Azure IoT Edge デバイスを登録するRegister an Azure IoT Edge device

Azure IoT Edge で IoT デバイスを使用する前に、それらを IoT ハブに登録する必要があります。Before you can use your IoT devices with Azure IoT Edge, you must register them with your IoT hub. デバイスが登録されたら、IoT Edge ワークロード用にデバイスを設定するための接続文字列を取得できます。Once a device is registered, you can retrieve a connection string to set up your device for IoT Edge workloads.

次のいずれかのツールを使用して、登録できます。You have the choice of registering by using one of the following tools:

Azure portal での登録Register in the Azure portal

Azure portal では、すべての登録タスクを実行できます。You can perform all registration tasks in the Azure portal.

Azure portal の前提条件Prerequisites for the Azure portal

Azure サブスクリプション内の無料または標準の IoT ハブA free or standard IoT hub in your Azure subscription.

Azure portal で IoT Edge デバイスを作成するCreate an IoT Edge device in the Azure portal

Azure portal の IoT Hub で、IoT Edge デバイスは、エッジ対応ではない IOT デバイスとは別に作成および管理されます。In your IoT Hub in the Azure portal, IoT Edge devices are created and managed separately from IOT devices that are not edge enabled.

  1. Azure Portal にサインインし、IoT Hub に移動します。Sign in to the Azure portal and navigate to your IoT hub.
  2. 左側のウィンドウで、メニューの [IoT Edge] を選択します。In the left pane, select IoT Edge from the menu.
  3. [IoT Edge デバイスの追加] を選択します。Select Add an IoT Edge device.
  4. わかりやすいデバイス ID を指定します。Provide a descriptive device ID. 認証キーを自動生成して、新しいデバイスをハブに接続するために、既定の設定を使用します。Use the default settings to auto-generate authentication keys and connect the new device to your hub.
  5. [保存] を選択します。Select Save.

Azure portal で IoT Edge デバイスを表示するView IoT Edge devices in the Azure portal

IoT ハブに接続するすべてのエッジ対応デバイスが、IoT Edge ページに一覧表示されます。All the edge-enabled devices that connect to your IoT hub are listed on the IoT Edge page.

IoT ハブ内のすべての IoT Edge デバイスを表示する

Azure portal で接続文字列を取得するRetrieve the connection string in the Azure portal

デバイスを設定する準備ができたら、物理デバイスを IoT ハブ内でのその ID にリンクする接続文字列が必要です。When you're ready to set up your device, you need the connection string that links your physical device with its identity in the IoT hub.

  1. ポータルの IoT Edge ページで、IoT Edge デバイスの一覧からデバイス ID をクリックします。From the IoT Edge page in the portal, click on the device ID from the list of IoT Edge devices.
  2. [プライマリ接続文字列] または [セカンダリ接続文字列] のどちらかの値をコピーします。Copy the value of either Primary Connection String or Secondary Connection String.

Visual Studio Code を使用した登録Register with Visual Studio Code

VS Code では、ほとんどの操作を複数の方法で実行できます。There are multiple ways to perform most operations in VS Code. この記事ではエクスプローラーを使用していますが、コマンド パレットを使用して手順を実行することもできます。This article uses the Explorer, but you can also use the Command Palette to run the steps.

Visual Studio Code の前提条件Prerequisites for Visual Studio Code

サインインして IoT ハブにアクセスするSign in to access your IoT hub

Visual Studio Code 用の Azure IoT 拡張機能を使用して、IoT Hub で操作を実行できます。You can use the Azure IoT extensions for Visual Studio Code to perform operations with your IoT Hub. これらの操作を行うには、Azure アカウントにサインインし、IoT Hub を選択する必要があります。For these operations to work, you need to sign in to your Azure account and select your IoT Hub.

  1. Visual Studio Code でエクスプローラー ビューを開きます。In Visual Studio Code, open the Explorer view.

  2. エクスプローラーの下部で、 [Azure IoT Hub] セクションを展開します。At the bottom of the Explorer, expand the Azure IoT Hub section.

    [Azure IoT Hub Devices](Azure IoT Hub デバイス) セクションを展開する

  3. [Azure IoT Hub] セクション ヘッダーで [...] をクリックします。Click on the ... in the Azure IoT Hub section header. 省略記号が表示されない場合は、ヘッダーをクリックするかポイントします。If you don't see the ellipsis, click on or hover over the header.

  4. [Select IoT Hub](IoT ハブの選択) を選択します。Choose Select IoT Hub.

  5. Azure アカウントにサインインしていない場合は、プロンプトに従ってサインインします。If you aren't signed in to your Azure account, follow the prompts to do so.

  6. Azure サブスクリプションを選択します。Select your Azure subscription.

  7. IoT ハブを選択します。Select your IoT hub.

Visual Studio Code を使用して IoT Edge デバイスを作成するCreate an IoT Edge device with Visual Studio Code

  1. VS Code エクスプローラーで、 [Azure IoT Hub Devices](Azure IoT Hub デバイス) セクションを展開します。In the VS Code Explorer, expand the Azure IoT Hub Devices section.
  2. [Azure IoT Hub Devices](Azure IoT Hub デバイス) セクション ヘッダーで [...] をクリックします。Click on the ... in the Azure IoT Hub Devices section header. 省略記号が表示されない場合は、ヘッダーをクリックするかポイントします。If you don't see the ellipsis, click on or hover over the header.
  3. [Create IoT Edge Device](IoT Edge デバイスの作成) を選択します。Select Create IoT Edge Device.
  4. 表示されたテキスト ボックスにデバイス ID を指定します。In the text box that opens, give your device an ID.

コマンドの結果が出力画面に表示されます。In the output screen, you see the result of the command. デバイスの情報が出力されます。この情報には、指定した deviceId および IoT ハブに物理デバイスを接続するために使用できる connectionString が含まれます。The device info is printed, which includes the deviceId that you provided and the connectionString that you can use to connect your physical device to your IoT hub.

コマンドの結果が出力画面に表示されます。In the output screen, you see the result of the command. デバイスの情報が出力されます。この情報には、指定した deviceId および IoT ハブに物理デバイスを接続するために使用できる connectionString が含まれます。The device info is printed, which includes the deviceId that you provided and the connectionString that you can use to connect your physical device to your IoT hub.

Visual Studio Code を使用して IoT Edge デバイスを表示するView IoT Edge devices with Visual Studio Code

IoT ハブに接続するすべてのデバイスは、Visual Studio Code エクスプローラーの [Azure IoT Hub] セクションに表示されます。All the devices that connect to your IoT hub are listed in the Azure IoT Hub section of the Visual Studio Code Explorer. IoT Edge デバイスとそれ以外のデバイスはアイコンで区別できるほか、各 IoT Edge デバイスには $edgeAgent モジュールと $edgeHub モジュールがデプロイされています。IoT Edge devices are distinguishable from non-Edge devices with a different icon, and the fact that the $edgeAgent and $edgeHub modules are deployed to each IoT Edge device.

IoT ハブ内のすべての IoT Edge デバイスを表示する

Visual Studio Code を使用して接続文字列を取得するRetrieve the connection string with Visual Studio Code

デバイスを設定する準備ができたら、物理デバイスを IoT ハブ内でのその ID にリンクする接続文字列が必要です。When you're ready to set up your device, you need the connection string that links your physical device with its identity in the IoT hub.

  1. [Azure IoT Hub] セクションでデバイスの ID を右クリックします。Right-click on the ID of your device in the Azure IoT Hub section.

  2. [Copy Device Connection String](デバイス接続文字列のコピー) を選択します。Select Copy Device Connection String.

    接続文字列がクリップボードにコピーされます。The connection string is copied to your clipboard.

右クリック メニューから [Get Device Info](デバイス情報の取得) を選択して、接続文字列を含むすべてのデバイス情報を出力ウィンドウに表示することもできます。You can also select Get Device Info from the right-click menu to see all the device info, including the connection string, in the output window.

Azure CLI を使用して登録するRegister with the Azure CLI

Azure CLI は、IoT Edge などの Azure リソースを管理するための、オープン ソースのクロス プラットフォーム コマンドライン ツールです。The Azure CLI is an open-source cross platform command-line tool for managing Azure resources such as IoT Edge. これを使用すると、Azure IoT Hub リソース、デバイス プロビジョニング サービス インスタンス、およびリンク済みのハブを簡単に管理することができます。It enables you to manage Azure IoT Hub resources, device provisioning service instances, and linked-hubs out of the box. IoT 拡張機能によって、Azure CLI には、デバイス管理、完全な IoT Edge 対応などの機能が追加されました。The IoT extension enriches Azure CLI with features such as device management and full IoT Edge capability.

Azure CLI の前提条件Prerequisites for the Azure CLI

  • Azure サブスクリプション内の IoT ハブAn IoT hub in your Azure subscription.
  • ご使用の環境内の Azure CLIAzure CLI in your environment. Azure CLI のバージョンは、少なくとも 2.0.70 以降である必要があります。At a minimum, your Azure CLI version must be 2.0.70 or above. 検証するには、az --version を使用します。Use az --version to validate. このバージョンでは、az 拡張機能のコマンドがサポートされ、Knack コマンド フレームワークが導入されています。This version supports az extension commands and introduces the Knack command framework.
  • Azure CLI 向け IoT 拡張機能The IoT extension for Azure CLI.

Azure CLI を使用して IoT Edge デバイスを作成するCreate an IoT Edge device with the Azure CLI

az iot hub device-identity create コマンドを使用して、IoT ハブに新しいデバイス ID を作成します。Use the az iot hub device-identity create command to create a new device identity in your IoT hub. 次に例を示します。For example:

az iot hub device-identity create --device-id [device id] --hub-name [hub name] --edge-enabled

このコマンドには、3 つのパラメーターが含まれます。This command includes three parameters:

  • device-id: IoT ハブに対して一意のわかりやすい名前を指定します。device-id: Provide a descriptive name that's unique to your IoT hub.

  • hub-name: IoT ハブの名前を指定します。hub-name: Provide the name of your IoT hub.

  • edge-enabled: このパラメーターは、デバイスが IoT Edge に使用されることを宣言します。edge-enabled: This parameter declares that the device is for use with IoT Edge.

    az iot hub device-identity create output

Azure CLI を使用して IoT Edge デバイスを表示するView IoT Edge devices with the Azure CLI

IoT ハブのすべてのデバイスを表示するには、az iot hub device-identity list コマンドを使用します。Use the az iot hub device-identity list command to view all devices in your IoT hub. 次に例を示します。For example:

az iot hub device-identity list --hub-name [hub name]

IoT Edge デバイスとして登録されたすべてのデバイスのプロパティ capabilities.iotEdgetrue に設定されます。Any device that is registered as an IoT Edge device will have the property capabilities.iotEdge set to true.

Azure CLI を使用して接続文字列を取得するRetrieve the connection string with the Azure CLI

デバイスを設定する準備ができたら、物理デバイスを IoT ハブ内でのその ID にリンクする接続文字列が必要です。When you're ready to set up your device, you need the connection string that links your physical device with its identity in the IoT hub. az iot hub device-identity show-connection-string コマンドを使用すると、単一のデバイスの接続文字列が返されます。Use the az iot hub device-identity show-connection-string command to return the connection string for a single device:

az iot hub device-identity show-connection-string --device-id [device id] --hub-name [hub name]

device-id パラメーターの値は、大文字と小文字が区別されます。The value for the device-id parameter is case-sensitive. 接続文字列を囲む引用符はコピーしないでください。Don't copy the quotation marks around the connection string.

次のステップNext steps

これで IoT ハブにデバイス ID が登録されたので、デバイスに IoT Edge ランタイムをインストールする準備ができました。Now that you have a device identity registered in your IoT hub, you're ready to install the IoT Edge runtime on your devices. デバイスのオペレーティング システムに応じて、ランタイムをインストールします。Install the runtime according to the device's operating system: