Azure IoT Central アプリケーションの作成Create an Azure IoT Central application

"ビルダー" は、Azure IoT Central の UI を使用して、Microsoft Azure IoT Central アプリケーションを定義します。As a builder, you use the Azure IoT Central UI to define your Microsoft Azure IoT Central application. このクイック スタートでは、サンプル "デバイス テンプレート" およびシミュレートされた "デバイス" を含んだ Azure IoT Central アプリケーションを作成する方法について説明します。This quickstart shows you how to create an Azure IoT Central application that contains a sample device template and simulated devices.

アプリケーションの作成Create an application

Azure IoT Central の [Application Manager](アプリケーション マネージャー) ページに移動します。Navigate to the Azure IoT Central Application Manager page. Microsoft 個人アカウントか、職場または学校のアカウントを使用してサインインする必要があります。You will need to sign in with a Microsoft personal or work or school account.

新しい Azure IoT Central アプリケーションの作成を開始するには、[New Application](新しいアプリケーション) を選択します。To start creating a new Azure IoT Central application, select New Application. これで、[アプリケーションの作成] ページに移動します。This takes you to the Create Application page.

Azure IoT Central の [Create Application](アプリケーションの作成) ページ

新しい Azure IoT Central アプリケーションを作成するには:To create a new Azure IoT Central application:

  1. 以下の支払プランを選択します。Choose a payment plan:

    • 試用版アプリケーションは、有効期限が切れるまでの 7 日間は無料となります。Trial applications are free for 7 days before they expire. 有効期限内で、いつでも従量課金制に変更することができます。They can be converted to Pay-As-You-Go at any time before they expire. 試用版アプリケーションを作成する場合は、連絡先情報を入力し、Microsoft から情報やヒントを受信するかどうかを選択します。If you create a Trial application, you need to enter your contact information and choose whether to receive information and tips from Microsoft.

    • 従量課金制アプリケーションは、デバイスごとに課金され、最初の 5 個のデバイスは無料です。Pay-As-You-Go applications are charged per device, with the first 5 devices free. 従量課金制アプリケーションを作成する場合は、"ディレクトリ"、"Azure サブスクリプション"、および "リージョン" を選択する必要があります。If you create a Pay-As-You-Go application, you need to select your Directory, Azure Subscription, and Region:

      • "ディレクトリ" は、アプリケーションを作成する Azure Active Directory (AD) です。Directory is the Azure Active Directory (AD) to create your application. ユーザー ID、資格情報、およびその他の組織情報が含まれています。It contains user identities, credentials, and other organizational information. Azure AD を持っていない場合は、Azure サブスクリプションを作成するときに自動的に作成されます。If you don’t have an Azure AD, one is created for you when you create an Azure subscription.
      • "Azure サブスクリプション" を使用すると、Azure サービスのインスタンスを作成できます。An Azure Subscription enables you to create instances of Azure services. IoT Central では、リソースがサブスクリプション内にプロビジョニングされます。IoT Central will provision resources in your subscription. Azure サブスクリプションがない場合は、Azure サインアップ ページで作成できます。If you don’t have an Azure subscription, you can create one on the Azure sign-up page. Azure サブスクリプションを作成したら、[アプリケーションの作成] ページに戻ります。After you create the Azure subscription, navigate back to the Create Application page. 新しいサブスクリプションが [Azure サブスクリプション] ドロップダウンに表示されます。Your new subscription appears in the Azure Subscription drop-down.
      • "リージョン" は、アプリケーションを作成する物理的な場所です。Region is the physical location where you’d like to create your application. 通常は、最適なパフォーマンスを得るために、デバイスに物理的に最も近いリージョンを選択する必要があります。Azure IoT Central を利用可能なリージョンは、「リージョン別の利用可能な製品」ページで確認できます。Typically, you should choose the region that is physically closest to your devices to get optimal performance.You can see the regions in which Azure IoT Central is available on the Products available by region page. いったんリージョンを選択すると、後でアプリケーションを別のリージョンに移動することはできません。Once you choose a region, you can't later move your application to a different region.

      価格の詳細については、Azure IoT Central の価格に関するページを参照してください。Learn more about pricing on the Azure IoT Central pricing page.

  2. わかりやすいアプリケーション名を選びます (Contoso IoT など)。Choose a friendly application name, such as Contoso IoT. Azure IoT Central によって、一意の URL プレフィックスが自動的に生成されます。Azure IoT Central generates a unique URL prefix for you. この URL プレフィックスは、もっと覚えやすいものに変更することができます。You can change this URL prefix to something more memorable.

  3. アプリケーション テンプレートを選択します。Choose an application template. アプリケーション テンプレートには、使用開始に役立つデバイス テンプレートやダッシュボードなどの事前に定義された項目を含めることができます。An application template can contain predefined items such as device templates and dashboards to help you get started.

    アプリケーション テンプレートApplication template 説明Description
    サンプル ContosoSample Contoso Refrigerated Vending Machine 用に既に作成したデバイス テンプレートを含むアプリケーションを作成します。Creates an application that includes a device template already created for a Refrigerated Vending Machine. このテンプレートは、Azure IoT Central の調査を開始するために使用します。Use this template to get started exploring Azure IoT Central.
    サンプル DevkitSample Devkits MXChip または Raspberry Pi デバイスを接続するための準備ができたデバイス テンプレートを含むアプリケーションを作成します。Creates an application with device templates ready for you to connect an MXChip or Raspberry Pi device. このテンプレートは、これらのいずれかのデバイスで実験しているデバイス開発者が使用します。Use this template if you are a device developer experimenting with any of these devices.
    カスタム アプリケーションCustom application 独自のデバイス テンプレートおよびデバイスにデータを入力するための空のアプリケーションを作成します。Creates an empty application for you to populate with your own device templates and devices.
  4. 作成 を選択します。Select Create.

次の手順Next steps

このクイック スタートでは、IoT Central アプリケーションを作成しました。In this quickstart, you created an IoT Central application. 推奨される次の手順は、以下のとおりです。Here's the suggested next step: