接続された廃棄物監視の参照アーキテクチャ

接続された廃棄物管理ソリューションは、Azure IoT Central アプリ テンプレート を使用して、IoT アプリケーションのキック スターターとして構築できます。 この記事では、エンドツーエンド ソリューションを構築するための高度な参照アーキテクチャのガイダンスを提供します。

接続された廃棄物管理アーキテクチャ

概念:

  1. デバイスと接続
  2. IoT Central
  3. 拡張性と統合
  4. ビジネス アプリケーション

水消費量の監視ソリューションで一般的に役立つ主要なコンポーネントについて見ていきましょう。

デバイスと接続

廃棄物入れのように、オープンな環境で使用されるデバイスは、サードパーティのネットワーク オペレーターを通じて省電力広域ネットワーク (LPWAN) を介して接続できます。 これらの種類のデバイスについては、Azure IoT Central デバイス ブリッジを使用して、Azure IoT Central の IoT アプリケーションにご自分のデバイス データを送信することができます。 または、IP 対応で IoT Central に直接接続することができるデバイス ゲートウェイを使用することもできます。

IoT Central

Azure IoT Central は、IoT ソリューションを迅速に起動して実行できる IoT アプリ プラットフォームです。 サードパーティのサービスを使用して、ソリューションをブランド化、カスタマイズ、統合することができます。 スマート ウォーター デバイスを IoT Central に接続すると、デバイス コマンドと制御、監視とアラート、RBAC が組み込まれたユーザー インターフェイス、構成可能な分析情報ダッシュボード、拡張オプションが得られます。

拡張性と統合

IoT Central で IoT アプリケーションを拡張し、必要に応じて次のことを行うことができます。

  • 高度な分析 (たとえば、IoT Central アプリケーションからの継続的なデータ エクスポートを使用した機械学習モデルのトレーニングなど) のために IoT データを変換して統合する。
  • Power Automate または IoT Central アプリケーションの Webhook を使用してアクションをトリガーし、他のシステムのワークフローを自動化する
  • IoT Central API を使用して IoT Central で IoT アプリケーションにプログラムでアクセスする。

ビジネス アプリケーション

IoT データを使用して、廃棄物施設内でさまざまなビジネス アプリケーションを強化することができます。 IoT Central の接続された廃棄物管理アプリケーションをフィールド サービスに接続する方法については、Dynamics 365 フィールド サービスと統合する方法のチュートリアルに従ってください。

次のステップ