Azure IoT Central アプリケーションの作成Create an Azure IoT Central application

このクイックスタートでは、Azure IoT Central アプリケーションを作成する方法を説明します。This quickstart shows you how to create an Azure IoT Central application.

アプリケーションの作成Create an application

Azure IoT Central ビルド Web サイトに移動します。Navigate to the Azure IoT Central Build site. 次に、Microsoft 個人アカウントか、職場または学校アカウントを使用してサインインします。Then sign in with a Microsoft personal, work, or school account.

新しいアプリケーションを作成するには、業界に関連する IoT Central テンプレートの一覧を参照して、すばやく作業を開始することも、カスタム アプリケーション テンプレートを使用してゼロから始めることもできます。You create a new application either from the list of industry-relevant IoT Central templates to help you get started quickly, or start from scratch using a Custom apps template. このクイックスタートでは、カスタム アプリケーション テンプレートを使用します。In this quickstart, you use the Custom application template.

カスタム アプリケーション テンプレートから新しい Azure IoT Central アプリケーションを作成するには、次のようにします。To create a new Azure IoT Central application from the Custom application template:

  1. [ビルド] ページに移動します。Navigate to the Build page:

    「IoT アプリケーションのビルド」ページ

  2. [カスタム アプリ] を選択し、カスタム アプリケーション テンプレートが選択されていることを確認します。Choose Custom apps and make sure that the Custom application template is selected.

  3. Azure IoT Central によって、選択したアプリケーション テンプレートに基づいて アプリケーション名 が自動的に提案されます。Azure IoT Central automatically suggests an application name based on the application template you've selected. この名前をそのまま使用することも、独自のわかりやすいアプリケーション名を入力することもできます。You can use this name or enter your own friendly application name.

  4. また、Azure IoT Central は、アプリケーション名に基づいて、一意の アプリケーション URL プレフィックスも生成します。Azure IoT Central also generates a unique application URL prefix for you, based on the application name. この URL は、アプリケーションにアクセスするために使用します。You use this URL to access your application. 必要に応じて、この URL プレフィックスをもっと覚えやすいものに変更します。Change this URL prefix to something more memorable if you'd like.

    Azure IoT Central の [アプリケーションの作成] ページ

    Azure IoT Central の課金情報

    注意

    前のページで [カスタム アプリ] を選択した場合は、 [アプリケーション テンプレート] ドロップダウンが表示されます。If you chose Custom app on the previous page, you see an Application template dropdown. ここから、カスタム テンプレートとレガシ テンプレートを切り替えることができます。From here you can switch between custom and legacy templates. 組織で新たに使用可能になった他のテンプレートが表示される場合もあります。You might also see other templates that have been made available for your organization.

  5. 7 日間の無料試用料金プラン、またはいずれかの標準料金プランを使用して、アプリケーションを作成することを選択します。Choose to create this application using the 7-day free trial pricing plan, or one of the standard pricing plans:

    • "無料" のプランを使用して作成したアプリケーションは 7 日間無料で、最大 5 台のデバイスがサポートされます。Applications you create using the free plan are free for seven days and support up to five devices. 期限切れになるまでは、いつでも標準の料金プランを使用するように変換できます。You can convert them to use a standard pricing plan at any time before they expire.
    • "標準" のプランを使用して作成したアプリケーションは、デバイス単位で課金されます。Standard 1 または Standard 2 料金プランから選択でき、どちらも最初の 2 つのデバイスが無料となります。Applications you create using a standard plan are billed on a per device basis, you can choose either Standard 1 or Standard 2 pricing plan with the first two devices being free. 無料および標準の料金プランの詳細については、Azure IoT Central の価格に関するページを参照してください。Learn more about the free and standard pricing plans on the Azure IoT Central pricing page. 標準の料金プランを使用してアプリケーションを作成する場合は、"ディレクトリ"、"Azure サブスクリプション"、および "場所" を選択する必要があります。If you create an application using a standard pricing plan, you need to select your Directory, Azure Subscription, and Location:
      • "ディレクトリ" は、アプリケーションを作成する Azure Active Directory です。Directory is the Azure Active Directory in which you create your application. Azure Active Directory には、ユーザー ID、資格情報、およびその他の組織情報が含まれています。An Azure Active Directory contains user identities, credentials, and other organizational information. Azure Active Directory を持っていない場合は、Azure サブスクリプションを作成するときに自動的に作成されます。If you don't have an Azure Active Directory, one is created for you when you create an Azure subscription.
      • "Azure サブスクリプション" を使用すると、Azure サービスのインスタンスを作成できます。An Azure Subscription enables you to create instances of Azure services. IoT Central では、リソースが自分のサブスクリプション内にプロビジョニングされます。IoT Central provisions resources in your subscription. Azure サブスクリプションがない場合は、Azure サインアップ ページで無料で作成できます。If you don't have an Azure subscription, you can create one for free on the Azure sign-up page. Azure サブスクリプションを作成したら、 [新しいアプリケーション] ページに戻ります。After you create the Azure subscription, navigate back to the New application page. 新しいサブスクリプションが [Azure サブスクリプション] ドロップダウンに表示されるようになりました。Your new subscription now appears in the Azure Subscription drop-down.
      • "場所" は、アプリケーションを作成する地域です。Location is the geography where you'd like to create your application. 通常、最適なパフォーマンスを得るには、ご利用のデバイスに物理的に最も近い場所を選択する必要があります。Typically, you should choose the location that's physically closest to your devices to get optimal performance. いったん場所を選択すると、後でアプリケーションを別の場所に移動することはできません。Once you choose a location, you can't later move your application to a different location.
  6. 使用条件を確認し、ページの下部にある [作成] を選択します。Review the Terms and Conditions, and select Create at the bottom of the page. 数分後に、IoT Central アプリケーションを使用できるようになります。After a few minutes, you IoT Central application is ready to use:

    Azure IoT Central アプリケーション

次のステップNext steps

このクイック スタートでは、IoT Central アプリケーションを作成しました。In this quickstart, you created an IoT Central application. 推奨される次の手順は、以下のとおりです。Here's the suggested next step: