接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータ ダッシュボードの機能を使用するUse features in the Connected Factory solution accelerator dashboard

工業用 IoT デバイスを管理するクラウドベースのソリューションをデプロイするクイック スタートでは、ダッシュボードを操作してアラームに対応する方法を示しました。The Deploy a cloud-based solution to manage my industrial IoT devices quickstart showed you how to navigate the dashboard and respond to alarms. このハウツー ガイドでは、工業用 IoT デバイスの監視と管理に使用できるその他のダッシュボード機能について説明します。This how-to guide shows you some additional dashboard features you can use to monitor and manage your industrial IoT devices.

フィルターを適用するApply filters

ダッシュボードの [ファクトリの場所] パネルまたは [アラーム] パネルに表示される情報は、フィルター処理することができます。You can filter the information displayed on the dashboard either in the Factory Locations panel or the Alarms panel:

  1. [ファクトリの場所] パネルか [アラーム] パネルでじょうごアイコンをクリックすると、使用可能なフィルターの一覧が表示されます。Click the funnel icon to display a list of available filters in either the factory locations panel or the alarms panel.

  2. フィルター パネルが表示されます。The filters panel is displayed:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータのフィルターConnected Factory solution accelerator filters

  3. 必要なフィルターを選択し、[適用] をクリックします。Choose the filter that you require and click Apply. フィルター フィールドにフリー テキストを入力することもできます。It's also possible to type free text into the filter fields.

  4. フィルターが適用されます。The filter is then applied. 追加のじょうごアイコンは、フィルターが適用されたことを示します。The extra funnel icon indicates that a filter is applied:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータの適用されたフィルターConnected Factory solution accelerator filter applied

    注意

    アクティブなフィルターは、一覧の内容をフィルター処理するだけで、表示されている OEE と KPI の値には影響しません。An active filter doesn't affect the displayed OEE and KPI values, it only filters the list contents.

  5. フィルターをクリアするには、じょうごアイコンをクリックし、フィルター パネルで [クリア] をクリックします。To clear a filter, click the funnel and click Clear in the filter panel.

OPC UA サーバーを参照するBrowse an OPC UA server

ソリューション アクセラレータをデプロイすると、シミュレートされた一連の OPC UA サーバーが自動的にプロビジョニングされ、ダッシュボードから参照できるようになります。When you deploy the solution accelerator, you automatically provision a set of simulated OPC UA servers that you can browse from the dashboard. シミュレートされたサーバーを使用することで、実際にサーバーをデプロイしなくても、ソリューション アクセラレータを簡単にテストできます。Simulated servers make it easy for you to experiment with the solution accelerator without the need to deploy real servers. 実際の OPC UA サーバーをソリューションに接続する方法については、接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータへの OPC UA デバイスの接続チュートリアルを参照してください。If you do want to connect a real OPC UA server to the solution, see the Connect your OPC UA device to the Connected Factory solution accelerator tutorial.

  1. ダッシュボードのナビゲーション バーにあるブラウザー アイコンをクリックします。Click the browser icon in the dashboard navigation bar:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータのサーバー ブラウザーConnected Factory solution accelerator server browser

  2. ソリューション アクセラレータにデプロイされているサーバーを示すリストから、いずれかのサーバーを選択します。Choose one of the servers from the list that shows the servers deployed for you in the solution accelerator:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータのサーバー リストConnected Factory solution accelerator server list

  3. [接続] をクリックすると、セキュリティ ダイアログが表示されます。Click Connect, a security dialog displays. シミュレーションの場合は、そのまま [続行] をクリックして問題ありません。For the simulation, it's safe to click Proceed.

  4. サーバー ツリーのノードを展開するには、目的のノードをクリックします。To expand any of the nodes in the server tree, click it. テレメトリを発行しているノードの横には、チェック マークが付いています。Nodes that are publishing telemetry have a check mark beside them:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータのサーバー ツリーConnected Factory solution accelerator server tree

  5. アイテムを右クリックすると、そのアイテムの読み取り、書き込み、発行、呼び出しを行うことができます。Right-click an item to read, write, publish, or call that node. 使用できる操作は、付与されているアクセス許可やノードの属性によって異なります。The actions available to you depend on your permissions and the attributes of the node. 読み取りオプションを選択すると、特定のノードの値を示すコンテキスト パネルが表示されます。The read option displays a context panel showing the value of the specific node. 書き込みオプションを選択すると、コンテキスト パネルが開き、新しい値を入力できます。The write option displays a context panel where you can enter a new value. 呼び出しオプションを選択すると、ノードが表示され、呼び出しに使用するパラメーターを入力できます。The call option displays a node where you can enter the parameters for the call.

ノードを発行するPublish a node

"シミュレートされた OPC UA サーバー" を参照しているときに、新しいノードを発行することもできます。When you browse a simulated OPC UA server, you can also choose to publish new nodes. 発行したノードからテレメトリを収集して、ソリューションで分析できます。You can analyze the telemetry from these nodes in the solution. シミュレートされた OPC UA サーバーを使用することで、実際にデバイスをデプロイしなくても、ソリューション アクセラレータを簡単にテストできます。These simulated OPC UA servers make it easy to experiment with the solution accelerator without deploying real devices:

  1. OPC UA サーバー ブラウザー ツリーで、発行するノードを参照します。Browse to a node in the OPC UA server browser tree that you wish to publish.

  2. ノードを右クリックします。Right-click the node. [発行] をクリックします。Click Publish:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータのノードの発行Connected Factory solution accelerator publish node

  3. コンテキスト パネルに、正常に発行されたことを示すメッセージが表示されます。A context panel appears which tells you that the publish has succeeded. ノードはステーション レベル ビューに、横にチェック マークが付いた状態で表示されます。The node appears in the station level view with a check mark beside it:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータの発行の成功Connected Factory solution accelerator publish success

コマンドと制御Command and control

接続済みファクトリでは、コマンドを使用して、クラウドから直接産業デバイスを制御できます。The Connected Factory allows you command and control your industry devices directly from the cloud. この機能を使用して、デバイスで生成されたアラームに対処できます。You can use this feature to respond to alarms generated by the device. たとえば、圧力解放バルブを開くコマンドをデバイスに送信できます。For example, you could send a command to the device to open a pressure release valve. 使用可能なコマンドは、OPC UA サーバー ブラウザー ツリーの StationCommands で確認できます。You can find the available commands in the StationCommands node in the OPC UA servers browser tree. このシナリオでは、ミュンヘンにある生産ラインの組立ステーションで圧力解放バルブを開きます。In this scenario, you open a pressure release valve on the assembly station of a production line in Munich. コマンドと制御の機能を使用するには、ソリューション アクセラレータのデプロイに対する管理者ロールが必要です。To use the command and control functionality, you must be in the Administrator role for the solution accelerator deployment:

  1. OPC UA サーバー ブラウザー ツリーで、ミュンヘン、生産ライン 0、アセンブリ ステーションの StationCommands ノードを参照します。Browse to the StationCommands node in the OPC UA server browser tree for the Munich, production line 0, assembly station.

  2. 使用するコマンドを選択します。Choose the command that you wish use. OpenPressureReleaseValve ノードを右クリックします。Right-click the OpenPressureReleaseValve node. [呼び出し] をクリックします。Click Call:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータの呼び出しコマンドConnected Factory solution accelerator call command

  3. コンテキスト パネルに、呼び出そうとしているメソッドとパラメーターの詳細が表示されます。A context panel appears informing you which method you're about to call and any parameter details. [呼び出し] をクリックします。Click Call:

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータの呼び出しのパラメーターConnected Factory solution accelerator call parameters

  4. コンテキスト パネルが更新され、メソッド呼び出しが成功したことが表示されます。The context panel is updated to inform you that the method call succeeded. 呼び出しの結果として更新された圧力ノードの値を読み取ることで、呼び出しが成功したことを確認できます。You can verify the call succeeded by reading the value of the pressure node that updated as a result of the call.

    接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータの呼び出しの成功Connected Factory solution accelerator call success

バックグラウンド処理Behind the scenes

ソリューション アクセラレータをデプロイすると、デプロイ プロセスにより、選択した Azure サブスクリプションに複数のリソースが作成されます。When you deploy a solution accelerator, the deployment process creates multiple resources in the Azure subscription you selected. これらのリソースを Azure portal で表示できます。You can view these resources in the Azure portal. デプロイ プロセスにより、お使いのソリューション アクセラレータ用に選択した名前に基づいた名前で、 リソース グループ が作成されます。The deployment process creates a resource group with a name based on the name you choose for your solution accelerator:

接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータのリソース グループConnected Factory solution accelerator resource group

各リソースの設定を表示するには、リソース グループ内のリソースのリストでそれを選択します。You can view the settings of each resource by selecting it in the list of resources in the resource group.

ソリューション アクセラレータのソース コードは、azure-iot-connected-factory GitHub リポジトリで確認できます。You can also view the source code for the solution accelerator in the azure-iot-connected-factory GitHub repository.

完了したら、ソリューション アクセラレータは、azureiotsolutions.com サイトで Azure サブスクリプションから削除できます。When you're done, you can delete the solution accelerator from your Azure subscription on the azureiotsolutions.com site. このサイトでは、ソリューション アクセラレータを作成したときにプロビジョニングされていたすべてのリソースを簡単に削除することができます。This site enables you to easily delete all the resources that were provisioned when you created the solution accelerator.

注意

ソリューション アクセラレータに関連するすべての要素を確実に削除するには、azureiotsolutions.com サイトで削除してください。To ensure that you delete everything related to the solution accelerator, delete it on the azureiotsolutions.com site. ポータルでリソース グループを削除しないようにしてください。Do not delete the resource group in the portal.

次の手順Next steps

これで、実際のソリューション アクセラレータをデプロイできました。引き続き IoT ソリューション アクセラレータの概要について学習するには、次の記事を参照してください。Now that you’ve deployed a working solution accelerator, you can continue getting started with IoT solution accelerators by reading the following articles: