クイック スタート:初めての IoT Edge モジュールを Linux デバイスに展開するQuickstart: Deploy your first IoT Edge module to a Linux device

Azure IoT Edge は、クラウドの機能をご使用のモノのインターネット (IoT) デバイスでも利用できるようにします。Azure IoT Edge moves the power of the cloud to your Internet of Things devices. このクイック スタートでは、クラウド インターフェイスを使用して、事前作成されたコードを IoT Edge デバイスにリモートで展開する方法について説明します。In this quickstart, learn how to use the cloud interface to deploy prebuilt code remotely to an IoT Edge device.

このクイック スタートでは、次の方法について説明します。In this quickstart you learn how to:

  1. IoT Hub を作成します。Create an IoT Hub.
  2. IoT Edge デバイスを IoT ハブに登録します。Register an IoT Edge device to your IoT hub.
  3. IoT Edge ランタイムをご自身のデバイスにインストールして開始する。Install and start the IoT Edge runtime on your device.
  4. モジュールを IoT Edge デバイスにリモートで展開する。Remotely deploy a module to an IoT Edge device.

図 - デバイスとクラウドのクイック スタートのアーキテクチャ

このクイック スタートでは、IoT Edge デバイスとして構成された Azure 仮想マシンを作成する手順について説明します。This quickstart walks you through creating an Azure virtual machine that's configured to be IoT Edge device. その後、モジュールを Azure portal からご自身のデバイスに展開できます。Then you can deploy a module from the Azure portal to your device. このクイック スタートで展開するモジュールは、温度、湿度、および圧力のデータを生成するシミュレートされたセンサーです。The module that you deploy in this quickstart is a simulated sensor that generates temperature, humidity, and pressure data. その他の Azure IoT Edge チュートリアルは、ここで行う作業を基盤としており、ビジネスに関する分析情報を得るためにシミュレートされたデータを分析するモジュールを展開します。The other Azure IoT Edge tutorials build upon the work you do here by deploying modules that analyze the simulated data for business insights.

アクティブな Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an active Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。Azure hosts Azure Cloud Shell, an interactive shell environment that you can use through your browser. Cloud Shell では、bashPowerShell のいずれかを使用して Azure サービスを操作できます。Cloud Shell lets you use either bash or PowerShell to work with Azure services. ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。You can use the Cloud Shell pre-installed commands to run the code in this article without having to install anything on your local environment.

Azure Cloud Shell を起動するには:To launch Azure Cloud Shell:

オプションOption 例とリンクExample/Link
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. [試してみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。Selecting Try It doesn't automatically copy the code to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Go to https://shell.azure.com or select the Launch Cloud Shell button to open Cloud Shell in your browser. 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動するLaunch Cloud Shell in a new window
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the top-right menu bar in the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:To run the code in this article in Azure Cloud Shell:

  1. Cloud Shell を開きます。Open Cloud Shell.
  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。Select the Copy button on a code block to copy the code.
  3. Windows と Linux では Ctrl + Shift + V キー、macOS では Cmd + Shift + V キーを使用して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。Paste the code into the Cloud Shell session with Ctrl+Shift+V on Windows and Linux, or Cmd+Shift+V on macOS.
  4. Enter キーを押して、コードを実行します。Press Enter to run the code.

このクイック スタートの多くの手順は、Azure CLI を使用して実行します。Azure IoT には、追加機能を有効にする拡張機能が用意されています。You use the Azure CLI to complete many of the steps in this quickstart, and Azure IoT has an extension to enable additional functionality.

Azure IoT の拡張機能を Cloud Shell インスタンスに追加します。Add the Azure IoT extension to the cloud shell instance.

az extension add --name azure-cli-iot-ext

前提条件Prerequisites

クラウド リソース:Cloud resources:

  • このクイック スタートで使用するすべてのリソースを管理するためのリソース グループです。A resource group to manage all the resources you use in this quickstart.

    az group create --name IoTEdgeResources --location westus2
    

IoT Edge デバイス:IoT Edge device:

  • IoT Edge デバイスとして機能する Linux デバイスまたは仮想マシン。A Linux device or virtual machine to act as your IoT Edge device. Microsoft 提供の Azure IoT Edge を Ubuntu 仮想マシン上で使用する必要があります。そうすることで、デバイス上で IoT Edge を実行するために必要なものがすべて事前にインストールされます。You should use the Microsoft-provided Azure IoT Edge on Ubuntu virtual machine, which preinstalls everything you need to run IoT Edge on a device. 利用規約に同意し、次のコマンドを使ってこの仮想マシンを作成します。Accept the terms of use and create this virtual machine using the following commands:

    az vm image accept-terms --urn microsoft_iot_edge:iot_edge_vm_ubuntu:ubuntu_1604_edgeruntimeonly:latest
    az vm create --resource-group IoTEdgeResources --name EdgeVM --image microsoft_iot_edge:iot_edge_vm_ubuntu:ubuntu_1604_edgeruntimeonly:latest --admin-username azureuser --generate-ssh-keys
    

    新しい仮想マシンを作成して起動するまでに数分かかる場合があります。It may take a few minutes to create and start the new virtual machine.

    新しい仮想マシンを作成するときは、create コマンドの出力内容に含まれる publicIpAddress を書き留めておいてください。When you create a new virtual machine, make a note of the publicIpAddress, which is provided as part of the create command output. このクイック スタートの中で、後からこのパブリック IP アドレスを使用して仮想マシンに接続します。You will use this public IP address to connect to the virtual machine later in the quickstart.

  • Azure IoT Edge ランタイムを自分のデバイス上で実行したい場合は、「Linux に Azure IoT Edge ランタイムをインストールする」の手順に従います。If you prefer to run the Azure IoT Edge runtime on your own device, follow instructions at Install the Azure IoT Edge runtime on Linux.

IoT Hub の作成Create an IoT hub

このクイック スタートでは、最初に Azure CLI を使用して IoT ハブを作成します。Start the quickstart by creating an IoT hub with Azure CLI.

図 - クラウドで IoT ハブを作成する

このクイック スタートでは無料レベルの IoT Hub を使用できます。The free level of IoT Hub works for this quickstart. IoT Hub を以前に使用したことがあり、無料のハブを作成済みである場合は、その IoT ハブを使用できます。If you've used IoT Hub in the past and already have a free hub created, you can use that IoT hub. 各サブスクリプションで使用できる無料 IoT ハブは 1 つのみです。Each subscription can only have one free IoT hub.

次のコードにより、無料の F1 ハブがリソース グループ IoTEdgeResources に作成されます。The following code creates a free F1 hub in the resource group IoTEdgeResources. {hub_name} は、IoT ハブの一意の名前に置き換えてください。Replace {hub_name} with a unique name for your IoT hub.

az iot hub create --resource-group IoTEdgeResources --name {hub_name} --sku F1

サブスクリプションに無料のハブが既に 1 つあるためにエラーが発生する場合は、SKU を S1 に変更します。If you get an error because there's already one free hub in your subscription, change the SKU to S1. IoT ハブの名前が利用できないというエラーが発生した場合、自分以外のだれかが既にその名前のハブを所有していることを意味します。If you get an error that the IoT Hub name isn't available, it means that someone else already has a hub with that name. 新しい名前を試してください。Try a new name.

IoT Edge デバイスを登録するRegister an IoT Edge device

新しく作成された IoT ハブに IoT Edge デバイスを登録します。Register an IoT Edge device with your newly created IoT hub.

図 - IoT ハブ ID でデバイスを登録する

お使いの IoT ハブと通信できるように、IoT Edge デバイスのデバイス ID を作成します。Create a device identity for your IoT Edge device so that it can communicate with your IoT hub. デバイス ID はクラウドに置かれるので、デバイスの一意の接続文字列を使用して、物理デバイスとデバイス ID とを関連付けることになります。The device identity lives in the cloud, and you use a unique device connection string to associate a physical device to a device identity.

IoT Edge デバイスは、一般的な IoT デバイスとは異なる動作をし、別に管理できるため、この ID は IoT Edge デバイス用として --edge-enabled フラグで宣言します。Since IoT Edge devices behave and can be managed differently than typical IoT devices, declare this identity to be for an IoT Edge device with the --edge-enabled flag.

  1. Azure Cloud Shell で、次のコマンドを入力して、myEdgeDevice という名前のデバイスをハブに作成します。In the Azure cloud shell, enter the following command to create a device named myEdgeDevice in your hub.

    az iot hub device-identity create --hub-name {hub_name} --device-id myEdgeDevice --edge-enabled
    

    iothubowner ポリシー キーに関するエラーが表示された場合は、Cloud Shell で最新バージョンの azure-cli-iot-ext 拡張機能が実行されていることを確認してください。If you get an error about iothubowner policy keys, make sure that your cloud shell is running the latest version of the azure-cli-iot-ext extension.

  2. デバイスの接続文字列を取得します。この接続文字列により、IoT Hub 内で物理デバイスとその ID をリンクさせます。Retrieve the connection string for your device, which links your physical device with its identity in IoT Hub.

    az iot hub device-identity show-connection-string --device-id myEdgeDevice --hub-name {hub_name}
    
  3. JSON 出力から connectionString キーの値をコピーして保存します。Copy the value of the connectionString key from the JSON output and save it. この値はデバイスの接続文字列です。This value is the device connection string. 次のセクションでは、この接続文字列を使用して IoT Edge ランタイムを構成します。You'll use this connection string to configure the IoT Edge runtime in the next section.

    CLI の出力から接続文字列を取得する

IoT Edge デバイスを構成するConfigure your IoT Edge device

IoT Edge デバイス上で Azure IoT Edge ランタイムを開始します。Start the Azure IoT Edge runtime on your IoT Edge device.

図 - デバイス上でランタイムを開始する

IoT Edge ランタイムはすべての IoT Edge デバイスに展開されます。The IoT Edge runtime is deployed on all IoT Edge devices. これは 3 つのコンポーネントで構成されます。It has three components. IoT Edge セキュリティ デーモンは、IoT Edge デバイスが起動するたびに開始され、IoT Edge エージェントを起動してデバイスをブートストラップします。The IoT Edge security daemon starts each time an IoT Edge device boots and bootstraps the device by starting the IoT Edge agent. IoT Edge エージェントは、IoT Edge ハブなど、IoT Edge デバイス上のモジュールの展開と監視を容易にします。The IoT Edge agent facilitates deployment and monitoring of modules on the IoT Edge device, including the IoT Edge hub. IoT Edge ハブは、IoT Edge デバイス上のモジュール間、およびデバイスと IoT ハブの間の通信を管理します。The IoT Edge hub manages communications between modules on the IoT Edge device, and between the device and IoT Hub.

ランタイムの構成中に、デバイスの接続文字列を入力します。During the runtime configuration, you provide a device connection string. Azure CLI から取得した文字列を使用してください。Use the string that you retrieved from the Azure CLI. この文字列によって、Azure 内の IoT Edge デバイス ID と物理デバイスとが関連付けられます。This string associates your physical device with the IoT Edge device identity in Azure.

IoT Edge デバイスに接続文字列を設定するSet the connection string on the IoT Edge device

前提条件で説明したように、Azure IoT Edge を Ubuntu 仮想マシン上で使用している場合、デバイスには IoT Edge ランタイムが既にインストールされています。If you're using the Azure IoT Edge on Ubuntu virtual machine as described in the prerequisites, then your device already has the IoT Edge runtime installed. 必要なのは、前のセクションで取得したデバイスの接続文字列を使用してデバイスを構成することだけです。You just need to configure your device with the device connection string that you retrieved in the previous section. これは、仮想マシンに接続しなくてもリモートで行えます。You can do this remotely without having to connect to the virtual machine. 次のコマンドを実行します。 {device_connection_string} は実際の文字列に置き換えてください。Run the following command, replacing {device_connection_string} with your own string.

az vm run-command invoke -g IoTEdgeResources -n EdgeVM --command-id RunShellScript --script "/etc/iotedge/configedge.sh '{device_connection_string}'"

IoT Edge をローカル コンピューター上または ARM32 あるいは ARM64 デバイス上で実行している場合、IoT Edge ランタイムとその前提条件をデバイスにインストールする必要があります。If you're running IoT Edge on your local machine or an ARM32 or ARM64 device, you need to install the IoT Edge runtime and its prerequisites on your device. Linux 上への Azure IoT Edge ランタイムのインストールに関するページの手順に従ってから、このクイックスタートに戻ります。Follow the instructions in Install the Azure IoT Edge runtime on Linux, then return to this quickstart.

IoT Edge ランタイムの状態を確認するView the IoT Edge runtime status

このクイック スタートの残りのコマンドは、IoT Edge デバイス自体で実行します。これにより、デバイスの動作を実際に確認することができます。The rest of the commands in this quickstart take place on your IoT Edge device itself, so that you can see what's happening on the device. 仮想マシンを使用している場合は、creation コマンドによって出力されたパブリック IP アドレスを使って今すぐそのマシンに接続してください。If you're using a virtual machine, connect to that machine now using the public IP address that was output by the creation command. パブリック IP アドレスは、Azure portal の仮想マシンの概要ページでも確認できます。You can also find the public IP address on your virtual machine's overview page in the Azure portal. 次のコマンドを使用して、仮想マシンに接続します。Use the following command to connect to your virtual machine. 前提条件で推奨されたユーザー名とは別の名前を使用している場合は、 {azureuser} を置き換えます。Replace {azureuser} if you used a different username than the one suggested in the prerequisites. {publicIpAddress} は、実際のマシンのアドレスに置き換えてください。Replace {publicIpAddress} with your machine's address.

ssh azureuser@{publicIpAddress}

IoT Edge デバイスにランタイムが正常にインストールされ、構成されていることを確認します。Verify that the runtime was successfully installed and configured on your IoT Edge device.

ヒント

iotedge コマンドの実行には、昇格された特権が必要です。You need elevated privileges to run iotedge commands. IoT Edge ランタイムのインストール後に初めてマシンにサインインし直すと、アクセス許可は自動的に更新されます。Once you sign out of your machine and sign back in the first time after installing the IoT Edge runtime, your permissions are automatically updated. それまでは、コマンドの前に sudo を使用します。Until then, use sudo in front of the commands.

  1. IoT Edge セキュリティ デーモンがシステム サービスとして実行されていることを確認します。Check to see that the IoT Edge security daemon is running as a system service.

    sudo systemctl status iotedge
    

    IoT Edge デーモンがシステム サービスとして実行されていることを確認する

  2. サービスのトラブルシューティングが必要な場合は、サービス ログを取得します。If you need to troubleshoot the service, retrieve the service logs.

    journalctl -u iotedge
    
  3. ご自身のデバイスで実行されているモジュールを表示します。View the modules running on your device.

    sudo iotedge list
    

    ご自身のデバイス上の 1 つのモジュールを表示する

IoT Edge デバイスの構成はこれで完了です。Your IoT Edge device is now configured. クラウドからモジュールをデプロイして実行することができます。It's ready to run cloud-deployed modules.

モジュールを展開するDeploy a module

Azure IoT Edge デバイスをクラウドから管理し、IoT Hub に利用統計情報を送信するモジュールを展開します。Manage your Azure IoT Edge device from the cloud to deploy a module that will send telemetry data to IoT Hub. 図 - クラウドからデバイスにモジュールを展開するDiagram - deploy module from cloud to device

Azure IoT Edge の主要な機能の 1 つは、クラウドからお客様の IoT Edge デバイスにコードをデプロイできることです。One of the key capabilities of Azure IoT Edge is being able to deploy code to your IoT Edge devices from the cloud. IoT Edge モジュールは、コンテナーとして実装されている実行可能ファイルのパッケージです。IoT Edge modules are executable packages implemented as containers. このセクションでは、Azure Marketplace の IoT Edge モジュールのセクションから事前に構成したモジュールをデプロイします。In this section, you deploy a pre-built module from the IoT Edge Modules section of the Azure Marketplace.

このセクションでデプロイするモジュールはセンサーをシミュレートし、生成されたデータを送信します。The module that you deploy in this section simulates a sensor and sends generated data. シミュレートされたデータを開発とテストに使用できるため、このモジュールは IoT Edge の使用を開始する際にコードの一部として役に立ちます。This module is a useful piece of code when you're getting started with IoT Edge because you can use the simulated data for development and testing. このモジュールで行われる内容を正確に確認したい場合は、シミュレートされた温度センサーのソース コードをご覧いただけます。If you want to see exactly what this module does, you can view the simulated temperature sensor source code.

Azure Marketplace からお客様の最初のモジュールをデプロイするには、次の手順を使用します。To deploy your first module from the Azure Marketplace, use the following steps:

  1. Azure portal で、「Simulated Temperature Sensor」と検索に入力し、Marketplace の結果を開きます。In the Azure portal, enter Simulated Temperature Sensor into the search and open the Marketplace result.

    Azure portal で検索したシミュレートされた温度センサー

  2. モジュールを受け取る IoT Edge デバイスを選択します。Choose an IoT Edge device to receive this module. [IoT Edge モジュールのターゲット デバイス] ページで、次の情報を入力します。On the Target Devices for IoT Edge Module page, provide the following information:

    1. サブスクリプション: 使用している IoT ハブを含むサブスクリプションを選択します。Subscription: select the subscription that contains the IoT hub you're using.

    2. IoT Hub: 使用している IoT ハブ の名前を選択します。IoT Hub: select the name of the IoT hub you're using.

    3. IoT Edge デバイス名: このクイック スタートで提案されているデバイス名を使用した場合は、「myEdgeDevice」と入力します。IoT Edge Device Name: if you used the suggested device name earlier in this quickstart, enter myEdgeDevice. または、 [デバイスの検索] を選択して、お客様の IoT ハブにある IoT Edge デバイスの一覧から選択します。Or, select Find Device to choose from a list of IoT Edge devices in your IoT hub.

    4. 作成 を選択します。Select Create.

  3. Azure Marketplace から IoT Edge モジュールを選択し、モジュールを受け取る IoT Edge デバイスを選択したところで、モジュールのデプロイ方法を正確に定義するために役立つ 3 つの手順のウィザードに進みます。Now that you've chosen an IoT Edge module from the Azure Marketplace, and chosen an IoT Edge device to receive the module, you're taken to a three-step wizard that helps you define exactly how to deploy the module. ウィザードの [モジュールの追加] 手順で、SimulatedTemperatureSensor モジュールが自動的に設定されていることに注目してください。In the Add Modules step of the wizard, notice that the SimulatedTemperatureSensor module is autopopulated. チュートリアルでは、このページを使用して他のモジュールをお客様のデプロイに追加します。In the tutorials, you use this page to add additional modules to your deployment. このクイック スタートでは、この 1 つのモジュールのみをデプロイします。For this quickstart, only deploy this one module. [次へ] を選択して、ウィザードの次の手順に進みます。Select Next to continue to the next step of the wizard.

  4. ウィザードの [ルートの指定] 手順で、モジュール間と IoT Hub に対してメッセージが渡される方法を定義します。In the Specify Routes step of the wizard, you define how messages are passed between modules and to IoT Hub. このクイック スタートでは、すべてのモジュールのすべてのメッセージを IoT Hub ($upstream) に送信します。For the quickstart, you want all messages from all modules to go to IoT Hub ($upstream). 自動的に設定されていない場合は、次のコードを追加し、 [次へ] を選択します。If it's not autopopulated, add the following code then select Next:

     {
     "routes": {
         "route": "FROM /messages/* INTO $upstream"
         }
     }
    
  5. ウィザードの [デプロイの確認] 手順では、IoT Edge デバイスにデプロイされているすべてのモジュールを定義する JSON ファイルをプレビューできます。In the Review Deployment step of the wizard, you can preview the JSON file that defines all the modules that get deployed to your IoT Edge device. SimulatedTemperatureSensor モジュールに加え、edgeAgentedgeHub という 2 つの追加システム モジュールが含まれていることに注目してください。Notice that the SimulatedTemperatureSensor module is included, and two additional system modules called edgeAgent and edgeHub. 確認が完了したら、 [送信] を選択します。Select Submit when you're done reviewing.

    IoT Edge デバイスに新しいデプロイを送信しても、デバイスには何もプッシュされません。When you submit a new deployment to an IoT Edge device, nothing is pushed to your device. 代わりに、デバイスから IoT Hub に対して、新しい指示のクエリが定期的に実行されます。Instead, the device queries IoT Hub regularly for any new instructions. 更新されたデプロイ マニフェストがデバイスによって検出されると、新しいデプロイに関する情報が使用されてクラウドからモジュール イメージがプルされ、ローカルでのモジュールの実行が開始されます。If the device finds an updated deployment manifest, it uses the information about the new deployment to pull the module images from the cloud then starts running the modules locally. このプロセスは数分かかることがあります。This process may take a few minutes.

  6. モジュールのデプロイの詳細を送信すると、ウィザードは IoT ハブの [IoT Edge] ページに戻ります。After you submit the module deployment details, the wizard returns you to the IoT Edge page of your IoT hub. IoT Edge デバイスの一覧からデバイスを選択すると、その詳細が表示されます。Select your device from the list of IoT Edge devices to see its details.

  7. デバイスの詳細ページで、 [モジュール] セクションまで下にスクロールします。On the device details page, scroll down to the Modules section. $edgeAgent、$edgeHub、SimulatedTemperatureSensor という 3 つのモジュールが表示されているはずです。Three modules should be listed: $edgeAgent, $edgeHub, and SimulatedTemperatureSensor. デプロイで指定されたとおりに表示されているのにデバイスによってレポートされていないモジュールが 1 つ以上ある場合、それらはまだお客様の IoT Edge デバイスによって起動中です。If one or more of the modules are listed as specified in deployment but not reported by device, your IoT Edge device is still starting them. 少し待ってから、ページの上部にある [更新] をクリックします。Wait a few moments and select Refresh at the top of the page.

    デプロイ済みのモジュールの一覧に SimulatedTemperatureSensor を表示する

生成されたデータを表示するView generated data

このクイック スタートでは、新しい IoT Edge デバイスを作成し、そこに IoT Edge ランタイムをインストールしました。In this quickstart, you created a new IoT Edge device and installed the IoT Edge runtime on it. その後、Azure portal を使用して、IoT Edge モジュールをデプロイし、デバイス自体を変更せずにモジュールをデバイスで実行しました。Then, you used the Azure portal to deploy an IoT Edge module to run on the device without having to make changes to the device itself.

この場合は、プッシュしたモジュールによって、テストに使用できるサンプル データが作成されます。In this case, the module that you pushed creates sample data that you can use for testing. シミュレートされた温度センサー モジュールによって、後でテストに使用できる環境データが生成されます。The simulated temperature sensor module generates environment data that you can use for testing later. シミュレートされたセンサーは、マシンと、マシンの周囲の環境の両方を監視します。The simulated sensor is monitoring both a machine and the environment around the machine. たとえば、このセンサーは、サーバー ルーム、工場のフロア、または風力タービンに配置されている可能性があります。For example, this sensor might be in a server room, on a factory floor, or on a wind turbine. メッセージには、周囲の温度と湿度、機械の温度と圧力、タイムスタンプが含まれます。The message includes ambient temperature and humidity, machine temperature and pressure, and a timestamp. IoT Edge のチュートリアルでは、このモジュールによって作成されたデータを分析用のテスト データとして使用します。The IoT Edge tutorials use the data created by this module as test data for analytics.

再び IoT Edge デバイスでコマンド プロンプトを開くか、Azure CLI から SSH 接続を使用します。Open the command prompt on your IoT Edge device again, or use the SSH connection from Azure CLI. IoT Edge デバイスで、クラウドからデプロイされたモジュールが実行されていることを確認します。Confirm that the module deployed from the cloud is running on your IoT Edge device:

sudo iotedge list

ご利用のデバイスの 3 つのモジュールを表示する

温度センサー モジュールから送信されているメッセージを確認します。View the messages being sent from the temperature sensor module:

sudo iotedge logs SimulatedTemperatureSensor -f

ヒント

IoT Edge のコマンドでは、モジュール名を参照する際に大文字と小文字が区別されます。IoT Edge commands are case-sensitive when referring to module names.

モジュールからのデータを表示する

Visual Studio Code 用の Azure IoT Hub Toolkit の拡張機能 (旧称: Azure IoT Toolkit 拡張機能) を使用して、IoT ハブに到着したメッセージを監視することもできます。You can also watch the messages arrive at your IoT hub by using the Azure IoT Hub Toolkit extension for Visual Studio Code (formerly Azure IoT Toolkit extension).

リソースのクリーンアップClean up resources

IoT Edge のチュートリアルに進む場合は、このクイック スタートで登録および設定したデバイスを使用できます。If you want to continue on to the IoT Edge tutorials, you can use the device that you registered and set up in this quickstart. それ以外の場合は、課金されないようにするために、作成した Azure リソースを削除してもかまいません。Otherwise, you can delete the Azure resources that you created to avoid charges.

新しいリソース グループで仮想マシンと IoT ハブを作成した場合、そのグループと関連するすべてのリソースを削除できます。If you created your virtual machine and IoT hub in a new resource group, you can delete that group and all the associated resources. リソース グループの内容を再確認して、残しておくべきものがないことを確認してください。Double check the contents of the resource group to make sure that there's nothing you want to keep. グループ全体を削除したくない場合は、リソースを個別に削除してもかまいません。If you don't want to delete the whole group, you can delete individual resources instead.

IoTEdgeResources グループを削除します。Remove the IoTEdgeResources group.

az group delete --name IoTEdgeResources

次の手順Next steps

このクイック スタートでは、IoT Edge デバイスを作成し、Azure IoT Edge クラウド インターフェイスを使用してコードをデバイスにデプロイしました。In this quickstart, you created an IoT Edge device and used the Azure IoT Edge cloud interface to deploy code onto the device. その環境に関する生データを生成するテスト デバイスができあがりました。Now, you have a test device generating raw data about its environment.

次の手順では、ビジネス ロジックを実行する IoT Edge モジュールの作成を開始できるように、ローカル開発環境を設定します。The next step is to set up your local development environment so that you can start creating IoT Edge modules that run your business logic.