客様は、Microsoft Information Protection 統合ラベル付けソリューションを使用する統一されたラベル付けに移行することができます。This time-frame allows all current Azure Information Protection customers to transition to unified labeling using the Microsoft Information Protection Unified Labeling solution. 詳細については、公式な非推奨の通知をご覧ください。Learn more in the official deprecation notice.