接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータに関してよく寄せられる質問Frequently asked questions for Connected Factory solution accelerator

IoT ソリューション アクセラレータの一般的な FAQ もご覧ください。See also, the general FAQ for IoT solution accelerators.

ソリューション アクセラレータのソース コードはどこで入手できますかWhere can I find the source code for the solution accelerator?

ソース コードは、次の GitHub リポジトリに格納されています。The source code is stored in the following GitHub repository:

OPC UA とはWhat is OPC UA?

OPC Unified Architecture (UA) は、プラットフォームに依存しないサービス指向の相互運用性の標準規格として、2008 年にリリースされました。OPC Unified Architecture (UA), released in 2008, is a platform-independent, service-oriented interoperability standard. OPC UA は、さままざまな産業システムやデバイス (例: 産業用 PC、PLC、センサー) で使用されています。OPC UA is used by various industrial systems and devices such as industry PCs, PLCs, and sensors. OPC UA では、セキュリティを組み込まれた 1 つの拡張可能なフレームワークに、OPC Classic 仕様の機能が統合されています。OPC UA integrates the functionality of the OPC Classic specifications into one extensible framework with built-in security. これは、OPC Foundation によって主導されている標準です。It is a standard that is driven by the OPC Foundation. OPC Foundation は440 社以上の会員が参加する非営利組織です。The OPC Foundation is a not-for-profit organization with more than 440 members. 組織の目標は、OPC 仕様によってマルチ ベンダー、マルチ プラットフォーム、および安全性と信頼性の高い相互運用を促進することにあります。The goal of the organization is to use OPC specifications to facilitate multi-vendor, multi-platform, secure and reliable interoperability through:

  • インフラストラクチャInfrastructure
  • 仕様Specifications
  • テクノロジTechnology
  • 処理Processes

Microsoft が接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータに OPC UA を選んだ理由Why did Microsoft choose OPC UA for the Connected Factory solution accelerator?

Microsoft が OPC UA を選んだのは、それがオープンであり、特定の企業が占有する技術ではなく、プラットフォームから独立しており、業界で認められた実績のある標準であるためです。Microsoft chose OPC UA because it is an open, non-proprietary, platform independent, industry-recognized, and proven standard. OPC UA は、製造プロセスと機器の広範なセットの間の相互運用性を保証する Industrie 4.0 (RAMI4.0) 参照アーキテクチャ ソリューションの要件になっています。It is a requirement for Industrie 4.0 (RAMI4.0) reference architecture solutions ensuring interoperability between a broad set of manufacturing processes and equipment. Microsoft には、お客様から Industrie 4.0 ソリューション構築の要望が寄せられています。Microsoft sees demand from its customers to build Industrie 4.0 solutions. OPC UA をサポートすることで、お客様が目標を達成するときの障害が低くなり、ビジネス価値がお客様に直接提供されます。Support for OPC UA helps lower the barrier for customers to achieve their goals and provides immediate business value to them.

パブリック IP アドレスをシミュレーション VM に追加するにはどうすればいいですかHow do I add a public IP address to the simulation VM?

IP アドレスを追加するには次の 2 つのオプションがあります。You have two options to add the IP address:

  • リポジトリSimulation/Factory/Add-SimulationPublicIp.ps1 PowerShell スクリプトを使用する。Use the PowerShell script Simulation/Factory/Add-SimulationPublicIp.ps1 in the repository. パラメーターとしてデプロイ名を渡します。Pass in your deployment name as a parameter. ローカル デプロイの場合は、<your username>ConnFactoryLocal を使用します。For a local deployment, use <your username>ConnFactoryLocal. このスクリプトは VM の IP アドレスを出力します。The script prints out the IP address of the VM.

  • Azure Portal でデプロイ環境のリソース グループを見つけます。In the Azure portal, locate the resource group of your deployment. ローカル デプロイの場合を除き、リソース グループは、ソリューション名またはデプロイ名に指定した名前になります。Except for a local deployment, the resource group has the name you specified as solution or deployment name. ビルド スクリプトを使用したローカル デプロイの場合は、リソース グループの名前は <your username>ConnFactoryLocal になります。For a local deployment using the build script, the name of the resource group is <your username>ConnFactoryLocal. ここで新しいパブリック IP アドレス リソースをリソース グループに追加します。Now add a new Public IP address resource to the resource group.

注意

いずれの場合でも、Ubuntu Web サイトの次の手順を行って、最新のパッチをインストールするようにします。In either case, ensure you install the latest patches by following the instructions on the Ubuntu website. できる限り長期にわたってパブリック IP アドレスからVMにアクセスできるようにするため、インストールを最新に保ってください。Keep the installation up to date for as long as your VM is accessible through a public IP address.

シミュレーション VM のパブリック IP アドレスを削除するにはどうすればいいですかHow do I remove the public IP address to the simulation VM?

IP アドレスを削除するには次の 2 つのオプションがあります。You have two options to remove the IP address:

  • リポジトリの Simulation/Factory/Remove-SimulationPublicIp.ps1 PowerShell スクリプトを使用する。Use the PowerShell script Simulation/Factory/Remove-SimulationPublicIp.ps1 of the repository. パラメーターとしてデプロイ名を渡します。Pass in your deployment name as a parameter. ローカル デプロイの場合は、<your username>ConnFactoryLocal を使用します。For a local deployment, use <your username>ConnFactoryLocal. このスクリプトは VM の IP アドレスを出力します。The script prints out the IP address of the VM.

  • Azure Portal でデプロイ環境のリソース グループを見つけます。In the Azure portal, locate the resource group of your deployment. ローカル デプロイの場合を除き、リソース グループは、ソリューション名またはデプロイ名に指定した名前になります。Except for a local deployment, the resource group has the name you specified as solution or deployment name. ビルド スクリプトを使用したローカル デプロイの場合は、リソース グループの名前は <your username>ConnFactoryLocal になります。For a local deployment using the build script, the name of the resource group is <your username>ConnFactoryLocal. ここでリソース グループからパブリック IP アドレス リソースを削除します。Now remove the Public IP address resource from the resource group.

シミュレーション VM にサインインするにはどうすればいいですかHow do I sign in to the simulation VM?

シミュレーション VM へのサインインは、リポジトリbuild.ps1 PowerShell スクリプトを使用してソリューションをデプロイしている場合にのみサポートされます。Signing in to the simulation VM is only supported if you have deployed your solution using the PowerShell script build.ps1 in the repository.

www.azureiotsolutions.com からソリューションをデプロイした場合は、VM にサインインすることはできません。If you deployed the solution from www.azureiotsolutions.com, you cannot sign in to the VM. パスワードはランダムに生成され、リセットはできないため、サインインできません。You cannot sign in, because the password is generated randomly and you cannot reset it.

  1. VM にパブリック IP アドレスを追加します。Add a public IP address to the VM. パブリック IP アドレスをシミュレーション VM に追加するにはどうすればいいですか」をご覧ください。See How do I add a public IP address to the simulation VM?
  2. VM の IP アドレスを使用して VM への SSH セッションを作成します。Create an SSH session to your VM using the IP address of the VM.
  3. 使用するユーザー名は docker です。The username to use is: docker.
  4. 使用するパスワードは、デプロイに使用したバージョンによって異なります。The password to use depends on the version you used to deploy:
    • 2017 年 6 月 1 日よりも前に build.ps1 スクリプトを使用してソリューションをデプロイした場合は、パスワードは Passw0rd です。For solutions deployed using the build.ps1 script before 1 June 2017, the password is: Passw0rd.
    • 2017 年 6 月 1 日よりも後に build.ps1 スクリプトを使用してソリューションをデプロイした場合は、<name of your deployment>.config.user ファイル内にパスワードがあります。For solutions deployed using the build.ps1 script after 1 June 2017, you can find the password in the <name of your deployment>.config.user file. パスワードは VmAdminPassword 設定に保存されています。The password is stored in the VmAdminPassword setting. パスワードは build.ps1 スクリプト パラメーター -VmAdminPassword を使用して指定しない限り、デプロイ時にランダムに生成されます。The password is generated randomly at deployment time unless you specify it using the build.ps1 script parameter -VmAdminPassword

シミュレーション VM のすべての Docker プロセスを停止して開始するにはどうすればいいですかHow do I stop and start all docker processes in the simulation VM?

  1. シミュレーション VM にサインインします。Sign in to the simulation VM. シミュレーション VM にサインインするにはどうすればいいですか」をご覧ください。See How do I sign in to the simulation VM?
  2. アクティブなコンテナーを確認するには、docker ps を実行します。To check which containers are active, run: docker ps.
  3. すべてのシミュレーション コンテナーを停止するには、./stopsimulation を実行します。To stop all simulation containers, run: ./stopsimulation.
  4. すべてのシミュレーション コンテナーを開始するには、次のようにします。To start all simulation containers:
    • シェル変数を IOTHUB_CONNECTIONSTRING という名前でエクスポートします。Export a shell variable with the name IOTHUB_CONNECTIONSTRING. <name of your deployment>.config.user ファイルの IotHubOwnerConnectionString 設定の値を使用します。Use the value of the IotHubOwnerConnectionString setting in the <name of your deployment>.config.user file. 例:For example:

      export IOTHUB_CONNECTIONSTRING="HostName={yourdeployment}.azure-devices.net;SharedAccessKeyName=iothubowner;SharedAccessKey={your key}"
      
    • ./startsimulation を実行します。Run ./startsimulation.

VM のシミュレーションを更新するにはどうすればいいですかHow do I update the simulation in the VM?

シミュレーションに何らかの変更を加えた場合は、updatedimulation コマンドを使用すると、リポジトリ内の build.ps1 PowerShell script を使用できます。If you have made any changes to the simulation, you can use the PowerShell script build.ps1 in the repository using the updatedimulation command. このスクリプトはすべてのシミュレーション コンポーネントをビルドして、VM 上のシミュレーションの停止、アップロード、インストール、および開始を行います。This script builds all the simulation components, stops the simulation in the VM, uploads, installs, and starts them.

ソリューションで使用される IoT ハブの接続文字列を探すにはどうすればいいですかHow do I find out the connection string of the IoT hub used by my solution?

リポジトリbuild.ps1 スクリプトを使用してソリューションをデプロイした場合、接続文字列は <name of your deployment>.config.user ファイル内の IotHubOwnerConnectionString の値になります。If you deployed your solution with the build.ps1 script in the repository, the connection string is the value of IotHubOwnerConnectionString in the <name of your deployment>.config.user file.

次のように Azure Portal を使用して、接続文字列を検索することもできます。You can also find the connection string using the Azure portal. デプロイ環境のリソース グループに含まれる IoT Hub リソースから、接続文字列の設定を見つけます。In the IoT Hub resource in the resource group of your deployment, locate the connection string settings.

接続済みファクトリのシミュレーションは、どの IoT ハブ デバイスを使用しますかWhich IoT Hub devices does the Connected Factory simulation use?

シミュレーション自体が次のデバイスを登録します。The simulation self registers the following devices:

  • proxy.beijing.corp.contosoproxy.beijing.corp.contoso
  • proxy.capetown.corp.contosoproxy.capetown.corp.contoso
  • proxy.mumbai.corp.contosoproxy.mumbai.corp.contoso
  • proxy.munich0.corp.contosoproxy.munich0.corp.contoso
  • proxy.rio.corp.contosoproxy.rio.corp.contoso
  • proxy.seattle.corp.contosoproxy.seattle.corp.contoso
  • publisher.beijing.corp.contosopublisher.beijing.corp.contoso
  • publisher.capetown.corp.contosopublisher.capetown.corp.contoso
  • publisher.mumbai.corp.contosopublisher.mumbai.corp.contoso
  • publisher.munich0.corp.contosopublisher.munich0.corp.contoso
  • publisher.rio.corp.contosopublisher.rio.corp.contoso
  • publisher.seattle.corp.contosopublisher.seattle.corp.contoso

DeviceExplorer または Azure CLI 向け IoT 拡張機能ツールを使うと、ソリューションが使っている IoT ハブに、どのデバイスが登録されているかを確認できます。Using the DeviceExplorer or the IoT extension for Azure CLI tool, you can check which devices are registered with the IoT hub your solution is using. Device Explorer を使うには、デプロイ環境の IoT ハブ用の接続文字列が必要になります。To use device explorer, you need the connection string for the IoT hub in your deployment. Azure CLI 向け IoT 拡張機能を使うには、IoT Hub の名前が必要です。To use the IoT extension for Azure CLI, you need your IoT Hub name.

シミュレーション コンポーネントからログ データを取得するにはどうすればいいですかHow can I get log data from the simulation components?

シミュレーションのすべてのコンポーネントは、ログ ファイルに情報が記録されます。All components in the simulation log information in to log files. これらのファイルは home/docker/Logs フォルダーの VM 内にあります。These files can be found in the VM in the folder home/docker/Logs. ログを取得するには、リポジトリ内の Simulation/Factory/Get-SimulationLogs.ps1 PowerShell スクリプトを使用できます。To retrieve the logs, you can use the PowerShell script Simulation/Factory/Get-SimulationLogs.ps1 in the repository.

スクリプトを使用するには VM にサインインする必要があります。This script needs to sign in to the VM. サインイン時には資格情報を入力しなければならない場合があります。You may need to provide credentials for the sign-in. 資格情報を探すには、「シミュレーション VM にサインインするにはどうすればいいですか」をご覧ください。See How do I sign in to the simulation VM? to find the credentials.

スクリプトは、VM がパブリック IP アドレスを持っていない/削除していない場合は、パブリック IP の追加/削除を行います。The script adds/removes a public IP address to the VM, if it does not yet have one and removes it. このスクリプトはすべてのログ ファイルをアーカイブに保存し、開発用ワークステーションにダウンロードします。The script puts all log files in an archive and downloads the archive to your development workstation.

または SSH を使用して VM にログインし、実行時にログ ファイルを検査します。Alternatively log in to the VM via SSH and inspect the log files at runtime.

シミュレーションがクラウドにデータを送信していることを確認するにはどうすればいいですかHow can I check if the simulation is sending data to the cloud?

DeviceExplorer または Azure IoT CLI Extension monitor-events コマンドを使用すると、特定のデバイスから IoT Hub に送信されるデータを検査できます。With the DeviceExplorer or the Azure IoT CLI Extension monitor-events command, you can inspect the data sent to IoT Hub from certain devices. これらのツールを使用するには、デプロイ環境の IoT ハブ用の接続文字列を知っている必要があります。To use these tools, you need to know the connection string for the IoT hub in your deployment. ソリューションで使用される IoT ハブの接続文字列を探すにはどうすればいいですか」をご覧ください。See How do I find out the connection string of the IoT hub used by my solution?

発行元デバイスの 1 つから送信されるデータを検査します。Inspect the data sent by one of the publisher devices:

  • publisher.beijing.corp.contosopublisher.beijing.corp.contoso
  • publisher.capetown.corp.contosopublisher.capetown.corp.contoso
  • publisher.mumbai.corp.contosopublisher.mumbai.corp.contoso
  • publisher.munich0.corp.contosopublisher.munich0.corp.contoso
  • publisher.rio.corp.contosopublisher.rio.corp.contoso
  • publisher.seattle.corp.contosopublisher.seattle.corp.contoso

IoT Hub に送信されるデータが表示されない場合は、シミュレーションに問題があります。If you see no data sent to IoT Hub, then there is an issue with the simulation. 分析の最初の手順として、シミュレーション コンポーネントのログ ファイルを分析する必要があります。As a first analysis step you should analyze the log files of the simulation components. シミュレーション コンポーネントからログ データを取得するにはどうすればいいですか」をご覧ください。See How can I get log data from the simulation components? 次にシミュレーションの停止と開始を試行して、送信データが存在しない状態から変わらない場合は、シミュレーションをすべて更新します。Next, try to stop and start the simulation and if there's still no data sent, update the simulation completely. VM のシミュレーションを更新するにはどうすればいいですか」をご覧ください。See How do I update the simulation in the VM?

接続済みファクトリ ソリューションでインタラクティブ マップを有効にするにはどうすればいいですかHow do I enable an interactive map in my Connected Factory solution?

接続済みファクトリ ソリューション内でインタラクティブ マップを有効にするには、Azure Maps アカウントが必要です。To enable an interactive map in your Connected Factory solution, you must have an Azure Maps account.

www.azureiotsolutions.com からデプロイするときに、デプロイ プロセスによって、ソリューション アクセラレータ サービスを含むリソース グループに Azure Maps アカウントが追加されます。When deploying from www.azureiotsolutions.com, the deployment process adds an Azure Maps account to the resource group that contains the solution accelerator services.

接続済みファクトリの GitHub リポジトリにある build.ps1 スクリプトを使ってデプロイする場合は、ビルド ウィンドウの環境変数 $env:MapApiQueryKeyAzure Maps アカウントのキーに設定します。When you deploy using the build.ps1 script in the Connected Factory GitHub repository set the environment variable $env:MapApiQueryKey in the build window to the key of your Azure Maps account. このようにすると、インタラクティブ マップが自動的に有効になります。The interactive map is then enabled automatically.

デプロイ後に、ソリューション アクセラレータに Azure Maps アカウント キーを追加することもできます。You can also add an Azure Maps account key to your solution accelerator after deployment. Azure Portal に移動し、接続済みファクトリの展開の App Service リソースにアクセスします。Navigate to the Azure portal and access the App Service resource in your Connected Factory deployment. [アプリケーション設定] に移動し、 [アプリケーション設定] セクションを探します。Navigate to Application settings, where you find a section Application settings. MapApiQueryKeyAzure Maps アカウントのキーに設定します。Set the MapApiQueryKey to the key of your Azure Maps account. 設定を保存した後、 [概要] に移動して、App Service を再起動します。Save the settings and then navigate to Overview and restart the App Service.

Azure Maps アカウントを作成するにはどうすればいいですかHow do I create an Azure Maps account?

Azure Maps のアカウントとキーを管理する方法」をご覧ください。See, How to manage your Azure Maps account and keys.

Azure Maps アカウント キーを取得するにはどうすればいいですかHow to obtain your Azure Maps account key

Azure Maps のアカウントとキーを管理する方法」をご覧ください。See, How to manage your Azure Maps account and keys.

ローカルでのデバッグ中にインタラクティブ マップを有効にするにはどうすればいいですかHow do enable the interactive map while debugging locally?

ローカルでのデバッグ中にインタラクティブ マップを有効にするには、デプロイのルートにあるファイル local.user.config<yourdeploymentname>.user.config で設定 MapApiQueryKey の値を、事前にコピーしておいた QueryKey の値に設定します。To enable the interactive map while you are debugging locally, set the value of the setting MapApiQueryKey in the files local.user.config and <yourdeploymentname>.user.config in the root of your deployment to the value of the QueryKey you copied previously.

ダッシュボードのホーム ページに別のイメージを使用するにはどうすればいいですかHow do I use a different image at the home page of my dashboard?

ダッシュボードのホーム ページに表示される静的イメージを変更するには、イメージ WebApp\Content\img\world.jpg を置き換えます。To change the static image shown io the home page of the dashboard, replace the image WebApp\Content\img\world.jpg. その後で、Web アプリをリビルドして再デプロイします。Then rebuild and redeploy the WebApp.

OPC UA 非対応デバイスを接続済みファクトリと共に使用するにはどうすればいいですかHow do I use non OPC UA devices with Connected Factory?

OPC UA 非対応デバイスから接続済みファクトリに利用統計情報を送信するには、次の手順に従います。To send telemetry data from non OPC UA devices to Connected Factory:

  1. ContosoTopologyDescription.json ファイルで接続済みファクトリ トポロジに新しいステーションを構成します。Configure a new station in the Connected Factory topology in the ContosoTopologyDescription.json file.

  2. 接続済みファクトリと互換性のある次のような JSON 形式で利用統計情報を取り込みます。Ingest the telemetry data in Connected Factory compatible JSON format:

    [
      {
        "ApplicationUri": "<the_value_of_OpcUri_of_your_station",
        "DisplayName": "<name_of_the_datapoint>",
        "NodeId": "value_of_NodeId_of_your_datapoint_in_the_station",
        "Value": {
          "Value": <datapoint_value>,
          "SourceTimestamp": "<timestamp>"
        }
      }
    ]
    
  3. <timestamp> の書式は 2017-12-08T19:24:51.886753Z です。The format of <timestamp> is: 2017-12-08T19:24:51.886753Z

  4. 接続済みファクトリ App Service を再起動します。Restart the Connected Factory App Service.

次の手順Next steps

IoT ソリューション アクセラレータの他の機能についても学習できます。You can also explore some of the other features and capabilities of the IoT solution accelerators: