Azure Portal から Azure IoT Edge モジュールをデプロイするDeploy Azure IoT Edge modules from the Azure portal

ビジネス ロジックで IoT Edge モジュールを作成したら、それらをデバイスにデプロイしてエッジで動作させます。Once you create IoT Edge modules with your business logic, you want to deploy them to your devices to operate at the edge. 連携してデータを収集および処理する複数のモジュールがある場合は、一度にそのすべてをデプロイし、それらを接続するルーティング規則を宣言できます。If you have multiple modules that work together to collect and process data, you can deploy them all at once and declare the routing rules that connect them.

この記事では、Azure Portal を使用して配置マニフェストを作成し、IoT Edge デバイスにデプロイをプッシュする方法を紹介します。This article shows how the Azure portal guides you through creating a deployment manifest and pushing the deployment to an IoT Edge device. 共有タグに基づいて複数のデバイスをターゲットとするデプロイの作成については、「IoT Edge モジュールを大規模にデプロイおよび監視する」をご覧ください。For information about creating a deployment that targets multiple devices based on their shared tags, see Deploy and monitor IoT Edge modules at scale.

前提条件Prerequisites

配置マニフェストを構成するConfigure a deployment manifest

配置マニフェストは、デプロイするモジュール、モジュール間でのデータ フロー、およびモジュール ツインの目的のプロパティを記述した JSON ドキュメントです。A deployment manifest is a JSON document that describes which modules to deploy, how data flows between the modules, and desired properties of the module twins. 配置マニフェストのしくみとその作成方法について詳しくは、「IoT Edge モジュールをどのように使用、構成、および再利用できるかを理解する」をご覧ください。For more information about how deployment manifests work and how to create them, see Understand how IoT Edge modules can be used, configured, and reused.

Azure Portal には、JSON ドキュメントを手動で作成する代わりに配置マニフェストを作成する手順を示すウィザードがあります。The Azure portal has a wizard that walks you through creating the deployment manifest, instead of building the JSON document manually. 3 つのステップがあります。モジュールの追加ルートの指定、およびデプロイの確認It has three steps: Add modules, Specify routes, and Review deployment.

デバイスを選択してモジュールを追加するSelect device and add modules

  1. Azure Portal にサインインし、IoT Hub に移動します。Sign in to the Azure portal and navigate to your IoT hub.

  2. 左側のウィンドウで、メニューの [IoT Edge] を選択します。On the left pane, select IoT Edge from the menu.

  3. デバイスの一覧でターゲット デバイスの ID をクリックします。Click on the ID of the target device from the list of devices.

  4. 上部のバーで [モジュールの設定] を選択します。On the upper bar, select Set Modules.

  5. ページの [Container Registry の設定] セクションで、モジュール イメージを格納するプライベート コンテナー レジストリにアクセスするための資格情報を指定します。In the Container Registry Settings section of the page, provide the credentials to access any private container registries that contain your module images.

  6. ページの [IoT Edge モジュール] セクションで、 [追加] を選択します。In the IoT Edge Modules section of the page, select Add.

  7. ドロップダウン メニューでモジュールの種類を確認します:Look at the types of modules from the drop-down menu:

    • IoT Edge モジュール - モジュール名とコンテナー イメージの URI を指定します。IoT Edge Module - You provide the module name and container image URI. たとえば、サンプルの SimulatedTemperatureSensor モジュールのイメージ URI は mcr.microsoft.com/azureiotedge-simulated-temperature-sensor:1.0です。For example, the image URI for the sample SimulatedTemperatureSensor module is mcr.microsoft.com/azureiotedge-simulated-temperature-sensor:1.0. モジュール イメージがプライベート コンテナー レジストリに格納されている場合は、このページに資格情報を追加して、イメージにアクセスします。If the module image is stored in a private container registry, add the credentials on this page to access the image.
    • Marketplace モジュール - Azure Marketplace でホストされているモジュール。Marketplace Module - Modules hosted in the Azure Marketplace. Marketplace モジュールによっては、追加の構成が必要になる場合があります。そのため、Azure Marketplace IoT Edge モジュール 一覧でモジュールの詳細を確認してください。Some marketplace modules require additional configuration, so review the module details in the Azure Marketplace IoT Edge Modules list.
    • Azure Stream Analytics モジュール - Azure Stream Analytics ワークロードから生成されるモジュールです。Azure Stream Analytics Module - Modules generated from an Azure Stream Analytics workload.
  8. モジュールを追加したら、一覧からモジュール名を選択してモジュールの設定を開きます。After adding a module, select the module name from the list to open the module settings. 必要な場合は、省略可能なフィールドに入力します。Fill out the optional fields if necessary. コンテナー作成オプション、再起動ポリシー、および必要な状態について詳しくは、「edgeAgent の必要なプロパティ」をご覧ください。For more information about container create options, restart policy, and desired status see EdgeAgent desired properties. モジュール ツインについて詳しくは、「必要なプロパティの定義または更新」をご覧ください。For more information about the module twin see Define or update desired properties.

  9. 必要に応じて、手順 5 ~ 8 を繰り返して、モジュールをデプロイに追加します。If needed, repeat steps 5 through 8 to add additional modules to your deployment.

  10. ルート  でルート のセクションに進みます。Select Next: Routes to continue to the routes section.

ルートを指定するSpecify routes

[ルート] タブで、モジュールと IoT Hub の間でメッセージが渡される方法を定義します。On the Routes tab, you define how messages are passed between modules and the IoT Hub. メッセージは、名前と値のペアを使用して作成されます。Messages are constructed using name/value pairs. 既定では、ルートは route という名前で、FROM /messages/* INTO $upstream として定義されています。つまり、任意のモジュールによって出力されたすべてのメッセージは IoT Hub に送信されます。By default a route is called route and defined as FROM /messages/* INTO $upstream, which means that any messages output by any modules are sent to your IoT hub.

ルートの宣言 の情報を使用してルートを追加または更新し、 [次へ]:レビュー + 作成 を選択して、ウィザードの次の手順に進みます。Add or update the routes with information from Declare routes, then select Next: Review + create to continue to the next step of the wizard.

デプロイを確認するReview deployment

確認のセクションには、前述の 2 つのセクションの選択項目に基づいて作成された JSON 配置マニフェストが表示されます。The review section shows you the JSON deployment manifest that was created based on your selections in the previous two sections. 追加しなかった 2 つのモジュール ( $edgeAgent および $edgeHub) が宣言されていることに注目してください。Note that there are two modules declared that you didn't add: $edgeAgent and $edgeHub. これらの 2 つのモジュールは、IoT Edge ランタイムを構成し、すべてのデプロイの既定値として使用されます。These two modules make up the IoT Edge runtime and are required defaults in every deployment.

デプロイ情報を確認し、 [作成] を選択します。Review your deployment information, then select Create.

デバイス上のモジュールを表示するView modules on your device

モジュールをデバイスにデプロイすると、そのすべてを IoT Hub のデバイスの詳細ページで表示できます。Once you've deployed modules to your device, you can view all of them in the device details page of your IoT Hub. このページには、デプロイした各モジュールの名前、およびデプロイ状態や終了コードなどの役立つ情報が表示されます。This page displays the name of each deployed module, as well as useful information like the deployment status and exit code.

Azure Marketplace からモジュールをデプロイするDeploy modules from Azure Marketplace

Azure Marketplace は、アプリケーションとサービスのオンライン マーケットプレースであり、IoT Edge モジュール など、Azure での実行を認定されてそれに最適化されている、さまざまなエンタープライズ アプリケーションとソリューションを参照できます。Azure Marketplace is an online applications and services marketplace where you can browse through a wide range of enterprise applications and solutions that are certified and optimized to run on Azure, including IoT Edge modules.

Azure Marketplace および IoT Hub から、IoT Edge モジュールをデプロイできます。You can deploy an IoT Edge module from the Azure Marketplace and from your IoT Hub.

Azure Marketplace からデプロイするDeploy from Azure Marketplace

Marketplace の IoT Edge モジュールを調べて、必要なモジュールを見つけたら、作成 または今すぐ取得するを選択してデプロイできます。Peruse the IoT Edge modules in the marketplace and when you find the one you want you can deploy it by selecting Create or Get it now. デプロイウィザードの手順を続行します。これは、選択した IoT Edge モジュールによって異なります:Proceed with the deployment wizard steps which may vary depending on the IoT Edge module you selected:

  1. [続行] を選択して、プロバイダーの使用条件とプライバシー ポリシーを確認します。Acknowledge the provider's terms of use and privacy policy by selecting Continue. 最初に連絡先情報を提供する必要があります。You may first have to provide contact information.
  2. お使いのサブスクリプションと、ターゲット デバイスをアタッチする IoT ハブを選択します。Choose your subscription and the IoT Hub to which the target device is attached.
  3. [デバイスへのデプロイ] を選択します。Choose Deploy to a device.
  4. デバイスの名前を入力するか、または [デバイスの検索] を選択してハブに登録されているデバイスを参照します。Enter the name of the device or select Find Device to browse among the devices registered with the hub.
  5. [作成] を選択して、必要な場合の他のモジュールの追加など、配置マニフェストの構成の標準的な処理を続行します。Select Create to continue the standard process of configuring a deployment manifest, including adding other modules if desired. イメージの URI、作成オプション、必要なプロパティなどの新しいモジュールの詳細はあらかじめ定義されていますが、変更できます。Details for the new module such as image URI, create options, and desired properties are predefined but can be changed.

モジュールが Azure portal の IoT Hub にデプロイされていることを確認します。Verify that the module is deployed in your IoT Hub in the Azure portal. デバイスを選択し、 [モジュールの設定] を選択します。モジュールは IoT Edge モジュール セクションに表示されます。Select your device, select Set Modules and the module should be listed in the IoT Edge Modules section.

Azure IoT Hub からのデプロイDeploy from Azure IoT Hub

Azure Marketplace のモジュールを、Azure portal の IoT Hub デバイスにすばやくデプロイできます。You can quickly deploy a module from the Azure Marketplace onto your device in your IoT Hub in the Azure portal.

  1. Azure portal で、お使いの IoT Hub に移動します。In the Azure portal, navigate to your IoT Hub.
  2. 左側のペインの [デバイスの自動管理] の下で、 [IoT Edge] を選択します。On the left pane, under Automatic Device Management, select IoT Edge.
  3. デプロイを受信する IoT Edge デバイスを選択します。Select the IoT Edge device that is to receive the deployment.
  4. 上部のバーで [モジュールの設定] を選択します。On the upper bar, select Set Modules.
  5. [IoT Edge モジュール] セクションで、 [追加] をクリックし、ドロップダウンメニューから [Marketplace モジュール] を選択します。In the IoT Edge Modules section, click Add, and select Marketplace Module from the drop-down menu.

IoT Hub にモジュールを追加する

[IoT Edge モジュールの Marketplace] ページでモジュールを選択します。Choose a module from the IoT Edge Module Marketplace page. 選択したモジュールは、サブスクリプション、リソース グループ、およびデバイスに対して自動的に構成されます。The module you select is automatically configured for your subscription, resource group, and device. その後、それは IoT Edge モジュールの一覧に表示されます。It then appears in your list of IoT Edge modules. このモジュールには追加の構成が必要な場合があります。Some modules may require additional configuration.

ヒント

Azure IoT Hub の IoT Edge モジュールに関する情報は限られています。The information about IoT Edge modules from the Azure IoT Hub is limited. 詳細については、Azure Marketplace の IoT Edge モジュール に関するページを参照してください。You can first learn more about the IoT Edge modules in the Azure Marketplace.

この記事の前で記載した [ルートの指定][デプロイの確認] で説明されているように、デプロイをルーティング して続行します。Select Next: Routes and continue with deployment as described by Specify routes and Review Deployment earlier in this article.

次のステップNext steps

大規模な IoT Edge モジュールの展開と監視の方法を学習しますLearn how to Deploy and monitor IoT Edge modules at scale