クイック スタート:Azure Portal で IoT Hub Device Provisioning Service を設定するQuickstart: Set up the IoT Hub Device Provisioning Service with the Azure portal

IoT Hub Device Provisioning Service を IoT Hub で使用すると、適切な IoT ハブへのゼロタッチでのジャストインタイム プロビジョニングが可能になります。人間の介入を必要とせず、安全かつスケーラブルな方法で何百万というデバイスをプロビジョニングすることができます。The IoT Hub Device Provisioning Service can be used with IoT Hub to enable zero-touch, just-in-time provisioning to the desired IoT hub without requiring human intervention, enabling customers to provision millions of IoT devices in a secure and scalable manner. Azure IoT Hub Device Provisioning Service は、TPM、対称キー、X.509 証明書の認証を使用した IoT デバイスをサポートします。Azure IoT Hub Device Provisioning Service supports IoT devices with TPM, symmetric key and X.509 certificate authentications. 詳細については、IoT Hub Device Provisioning Service の概要に関するページを参照してください。For more information, please refer to IoT Hub Device Provisioning Service overview

このクイックスタートでは、Azure portal で IoT Hub Device Provisioning Service を設定する方法について説明します。対象のデバイスは次の手順でプロビジョニングします。In this quickstart, you will learn how to set up the IoT Hub Device Provisioning Service in the Azure Portal for provisioning your devices with the following steps:

  • Azure portal を使用して IoT Hub を作成するUse the Azure portal to create an IoT Hub
  • Azure Portal を使用して IoT Hub Device Provisioning Service を作成し、ID スコープを取得するUse the Azure portal to create an IoT Hub Device Provisioning Service and get the ID scope
  • IoT ハブを Device Provisioning Service にリンクするLink the IoT hub to the Device Provisioning Service

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

IoT Hub の作成Create an IoT hub

ここでは、Azure portal を使用して IoT ハブを作成する方法について説明します。This section describes how to create an IoT hub using the Azure portal.

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure ホームページから [+ リソースの作成] ボタンを選択し、 [Marketplace を検索] フィールドに「IoT Hub」と入力します。From the Azure homepage, select the + Create a resource button, and then enter IoT Hub in the Search the Marketplace field.

  3. 検索結果の [IoT Hub] を選択し、 [作成] を選択します。Select IoT Hub from the search results, and then select Create.

  4. [基本] タブで、次のように各フィールドに入力します。On the Basics tab, complete the fields as follows:

    • サブスクリプション:ハブで使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription to use for your hub.

    • リソース グループ:リソース グループを選択するか、新しく作成します。Resource Group: Select a resource group or create a new one. 新たに作成するには、 [新規作成] を選択して、使用する名前を入力します。To create a new one, select Create new and fill in the name you want to use. 既存のリソース グループを使用するには、そのリソース グループを選択します。To use an existing resource group, select that resource group. 詳しくは、「Manage Azure Resource Manager resource groups (Azure Resource Manager のリソース グループの管理)」をご覧ください。For more information, see Manage Azure Resource Manager resource groups.

    • [リージョン] :ハブを配置するリージョンを選択します。Region: Select the region in which you want your hub to be located. ユーザーに最も近い場所を選択します。Select the location closest to you. 一部の機能 (IoT Hub デバイス ストリームなど) は、特定のリージョンでのみご利用いただけます。Some features, such as IoT Hub device streams, are only available in specific regions. これらの制限のある機能については、サポート対象のいずれかのリージョンを選択する必要があります。For these limited features, you must select one of the supported regions.

    • [IoT Hub 名] : ハブの名前を入力します。IoT Hub Name: Enter a name for your hub. この名前はグローバルに一意である必要があります。This name must be globally unique. 入力した名前が使用可能な場合は、緑色のチェック マークが表示されます。If the name you enter is available, a green check mark appears.

    重要

    IoT ハブは DNS エンドポイントとして公開されるため、名前を付ける際に機密情報や個人を特定できる情報を入力しないように注意してください。Because the IoT hub will be publicly discoverable as a DNS endpoint, be sure to avoid entering any sensitive or personally identifiable information when you name it.

    Azure portal でハブを作成する

  5. 次へ:Size and scale(次へ: サイズとスケール) を選択して、ハブの作成を続けます。Select Next: Size and scale to continue creating your hub.

    Azure portal を使用して新しいハブのサイズとスケールを設定する

    ここでは、既定の設定をそのまま使用できます。You can accept the default settings here. 必要に応じて、次のフィールドに変更を加えることができます。If desired, you can modify any of the following fields:

    • [価格とスケールティア] : 選択したレベル。Pricing and scale tier: Your selected tier. 必要な機能およびソリューションで 1 日に送信するメッセージの数に応じて、複数のレベルから適切なものを選びます。You can choose from several tiers, depending on how many features you want and how many messages you send through your solution per day. 無料レベルは、テストおよび評価用です。The free tier is intended for testing and evaluation. ハブに接続できるデバイスは 500 個で、1 日に許可されるメッセージ数は最大 8,000 件です。It allows 500 devices to be connected to the hub and up to 8,000 messages per day. Azure サブスクリプションごとに、Free レベルの IoT ハブを 1 つ作成できます。Each Azure subscription can create one IoT hub in the free tier.

      IoT Hub デバイス ストリームのクイックスタートに取り組んでいる場合は、Free レベルを選択してください。If you are working through a Quickstart for IoT Hub device streams, select the free tier.

    • [IoT Hub ユニット] : ユニットごとに許可される 1 日あたりのメッセージの数は、ハブの価格レベルによって決まります。IoT Hub units: The number of messages allowed per unit per day depends on your hub's pricing tier. たとえば、ハブで 700,000 件のイングレス メッセージをサポートする場合は、S1 レベルのユニットを 2 つ選択します。For example, if you want the hub to support ingress of 700,000 messages, you choose two S1 tier units. 他のレベルのオプションについて詳しくは、適切な IoT Hub レベルの選択に関するページをご覧ください。For details about the other tier options, see Choosing the right IoT Hub tier.

    • Azure Security Center:IoT およびお使いのデバイスに、脅威に対する保護のレイヤーを別途追加するには、これをオンにします。Azure Security Center: Turn this on to add an extra layer of threat protection to IoT and your devices. このオプションは、Free レベルのハブでは使用できません。This option is not available for hubs in the free tier. この機能の詳細については、Azure Security Center for IoT に関するページを参照してください。For more information about this feature, see Azure Security Center for IoT.

    • [詳細設定] > [Device-to-cloud パーティション] : このプロパティでは、device-to-cloud メッセージがそのメッセージの同時閲覧者数に関連付けられます。Advanced Settings > Device-to-cloud partitions: This property relates the device-to-cloud messages to the number of simultaneous readers of the messages. ほとんどのハブでは、4 つのパーティションのみが必要となります。Most hubs need only four partitions.

  6. 次へ:[Next](次へ) を選択して、次の画面に進みます。Select Next: Tags to continue to the next screen.

    タグは、名前と値の組です。Tags are name/value pairs. 複数のリソースおよびリソース グループに同じタグを割り当てることで、リソースを分類したり、課金情報を統合したりすることができます。You can assign the same tag to multiple resources and resource groups to categorize resources and consolidate billing. 詳細については、タグを使用した Azure リソースの整理に関するページを参照してください。For more information, see Use tags to organize your Azure resources.

    Azure portal を使用してハブにタグを割り当てる

  7. 次へ:次へ: レビューと作成 をクリックして、選択内容を確認します。Select Next: Review + create to review your choices. 次の画面のようになります。ただし、表示されるのはハブの作成時に選択した値です。You see something similar to this screen, but with the values you selected when creating the hub.

    新しいハブを作成するための情報を確認する

  8. [作成] を選択して、新しいハブを作成します。Select Create to create your new hub. ハブの作成には数分かかります。Creating the hub takes a few minutes.

新しい IoT Hub Device Provisioning Service を作成するCreate a new IoT Hub Device Provisioning Service

  1. もう一度、 [+ リソースの作成] ボタンを選択します。Select the + Create a resource button again.

  2. [Marketplace を検索]Device Provisioning Service を探します。Search the Marketplace for the Device Provisioning Service. [IoT Hub Device Provisioning Service] を選択し、 [作成] ボタンをクリックします。Select IoT Hub Device Provisioning Service and hit the Create button.

  3. 新しい Device Provisioning Service インスタンスの次の情報を入力し、 [作成] をクリックします。Provide the following information for your new Device Provisioning Service instance and hit Create.

    • [名前]: 新しい Device Provisioning Service インスタンスの一意の名前を指定します。Name: Provide a unique name for your new Device Provisioning Service instance. 入力した名前が使用可能な場合は、緑色のチェック マークが表示されます。If the name you enter is available, a green check mark appears.

    • サブスクリプション: この Device Provisioning Service インスタンスを作成するために使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Choose the subscription that you want to use to create this Device Provisioning Service instance.

    • [リソース グループ]: このフィールドでは、新しいリソース グループを作成することも、新しいインスタンスを含める既存のリソース グループを選択することもできます。Resource group: This field allows you to create a new resource group, or choose an existing one to contain the new instance. 先ほど作成した IoT ハブが含まれている同じリソース グループを選択します (たとえば、TestResources)。Choose the same resource group that contains the Iot hub you created above, for example, TestResources. 関連するすべてのリソースを 1 つのグループ内に配置することで、それらを一緒に管理できます。By putting all related resources in a group together, you can manage them together. たとえば、リソース グループを削除すると、そのグループに含まれているすべてのリソースが削除されます。For example, deleting the resource group deletes all resources contained in that group. 詳しくは、「Manage Azure Resource Manager resource groups (Azure Resource Manager のリソース グループの管理)」をご覧ください。For more information, see Manage Azure Resource Manager resource groups.

    • [場所]: 使用しているデバイスに最も近い場所を選択します。Location: Select the closest location to your devices.

      ポータル ブレードで Device Provisioning Service インスタンに関する基本的な情報を入力

  4. 通知ボタンを選択してリソース インスタンスの作成を監視します。Select the notification button to monitor the creation of the resource instance. サービスが正常にデプロイされたら、 [ダッシュボードにピン留めする][リソースに移動] の順に選択します。Once the service is successfully deployed, select Pin to dashboard, and then Go to resource.

    デプロイの監視通知

このセクションでは、Device Provisioning Service インスタンスに構成を追加します。In this section, you will add a configuration to the Device Provisioning Service instance. この構成では、デバイスをプロビジョニングする IoT ハブを設定します。This configuration sets the IoT hub for which devices will be provisioned.

  1. Azure portal の左側のメニューにある [すべてのリソース] ボタンを選択します。Select the All resources button from the left-hand menu of the Azure portal. 前のセクションで作成した Device Provisioning Service インスタンスを選択します。Select the Device Provisioning Service instance that you created in the preceding section.

    ポータル設定のドッキング モードではなくポップアウトを使用してメニューが構成される場合、ポータル メニューを左側で開くには、左上の 3 行をクリックする必要があります。If your menu is configured using Flyout instead of the Docked mode in the portal settings, you will need to click the 3 lines at the top left to open the portal menu on the left.

  2. Device Provisioning Service のメニューで [リンク済み IoT Hub] を選択します。From the Device Provisioning Service's menu, select Linked IoT hubs. 上部にある [+ 追加] ボタンをクリックします。Hit the + Add button seen at the top.

  3. [IoT Hub へのリンクを追加します] ページで、次の情報を入力して、新しい Device Provisioning Service インスタンスを IoT ハブにリンクします。On the Add link to IoT hub page, provide the following information to link your new Device Provisioning Service instance to an IoT hub. 次に [保存] をクリックします。Then hit Save.

    • サブスクリプション: 新しい Device Provisioning Service インスタンスにリンクする IoT ハブが含まれるサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription containing the IoT hub that you want to link with your new Device Provisioning Service instance.

    • [IoT Hub]: 新しい Device Provisioning Service インスタンスにリンクする IoT ハブを選択します。Iot hub: Select the IoT hub to link with your new Device Provisioning Service instance.

    • [アクセス ポリシー]: IoT ハブとのリンクを確立するための資格情報として [iothubowner] を選択します。Access Policy: Select iothubowner as the credentials for establishing the link with the IoT hub.

      ポータル ブレードでハブ名を Device Provisioning Service インスタンスにリンク

  4. 選択したハブが [Linked IoT hubs](リンクされた IoT ハブ) ブレードに表示されます。Now you should see the selected hub under the Linked IoT hubs blade. 表示させるために、 [最新の情報に更新] をクリックしなければならない場合があります。You might need to hit Refresh for it to show up.

リソースをクリーンアップするClean up resources

このコレクションの他のクイックスタートは、このクイックスタートに基づいています。Other quickstarts in this collection build upon this quickstart. 引き続きクイックスタートまたはチュートリアルの作業を行う場合は、このクイックスタートで作成したリソースをクリーンアップしないでください。If you plan to continue on to work with subsequent quickstarts or with the tutorials, do not clean up the resources created in this quickstart. これ以上作業を行わない場合は、次の手順に従って、このクイック スタートで作成したすべてのリソースを Azure portal で削除してください。If you do not plan to continue, use the following steps to delete all resources created by this quickstart in the Azure portal.

  1. Azure portal の左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、Device Provisioning Service を選択します。From the left-hand menu in the Azure portal, select All resources and then select your Device Provisioning Service. デバイスの詳細ペインの上部で、 [削除] を選択します。At the top of the device detail pane, select Delete.
  2. Azure portal の左側のメニューにある [すべてのリソース] を選択し、IoT ハブを選択します。From the left-hand menu in the Azure portal, select All resources and then select your IoT hub. ハブの詳細ペインの上部で、 [削除] を選択します。At the top of the hub detail pane, select Delete.

次のステップNext steps

このクイックスタートでは、IoT ハブと Device Provisioning Service インスタンスをデプロイし、この 2 つのリソースをリンクしました。In this quickstart, you’ve deployed an IoT hub and a Device Provisioning Service instance, and linked the two resources. ここで行った設定を使用して、シミュレートされたデバイスをプロビジョニングする方法については、シミュレートされたデバイスの作成に関するクイックスタートを参照してください。To learn how to use this setup to provision a simulated device, continue to the quickstart for creating a simulated device.