水質監視の参照アーキテクチャWater quality monitoring reference architecture

水質監視ソリューションは、Azure IoT Central アプリ テンプレート を使って、IoT アプリケーションのキック スターターとして構築できます。Water quality monitoring solutions can be built with the Azure IoT Central app template as a kick starter IoT application. この記事では、エンドツーエンド ソリューションを構築するための高度な参照アーキテクチャのガイダンスを提供します。This article provides a high-level reference architecture guidance on building an end to end solution.

水質監視アーキテクチャ

概念:Concepts:

  1. デバイスと接続Devices and connectivity
  2. IoT CentralIoT Central
  3. 拡張性と統合Extensibility and integrations
  4. ビジネス アプリケーションBusiness applications

水質監視ソリューションで一般的に役立つ主要なコンポーネントについて見ていきましょう。Let's take a look at key components that generally play a part in a water quality monitoring solution.

デバイスと接続Devices and connectivity

このセクションでは、水質の監視または水消費量の監視で使用されるデバイスを、総称してスマート ウォーター デバイスと呼びます。In this section, we will refer to devices used in water quality monitoring or water consumption monitoring, generally as smart water devices. スマート ウォーター デバイスには、流量計、水質モニター、スマート バルブ、漏れ検出器などがあります。Smart water devices can be flow meters, water quality monitors, smart valves, leak detectors, and so on.

スマート ウォーター ソリューションで使用されるデバイスは、一般的にサードパーティのネットワーク オペレーターを通じて省電力広域ネットワーク (LPWAN) を介して接続されます。Devices used in smart water solutions will generally be connected through low-power wide area networks (LPWAN), through a third-party network operator. これらの種類のデバイスについては、Azure IoT Central デバイス ブリッジを利用して、Azure IoT Central の IoT アプリケーションにご自分のデバイス データを送信することができます。For these types of devices, you can leverage the Azure IoT Central Device Bridge to send your device data to your IoT application in Azure IoT Central. または、IP 対応で IoT Central に直接接続することができるデバイス ゲートウェイを使用することもできます。Alternatively, you may have device gateways that are IP capable and can connect directly to IoT Central.

IoT CentralIoT Central

Azure IoT Central は、IoT ソリューションを迅速に起動して実行できる IoT アプリ プラットフォームです。Azure IoT Central is an IoT App platform, which gets you started up and running on your IoT solution quickly. サードパーティのサービスを使用して、ソリューションをブランド化、カスタマイズ、統合することができます。You can brand, customize, and integrate your solution with third-party services. スマート ウォーター デバイスを IoT Central に接続すると、デバイス コマンドと制御、監視とアラート、RBAC が組み込まれたユーザー インターフェイス、構成可能な分析情報ダッシュボード、拡張オプションが得られます。After you connect your smart water devices to IoT Central, you get device command and control, monitoring and alerting, user interface with built-in RBAC, configurable insights dashboards, and extensibility options.

拡張性と統合Extensibility and integrations

IoT Central で IoT アプリケーションを拡張し、必要に応じて次のことを行うことができます。You can extend your IoT application in IoT Central and optionally:

  • 高度な分析 (たとえば、IoT Central アプリケーションからの継続的なデータ エクスポートを使用した機械学習モデルのトレーニングなど) のために IoT データを変換して統合するtransform and integrate your IoT data for advanced analytics, for example training machine learning models, through continuous data export from IoT Central application
  • Power Automate または IoT Central アプリケーションの Webhook を使用してアクションをトリガーし、他のシステムのワークフローを自動化するautomate workflows in other systems by triggering actions using Power Automate or webhooks from IoT Central application
  • IoT Central API を使用して IoT Central で IoT アプリケーションにプログラムでアクセスするprogramatically access your IoT application in IoT Central through IoT Central APIs

ビジネス アプリケーションBusiness applications

IoT データを使用して、水道施設内でさまざまなビジネス アプリケーションを強化することができます。The IoT data can be used to power a variety of business applications within a water utility. IoT Central の水質監視アプリケーションをフィールド サービスに接続する方法については、Dynamics 365 フィールド サービスと統合する方法の記事に従ってください。To learn how to connect your IoT Central water quality monitoring application with field services, follow the article on how to integrate with Dynamics 365 Field Services.

次のステップNext steps