Azure IoT Central アプリケーションで新しい IoT デバイスの種類を定義するDefine a new IoT device type in your Azure IoT Central application

"この記事は、ソリューション ビルダーおよびデバイス開発者を対象としています。 "This article applies to solution builders and device developers.

デバイス テンプレートは、Azure IoT Central アプリケーションに接続するデバイスの種類の、特性と動作を定義するブループリントです。A device template is a blueprint that defines the characteristics and behaviors of a type of device that connects to an Azure IoT Central application.

たとえばビルダーでは、次の機能を持つ、接続されたファン用のデバイス テンプレートを作成できます。For example, a builder can create a device template for a connected fan that has the following characteristics:

  • 温度テレメトリを送信するSends temperature telemetry
  • 場所プロパティを送信するSends location property
  • ファン モーター エラー イベントを送信するSends fan motor error events
  • ファンの動作状態を送信するSends fan operating state
  • 書き込み可能なファン速度プロパティを提供するProvides a writeable fan speed property
  • デバイスを再起動するコマンドを提供するProvides a command to restart the device
  • ダッシュボードを介してデバイスの全体的なビューを提供するGives you an overall view of the device via a dashboard

オペレーターはこのデバイス テンプレートから、実際のファン デバイスを作成して接続できます。From this device template, an operator can create and connect real fan devices. これらのすべてのファンには、オペレーターがそれらを監視および管理するために使用する測定値、プロパティ、およびコマンドがあります。All these fans have measurements, properties, and commands that operators use to monitor and manage them. オペレーターは、デバイスのダッシュボードとフォームを使用して、ファン デバイスと対話します。Operators use the device dashboards and forms to interact with the fan devices.

注意

デバイス テンプレートの作成、編集、および削除が可能なのは、ビルダーと管理者のみです。Only builders and administrators can create, edit, and delete device templates. すべてのユーザーは、 [Device](デバイス) ページで既存のデバイス テンプレートからデバイスを作成できます。Any user can create devices on the Devices page from existing device templates.

IoT Central アプリケーションでは、デバイス テンプレートはデバイス機能モデルを使用して、デバイスの機能を記述します。In an IoT Central application, a device template uses a device capability model to describe the capabilities of a device. ビルダーは、デバイス テンプレートを作成する場合、次に示すいくつかのオプションを利用できます。As a builder, you have several options for creating device templates:

  • IoT Central でデバイス テンプレートを設計してから、そのデバイス機能モデルをデバイス コードに実装します。Design the device template in IoT Central, and then implement its device capability model in your device code.
  • Azure Certified for IoT デバイス カタログからデバイス機能モデルをインポートします。Import a device capability model from the Azure Certified for IoT device catalog. その後、IoT Central アプリケーションが必要とするクラウド プロパティ、カスタマイズ、およびダッシュボードを追加します。Then add any cloud properties, customizations, and dashboards your IoT Central application needs.
  • Visual Studio Code を使用してデバイス機能モデルを作成します。Create a device capability model by using Visual Studio Code. ご利用のデバイス コードをモデルから実装します。Implement your device code from the model. ご利用の IoT Central アプリケーションにデバイス機能モデルを手動でインポートしてから、IoT Central アプリケーションに必要なクラウド プロパティ、カスタマイズ、およびダッシュボードを追加します。Manually import the device capability model into your IoT Central application, and then add any cloud properties, customizations, and dashboards your IoT Central application needs.
  • Visual Studio Code を使用してデバイス機能モデルを作成します。Create a device capability model by using Visual Studio Code. モデルからデバイス コードを実装し、デバイス優先接続を使用して実際のデバイスを IoT Central アプリケーションに接続します。Implement your device code from the model, and connect your real device to your IoT Central application by using a device-first connection. IoT Central は、パブリック リポジトリからデバイス機能モデルを検索してインポートします。IoT Central finds and imports the device capability model from the public repository for you. その後、IoT Central アプリケーションが必要とするクラウド プロパティ、カスタマイズ、およびダッシュボードをデバイス テンプレートに追加できます。You can then add any cloud properties, customizations, and dashboards your IoT Central application needs to the device template.

デバイス カタログからデバイス テンプレートを作成するCreate a device template from the device catalog

ビルダーは、IoT プラグ アンド プレイ (プレビュー) 認定デバイスを使用してソリューションの構築をすぐに開始できます。As a builder, you can quickly start building out your solution by using an IoT Plug and Play (preview) certified device. Azure IoT デバイス カタログで一覧を参照してください。See the list in the Azure IoT Device Catalog. IoT Central はデバイス カタログと統合されているため、これらのどの IoT プラグ アンド プレイ (プレビュー) 認定デバイスからでもデバイス機能モデルをインポートすることができます。IoT Central integrates with the device catalog so you can import a device capability model from any of these IoT Plug and Play (preview) certified devices. IoT Central でこれらのデバイスのいずれかからデバイス テンプレートを作成するには、次の手順を実行します。To create a device template from one of these devices in IoT Central:

  1. IoT Central アプリケーションの [Device Templates](デバイス テンプレート) ページに移動します。Go to the Device Templates page in your IoT Central application.
  2. [+ New](+ 新規) を選択し、カタログから任意の IoT プラグ アンド プレイ (プレビュー) 認定デバイスを選択します。Select + New, and then select any of the IoT Plug and Play (preview) certified devices from the catalog. IoT Central は、このデバイス機能モデルに基づいてデバイス テンプレートを作成します。IoT Central creates a device template based on this device capability model.
  3. クラウド プロパティ、カスタマイズ、またはビューをデバイス テンプレートに追加します。Add any cloud properties, customizations, or views to your device template.
  4. [Publish](発行) を選択して、オペレーターがテンプレートを使用してデバイスを表示および接続できるようにします。Select Publish to make the template available for operators to view and connect devices.

デバイス テンプレートを最初から作成するCreate a device template from scratch

デバイス テンプレートには次のものが含まれています。A device template contains:

  • デバイスが実装するテレメトリ、プロパティ、およびコマンドを指定する デバイス機能モデルA device capability model that specifies the telemetry, properties, and commands that the device implements. これらの機能は、1 つ以上のインターフェイスに編成されています。These capabilities are organized into one or more interfaces.
  • IoT Central アプリケーションがデバイスについて格納する情報を定義する クラウド プロパティCloud properties that define information that your IoT Central application stores about your devices. たとえば、クラウド プロパティでは、デバイスが最後に点検されたデータを記録できます。For example, a cloud property might record the date a device was last serviced. この情報は、デバイスと共有されることはありません。This information is never shared with the device.
  • カスタマイズ を使用すると、ビルダーはデバイス機能モデルの定義の一部をオーバーライドできます。Customizations let the builder override some of the definitions in the device capability model. たとえば、ビルダーはデバイス プロパティの名前をオーバーライドできます。For example, the builder can override the name of a device property. プロパティ名は IoT Central のダッシュボードとフォームに表示されます。Property names appear in IoT Central dashboards and forms.
  • ダッシュボードとフォーム を使用すると、ビルダーは、アプリケーションに接続されているデバイスをオペレーターが監視および管理できるようにする UI を作成できます。Dashboards and forms let the builder create a UI that lets operators monitor and manage the devices connected to your application.

IoT Central でデバイス テンプレートを作成するには、次の手順を実行します。To create a device template in IoT Central:

  1. IoT Central アプリケーションの [Device Templates](デバイス テンプレート) ページに移動します。Go to the Device Templates page in your IoT Central application.
  2. [+ New](+ 新規) > [Custom](カスタム) の順に選択します。Select + New > Custom.
  3. Environmental Sensor」など、テンプレートの名前を入力します。Enter a name for your template, such as Environmental Sensor.
  4. Enter キーを押します。Press Enter. IoT Central により、空のデバイス テンプレートが作成されます。IoT Central creates an empty device template.

デバイス テンプレートを管理するManage a device template

テンプレートのホーム ページから、テンプレートの名前変更や削除を行えます。You can rename or delete a template from the template's home page.

デバイス機能モデルをテンプレートに追加したら、発行できます。After you've added a device capability model to your template, you can publish it. テンプレートを発行するまでは、このテンプレートに基づいてデバイスを接続し、オペレーターがそれを [Devices](デバイス) ページで表示することはできません。Until you've published the template, you can't connect a device based on this template for your operators to see in the Devices page.

機能モデルを作成するCreate a capability model

次の操作により、デバイス機能モデルを作成できます。To create a device capability model, you can:

  • IoT Central を使用して、最初からカスタム モデルを作成する。Use IoT Central to create a custom model from scratch.
  • JSON ファイルからモデルをインポートする。Import a model from a JSON file. デバイス ビルダーが Visual Studio Code を使用して、アプリケーションのデバイス機能モデルを作成している場合があります。A device builder might have used Visual Studio Code to author a device capability model for your application.
  • デバイス カタログからいずれかのデバイスを選択する。Select one of the devices from the Device Catalog. このオプションでは、製造元がこのデバイスのために発行したデバイス機能モデルをインポートします。This option imports the device capability model that the manufacturer has published for this device. このようにインポートされたデバイス機能モデルは、自動的に発行されます。A device capability model imported like this is automatically published.

機能モデルを管理するManage a capability model

デバイス機能モデルを作成したら、次の操作を実行できます。After you create a device capability model, you can:

  • モデルにインターフェイスを追加する。Add interfaces to the model. モデルには、少なくとも 1 つのインターフェイスが必要です。A model must have at least one interface.
  • モデルのメタデータ (ID、名前空間、名前など) を編集する。Edit model metadata, such as its ID, namespace, and name.
  • モデルを削除する。Delete the model.

インターフェイスを作成するCreate an interface

デバイス機能には、少なくとも 1 つのインターフェイスが必要です。A device capability must have at least one interface. インターフェイスは、再利用可能な機能のコレクションです。An interface is a reusable collection of capabilities.

インターフェイスを作成するには、次の手順を実行します。To create an interface:

  1. デバイス機能モデルにアクセスし、 [+ Add Interface](+ インターフェイスの追加) を選択します。Go to your device capability model, and choose + Add Interface.

  2. [Select an Interface](インターフェイスの選択) ページで、次を実行できます。On the Select an Interface page, you can:

    • カスタム インターフェイスを最初から作成する。Create a custom interface from scratch.
    • ファイルから既存のインターフェイスをインポートする。Import an existing interface from a file. デバイス ビルダーが Visual Studio Code を使用して、デバイスのインターフェイスを作成している場合があります。A device builder might have used Visual Studio Code to author an interface for your device.
    • [Device Information](デバイス情報) インターフェイスなど、いずれかの標準インターフェイスを選択します。Choose one of the standard interfaces, such as the Device Information interface. 標準インターフェイスでは、多くのデバイスに共通する機能が指定されます。Standard interfaces specify the capabilities common to many devices. これらの標準インターフェイスは Azure IoT によって発行され、バージョン管理や編集はできません。These standard interfaces are published by Azure IoT, and can't be versioned or edited.
  3. インターフェイスを作成したら、 [Edit Identity](ID の編集) を選択して、インターフェイスの表示名を変更します。After you create an interface, choose Edit Identity to change the display name of the interface.

  4. カスタム インターフェイスを最初から作成することを選択した場合は、デバイスの機能を追加できます。If you choose to create a custom interface from scratch, you can add your device's capabilities. デバイスの機能は、テレメトリ、プロパティ、およびコマンドです。Device capabilities are telemetry, properties, and commands.

テレメトリTelemetry

テレメトリは、デバイスから (通常はセンサーから) 送信される値のストリームです。Telemetry is a stream of values sent from the device, typically from a sensor. たとえば、センサーから気温が報告される場合があります。For example, a sensor might report the ambient temperature.

テレメトリ機能の構成設定を次の表に示します。The following table shows the configuration settings for a telemetry capability:

フィールドField 説明Description
表示名Display Name ダッシュボードとフォームで使用されるテレメトリ値の表示名。The display name for the telemetry value used on dashboards and forms.
名前Name テレメトリ メッセージ内のフィールドの名前。The name of the field in the telemetry message. IoT Central によって表示名からこのフィールドの値が生成されますが、必要に応じて独自の値を選択できます。IoT Central generates a value for this field from the display name, but you can choose your own value if necessary. このフィールドは英数字である必要があります。This field needs to be alphanumeric.
機能の種類Capability Type テレメトリ。Telemetry.
セマンティックの種類Semantic Type テレメトリのセマンティックの種類 (温度、状態、イベントなど)。The semantic type of the telemetry, such as temperature, state, or event. セマンティックの種類の選択によって、次のどのフィールドを使用できるかが決まります。The choice of semantic type determines which of the following fields are available.
スキーマSchema テレメトリのデータ型 (double、string、vector など)。The telemetry data type, such as double, string, or vector. 使用できる選択肢は、セマンティックの種類によって決まります。The available choices are determined by the semantic type. スキーマは、イベントおよび状態のセマンティックの種類には使用できません。Schema isn't available for the event and state semantic types.
重大度Severity イベントのセマンティックの種類にのみ使用できます。Only available for the event semantic type. 重大度は、エラー情報、または警告です。The severities are Error, Information, or Warning.
状態の値State Values 状態のセマンティックの種類にのみ使用できます。Only available for the state semantic type. 考えられる状態の値を定義します。それぞれに表示名、名前、列挙型、および値があります。Define the possible state values, each of which has display name, name, enumeration type, and value.
ユニットUnit テレメトリ値の単位 (mph% 、または °C など)。A unit for the telemetry value, such as mph, %, or °C.
表示単位Display Unit ダッシュボードとフォームで使用する表示単位。A display unit for use on dashboards and forms.
解説Comment テレメトリ機能に関するコメント。Any comments about the telemetry capability.
説明Description テレメトリ機能の説明。A description of the telemetry capability.

PropertiesProperties

プロパティは、特定の時点の値を表します。Properties represent point-in-time values. たとえば、デバイスはプロパティを使用して、到達しようとしているターゲット温度を報告できます。For example, a device can use a property to report the target temperature it's trying to reach. IoT Central から、書き込み可能なプロパティを設定できます。You can set writeable properties from IoT Central.

プロパティ機能の構成設定を次の表に示します。The following table shows the configuration settings for a property capability:

フィールドField [説明]Description
表示名Display Name ダッシュボードとフォームで使用されるプロパティ値の表示名。The display name for the property value used on dashboards and forms.
名前Name プロパティの名前。The name of the property. IoT Central によって表示名からこのフィールドの値が生成されますが、必要に応じて独自の値を選択できます。IoT Central generates a value for this field from the display name, but you can choose your own value if necessary. このフィールドは英数字である必要があります。This field needs to be alphanumeric.
機能の種類Capability Type プロパティ。Property.
セマンティックの種類Semantic Type テレメトリのセマンティックの種類 (温度、状態、イベントなど)。The semantic type of the property, such as temperature, state, or event. セマンティックの種類の選択によって、次のどのフィールドを使用できるかが決まります。The choice of semantic type determines which of the following fields are available.
スキーマSchema プロパティのデータ型 (double、string、vector など)。The property data type, such as double, string, or vector. 使用できる選択肢は、セマンティックの種類によって決まります。The available choices are determined by the semantic type. スキーマは、イベントおよび状態のセマンティックの種類には使用できません。Schema isn't available for the event and state semantic types.
書き込み可能Writeable プロパティが書き込み可能でない場合、デバイスはプロパティ値を IoT Central に報告できます。If the property isn't writeable, the device can report property values to IoT Central. プロパティが書き込み可能な場合、デバイスはプロパティ値を IoT Central に報告し、IoT Central がプロパティの更新をデバイスに送信できます。If the property is writeable, the device can report property values to IoT Central and IoT Central can send property updates to the device.
重大度Severity イベントのセマンティックの種類にのみ使用できます。Only available for the event semantic type. 重大度は、エラー情報、または警告です。The severities are Error, Information, or Warning.
状態の値State Values 状態のセマンティックの種類にのみ使用できます。Only available for the state semantic type. 考えられる状態の値を定義します。それぞれに表示名、名前、列挙型、および値があります。Define the possible state values, each of which has display name, name, enumeration type, and value.
ユニットUnit プロパティ値の単位 (mph% 、または °C など)。A unit for the property value, such as mph, %, or °C.
表示単位Display Unit ダッシュボードとフォームで使用する表示単位。A display unit for use on dashboards and forms.
解説Comment プロパティ機能に関するコメント。Any comments about the property capability.
説明Description プロパティ機能の説明。A description of the property capability.

コマンドCommands

IoT Central からデバイス コマンドを呼び出すことができます。You can call device commands from IoT Central. コマンドは、必要に応じて、デバイスにパラメーターを渡し、デバイスから応答を受け取ります。Commands optionally pass parameters to the device and receive a response from the device. たとえば、10 秒でデバイスを再起動するコマンドを呼び出すことができます。For example, you can call a command to reboot a device in 10 seconds.

コマンド機能の構成設定を次の表に示します。The following table shows the configuration settings for a command capability:

フィールドField [説明]Description
表示名Display Name ダッシュボードとフォームで使用されるコマンドの表示名。The display name for the command used on dashboards and forms.
名前Name コマンドの名前。The name of the command. IoT Central によって表示名からこのフィールドの値が生成されますが、必要に応じて独自の値を選択できます。IoT Central generates a value for this field from the display name, but you can choose your own value if necessary. このフィールドは英数字である必要があります。This field needs to be alphanumeric.
機能の種類Capability Type コマンド。Command.
コマンドCommand SynchronousExecutionType.SynchronousExecutionType.
解説Comment コマンド機能に関するコメント。Any comments about the command capability.
説明Description コマンド機能の説明。A description of the command capability.
RequestRequest 有効になっている場合、名前、表示名、スキーマ、単位、および表示単位を含む要求パラメーターの定義。If enabled, a definition of the request parameter, including: name, display name, schema, unit, and display unit.
ResponseResponse 有効になっている場合、名前、表示名、スキーマ、単位、および表示単位を含むコマンド応答の定義。If enabled, a definition of the command response, including: name, display name, schema, unit, and display unit.

インターフェイスを管理するManage an interface

インターフェイスを発行していない場合は、インターフェイスによって定義されている機能を編集できます。If you haven't published the interface, you can edit the capabilities defined by the interface. インターフェイスを発行した後、変更を行う場合は、デバイス テンプレートの新しいバージョンを作成し、インターフェイスのバージョンを管理する必要があります。After you publish the interface, if you want to make any changes, you'll need to create a new version of the device template and version the interface. バージョン管理を必要としない変更 (表示名や単位など) は、 [Customize](カスタマイズ) セクションで行うことができます。You can make changes that don't require versioning, such as display names or units, in the Customize section.

別の機能モデルで再利用する場合は、インターフェイスを JSON ファイルとしてエクスポートすることもできます。You can also export the interface as a JSON file if you want to reuse it in another capability model.

クラウド プロパティを追加するAdd cloud properties

クラウド プロパティを使用して、デバイスに関する情報を IoT Central に格納します。Use cloud properties to store information about devices in IoT Central. クラウド プロパティがデバイスに送信されることはありません。Cloud properties are never sent to a device. たとえば、クラウド プロパティを使用して、デバイスをインストールした顧客の名前、またはデバイスの前回の点検日を格納できます。For example, you can use cloud properties to store the name of the customer who has installed the device, or the device's last service date.

クラウド プロパティの構成設定を次の表に示します。The following table shows the configuration settings for a cloud property:

フィールドField [説明]Description
表示名Display Name ダッシュボードとフォームで使用されるクラウド プロパティ値の表示名。The display name for the cloud property value used on dashboards and forms.
名前Name クラウド プロパティの名前。The name of the cloud property. IoT Central によって表示名からこのフィールドの値が生成されますが、必要に応じて独自の値を選択できます。IoT Central generates a value for this field from the display name, but you can choose your own value if necessary.
セマンティックの種類Semantic Type テレメトリのセマンティックの種類 (温度、状態、イベントなど)。The semantic type of the property, such as temperature, state, or event. セマンティックの種類の選択によって、次のどのフィールドを使用できるかが決まります。The choice of semantic type determines which of the following fields are available.
スキーマSchema クラウド プロパティのデータ型 (double、string、vector など)。The cloud property data type, such as double, string, or vector. 使用できる選択肢は、セマンティックの種類によって決まります。The available choices are determined by the semantic type.

カスタマイズを追加するAdd customizations

インポートしたインターフェイスを変更したり、機能に IoT Central 固有の機能を追加したりする必要がある場合は、カスタマイズを利用します。Use customizations when you need to modify an imported interface or add IoT Central-specific features to a capability. カスタマイズできるのは、インターフェイスの互換性を損なうことのないフィールドのみです。You can only customize fields that don't break interface compatibility. たとえば、次のように操作できます。For example, you can:

  • 機能の表示名や単位をカスタマイズする。Customize the display name and units of a capability.
  • グラフに値が表示されるときに使用する既定の色を追加する。Add a default color to use when the value appears on a chart.
  • プロパティの初期値、最小値、最大値を指定する。Specify initial, minimum, and maximum values for a property.

機能名や機能の種類をカスタマイズすることはできません。You can't customize the capability name or capability type. [Customize](カスタマイズ) セクションで変更できない変更がある場合は、デバイス テンプレートとインターフェイスのバージョンを管理して機能を変更する必要があります。If there are changes you can't make in the Customize section, you'll need to version your device template and interface to modify the capability.

既定のビューを生成するGenerate default views

既定のビューを生成すると、重要なデバイス情報をすばやく視覚化することができます。Generating default views is a quick way to visualize your important device information. デバイス テンプレートに対して生成される既定のビューは、最大で 3 つです。You have up to three default views generated for your device template:

  • [Commands](コマンド) はデバイス コマンドを含むビューを提供し、オペレーターがデバイスにコマンドをディスパッチできるようにします。Commands provides a view with device commands, and allows your operator to dispatch them to your device.
  • [Overview](概要) は、デバイス テレメトリを含むビューを提供し、グラフとメトリックを表示します。Overview provides a view with device telemetry, displaying charts and metrics.
  • [About](詳細情報) は、デバイス情報を含むビューを提供し、デバイス プロパティを表示します。About provides a view with device information, displaying device properties.

[Generate default views](既定のビューの生成) を選択した後、デバイス テンプレートの [Views](ビュー) セクションにそれらが自動的に追加されているのを確認できます。After you've selected Generate default views, you see that they have been automatically added under the Views section of your device template.

ダッシュボードを追加するAdd dashboards

ダッシュボードをデバイス テンプレートに追加して、オペレーターがグラフとメトリックを使ってデバイスを視覚化できるようにします。Add dashboards to a device template to enable operators to visualize a device by using charts and metrics. 1 つのデバイス テンプレートに対して複数のダッシュボードを持つことができます。You can have multiple dashboards for a device template.

デバイス テンプレートにダッシュボードを追加するには、次の手順を実行します。To add a dashboard to a device template:

  1. デバイス テンプレートにアクセスし、 [Views](ビュー) を選択します。Go to your device template, and select Views.
  2. [Visualizing the Device](デバイスの視覚化) を選択します。Choose Visualizing the Device.
  3. [Dashboard Name](ダッシュボード名) にダッシュボードの名前を入力します。Enter a name for your dashboard in Dashboard Name.
  4. 静的、プロパティ、クラウド プロパティ、テレメトリ、およびコマンドのタイルの一覧から、ダッシュボードにタイルを追加します。Add tiles to your dashboard from the list of static, property, cloud property, telemetry, and command tiles. ダッシュボードに追加するタイルをドラッグ アンド ドロップします。Drag and drop the tiles you want to add to your dashboard.
  5. 1 つのグラフ タイルに複数のテレメトリ値をプロットするには、テレメトリ値を選択してから、 [Combine](結合) を選択します。To plot multiple telemetry values on a single chart tile, select the telemetry values, and then select Combine.
  6. 追加する各タイルを構成して、データの表示方法をカスタマイズします。Configure each tile you add to customize how it displays data. これを行うには、歯車アイコンを選択するか、グラフ タイルで [Change configuration](構成の変更) を選択します。You can do this by selecting the gear icon, or by selecting Change configuration on your chart tile.
  7. ダッシュボードにタイルを配置し、サイズを変更します。Arrange and resize the tiles on your dashboard.
  8. 変更を保存します。Save the changes.

ダッシュボードを表示するようにプレビュー デバイスを構成するConfigure preview device to view dashboard

ダッシュボードを表示してテストするには、 [Configure preview device](プレビュー デバイスの構成) を選択します。To view and test your dashboard, select Configure preview device. これにより、発行後にオペレーターに対して表示されるダッシュボードを確認できます。This enables you to see the dashboard as your operator sees it after it's published. このオプションは、ビューに正しいデータが表示されているかどうかを検証するために使用します。Use this option to validate that your views show the correct data. 次の中から選択できます。You can choose from the following:

  • プレビュー デバイスなし。No preview device.
  • デバイス テンプレート用に構成した実際のテスト デバイス。The real test device you've configured for your device template.
  • デバイス ID を使用した、アプリケーション内の既存のデバイス。An existing device in your application, by using the device ID.

フォームを追加するAdd forms

デバイス テンプレートにフォームを追加して、オペレーターがプロパティを表示および設定することによってデバイスを管理できるようにします。Add forms to a device template to enable operators to manage a device by viewing and setting properties. オペレーターが編集できるのは、クラウド プロパティと書き込み可能なデバイス プロパティのみです。Operators can only edit cloud properties and writeable device properties. 1 つのデバイス テンプレートに対して複数のフォームを持つことができます。You can have multiple forms for a device template.

デバイス テンプレートにフォームを追加するには、次の手順を実行します。To add a form to a device template:

  1. デバイス テンプレートにアクセスし、 [Views](ビュー) を選択します。Go to your device template, and select Views.
  2. [Editing Device and Cloud data](デバイスとクラウドのデータの編集) を選択します。Choose Editing Device and Cloud data.
  3. [Form Name](フォーム名) にフォームの名前を入力します。Enter a name for your form in Form Name.
  4. フォームのレイアウトに使用する列の数を選択します。Select the number of columns to use to lay out your form.
  5. フォームの既存のセクションにプロパティを追加するか、プロパティを選択して、 [Add Section](セクションの追加) を選択します。Add properties to an existing section on your form, or select properties and choose Add Section. セクションを使用して、フォーム上でプロパティをグループ化します。Use sections to group properties on your form. セクションにタイトルを追加できます。You can add a title to a section.
  6. フォームの各プロパティを構成して、動作をカスタマイズします。Configure each property on the form to customize its behavior.
  7. フォームでプロパティを調整します。Arrange the properties on your form.
  8. 変更を保存します。Save the changes.

デバイス テンプレートを発行するPublish a device template

デバイス機能モデルを実装するデバイスを接続する前に、デバイス テンプレートを発行する必要があります。Before you can connect a device that implements your device capability model, you must publish your device template.

デバイス テンプレートを発行した後は、デバイス機能モデルに対して限られた変更のみを行うことができます。After you publish a device template, you can only make limited changes to the device capability model. インターフェイスを変更するには、新しいバージョンを作成して発行する必要があります。To modify an interface, you need to create and publish a new version.

デバイス テンプレートを発行するには、デバイス テンプレートにアクセスし、 [Publish](発行) を選択します。To publish a device template, go to you your device template, and select Publish.

デバイス テンプレートを発行すると、オペレーターは [Devices](デバイス) ページに移動して、デバイス テンプレートを使用する実際のデバイスまたはシミュレートされたデバイスを追加できます。After you publish a device template, an operator can go to the Devices page, and add either real or simulated devices that use your device template. 変更を行っている間は、引き続きデバイス テンプレートを変更して保存できます。You can continue to modify and save your device template as you're making changes. これらの変更をオペレーターにプッシュして、 [Devices](デバイス) ページで表示する場合は、毎回、 [Publish](発行) を選択する必要があります。When you want to push these changes out to the operator to view under the Devices page, you must select Publish each time.

次のステップNext steps

デバイス開発者にお勧めする次の手順は、デバイス テンプレートのバージョン管理に関する記事を読むことです。If you're a device developer, a suggested next step is to read about device template versioning.