チュートリアル:Azure IoT Central で水質のモニタリング アプリケーションを作成するTutorial: Create a water quality monitoring application in Azure IoT Central

このチュートリアルでは、Azure IoT Central で水質のモニタリング アプリケーションを作成する手順を説明します。This tutorial guides you through the creation of a water quality monitoring application in Azure IoT Central. Azure IoT Central の 水質のモニタリング アプリケーション テンプレートからアプリケーションを作成します。You create the application from the Azure IoT Central Water quality monitoring application template.

このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you learn to:

  • 水質のモニタリング テンプレートを使用して、水質のモニタリング アプリケーションを作成します。Use the Water quality monitoring template to create a water quality monitoring application.
  • オペレーター ダッシュボードを探索およびカスタマイズします。Explore and customize an operator dashboard.
  • 水質のモニタリング デバイス テンプレートを探索します。Explore a water quality monitoring device template.
  • シミュレートされたデバイスを探索します。Explore simulated devices.
  • ルールを探索して構成します。Explore and configure rules.
  • ジョブを構成します。Configure jobs.
  • ホワイト ラベルを使用してアプリケーション ブランドをカスタマイズします。Customize application branding by using white labeling.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、Azure サブスクリプションを用意しておくことをお勧めします。We recommend that you have an Azure subscription to complete this tutorial. Azure サブスクリプションがない場合は、Azure サインアップ ページで作成できます。If you don't have an Azure subscription, you can create one on the Azure sign-up page.

Azure IoT Central で水質のモニタリング アプリケーションを作成するCreate a water quality monitoring application in Azure IoT Central

このセクションでは、Azure IoT Central の 水質のモニタリング テンプレートを使用して、水質のモニタリング アプリケーションを作成します。In this section, you use the Azure IoT Central Water quality monitoring template to create a water quality monitoring application.

  1. Azure IoT Central ホームページに移動します。Go to the Azure IoT Central home page.

    Azure サブスクリプションを持っている場合は、そのサブスクリプションへのアクセス用の資格情報を使用してサインインします。If you have an Azure subscription, sign in with the credentials you use to access it. 持っていない場合は、Microsoft アカウントを使用してサインインします。Otherwise, sign in with a Microsoft account:

    組織のアカウントにサインインする

  2. Azure IoT Central の一番左のペインで [Build](構築) を選択し、 [Government](政府) タブを選択します。政府機関ペインに、いくつかの政府機関のアプリケーション テンプレートが表示されます。Select Build on the leftmost pane of Azure IoT Central and select the Government tab. The government pane shows several government application templates.

    政府機関のアプリケーション テンプレート

  3. [Water quality monitoring](水質のモニタリング) アプリケーション テンプレートを選択します。Select the Water quality monitoring application template. このアプリケーション テンプレートには、水質モニタリング デバイス テンプレート、シミュレートされたデバイス、オペレーター ダッシュボード、事前構成済みのモニタリング ルールが含まれています。This application template includes a water quality device template, simulated devices, an operator dashboard, and preconfigured monitoring rules.

  4. [Create app](アプリの作成) を選択します。Select Create app. [新規アプリケーション] ペインが開き、次の要素が表示されます。The New application pane opens and shows the following elements:

    • アプリケーション名:既定では、アプリケーション名は、Water quality monitoring の後に IoT Central が生成する一意の ID 文字列が続く形式です。Application name: By default, the application name is Water quality monitoring followed by a unique ID string that Azure IoT Central generates. 必要に応じて、表示名を入力したり、後でアプリケーション名を変更したりできます。If you want, you can enter a display name or change the application name later.
    • URL: 必要な URL を入力したり、後で URL 値を変更したりできます。URL: You can enter any URL you want or change the URL value later.
    • Azure サブスクリプションをお持ちの場合は、 [ディレクトリ][Azure サブスクリプション][場所] の値を入力します。If you have an Azure subscription, enter values for Directory, Azure subscription, and Location. サブスクリプションをお持ちでない場合は、 [7-day free trial](7 日間の無料試用版) を有効にし、必須の連絡先情報を入力できます。If you don't have a subscription, you can turn on 7-day free trial and complete the required contact information.
  5. ページの左下にある [作成] ボタンを選択します。Select the Create button on the lower-left part of the page.

    Azure IoT Central の [新規アプリケーション] ページ

    Azure IoT Central の [新規アプリケーション] の課金情報

これで、Azure IoT Central の 水質のモニタリング テンプレートを使用して、水質のモニタリング アプリケーションが作成されました。You've now created a water quality monitoring application by using the Azure IoT Central Water quality monitoring template.

新しいアプリケーションには、次の構成済みコンポーネントが用意されています。Your new application comes with these preconfigured components:

  • オペレーター ダッシュボードOperator dashboards
  • 水質のモニタリング デバイス テンプレートWater quality monitoring device templates
  • シミュレートされた水質のモニタリング デバイスSimulated water quality monitoring devices
  • ルールおよびジョブRules and jobs
  • ホワイト ラベルを使用したブランド化Branding that uses white labeling

アプリケーションは、いつでも変更できます。You can modify your application at any time.

次に、アプリケーションを探索して、いくつかのカスタマイズを行います。Next, explore the application and make some customizations.

オペレーター ダッシュボードの探索とカスタマイズExplore and customize the operator dashboard

アプリケーションを作成した後、 [Wide World water quality dashboard](Wide World の水質ダッシュボード) ペインが開きます。After you create the application, the Wide World water quality dashboard pane opens.

水質のモニタリング ダッシュボード

ビルダーは、オペレーターが使用するダッシュボードのビューを作成したりカスタマイズしたりすることができます。As a builder, you can create and customize views on the dashboard for use by operators. カスタマイズしてみる前に、ダッシュボードを探索します。But before you try to customize, first explore the dashboard.

ダッシュボードに表示されるすべてのデータは、シミュレートされたデバイス データに基づいています。これについては、次のセクションで詳しく説明します。All data shown in the dashboard is based on simulated device data, which is discussed in the next section.

ダッシュボードには、次の種類のタイルが含まれています。The dashboard includes the following kinds of tiles:

  • [Wide World Water Utility] 画像タイル:ダッシュボードの左上隅にある最初のタイルは、Wide World という名前の架空の公益事業を示す画像です。Wide World water utility image tile: The first tile in the upper-left corner of the dashboard is an image that shows the fictitious utility named Wide World. 独自の画像を使用するようにタイルをカスタマイズすることも、タイルを削除することもできます。You can customize the tile to use your own image, or you can remove the tile.

  • 平均 pH KPI タイル:過去 30 分間の平均 pH などの KPI タイルがダッシュボード ペインの上部に表示されます。Average pH KPI tiles: KPI tiles like Average pH in the last 30 minutes are at the top of the dashboard pane. KPI タイルをカスタマイズし、別の種類や時間の範囲に設定できます。You can customize KPI tiles and set each to a different type and time range.

  • [Water monitoring area map](水質モニタリング エリア マップ) :Azure IoT Central では Azure Maps が使用されています。これをアプリケーション内で直接設定して、デバイスの場所を表示できます。Water monitoring area map: Azure IoT Central uses Azure Maps, which you can directly set in your application to show device location. また、アプリケーションからの位置情報をデバイスにマップし、Azure Maps を使用して、その情報をマップに表示することもできます。You can also map location information from your application to your device and then use Azure Maps to show the information on a map. マップの上にカーソルを移動し、コントロールを試してみてください。Hover over the map and try the controls.

  • 平均 pH 分布のヒートマップ グラフ:さまざまな視覚化グラフを選択して、アプリケーションに最適な方法でデバイス テレメトリを表示できます。Average pH distribution heat-map chart: You can select different visualization charts to show device telemetry in the way that is most appropriate for your application.

  • 重要な品質指標の折れ線グラフ:デバイス テレメトリを、ある時間範囲にわたる折れ線グラフとしてプロットして視覚化することができます。Critical quality indicators line chart: You can visualize device telemetry plotted as a line chart over a time range.

  • 化学薬品濃度の棒グラフ:デバイス テレメトリを棒グラフで視覚化できます。Concentration of chemical agents bar chart: You can visualize device telemetry in a bar chart.

  • センサー パラメーターのリセット タイル: ダッシュボードには、オペレーターが監視ダッシュボードから直接開始できるアクションのタイルが含まれています。Reset sensors parameters tile: The dashboard includes a tile for actions that an operator can initiate directly from the monitoring dashboard. このようなアクションの例として、デバイスのプロパティのリセットが挙げられます。Resetting a device's properties is an example of such actions.

  • プロパティ一覧タイル:ダッシュボードには、しきい値情報、デバイスの正常性情報、メンテナンス情報を表す複数のプロパティ タイルがあります。Property list tiles: The dashboard has multiple property tiles that represent threshold information, device health information, and maintenance information.

ダッシュボードのカスタマイズCustomize the dashboard

ビルダーは、オペレーターが使用するダッシュボードのビューをカスタマイズすることができます。As a builder, you can customize views on the dashboard for use by operators.

  1. [編集] を選択して、 [Wide World water quality dashboard](Wide World の水質ダッシュボード) ペインをカスタマイズします。Select Edit to customize the Wide World water quality dashboard pane. ダッシュボードは、 [編集] メニューでコマンドを選択することによってカスタマイズできます。You can customize the dashboard by selecting commands on the Edit menu. ダッシュボードが編集モードになったら、新しいタイルを追加したり既存のファイルを構成したりできます。After the dashboard is in edit mode, you can add new tiles, or you can configure the existing files.

    ダッシュボードを編集する

  2. [+ 新規] を選択して、構成可能な新しいダッシュボードを作成します。Select + New to create a new dashboard that you can configure. 複数のダッシュボードを作成し、ダッシュボード メニューからダッシュボード間を移動できます。You can have multiple dashboards and can navigate among them from the dashboard menu.

水質のモニタリング デバイス テンプレートを探索しますExplore a water quality monitoring device template

Azure IoT Central のデバイス テンプレートには、デバイスの機能が定義されています。A device template in Azure IoT Central defines the capabilities of a device. 指定可能な機能は、テレメトリ、プロパティ、およびコマンドです。Available capabilities are telemetry, properties, and commands. ビルダーは、接続されたデバイスの機能を表す Azure IoT Central のデバイス テンプレートを定義できます。As a builder, you can define device templates in Azure IoT Central that represent the capabilities of the connected devices. また、シミュレートされたデバイスを作成して、デバイス テンプレートとアプリケーションをテストできます。You can also create simulated devices to test your device template and application.

作成した水質のモニタリング アプリケーションには、水質のモニタリング デバイス テンプレートが付属しています。The water quality monitoring application you created comes with a water quality monitoring device template.

デバイス テンプレートを表示するには:To view the device template:

  1. Azure IoT Central でアプリケーションの一番左のペインにある [Device templates](デバイス テンプレート) を選択します。Select Device templates on the leftmost pane of your application in Azure IoT Central.

  2. デバイス テンプレートの一覧から [Water Quality Monitor](水質のモニタリング) を選択して、そのデバイス テンプレートを開きます。From the list of device templates, select Water Quality Monitor to open that device template.

    デバイス テンプレート

デバイス テンプレートをカスタマイズするCustomize the device template

次のデバイス テンプレート設定のカスタマイズを練習します。Practice customizing the following device template settings:

  1. デバイス テンプレート メニューから [カスタマイズ] を選択します。From the device template menu, select Customize.
  2. テレメトリの種類 [Temperature](温度) に移動します。Go to the Temperature telemetry type.
  3. [Display name](表示名) の値を [Reported temperature](報告された温度) に変更します。Change the Display name value to Reported temperature.
  4. 測定単位を変更するか、最小値最大値 を設定しますChange the unit of measurement, or set Min value and Max value.
  5. [保存] を選択します。Select Save.

クラウド プロパティを追加するAdd a cloud property

  1. デバイス テンプレート メニューから [クラウド プロパティ] を選択します。From the device template menu, select Cloud properties.
  2. 新しいクラウド プロパティを追加するには、 [+ クラウド プロパティの追加] を選択します。To add a new cloud property, select + Add Cloud Property. Azure IoT Central では、デバイスに関連するが、デバイスから送信されることを想定しないプロパティを追加できます。In Azure IoT Central, you can add a property that is relevant to a device but not expected to be sent by the device. そのようなプロパティの 1 つの例として、設置区域、アセット情報、またはメンテナンス情報に固有のアラートのしきい値があります。One example of such a property is an alert threshold specific to installation area, asset information, or maintenance information.
  3. [表示名] として「Installation area」を入力し、 [スキーマ] として [文字列] を選択します。Enter Installation area as the Display name and choose String as the Schema.
  4. [保存] を選択します。Select Save.

ビューを探索するExplore views

水質モニタリング デバイス テンプレートには、定義済みのビューが用意されています。The water quality monitoring device template comes with predefined views. このビューには、オペレーターにデバイス データがどのように表示されるか、およびオペレーターによってクラウドのプロパティがどのように設定されるかが定義されています。The views define how operators see the device data and set cloud properties. ビューを探索し、変更を行ってみます。Explore the views and practice making changes.

デバイス テンプレートのビュー

デバイス テンプレートを公開するPublish the device template

何らかの変更を行った場合は、必ず [Publish](公開) を選択してデバイス テンプレートを公開してください。If you make any changes, be sure to select Publish to publish the device template.

新しいデバイス テンプレートの作成Create a new device template

  1. 新しいデバイス テンプレートを作成するには、 [デバイス テンプレート] ページで [+ 新規] を選択し、作成プロセスに従います。On the Device templates page, select + New to create a new device template and follow the creation process.
  2. カスタムのデバイス テンプレートを作成するか、Azure IoT デバイス カタログからデバイス テンプレートを選択します。Create a custom device template or choose a device template from the Azure IoT device catalog.

シミュレートされたデバイスを探索するExplore simulated devices

アプリケーション テンプレートから作成した水質のモニタリング アプリケーションには、2 つのシミュレートされたデバイスがあります。The water quality monitoring application you created from the application template has two simulated devices. これらのデバイスは、水質のモニタリング デバイス テンプレートにマップされます。These devices map to the water quality monitoring device template.

デバイスを表示するView the devices

  1. アプリケーションの一番左のペインで [Devices](デバイス) を選択します。Select Devices on the leftmost pane of your application.

    デバイス

  2. シミュレートされたデバイスを 1 つ選択します。Select one simulated device.

    デバイス 1 を選択する

  3. [クラウドのプロパティ] タブで、 [Acidity (pH) threshold](酸性度 (pH) のしきい値) の値を 8 から 9 に変更し、 [保存] を選択します。On the Cloud Properties tab, change the Acidity (pH) threshold value from 8 to 9 and select Save.

  4. [デバイスのプロパティ] タブと [Device Dashboard](デバイス ダッシュボード) タブを調べます。Explore the Device Properties tab and the Device Dashboard tab.

注意

すべてのタブが デバイス テンプレート ビュー から構成されています。All tabs have been configured from Device template views.

新しいデバイスを追加するAdd new devices

  1. [デバイス] タブで、 [+ 新規] を選択して新しいデバイスを追加します。On the Devices tab, select + New to add a new device.
  2. 推奨される デバイス ID を使用するか、独自のデバイス ID を入力します。Use the suggested Device ID or enter your own. 新しいデバイスの デバイス名 を入力することもできます。You can also enter a Device name for your new device.
  3. [デバイス テンプレート] として [Water Quality Monitor](水質のモニタリング) を選択します。Select Water Quality Monitor as the Device template.
  4. シミュレートされたデバイスを作成したい場合は、 [このデバイスをシミュレートしますか?][はい] に設定されていることを確認します。Make sure the Simulate this device is set to Yes if you want to create a simulated device.
  5. [作成] を選択しますSelect Create.

ルールを探索して構成するExplore and configure rules

Azure IoT Central では、デバイス テレメトリを自動的に監視するルールを作成できます。In Azure IoT Central, you can create rules that automatically monitor device telemetry. これらのルールは、いずれかの条件が満たされたときにアクションをトリガーします。These rules trigger an action when any of their conditions are met. 実行できる 1 つのアクションとして、電子メール通知の送信があります。One possible action is to send email notifications. それ以外には、Power Automate アクションや、他のサービスにデータを送信する Webhook アクションなどが可能です。Other possibilities include a Power Automate action or a webhook action to send data to other services.

作成した水質のモニタリング アプリケーションには、2 つの事前構成済みのルールがあります。The water quality monitoring application you created has two preconfigured rules.

ルールを表示するView rules

  1. アプリケーションの一番左のペインで [ルール] を選択します。Select Rules on the leftmost pane of your application.

    ルール

  2. [High pH alert](高 pH アラート) を選択します。これは、アプリケーションに事前構成されたルールの 1 つです。Select High pH alert, which is one of the preconfigured rules in the application.

    高 pH アラート ルール

    [High pH alert](高 pH アラート) ルールは、酸性度 (pH) の条件が 8 を超えていることを確認するために構成されています。The High pH alert rule is configured to check the condition of acidity (pH) being greater than 8.

次に、ルールにメール アクションを追加します。Next, add an email action to the rule:

  1. [+ Email](+ メール) を選択します。Select + Email.
  2. [表示名] ボックスに、「High pH alert」と入力します。In the Display name box, enter High pH alert.
  3. [宛先] ボックスに、Azure IoT Central アカウントに関連付けられているメール アドレスを入力します。In the To box, enter the email address associated with your Azure IoT Central account.
  4. 必要に応じて、メールのテキストに含めるメモを入力します。Optionally, enter a note to include in the text of the email.
  5. [完了] を選択して、アクションを完了します。Select Done to complete the action.
  6. ルールを [有効] に設定し、 [保存] を選択します。Set the rule to Enabled and select Save.

構成された条件が満たされると、数分以内にメールを受信するはずです。Within a few minutes, you should receive email when the configured condition is met.

注意

アプリケーションから、条件が満たされるたびにメールが送信されます。The application sends email each time a condition is met. ルールからの自動電子メールの受信を停止する場合は、そのルールの [Disable](無効にする) を選択します。Select Disable for a rule to stop receiving automated email from that rule.

新しいルールを作成するには、アプリケーションの一番左のペインで [ルール] を選択し、 [+ 新規] を選択します。To create a new rule, select Rules on the leftmost pane of your application and then select +New.

ジョブの構成Configure jobs

Azure IoT Central のジョブを使用すると、デバイスに対する、または複数のデバイスのクラウド プロパティに対する更新をトリガーできます。With Azure IoT Central jobs, you can trigger updates to device or cloud properties on multiple devices. また、ジョブを使用して、複数のデバイス上でデバイス コマンドをトリガーすることもできます。You can also use jobs to trigger device commands on multiple devices. Azure IoT Central によって、ワークフローが自動化されます。Azure IoT Central automates the workflow for you.

  1. アプリケーションの一番左のペインで [ジョブ] を選択します。Select Jobs on the leftmost pane of your application.
  2. [+ 新しいジョブ] を選択し、1 つまたは複数のジョブを構成します。Select +New job and configure one or more jobs.

アプリケーションのカスタマイズCustomize your application

ビルダーとして、いくつかの設定を変更して、アプリケーションでのユーザー エクスペリエンスをカスタマイズできます。As a builder, you can change several settings to customize the user experience in your application.

  1. [管理] > [アプリケーションのカスタマイズ] を選択します。Select Administration > Customize your application.

  2. [タイトル ロゴ][変更] を選択し、ロゴとしてアップロードする画像を選択します。Under Masthead logo, select Change to choose the image to upload as the logo.

  3. [Browser icon](ブラウザー アイコン)[変更] を選択し、ブラウザーのタブに表示される画像を選択します。Under Browser icon, select Change to choose the image that appears on browser tabs.

  4. [ブラウザーの色] で、既定値を HTML 16 進数のカラー コードで置き換えることができます。Under Browser colors, you can replace the default values with HTML hexadecimal color codes.

    アプリケーションのカスタマイズ

アプリケーション イメージを更新するUpdate the application image

  1. [管理] > <自分のアプリケーション> を選択します。Select Administration > Your application.

  2. [変更] を選択して、アプリケーションの画像としてアップロードする画像を選択します。Select Change to choose an image to upload as the application image.

リソースをクリーンアップするClean up resources

アプリケーションを引き続き使用しない場合は、次の手順でアプリケーションを削除します。If you're not going to continue to use your application, delete the application with the following steps:

  1. アプリケーションの一番左のペインで [Administration](管理) タブを開きます。Open the Administration tab on the leftmost pane of your application.

  2. [お客様のアプリケーション] を選択し、 [削除] ボタンを選択します。Select Your application and select the Delete button.

    アプリケーションを削除する

次のステップNext steps

  • 項目ごとに詳しい情報を確認できます。Learn more about