Azure IoT Edge

Azure IoT Edge は、IoT Hub の上に構築されるモノのインターネット (IoT) サービスです。 このサービスは、クラウド内ではなく、デバイスで (つまり "エッジで") データを分析したいお客様を対象としています 。 ワークロードの一部をエッジに移動することで、デバイスがクラウドにメッセージを送る時間を減らし、状態の変化により迅速に反応できるようにすることができます。

5 分間のクイック スタート

初めての IoT Edge モジュールをデプロイし、シミュレートされたデバイスでデータを処理します。

ステップバイステップのチュートリアル

IoT Edge をインストールして構成する方法、モジュールをデプロイする方法、Stream Analytics などの Azure サービスをエッジで利用する方法について説明します。

  1. Windows で IoT Edge デバイスをシミュレートする
  2. Linux または MacOS で IoT Edge デバイスをシミュレートする
  3. C# モジュールの開発とデプロイを行う
  4. Azure Stream Analytics をモジュールとして展開する
  5. Azure Machine Learning をモジュールとしてデプロイする
  6. Azure Functions をモジュールとしてデプロイする