チュートリアル:Azure IoT Central アプリケーションで新しいデバイスの種類を定義するTutorial: Define a new device type in your Azure IoT Central application

このチュートリアルでは、作成者向けに、デバイス テンプレートを使用して、Microsoft Azure IoT Central アプリケーションでデバイスの新しい種類を定義する方法について説明します。This tutorial shows you, as a builder, how to use a device template to define a new type of device in your Microsoft Azure IoT Central application. デバイス テンプレートでは、デバイスの種類のテレメトリ、状態、プロパティ、設定を定義します。A device template defines the telemetry, state, properties, and settings for your device type.

実デバイスを接続する前にアプリケーションをテストできるように、IoT Central では、デバイス テンプレートの作成時にデバイス テンプレートからシミュレートされたデバイスを生成します。To enable you to test your application before you connect a real device, IoT Central generates a simulated device from the device template when you create it.

このチュートリアルでは、Connected Air Conditioner デバイス テンプレートを作成します。In this tutorial, you create a Connected Air Conditioner device template. コネクテッド空調デバイスの仕様は、次のとおりです。A connected air conditioner device:

  • 温度や湿度などのテレメトリを送信します。Sends telemetry such as temperature and humidity.
  • オンかオフかなどの状態をレポートします。Reports state such as whether it's on or off.
  • ファームウェア バージョンやシリアル番号などのデバイス プロパティがあります。Has device properties such as firmware version and serial number.
  • 目標温度などの設定があります。Has settings such as target temperature.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • 新しいデバイス テンプレートの作成Create a new device template
  • デバイスへのテレメトリの追加Add telemetry to your device
  • シミュレートされたテレメトリの表示View simulated telemetry
  • イベントの測定の定義Define event measurement
  • シミュレートされたイベントの表示View simulated events
  • 状態の測定の定義Define state measurement
  • シミュレートされた状態の表示View simulated state
  • 設定とプロパティUse settings and properties
  • コマンドの使用Use commands
  • シミュレートされたデバイスのダッシュボード表示View your simulated device in the dashboard

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、Azure IoT Central アプリケーションが必要です。To complete this tutorial, you need an Azure IoT Central application. Azure IoT Central アプリケーションの作成」クイック スタートを完了している場合は、そのクイック スタートで作成したアプリケーションを再利用できます。If you completed the Create an Azure IoT Central application quickstart, you can reuse the application you created in the quickstart. それ以外の場合は、次の手順を実行して、空の Azure IoT Central アプリケーションを作成してください。Otherwise, complete the following steps to create an empty Azure IoT Central application:

  1. Azure IoT Central の [Application Manager](アプリケーション マネージャー) ページに移動します。Navigate to the Azure IoT Central Application Manager page.

  2. Azure サブスクリプションへのアクセスに使用するメール アドレスとパスワードを入力します。Enter the email address and password you use to access your Azure subscription:

    所属組織のアカウントを入力

  3. 新しい Azure IoT Central アプリケーションの作成を開始するには、[New Application](新しいアプリケーション) を選択します。To start creating a new Azure IoT Central application, select New Application:

    Azure IoT Central の [Application Manager](アプリケーション マネージャー) ページ

  4. 新しい Azure IoT Central アプリケーションを作成するには:To create a new Azure IoT Central application:

    • [Trial](試用版) を選択します。Choose Trial. 試用版アプリケーションを作成するのに Azure サブスクリプションは必要ありません。You don't need an Azure subscription to create a Trial application.

      ディレクトリとサブスクリプションの詳細については、アプリケーションの作成のクイック スタートに関するページを参照してください。For more information about directories and subscriptions, see the create an application quickstart.

    • [Custom Application](カスタム アプリケーション) を選択します。Choose Custom Application.

    • 必要に応じて、わかりやすいアプリケーション名を選択することもできます (Contoso Air Conditioners など)。Optionally you can choose a friendly application name, such as Contoso Air Conditioners. Azure IoT Central によって、一意の URL プレフィックスが自動的に生成されます。Azure IoT Central generates a unique URL prefix for you. この URL プレフィックスは、もっと覚えやすいものに変更することができます。You can change this URL prefix to something more memorable.

    • 作成 を選択します。Select Create.

      Azure IoT Central の [Create Application](アプリケーションの作成) ページ

      詳細については、アプリケーションの作成のクイック スタートに関するページをご覧ください。For more information, see the create an application quickstart.

デバイス テンプレートを作成するCreate a device template

作成者は、アプリケーションでデバイス テンプレートを作成および編集できます。As a builder, you can create and edit the device templates in your application. デバイス テンプレートを作成すると、Azure IoT Central により、テンプレートからシミュレートされたデバイスが生成されます。When you create a device template, Azure IoT Central generates a simulated device from the template. シミュレートされたデバイスは、実デバイスを接続する前にアプリケーションの動作をテストできるように、テレメトリを生成します。The simulated device generates telemetry that enables you to test the behavior of your application before you connect a real device.

新しいデバイス テンプレートをアプリケーションに追加するには、[デバイス テンプレート] ページに移動する必要があります。To add a new device template to your application, you need to go to the Device Templates page. そのためには、左側のナビゲーション メニューで [デバイス テンプレート] を選択します。To do so select the Device Templates on the left navigation menu.

[デバイス テンプレート] ページ

デバイス テンプレートの追加Add a device template

次の手順では、アプリケーションに温度テレメトリを送信するデバイス用の新しい Connected Air Conditioner デバイス テンプレートを作成する方法を示します。The following steps show you how to create a new Connected Air Conditioner device template for devices that send temperature telemetry to your application:

  1. [デバイス テンプレート] ページで [+ 新規] を選択します。On the Device Templates page, select + New:

    [デバイス テンプレート] ページ、デバイス テンプレートの作成

  2. ページには選択できるテンプレートが表示されます。The page shows the templates you can choose from.

    デバイス テンプレート ライブラリ

  3. [カスタム] を選択し、デバイス テンプレート名として「Connected Air Conditioner」と入力し、[作成] を選択します。Select the Custom, enter Connected Air Conditioner as the name of your device template, and then select Create. また、Device Explorer で、オペレーターに表示されるデバイスの画像をアップロードすることもできます。You can also upload an image of your device that's visible to operators in the device explorer:

    カスタム デバイス

  4. Connected Air Conditioner デバイス テンプレートで、テレメトリを定義する [Measurements](測定) タブを表示していることを確認します。In the Connected Air Conditioner device template, make sure you're on the Measurements tab where you define the telemetry. 定義する各デバイス テンプレートには複数のタブがあり、次のことができます。Each device template you define has separate tabs for you to:

    • デバイスが送信するテレメトリ、イベント、状態などの "測定" を指定する。Specify the measurements, such as telemetry, event, and state, sent by the device.

    • デバイスを制御するための "設定" を定義する。Define the settings used to control the device.

    • デバイスのメタデータとなる "プロパティ" を定義する。Define the properties that are the device metadata.

    • デバイス上で直接実行される "コマンド" を定義する。Define the commands to be run directly on the device.

    • デバイスに関連付けられた "ルール" を定義する。Define the rules associated with the device.

    • オペレーター用のデバイス "ダッシュボード" をカスタマイズする。Customize the device dashboard for your operators.

      空調機の測定

      注意

      デバイス テンプレートの名前を変更するには、ページの上部にあるテンプレート名を選択します。To change the name of the device template, select the template name at the top of the page.

  5. 温度テレメトリの測定を追加するために、[+ 新しい測定] を選択します。To add the temperature telemetry measurement, select + New Measurement. 次に、測定の種類として [テレメトリ] を選択します。Then choose Telemetry as the measurement type:

    コネクテッド空調機の測定

  6. デバイス テンプレートに対して定義するテレメトリの各種類には、次のような構成オプションがあります。Each type of telemetry you define for a device template includes configuration options such as:

    • 表示オプション。Display options.

    • テレメトリの詳細。Details of the telemetry.

    • シミュレーションのパラメーター。Simulation parameters.

      Temperature テレメトリを設定するには、次の表の情報を使用します。To configure your Temperature telemetry, use the information in the following table:

      SettingSetting Value
      表示名Display Name 気温Temperature
      フィールド名Field Name 温度temperature
      UnitsUnits FF
      MinMin 6060
      maxMax 110110
      小数点以下の桁数Decimal places 00

      テレメトリの表示色を選択することもできます。You can also choose a color for the telemetry display. テレメトリの定義を保存するために、[保存] を選択します。To save the telemetry definition, select Save:

      温度シミュレーションの構成

  7. しばらくすると、[Measurements](測定) タブに、シミュレートされたコネクテッド空調デバイスからの温度テレメトリのグラフが表示されます。After a short while, the Measurements tab shows a chart of the temperature telemetry from your simulated connected air conditioner device. コントロールを使用して、表示や集計を管理したり、テレメトリの定義を編集したりできます。Use the controls to manage visibility, aggregation, or to edit the telemetry definition:

    注意

    テレメトリについては [平均] が既定の集計として設定されます。For telemetry, Average is set as the default aggregation.

    温度シミュレーションの表示

  8. [折れ線][積み上げ][時間の範囲の編集] コントロールを使用して、グラフをカスタマイズすることもできます。You can also customize the chart using the Line, Stacked, and Edit Time Range controls:

    グラフのカスタマイズ

イベント測定の追加Add an event measurement

イベントを使用して、エラーやコンポーネントの障害などのイベントが発生したときにデバイスが送信するポイントインタイム データを定義します。Use events to define point-in-time data that the device sends when there's an event such as an error or a component failure. Azure IoT Central では、実デバイスを接続する前に、デバイスのイベントをシミュレートして、アプリケーションの動作をテストすることができます。Azure IoT Central can simulate device events to enable you to test the behavior of your application before you connect a real device. [Measurements](測定) ビューでデバイス テンプレートのイベント測定を定義します。Define event measurements for your device template in the Measurements view.

  1. Fan Motor Error イベント測定を追加するために、[+ 新しい測定] を選択します。To add the Fan Motor Error event measurement, select + New Measurement. 次に、測定の種類として [イベント] を選択します。Then choose Event as the measurement type:

    コネクテッド空調機の測定

  2. デバイス テンプレートに対して定義するイベントの各種類には、次のような構成オプションがあります。Each type of Event you define for a device template includes configuration options such as:

    • 表示名。Display Name.

    • フィールド名。Field Name.

    • 重大度。Severity.

      Fan Motor Error イベントを構成するには、次の表の情報を使用します。To configure your Fan Motor Error event, use the information in the following table:

      SettingSetting Value
      表示名Display Name Fan Motor ErrorFan Motor Error
      フィールド名Field Name fanmotorerrfanmotorerr
      SeveritySeverity ErrorError

      イベントの定義を保存するために、[保存] を選択します。To save the event definition, select Save:

      イベントの測定の構成

  3. しばらくすると、[Measurements](測定) タブに、シミュレートされたコネクテッド空調デバイスからランダムに生成されたイベントのグラフが表示されます。After a short while, the Measurements tab shows a chart of the events randomly generated from your simulated connected air conditioner device. コントロールを使用して、表示を管理したり、イベントの定義を編集したりします。Use the controls to manage visibility, or to edit the event definition:

    イベント シミュレーションの表示

  4. イベントに関する追加の詳細を表示するには、グラフ上でイベントを選択します。To see additional details about the event, select the event on the chart:

    イベントの詳細の表示

状態の測定の定義Define a state measurement

"状態" を使用して、一定期間にわたるデバイスまたはそのコンポーネントの状態を定義および視覚化します。You can use state to define and visualize the state of the device or its component over a period of time. Azure IoT Central では、実デバイスを接続する前に、デバイスの状態をシミュレートして、アプリケーションの動作をテストすることができます。Azure IoT Central can simulate device state to enable you to test the behavior of your application before you connect a real device. [Measurements](測定) ビューでデバイスの種類の状態測定を定義します。You define state measurements for your device type in the Measurements view.

  1. Fan Mode 状態測定を追加するために、[+ 新しい測定] を選択します。To add a Fan Mode state measurement, select + New Measurement. 次に、測定の種類として [状態] を選択します。Then choose State as the measurement type:

    コネクテッド空調機の状態測定

  2. デバイス テンプレートに対して定義する状態の各種類には、次のような構成オプションがあります。Each type of state you define for a device template includes configuration options such as:

    • 表示名。Display Name.

    • フィールド名。Field Name.

    • 値とオプションの表示ラベル。Values with optional display labels.

    • 各値の色。Color for each value.

      Fan Mode イベントを構成するには、次の表の情報を使用します。To configure your Fan Mode state, use the information in the following table:

      SettingSetting Value
      表示名Display Name Fan ModeFan Mode
      フィールド名Field Name fanmodefanmode
      Value 11
      表示ラベルDisplay label 運転中Operating
      Value 00
      表示ラベルDisplay label 停止済みStopped

      状態測定の定義を保存するために、[保存] を選択します。To save the state measurement definition, select Save:

      状態の測定の構成

  3. しばらくすると、[Measurements](測定) タブに、シミュレートされたコネクテッド空調デバイスからランダムに生成された状態のグラフが表示されます。After a short while, the Measurements tab shows a chart of the states randomly generated from your simulated connected air conditioner device. コントロールを使用して、表示を管理したり、状態の定義を編集したりします。Use the controls to manage visibility, or to edit the state definition:

    状態シミュレーションの表示

  4. 短期間にデバイスによって送信されたデータ ポイントが多すぎる場合、状態の測定は異なるビジュアルで表示されます。If there are too many data points sent by the device within a small duration, the state measurement is shown with a different visual. グラフを選択すると、その期間内のすべてのデータ ポイントが、時系列に表示されます。Select the chart to see all the data points within that time period are displayed in chronological order. 時間の範囲を狭くすることによって、表示される測定値の詳細度を高めることもできます。You can also narrow the time range so see the measurements in more detail.

設定、プロパティ、およびコマンドSettings, properties, and commands

設定、プロパティ、およびコマンドはデバイス テンプレートで定義され、個々のデバイスに関連付けられる異なる値です。Settings, properties, and commands are different values defined in a device template and associated with each individual device:

  • "設定" は、アプリケーションからデバイスに構成データを送信するために使用します。You use settings to send configuration data to a device from your application. たとえば、オペレーターは設定を使用して、デバイスのテレメトリ間隔を 2 秒から 5 秒に変更できます。For example, an operator could use a setting to change the device's telemetry interval from two seconds to five seconds. オペレーターが設定を変更すると、デバイスから確認応答が返されるまで、設定は UI で保留中としてマークされます。When an operator changes a setting, the setting is marked as pending in the UI until the device responds with an acknowledgment.

  • "プロパティ" は、デバイスに関連付けられているメタデータを定義するために使用します。You use properties to define metadata that's associated with your device. プロパティには 2 つのカテゴリがあります。There are two categories of properties:

    • "アプリケーション プロパティ" は、アプリケーションでデバイスに関する情報を記録するために使用します。You use application properties to record information about your device in your application. たとえば、アプリケーション プロパティを使用して、デバイスの位置情報とその直近の点検日を記録します。For example, you can use application properties to record a device's location and its last service date. これらのプロパティはアプリケーションに保存され、デバイスとは同期しません。These properties are stored in the application and don't synchronize with the device. オペレーターはプロパティに値を割り当てることができます。An operator can assign values to properties.

    • "デバイス プロパティ" は、デバイスがプロパティ値をアプリケーションに送信できるようにするために使用します。You use device properties to enable a device to send property values to your application. これらのプロパティは、デバイスのみが変更できます。These properties can only be changed by the device. オペレーターにとっては、デバイスのプロパティは読み取り専用です。For an operator, device properties are read-only. このシナリオのコネクテッド空調機では、ファームウェアのバージョンとデバイスのシリアル番号が、デバイスによってレポートされるデバイス プロパティです。In this scenario of a connected air conditioner, the firmware version and device serial number are device properties reported by the device.

      詳細については、デバイス テンプレートの設定に関する攻略ガイドの「Properties (プロパティ)」を参照してください。For more information, see Properties in the how-to guide on setting up a device template.

  • コマンド は、アプリケーションからデバイスをリモートで管理するために使用します。You use commands to remotely manage your device from your application. クラウドから直接デバイス上でコマンドを実行して、デバイスを制御できます。You can directly run commands on the device from the cloud to control the devices. たとえば、ある演算子は再起動などのコマンドを実行して、デバイスをすぐに再起動できます。For example, an operator can run commands such as reboot, to instantly reboot the device.

設定の使用Use settings

"設定" を使用して、オペレーターがデバイスに構成データを送信できるようにします。You use settings to enable an operator to send configuration data to a device. このセクションでは、Connected Air Conditioner デバイス テンプレートに設定を追加して、コネクテッド空調機の目標温度をオペレーターが設定できるようにします。In this section, you add a setting to your Connected Air Conditioner device template that enables an operator to set the target temperature of the connected air conditioner.

  1. Connected Air Conditioner デバイス テンプレートの [設定] タブに移動します。Navigate to the Settings tab for your Connected Air Conditioner device template.

  2. 数値やテキストなど、さまざまな種類の設定を作成できます。You can create settings of different types such as numbers or text. [数値] を選択して、数値設定をデバイスに追加します。Select Number to add a number setting to your device.

  3. Set Temperature 設定を構成するために、次の表の情報を使用します。To configure your Set Temperature setting, use the information in the following table:

    フィールドField Value
    表示名Display Name Set TemperatureSet Temperature
    フィールド名Field Name setTemperaturesetTemperature
    計算単位Unit of Measure FF
    小数点以下の桁数Decimal Places 11
    最小値Minimum Value 2020
    最大値Maximum Value 200200
    初期値Initial Value 8080
    説明Description 空調機の目標温度の設定Set the target temperature for the air conditioner

    次に、[保存] を選択します。Then select Save:

    Set Temperature 設定の構成

    注意

    設定の変更がデバイスによって確認されると、設定の状態が同期済みに変わります。When the device acknowledges a setting change, the status of the setting changes to synced.

  4. 設定のタイルを移動したり、サイズを変更したりして、[設定] タブのレイアウトをカスタマイズできます。You can customize the layout of the Settings tab by moving and resizing settings tiles:

    [設定] のレイアウトのカスタマイズ

プロパティの使用Use properties

"アプリケーション プロパティ" を使用して、アプリケーションでデバイスに関する情報を格納します。You use application properties to store information about your device in the application. このセクションでは、Connected Air Conditioner デバイス テンプレートに、デバイスの場所と前回の点検日を格納するアプリケーション プロパティを追加します。In this section, you add application properties to your Connected Air Conditioner device template to store the location of the device and the last service date. これらのプロパティは、アプリケーション内で編集できます。These properties are editable in the application. デバイスからはシリアル番号やファームウェア バージョンなどのプロパティもレポートされます。これらは、アプリケーション内で読み取り専用になります。The device also reports properties such as serial number and firmware version that are read-only in the application.

  1. Connected Air Conditioner デバイス テンプレートの [プロパティ] タブに移動します。Navigate to the Properties tab for your Connected Air Conditioner device template.

  2. 数値やテキストなど、さまざまな種類のデバイスのプロパティを作成できます。You can create device properties of different types such as numbers or text. 場所のプロパティをデバイス テンプレートに追加するために、[場所] を選択します。To add a location property to your device template, choose Location. 場所のプロパティを構成するために、次の表の情報を使用します。To configure your location property, use the information in the following table:

    フィールドField Value
    表示名Display Name LocationLocation
    フィールド名Field Name locationlocation
    初期値Initial Value ワシントン州シアトルSeattle, WA
    説明Description デバイスの場所Device location

    他のフィールドは既定値のままにします。Leave other fields with their default values.

    デバイスのプロパティの構成

    [保存] を選択します。Select Save.

  3. 前回の点検日を表すプロパティをデバイス テンプレートに追加するために、[日付] を選択します。To add a last service date property to your device template, choose Date.

  4. 前回の点検日を表すプロパティを構成するために、次の表の情報を使用します。To configure your last service date property, use the information in the following table:

    フィールドField Value
    表示名Display Name Last Service DateLast Service Date
    フィールド名Field Name serviceDateserviceDate
    初期値Initial Value 1/1/20191/1/2019
    説明Description Last servicedLast serviced

    デバイスのプロパティの構成

    [保存] を選択します。Select Save.

  5. プロパティのタイルを移動したり、サイズを変更したりして、[プロパティ] タブのレイアウトをカスタマイズできます。You can customize the layout of the Properties tab by moving and resizing property tiles.

  6. ファームウェア バージョンなどのデバイス プロパティをデバイス テンプレートに追加するには、[デバイス プロパティ] を選択します。To add a device property such as firmware version to your device template, choose Device Property.

  7. ファームウェアのバージョンを構成するために、次の表の情報を使用します。To configure your firmware version, use the information in the following table:

    フィールドField Value
    表示名Display Name Firmware versionFirmware version
    フィールド名Field Name firmwareVersionfirmwareVersion
    データ型Data Type texttext
    説明Description 空調機のファームウェア バージョンThe firmware version of the air conditioner

    ファームウェア バージョンを構成

    [保存] を選択します。Select Save.

  8. シリアル番号などのデバイス プロパティをデバイス テンプレートに追加するには、[デバイス プロパティ] を選択します。To add a device property such as a serial number to your device template, choose Device Property.

  9. シリアル番号を構成するために、次の表の情報を使用します。To configure the serial number, use the information in the following table:

    フィールドField Value
    表示名Display Name Serial numberSerial number
    フィールド名Field Name serialNumberserialNumber
    データ型Data Type texttext
    説明Description 空調機のシリアル番号The serial number of the air conditioner

    シリアル番号を構成

    [保存] を選択します。Select Save.

    注意

    デバイス プロパティは、デバイスからアプリケーションに送信されます。Device Property is sent from the device to the application. ファームウェア バージョンとシリアル番号の値は、実デバイスが IoT Central に接続した時点で更新されます。The values of firmware version and serial number will update when your real device connects to IoT Central.

コマンドの使用Use commands

コマンド を使用して、デバイス上で直接コマンドを実行する演算子を有効にします。You use commands to enable an operator to run commands directly on the device. このセクションでは、Connected Air Conditioner デバイス テンプレートに、コネクテッド空調機に特定のメッセージをエコーする演算子を有効にするコマンドを追加します。In this section, you add a command to your Connected Air Conditioner device template that enables an operator to echo a certain message on the connected air conditioner.

  1. Connected Air Conditioner デバイス テンプレートの [コマンド] タブに移動して、テンプレートを編集します。Navigate to the Commands tab for your Connected Air Conditioner device template to edit the template.

  2. デバイスにコマンドを追加して、新しいコマンドの構成を開始するには、[+ 新しいコマンド] を選択します。Select + New Command to add a command to your device and begin configuring your new command.

  3. 次の表の情報を使用して、新しいコマンドを構成します。To configure your new command, use the information in the following table:

    フィールドField Value
    表示名Display Name Echo CommandEcho Command
    フィールド名Field Name echoecho
    [Default Timeout](既定のタイムアウト)Default Timeout 3030
    [Display Type](表示タイプ)Display Type texttext
    説明Description デバイス コマンドDevice Command

    [入力フィールド]+ を選択することで、コマンドに追加入力を追加できます。You can add additional inputs to the command by selecting + for Input Fields.

    設定を追加するための準備

    [保存] を選択します。Select Save.

  4. コマンドのタイルを移動したり、サイズを変更したりして、[コマンド] タブのレイアウトをカスタマイズできます。You can customize the layout of the Commands tab by moving and resizing the command tiles.

シミュレートされたデバイスの表示View your simulated device

Connected Air Conditioner デバイス テンプレートを定義したので、ダッシュボードをカスタマイズして、定義した測定、設定、プロパティを含めることができます。Now you've defined your Connected Air Conditioner device template, you can customize its Dashboard to include the measurements, settings, and properties you defined. その後、オペレーターとしてダッシュボードをプレビューできます。Then you can preview the dashboard as an operator:

  1. Connected Air Conditioner デバイス テンプレートの [ダッシュボード] タブを選択します。Choose the Dashboard tab for your Connected Air Conditioner device template.

  2. [折れ線グラフ] を選択して、コンポーネントを [ダッシュボード] に追加します。Select Line Chart to add the component onto the Dashboard.

  3. 次の表の情報を使用して、[折れ線グラフ] コンポーネントを構成します。Configure the Line Chart component using the information in the following table:

    SettingSetting Value
    タイトルTitle 気温Temperature
    時間の範囲Time Range 過去 30 分Past 30 minutes
    測定Measures Temperature ([Temperature] の横の [表示対象] を選択します)Temperature (select Visibility next to Temperature)

    折れ線グラフの設定

    次に、[保存] を選択します。Then select Save.

  4. 次の表の情報を使用して、[イベントの履歴] コンポーネントを選択します。Select the Event History component using the information in the following table:

    SettingSetting Value
    タイトルTitle Fan Motor EventsFan Motor Events
    時間の範囲Time Range 過去 30 分Past 30 minutes
    測定Measures Fan Motor Error ([Fan Motor Error] の横の [表示対象] を選択します)Fan Motor Error (select Visibility next to Fan Motor Error)

    イベント グラフの設定

    次に、[保存] を選択します。Then select Save.

  5. 次の表の情報を使用して、[State History](状態の履歴) コンポーネントを構成します。Configure the State History component using the information in the following table:

    SettingSetting Value
    タイトルTitle Fan ModeFan Mode
    時間の範囲Time Range 過去 30 分Past 30 minutes
    測定Measures Fan Mode ([Fan Mode] の横の [表示対象] を選択します)Fan Mode (select Visibility next to Fan Mode)

    折れ線グラフの設定

    次に、[保存] を選択します。Then select Save.

  6. デバイスの設定とプロパティをダッシュボードに追加するために、[設定とプロパティ] を選択します。To add the device settings and properties to the dashboard, choose Settings and Properties. [追加/削除] を選択して、ダッシュボードに表示したい設定またはプロパティを追加します。Select Add/Remove to add the settings or properties that you'd like to see in the dashboard.

  7. 次の表の情報を使用して、[Settings and Properties](設定とプロパティ) コンポーネントを設定します。Configure the Settings and Properties component using the information in the following table:

    SettingSetting Value
    タイトルTitle デバイスのプロパティDevice properties
    [Settings and Properties](設定とプロパティ)Settings and Properties Set TemperatureSet Temperature
    Serial numberSerial number
    Firmware versionFirmware version

    先ほど [設定とプロパティ] ページで定義した設定とプロパティが [使用可能な列] に表示されます。Settings and properties that you've previously defined on the Settings and Properties pages are shown in Available Columns.

    温度プロパティの設定

    次に、[保存] を選択します。Then select Save.

  8. Connected Air Conditioner のシミュレートされたデータがダッシュボードに表示されます。You can now see simulated data for your Connected Air Conditioner on the dashboard. ダッシュボードのタイルとレイアウトを編集できます。You can edit the tiles and layout for the dashboard:

    ダッシュボードの表示

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、以下の内容を学習しました。In this tutorial, you learned how to:

  • 新しいデバイス テンプレートの作成Create a new device template
  • デバイスへのテレメトリの追加Add telemetry to your device
  • シミュレートされたテレメトリの表示View simulated telemetry
  • デバイス イベントの定義Define device events
  • シミュレートされたイベントの表示View simulated events
  • 状態の定義Define your state
  • シミュレートされた状態の表示View simulated state
  • 設定とプロパティUse settings and properties
  • コマンドの使用Use commands
  • シミュレートされたデバイスのダッシュボード表示View your simulated device in the dashboard

ここでは、Azure IoT Central アプリケーションでデバイス テンプレートを定義しました。推奨される次の手順は以下のとおりです。Now that you've defined a device template in your Azure IoT Central application, here are the suggested next steps: