チュートリアル: IoT デバイス シミュレーションを作成して実行するTutorial: Create and run an IoT device simulation

このチュートリアルでは、デバイス シミュレーションを使用して、1 台または複数台のデバイスで新しい IoT シミュレーションを作成し、実行します。In this tutorial, you use Device Simulation to create and run a new IoT simulation using one or more simulated devices.

このチュートリアルでは、次のことを行いました。In this tutorial, you:

  • アクティブなシミュレーションと履歴のシミュレーションをすべて表示するView all active and historical simulations
  • 新しいシミュレーションを作成して実行するCreate and run a new simulation
  • シミュレーションのメトリックを表示するView metrics for a simulation
  • シミュレーションを停止するStop a simulation

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを実行するには、Azure サブスクリプションにデバイス シミュレーションのインスタンスがデプロイされている必要があります。To follow this tutorial, you need a deployed instance of the Device Simulation in your Azure subscription.

デバイス シミュレーションをまだデプロイしていない場合は、Azure での IoT デバイス シミュレーションのデプロイと実行に関するクイック スタートを完了する必要があります。If you haven't deployed Device Simulation yet, you should complete the Deploy and run an IoT device simulation in Azure quickstart.

デバイス シミュレーションを開くOpen Device Simulation

ご利用のブラウザーでデバイス シミュレーションを実行するには、まず、Microsoft Azure IoT Solution Accelerators に移動します。To run Device Simulation in your browser, first navigate to Microsoft Azure IoT Solution Accelerators.

Azure サブスクリプションの資格情報を使用してサインインするように求められる場合があります。You may be asked to sign in using your Azure subscription credentials.

次に、クイック スタートでデプロイしたデバイス シミュレーションのタイル上で [起動] をクリックします。Then click Launch on the tile for Device Simulation that you deployed in the Quickstart.

シミュレーションを表示するView simulations

メニュー バーの [シミュレーション] を選択します。Select Simulations in the menu bar. [シミュレーション] ページには、使用可能なすべてのシミュレーションについての情報が表示されます。The Simulations page displays information about all the available simulations. このページでは、現在実行されているシミュレーションと、以前に実行したシミュレーションを表示できます。From this page, you can see simulations that are currently running and that ran previously. 以前のシミュレーションを再実行するには、シミュレーション タイルをクリックしてシミュレーションの詳細を開きます。To rerun a previous simulation, click on the simulation tile to open the simulation details:

シミュレーション

シミュレーションを作成するCreate a simulation

シミュレーションを作成するには、右上隅の [+ 新しいシミュレーション] をクリックします。To create a simulation click + New Simulation in the top right corner.

シミュレーションは、1 つまたは複数のデバイス モデルで構成されます。A simulation consists of one or more device models. デバイス モデルでは、シミュレートするデバイスの動作、テレメトリ、およびメッセージ形式を定義します。The device model defines the behavior, telemetry, and message format of the device to be simulated.

デバイス モデルを追加するには、 [+ Add a device type](+ デバイスの種類の追加) をクリックし、一覧でデバイス モデルを選択します。To add a device model, click + Add a device type and select the device model from the list. シミュレーションには、複数のデバイス モデルを指定することができます。Your simulation can have more than one device model. 各デバイス モデルに、異なるデバイス数とメッセージ頻度を設定できます。Each device model can have a different device count and message frequency.

新しいシミュレーションのフォームの設定を完了したら、 [シミュレーションの開始] をクリックしてシミュレーションを開始します。When the new simulation form is complete, click Start Simulation to begin the simulation.

シミュレートされるデバイスの数によっては、シミュレーションの構成と開始に数分かかる場合があります。Depending on the number of simulated devices, it may take a few minutes for your simulation to be configured and started:

新しいシミュレーション

シミュレーションを停止するStop a simulation

[シミュレーションの開始] をクリックすると、シミュレーションの詳細ページが表示されます。When you click Start Simulation, you see the simulation details page. この詳細ページには、シミュレーションのライブの統計情報と IoT Hub からのメトリックが表示されます。This details page shows live simulation statistics and metrics from IoT Hub. [シミュレーション] ページのシミュレーションのタイルをクリックして、この詳細ページに移動することもできます。You can also navigate to this details page by clicking on the simulation's tile on the Simulations page.

シミュレーションを停止するには、右上の操作バーで [シミュレーションの停止] をクリックします。To stop a simulation, click Stop Simulation in the action bar in the top right.

シミュレーションの停止

次のステップNext steps

このチュートリアルでは、シミュレーションを作成、実行、および停止する方法について説明しました。In this tutorial, you learned how to create, run, and stop a simulation. シミュレーションの詳細を表示する方法も説明しました。You also learned how to view the simulation details. シミュレーションの実行方法の詳細を学習するには、次のチュートリアルに進んでください。To learn more about how to run simulations, continue to the next tutorial: