デバイス テンプレートを設定するSet up a device template

注意

現在、元の IoT Central のドキュメントを表示しています。You're currently viewing the original IoT Central documentation. 更新された "プレビュー機能" のドキュメントについては、「Azure IoT Central (プレビュー機能) とは」を参照してください。To view the updated preview features documentation go to What is Azure IoT Central (preview features)?.

デバイス テンプレートは、Azure IoT Central アプリケーションに接続するデバイスの種類の、特性と動作を定義するブループリントです。A device template is a blueprint that defines the characteristics and behaviors of a type of device that connects to an Azure IoT Central application.

たとえばビルダーでは、次の機能を持つ、接続されたファン用のデバイス テンプレートを作成できます。For example, a builder can create a device template for a connected fan that has the following characteristics:

  • 温度テレメトリの測定Temperature telemetry measurement
  • 場所の測定Location measurement
  • ファン モーター エラー イベントの測定Fan motor error event measurement
  • ファン動作状態の測定Fan operating state measurement
  • ファン速度の設定Fan speed setting
  • アラートを送信するルールRules that send alerts
  • デバイスの全体像を把握できるダッシュボードDashboard that gives you an overall view of the device

オペレーターはこのデバイス テンプレートから、fan-1fan-2 などの名前で、実際のファン デバイスを作成して接続できます。From this device template, an operator can create and connect real fan devices with names such as fan-1 and fan-2. これらのファンはすべて、測定、設定、プロパティ、ルール、およびアプリケーションのユーザーが監視と管理を行えるダッシュボードを備えています。All these fans have measurements, settings, properties, rules, and a dashboard that users of your application can monitor and manage.

注意

デバイス テンプレートの作成、編集、および削除が可能なのは、ビルダーと管理者のみです。Only builders and administrators can create, edit, and delete device templates. [Device Explorer] ページの既存のデバイス テンプレートからは、すべてのユーザーがデバイスを作成できます。Any user can create devices on the Device Explorer page from existing device templates.

デバイス テンプレートを作成するCreate a device template

  1. [デバイス テンプレート] ページに移動します。Navigate to the Device Templates page.

  2. テンプレートを作成するには、 [+新規] を選択して開始します。To create a template, start by selecting +New.

  3. すばやく開始するには、作成済みの既存のテンプレートから選択します。To get started quickly, choose from the existing pre-built templates. それ以外の場合は、 [カスタム] を選択して名前を入力し、 [作成] をクリックして独自のテンプレートを最初から作成します。Otherwise, select Custom, enter a name, and click Create to build your own template from scratch.

    デバイス テンプレート ライブラリ

  4. カスタム テンプレートの作成時に、新しいデバイス テンプレートの [デバイスの詳細] ページが表示されます。When you create a custom template, you see the Device Details page for your new device template. デバイス テンプレートを作成すると、シミュレートされたデバイスが自動的に作成されます。IoT Central automatically creates a simulated device when you create a device template. シミュレートされたデバイスを使用して、実デバイスを接続する前に、アプリケーションの動作をテストできます。A simulated device lets you test the behavior of your application before you connect a real device.

次のセクションでは、 [デバイス テンプレート] ページの各タブについて説明します。The following sections describe each of the tabs on the Device Template page.

測定Measurements

測定値は、デバイスから到着するデータです。Measurements are the data that comes from your device. デバイスの機能と一致するように、複数の測定値をデバイス テンプレートに追加できます。You can add multiple measurements to your device template to match the capabilities of your device.

  • [Telemetry](テレメトリ) の測定値は、デバイスが時間の経過と共に収集した数値データ ポイントです。Telemetry measurements are the numerical data points that your device collects over time. 連続するストリームとして表されます。They're represented as a continuous stream. たとえば、温度です。An example is temperature.
  • [Event](イベント) の測定値は、デバイス上の何らかの重要性を表す特定の時点のデータです。Event measurements are point-in-time data that represents something of significance on the device. 重大度は、イベントの重要度を表します。A severity level represents the importance of an event. たとえば、ファン モーターのエラーです。An example is a fan motor error.
  • [状態] の測定値は、一定期間にわたるデバイスまたはそのコンポーネントの状態を表します。State measurements represent the state of the device or its components over a period of time. たとえば、Operating (動作中) と Stopped (停止) という 2 つの状態があるファン モードを定義できます。For example, a fan mode can be defined as having Operating and Stopped as the two possible states.
  • [場所] の測定は、ある期間にわたるデバイスの緯度と経度の座標です。Location measurements are the longitude and latitude coordinates of the device over a period of time in. たとえば、ファンをある場所から別の場所に移動できます。For example, a fan can be moved from one location to another.

テレメトリの測定を作成するCreate a telemetry measurement

新しいテレメトリ測定を追加するには、 [+ 新しい測定] を選択し、測定タイプとして [テレメトリ] を選択して、フォームに詳細を入力します。To add a new telemetry measurement, select + New Measurement, choose Telemetry as the measurement type, and enter the details on the form.

注意

実デバイスが接続されたときにテレメトリ測定がアプリケーションに表示されるようにするには、デバイス テンプレート内のフィールド名が、対応するデバイス コード内のプロパティ名と一致する必要があります。The field names in the device template must match the property names in the corresponding device code in order for the telemetry measurement to be displayed in the application when a real device is connected. 下記のセクションでデバイス テンプレートの定義を続行する際には、設定、デバイス プロパティ、およびコマンドの構成時に同じことを行ってください。Do the same when you configure settings, device properties, and commands as you continue to define the device template in the following sections.

たとえば、新しい温度テレメトリ測定を追加できます。For example, you can add a new temperature telemetry measurement:

表示名Display Name フィールド名Field Name UnitsUnits MinMin maxMax
気温Temperature temptemp degCdegC 00 100100

温度測定の詳細が表示された [Create Telemetry](テレメトリの作成) フォーム

[Save](保存) を選択すると、測定の一覧に [Temperature](温度) の測定が表示されます。After you select Save, the Temperature measurement appears in the list of measurements. しばらくすると、シミュレートされたデバイスからの温度データが視覚化されます。In a short while, you see the visualization of the temperature data from the simulated device.

テレメトリを表示するときに、次の集計オプションから選択できます。平均、最小、最大、合計、カウント。When displaying telemetry, you can choose from the following aggregation options: Average, Minimum, Maximum, Sum, and Count. グラフの既定の集計として、 [平均] が選択されています。Average is selected as the default aggregation on the chart.

注意

テレメトリ測定のデータ型は浮動小数点数です。The data type of the telemetry measurement is a floating point number.

イベントの測定を作成するCreate an event measurement

新しいイベントの測定を追加するには、 [+ 新しい測定] を選択し、測定タイプとして [イベント] を選択します。To add a new event measurement, select + New Measurement and select Event as the measurement type. [イベントの作成] フォームで詳細を入力します。Enter the details on the Create Event form.

イベントの [Display Name](表示名)[Field Name](フィールド名)[Severity](重大度) の詳細を入力します。Provide the Display Name, Field Name, and Severity details for the event. 次の 3 つの重大度レベルから選択できます: [エラー][警告][情報]You can choose from the three available levels of severity: Error, Warning, and Information.

たとえば、新しい "Fan Motor Error" (ファン モーター エラー) イベントを追加できます。For example, you can add a new Fan Motor Error event.

表示名Display Name フィールド名Field Name 既定の重要度Default Severity
Fan Motor ErrorFan Motor Error fanmotorerrorfanmotorerror ErrorError

ファン モーター イベントの詳細が表示された [Create Event](イベントの作成) フォーム

[Save](保存) を選択すると、測定の一覧に [Fan Motor Error](ファン モーター エラー) の測定が表示されます。After you select Save, the Fan Motor Error measurement appears in the list of measurements. しばらくすると、シミュレートされたデバイスからのイベント データが視覚化されます。In a short while, you see the visualization of the event data from the simulated device.

イベントに関する詳細を表示するには、グラフ上のイベント アイコンを選択します。To view more details about an event, select the event icon on the chart:

"Fan Motor Error" (ファン モーター エラー) イベントの詳細

注意

イベント測定のデータ型は文字列です。The data type of the event measurement is string.

状態の測定を作成するCreate a state measurement

新しい状態の測定を追加するには、 [+ 新しい測定] ボタンを選択し、測定タイプとして [状態] を選択します。To add a new state measurement, select the + New Measurement button and select State as the measurement type. [状態の作成] フォームで詳細を入力します。Enter the details on the Create State form.

状態の [Display Name](表示名)[Field Name](フィールド名) 、および [Values](値) の詳細を入力します。Provide the details for Display Name, Field Name, and Values of the state. それぞれの値には、グラフやテーブルに値を表示するときに使用される表示名を付けることもできます。Each value can also have a display name that will be used when the value appears in charts and tables.

たとえば、デバイスが送信できる Operating (動作中) と Stopped (停止) という 2 つの値がある新しい "Fan Mode" (ファン モード) 状態を追加できます。For example, you can add a new Fan Mode state that has two possible values that the device can send, Operating and Stopped.

表示名Display Name フィールド名Field Name 値 1Value 1 表示名Display Name 値 2Value 2 表示名Display Name
Fan ModeFan Mode fanmodefanmode 11 運転中Operating 00 停止済みStopped

ファン モードの詳細が表示された [Edit State](状態の編集)

[Save](保存) を選択すると、測定の一覧に [Fan Mode](ファン モード) の状態の測定が表示されます。After you select Save, the Fan Mode state measurement appears in the list of measurements. しばらくすると、シミュレートされたデバイスからの状態データが視覚化されます。In a short while, you see the visualization of the state data from the simulated device.

短期間にデバイスから送信されたデータ ポイントが多すぎる場合、状態の測定は、異なるビジュアルで表示されます。If the device sends too many data points in a small duration, the state measurement appears with a different visual. グラフを選択すると、その期間内のすべてのデータ ポイントが、時系列に表示されます。Select the chart to view all the data points within that time period in chronological order. 時間の範囲を狭くしても、グラフにプロットされる測定を表示できます。You can also narrow down the time range to see the measurement plotted on the chart.

注意

状態測定のデータ型は文字列です。The data type of the state measurement is string.

場所の測定を作成するCreate a location measurement

新しい場所の測定を追加するには、 [+ 新しい測定] を選択し、測定の種類として [場所] を選択して、 [Create Measurement](測定の作成) フォームに詳細を入力します。To add a new location measurement, select + New Measurement, choose Location as the measurement type, and enter the details on the Create Measurement form.

たとえば、新しい場所テレメトリ測定を追加できます。For example, you can add a new location telemetry measurement:

表示名Display Name フィールド名Field Name
資産の場所Asset Location assetlocassetloc

場所の測定の詳細が表示された [Create Location](場所の作成) フォーム

[保存] を選択すると、測定の一覧に [場所] の測定が表示されます。After you select Save, the Location measurement appears in the list of measurements. しばらくすると、シミュレートされたデバイスからの場所データが視覚化が表示されます。In a short while, you see the visualization of the location data from the simulated device.

場所が表示されるときに、最新の場所と場所の履歴のオプションから選択できます。When displaying location, you can choose from the following options: latest location and location history. 場所の履歴は、選択した時間範囲にのみ適用されます。Location history is only applied over the selected time range.

場所の測定のデータ型は、経度、緯度、および省略可能な高度を含むオブジェクトです。The data type of the location measurement is an object that contains longitude, latitude, and an optional altitude. 次のスニペットは、JavaScript の構造を示しています。The following snippet shows the JavaScript structure:

assetloc: {
  lon: floating point number,
  lat: floating point number,
  alt?: floating point number
}

実デバイスが接続されると、測定として追加した場所が、デバイスから送信された値で更新されます。Once the real device is connected, the location you added as a measurement is updated with the value sent by the device. 場所の測定を構成したら、デバイス ダッシュボードでマップを追加して場所を視覚化できます。After you've configured your location measurement, you can add a map to visualize the location in the device dashboard.

設定Settings

設定はデバイスを制御します。Settings control a device. これらにより、オペレーターは、デバイスに入力を提供できるようになります。They enable operators to provide inputs to the device. オペレーターが使用する [設定] タブにタイルとして表示されるデバイス テンプレートには、複数の設定を追加できます。You can add multiple settings to your device template that appear as tiles on the Settings tab for operators to use. 追加できる設定にはさまざまな種類があります (数値、テキスト、日付、トグル、およびセクション ラベル)。You can add many types of settings: number, text, date, toggle, and section label.

設定は、3 つの状態のいずれかにできます。Settings can be in one of three states. デバイスからは次の状態が報告されます。The device reports these states.

  • 同期済み:デバイスは設定値を反映するように変わりました。Synced: The device has changed to reflect the setting value.

  • Pending: デバイスは現在、設定値に変わろうとしています。Pending: The device is currently changing to the setting value.

  • エラー: デバイスはエラーを返しました。Error: The device has returned an error.

たとえば、 [設定] を選択し、新しい数値設定で次のように入力すれば、新しいファン速度の設定を追加できます。For example, you can add a new fan speed setting by selecting Settings and entering in the new Number setting:

表示名Display Name フィールド名Field Name UnitsUnits 10 進数Decimals InitialInitial
ファン速度Fan Speed fanSpeedfanSpeed RPMRPM 22 00

速度設定の詳細が表示された [Configure Number](数値の構成) フォーム

[保存] を選択すると、ファン速度の設定がタイルとして表示されます。After you select Save, the Fan Speed setting appears as a tile. オペレーターは、Device Explorer ページの設定を使用して、デバイスのファン速度を変更できます。An operator can use the setting on the Device Explorer page to change the fan speed of the device.

propertiesProperties

プロパティは、固定されたデバイスの場所やシリアル番号など、デバイスに関連付けられているメタデータです。Properties are metadata that's associated with the device, such as a fixed device location and serial number. デバイス テンプレートに複数のプロパティを追加すると、 [プロパティ] タブのタイルとして表示されます。プロパティは、数値、テキスト、日付、切り替え、デバイス プロパティ、ラベル、固定された場所などの型を持ちます。Add multiple properties to your device template that appear as tiles on the Properties tab. A property has a type such as number, text, date, toggle, device property, label, or a fixed location. オペレーターは、デバイスを作成するときにプロパティの値を指定し、これらの値をいつでも編集できます。An operator specifies the values for properties when they create a device, and they can edit these values at any time. デバイス プロパティは読み取り専用で、デバイスからアプリケーションに送信されます。Device properties are read-only and are sent from the device to the application. オペレーターは、デバイスのプロパティを変更できません。An operator can't change device properties. 実デバイスを接続すると、デバイスのプロパティ タイルがアプリケーションで更新されます。When a real device connects, the device property tile updates in the application.

プロパティには 2 つのカテゴリがあります。There are two categories of properties:

  • "デバイス プロパティ" は、デバイスから IoT Central アプリケーションに報告されます。Device properties that the device reports to the IoT Central application. デバイス プロパティは、デバイスによって報告される読み取り専用の値であり、実デバイスが接続されたときにアプリケーション内で更新されます。Device properties are read-only values reported by the device and are updated in the application when a real device is connected.
  • "アプリケーション プロパティ" は、アプリケーションに保存されるプロパティであり、オペレーターが編集できます。Application properties that are stored in the application and can be edited by the operator. アプリケーション プロパティは、アプリケーションにのみ格納され、デバイスから見られることはありません。Application properties are only stored in the application and are never seen by a device.

たとえば、 [プロパティ] タブで、デバイスの前回のサービス日を新しい日付プロパティ (アプリケーションのプロパティ) として追加できます。For example, you can add the last serviced date for the device as a new Date property (an application property) on the Properties tab:

表示名Display Name フィールド名Field Name 初期値Initial Value
Last servicedLast serviced lastServicedlastServiced 2019/01/2901/29/2019

[プロパティ] タブの "Last serviced 構成" フォーム

[保存] を選択すると、デバイスの最終サービス日がタイルとして表示されます。After you select Save, the last serviced date for the device appears as a tile.

タイルの作成後に、Device Explorer でアプリケーション プロパティの値を変更できます。After you create the tile, you can change the application property value in the Device Explorer.

場所プロパティを作成するCreate a location property

Azure IoT Central 内で場所データに地理的コンテキストを追加し、緯度と経度の座標または番地をマッピングすることができます。You can give geographic context to your location data in Azure IoT Central and map any latitude and longitude coordinates or a street address. IoT Central の Azure Maps でこの機能を使用できます。Azure Maps enables this capability in IoT Central.

追加できる場所プロパティは 2 種類あります。You can add two types of location properties:

  • アプリケーション プロパティとしての場所は、アプリケーション内に保存されます。Location as an application property, which is stored in the application. アプリケーション プロパティは、アプリケーションにのみ格納され、デバイスから見られることはありません。Application properties are only stored in the application and are never seen by a device.
  • デバイス プロパティとしての場所は、デバイスからアプリケーションに報告されます。Location as a device property, which the device reports to the application. この種類のプロパティは、静的な場所に適しています。This type of property is best used for a static location.

注意

プロパティとしての場所では、履歴が記録されません。Location as a property does not record a history. 履歴が必要な場合は、場所の測定を使用します。If history is desired, use a location measurement.

場所をアプリケーション プロパティとして追加するAdd location as an application property

Azure IoT Central アプリケーション内で Azure Maps を使用することで、場所プロパティをアプリケーション プロパティとして作成することができます。You can create a location property as an application property by using Azure Maps in your IoT Central application. たとえば、デバイスの設置場所の住所を追加できます。For example, you can add the device installation address:

  1. [プロパティ] タブに移動します。Navigate to the Properties tab.

  2. ライブラリで [場所] を選択します。In the library, select Location.

  3. 場所の表示名フィールド名、および (省略可能) 初期値を構成します。Configure Display Name, Field Name, and (optionally) Initial Value for the location.

    表示名Display Name フィールド名Field Name 初期値Initial Value
    Installation addressInstallation address installAddressinstallAddress Microsoft, 1 Microsoft Way, Redmond, WA 98052Microsoft, 1 Microsoft Way, Redmond, WA 98052

    場所の詳細が表示された [Configure Location](場所の構成)

    場所を追加する形式は 2 つあります。There are two supported formats to add a location:

    • 住所としての場所Location as an address
    • 座標としての場所Location as coordinates
  4. [保存] を選択します。Select Save. オペレーターは、Device Explorer で場所の値を更新できます。An operator can update the location value in the Device Explorer.

デバイス プロパティとして場所を追加するAdd location as a device property

場所プロパティは、デバイスから報告されるデバイス プロパティとして作成できます。You can create a location property as a device property that the device reports. たとえば、デバイスの場所を追跡する場合です。For example, if you want to track the device location:

  1. [プロパティ] タブに移動します。Navigate to the Properties tab.

  2. ライブラリから [Device Property](デバイス プロパティ) を選択します。Select Device Property from the library.

  3. 表示名とフィールド名を構成し、データの種類として [場所] を選択します。Configure the display name and field name, and select Location as the data type:

    表示名Display Name フィールド名Field Name データ型Data Type
    デバイスの場所Device location deviceLocationdeviceLocation locationlocation

    注意

    フィールド名は、対応するデバイス コード内のプロパティ名と一致する必要がありますThe field names must match the property names in the corresponding device code

    場所の詳細が表示された [Configure Device Properties](デバイス プロパティの構成) フォーム

実デバイスが接続されると、デバイス プロパティとして追加した場所が、デバイスから送信された値で更新されます。Once the real device is connected, the location you added as a device property is updated with the value sent by the device. 場所プロパティを構成すると、デバイス ダッシュボードでマップを追加して場所を視覚化できます。After you've configured your location property, you can add a map to visualize the location in the device dashboard.

commandCommands

コマンドは、デバイスのリモート管理に使用されます。Commands are used to remotely manage a device. オペレーターは、デバイスに対してコマンドを実行できます。They enable operators to run commands on the device. オペレーターが使用する [Commands](コマンド) タブにタイルとして表示されるデバイス テンプレートには、複数のコマンドを追加できます。You can add multiple commands to your device template that appear as tiles on the Commands tab for operators to use. デバイスのビルダーは、要件に応じて柔軟にコマンドを定義できます。As the builder of the device, you have the flexibility to define commands according to your requirements.

コマンドと設定の違いは次のとおりです。How is a command different from a setting?

  • 設定:設定は、デバイスに適用する構成です。Setting: A setting is a configuration that you want to apply to a device. 変更するまで、構成はデバイスで保持されます。You want the device to persist that configuration until you change it. たとえば、フリーザーの温度を設定して、フリーザーを再起動してもその設定を維持する場合があります。For example, you want to set the temperature of your freezer, and you want that setting even when the freezer restarts.

  • コマンド:コマンドは、IoT Central からリモートでデバイスに対してすぐにコマンドを実行する場合に使用します。Command: You use commands to instantly run a command on the device remotely from IoT Central. デバイスが接続されていない場合、コマンドはタイムアウトして失敗します。If a device isn't connected, the command times out and fails. たとえば、デバイスを再起動するとします。For example, you want to restart a device.

たとえば、 [コマンド] タブを選択し、 [+ 新しいコマンド] を選択して、新しいコマンドの詳細を入力することで、新しい Echo コマンドを追加できます。For example, you can add a new Echo command by selecting the Commands tab, then selecting + New Command, and entering the new command details:

表示名Display Name フィールド名Field Name [Default Timeout](既定のタイムアウト)Default Timeout データ型Data Type
Echo CommandEcho Command echoecho 3030 texttext

Echo の詳細が表示された [Configure Command](コマンドの構成) フォーム

[保存] を選択すると、Echo コマンドがタイルとして表示されて、実デバイスを接続すると Device Explorer から使用できる状態になります。After you select Save, the Echo command appears as a tile and is ready to be used from the Device Explorer when your real device connects. コマンドを正常に実行するには、コマンドのフィールド名が、対応するデバイス コード内のプロパティ名と一致する必要があります。The field names of your command must match the property names in the corresponding device code in order for commands to run successfully.

サンプル C デバイス コードのリンクはこちらです。Here is link to sample C device code.

ルールRules

オペレーターはルールによって、ほぼリアルタイムにデバイスを監視できます。Rules enable operators to monitor devices in near real time. ルールは、ルールがトリガーされたときに電子メールを送信するなどのアクションを自動的に呼び出します。Rules automatically invoke actions such as sending an email when the rule is triggered. 現在使用できるルールの種類は 1 つです。One type of rule is available today:

  • テレメトリ ルールは、選択したデバイスのテレメトリが、指定したしきい値を超えたときにトリガーされます。Telemetry rule, which is triggered when the selected device telemetry crosses a specified threshold. テレメトリ ルールの詳細については、こちらを参照してください。Learn more about telemetry rules.

ダッシュボードDashboard

ダッシュボードは、オペレーターがアクセスして、デバイスに関する情報を参照する場所です。The dashboard is where an operator goes to see information about a device. ビルダーは、デバイスがどのように動作しているかをオペレーターが理解する助けになるタイルをこのページに追加します。As a builder, you add tiles to this page to help operators understand how the device is behaving. 追加できるダッシュボード タイルにはさまざまな種類があります (画像、折れ線グラフ、棒グラフ、主要業績評価指標 (KPI)、設定、プロパティ、およびラベル)。You can add many types of dashboard tiles such as image, line chart, bar chart, key performance indicator (KPI), settings and properties, and label.

たとえば、 [ダッシュボード] タブを選択してライブラリからタイルを選択することで、 [設定とプロパティ] タイルを追加して、設定とプロパティの現在の値の選択を表示できます。For example, you can add a Settings and Properties tile to show a selection of the current values of settings and properties by selecting the Dashboard tab and the tile from the Library:

設定とプロパティの詳細が表示された [Configure Device Details](デバイスの詳細の構成) フォーム

Device Explorer でダッシュボードを表示すると、タイルを表示できるようになります。Now when an operator views the dashboard in the Device Explorer, they can see the tile.

ダッシュボードで場所の測定を追加するAdd a location measurement in the dashboard

場所の測定を構成した場合、デバイス ダッシュボードのマップを使用して場所を視覚化することができます。If you configured a location measurement, you can visualize the location with a map in your device dashboard. 場所の測定には、場所の履歴をプロットするオプションがあります。For location measurements, you have the option to plot the location history.

  1. [ダッシュボード] タブに移動します。Navigate to the Dashboard tab.

  2. デバイス ダッシュボードでライブラリから [Map](マップ) を選択します。On the device dashboard, select Map from the library.

  3. マップのタイトルを設定します。Give the map a title. 次の例には、Device Current Location (デバイスの現在位置) というタイトルが付けられています。The following example has the title Device Current Location. 次に、前に [測定] タブで構成した場所の測定を選択します。次の例では、資産の場所の測定が選択されています。Then choose the location measurement that you previously configured on the Measurements tab. In the following example, the Asset Location measurement is selected:

    タイトルとプロパティの詳細が表示された [Configure Map](マップの構成) フォーム

  4. [保存] を選択します。Select Save. [Map](マップ) タイルに選択した場所が表示されるようになりました。The map tile now displays the location that you selected.

マップ タイルのサイズを変更することができます。You can resize the map tile. オペレーターが Device Explorer でダッシュボードを表示すると、場所マップを含め、構成したすべてのダッシュボード タイルを見ることができます。When an operator views the dashboard in the Device Explorer, all the dashboard tiles that you've configured, including a location map are visible.

ダッシュボードで場所のプロパティを追加するAdd a location property in the dashboard

場所のプロパティを構成した場合は、デバイス ダッシュボードのマップを使用して場所を視覚化できます。If you configured a location property, you can visualize the location with a map in your device dashboard.

  1. [ダッシュボード] タブに移動します。Navigate to the Dashboard tab.

  2. デバイス ダッシュボードでライブラリから [Map](マップ) を選択します。On the device dashboard, select Map from the library.

  3. マップのタイトルを設定します。Give the map a title. 次の例には、Device Current Location (デバイスの現在位置) というタイトルが付けられています。The following example has the title Device Current Location. 次に、前に [プロパティ] タブで構成した場所プロパティを選択します。次の例では、デバイスの場所の測定が選択されています。Then choose the location property that you previously configured on the Properties tab. In the following example, the Device Location measurement is selected:

    タイトルとプロパティの詳細が表示された [Configure Map](マップの構成) フォーム

  4. [保存] を選択します。Select Save. [Map](マップ) タイルに選択した場所が表示されるようになりました。The map tile now displays the location that you selected.

マップ タイルのサイズを変更することができます。You can resize the map tile. オペレーターが Device Explorer でダッシュボードを表示すると、場所マップを含め、構成したすべてのダッシュボード タイルを見ることができます。When an operator views the dashboard in the Device Explorer, all the dashboard tiles that you've configured, including a location map are visible.

Azure IoT Central でタイルを使用する方法の詳細については、「ダッシュボード タイルの使用」を参照してください。To learn more about how to use tiles in Azure IoT Central, see Use dashboard tiles.

次の手順Next steps

ここでは、Azure IoT Central アプリケーションでデバイス テンプレートを設定する方法について説明しました。次の手順に進むことができます。Now that you've learned how to set up a device template in your Azure IoT Central application, you can: