Azure IoT Central - スマート メーター アプリのアーキテクチャ

この記事では、スマート メーター監視アプリ テンプレートのアーキテクチャの概要について説明します。 次の図は、IoT Central プラットフォームを使用した Azure 上のスマート メーター アプリに一般的に使用されるアーキテクチャを示しています。

スマート メーターのアーキテクチャ

このアーキテクチャは、次のコンポーネントで構成されます。 一部のソリューションでは、ここに記載されているすべてのコンポーネントが必要ではない場合があります。

スマート メーターと接続性

スマート メーターは、すべてのエネルギー アセットの中でも最も重要なデバイスの 1 つです。 これを使ってエネルギー消費データを記録し、監視やその他のユース ケース (請求書や需要応答など) のために公共事業体に伝達できます。 メーターの種類に基づいて、ゲートウェイ、またはその他の中間デバイスや中間システム (エッジ デバイス、ヘッドエンド システムなど) を使用して IoT Central に接続できます。 直接接続できないデバイスを接続するには、IoT Central デバイス ブリッジを構築します。 IoT Central デバイス ブリッジはオープン ソース ソリューションであり、詳細についてはこちらで確認できます。

IoT Central プラットフォーム

Azure IoT Central は、IoT ソリューションの構築を簡素化し、IoT の管理、運用、開発の負担とコストを削減するために役立つプラットフォームです。 IoT Central を使用すると、大規模なモノのインターネット (IoT) アセットを簡単に接続、監視、管理できます。 スマート メーターを IoT Central に接続すると、アプリ テンプレートにはデバイス モデル、コマンド、ダッシュボードなどの組み込みの機能が使用されます。 また、アプリ テンプレートには、ほぼリアルタイムのメーター データの監視、分析、ルール、視覚化など、ウォーム パス シナリオにも IoT Central ストレージが使用されます。

IoT Central を使用して構築する拡張オプション

IoT Central プラットフォームには、次の 2 つの拡張オプションがあります。継続的データ エクスポート (CDE) と API。 顧客とパートナーは、特定のニーズに合わせてこれらのオプションのいずれかを選択し、ソリューションをカスタマイズすることができます。 たとえば、あるパートナーは Azure Data Lake Storage (ADLS) を使用して CDE を構成しました。 バッチ処理、監査、報告などの目的で、長期的なデータ保持やその他のコールド パス ストレージ シナリオに ADLS が使用されています。

次のステップ