Azure IoT Edge のサポートされるシステムAzure IoT Edge supported systems

Azure IoT Edge 製品のサポートを受ける方法は複数あります。There are a variety of ways to seek support for the Azure IoT Edge product.

バグの報告 – Azure IoT Edge 製品に関する開発の大多数は、IoT Edge のオープン ソース プロジェクトで発生します。Reporting bugs – The majority of development that goes into the Azure IoT Edge product happens in the IoT Edge open-source project. バグはプロジェクトの問題ページで報告できます。Bugs can be reported on the issues page of the project. 修正プログラムはプロジェクトが製品の更新プログラムになるまでの時間を早めます。Fixes rapidly make their way from the project in to product updates.

Microsoft カスタマー サポート チームサポート プランに加入しているユーザーは、Azure Portal から直接サポート チケットを作成することで、Microsoft カスタマー サポート チームとやり取りをすることができます。Microsoft Customer Support team – Users who have a support plan can engage the Microsoft Customer Support team by creating a support ticket directly from the Azure portal.

機能の要望 – Azure IoT Edge 製品はその製品のユーザーの声のページを介して機能の要望を追跡します。Feature requests – The Azure IoT Edge product tracks feature requests via the product’s User Voice page.

コンテナー エンジンContainer engines

Azure IoT Edge には、モジュールを起動するためのコンテナー エンジンが必要です。これは、モジュールがコンテナーとして実装されるためです。Azure IoT Edge needs a container engine to launch modules since they are implemented as containers. Microsoft には、この要件を満たすために、moby-engine というコンテナー エンジンが用意されています。Microsoft provides a container engine, moby-engine, to fulfill this requirement. これは Moby オープン ソース プロジェクトをベースとします。It is based on the Moby open-source project. 他にも有名なコンテナー エンジンとして、Docker CE や Docker EE が挙げられます。Docker CE and Docker EE are other popular container engines. これらも Moby オープン ソース プロジェクトをベースとし、Azure IoT Edge と互換性があります。They are also based on the Moby open-source project and are compatible with Azure IoT Edge. Microsoft はこれらのコンテナー エンジンを使用するシステムに対してベスト エフォート サポートを提供しています。ただし、Microsoft はそれらの問題について修正プログラムを発行することができません。Microsoft provides best effort support for systems using those container engines; however, Microsoft does not have the ability to ship fixes for issues in them. この理由から、Microsoft では運用システムで moby-engine を使用することを推奨しています。For this reason, Microsoft recommends using moby-engine on production systems.


コンテナー ランタイムとしての Moby

![Moby as container runtime](./media/support/only-moby-for-production.png)

オペレーティング システムOperating systems

Azure IoT Edge はコンテナーを実行できるほとんどのオペレーティング システムで実行できます。ただし、それらのすべてのシステムが均等にサポートされているわけではありません。Azure IoT Edge runs on most operating systems that can run containers; however, all of these systems are not equally supported. オペレーティング システムは、ユーザーが受けられるサポートのレベルを表す階層別にグループ化されています。Operating systems are grouped into tiers that represent the level of support users can expect.

  • レベル 1 のシステムは公式にサポートされていると見なされます。Tier 1 systems can be thought of as officially supported. レベル 1 のシステムでは、For tier 1 systems, Microsoft:
    • Microsoft がそのオペレーティング システムに対して自動テストを実施しているhas this operating system in automated tests
    • Microsoft がそれらのインストール パッケージを提供しているprovides installation packages for them
  • レベル 2 のシステムは Azure IoT Edge と互換性があり、比較的簡単に使用できると見なされます。Tier 2 systems can be thought of as compatible with Azure IoT Edge and can be used relatively easily. レベル 2 のシステムでは、For tier 2 systems:
    • Microsoft がそのプラットフォームでアドホック テストを実施している、またはパートナーがそのプラットフォーム上で Azure IoT Edge を正常に実行していることを把握しているMicrosoft has done ad hoc testing on the platforms or knows of a partner successfully running Azure IoT Edge on the platform
    • 他のプラットフォーム用のインストール パッケージがそれらのプラットフォームで機能することがあるInstallation packages for other platforms may work on these platforms

ホスト OS のファミリは、モジュールのコンテナー内で使用されるゲスト OS のファミリと常に一致する必要があります。The family of the host OS must always match the family of the guest OS used inside a module's container. つまり、Linux コンテナーは Linux 上でのみ、Windows コンテナーは Windows 上でのみ使用できます。In other words, you can only use Linux containers on Linux and Windows containers on Windows. Windows を使用している場合は、プロセス分離コンテナーのみがサポートされます (Hyper-V 分離コンテナーはサポートされません)。When using Windows, only process isolated containers are supported, not Hyper-V isolated containers.


ホスト OS がゲスト OS に一致する

![Host OS matches guest OS](./media/support/edge-on-device.png)

レベル 1Tier 1

一般公開Generally available

オペレーティング システムOperating System AMD64AMD64 ARM32v7ARM32v7
Raspbian-stretchRaspbian-stretch いいえNo はいYes
Ubuntu Server 16.04Ubuntu Server 16.04 はいYes いいえNo
Ubuntu Server 18.04Ubuntu Server 18.04 はいYes いいえNo
Windows 10 IoT Enterprise ビルド 17763Windows 10 IoT Enterprise, build 17763 はいYes いいえNo
Windows Server 2019 ビルド 17763Windows Server 2019, build 17763 はいYes いいえNo
Windows Server IoT 2019 ビルド 17763Windows Server IoT 2019, build 17763 はいYes いいえNo

パブリック プレビューPublic preview

オペレーティング システムOperating System AMD64AMD64 ARM32v7ARM32v7
Windows 10 IoT Core ビルド 17763Windows 10 IoT Core, build 17763 はいYes いいえNo

上記の Windows オペレーティング システムは、Windows 上で Windows コンテナーを実行するデバイスの要件です。The Windows operating systems listed above are the requirements for devices that run Windows containers on Windows. この構成は、運用環境でサポートされる唯一の構成です。This configuration is the only supported configuration for production. Windows 用の Azure IoT Edge インストール パッケージを使用すると、Windows 上で Linux コンテナーを使用できます。ただし、この構成は開発およびテスト専用です。The Azure IoT Edge installation packages for Windows allow the use of Linux containers on Windows; however, this configuration is for development and testing only. Windows 上で Linux コンテナーを使用することは、運用環境でサポートされる構成ではありません。Use of Linux containers on Windows is not a supported configuration for production. この開発シナリオに使用できるのは、Windows 10 ビルド 14393 以降と、Windows Server 2016 以降のバージョンです。Any version of Windows 10 build 14393 or newer and Windows Server 2016 or newer can be used for this development scenario.

レベル 2Tier 2

オペレーティング システムOperating System AMD64AMD64 ARM32v7ARM32v7
CentOS 7.5CentOS 7.5 はいYes はいYes
Debian 8Debian 8 はいYes はいYes
Debian 9Debian 9 はいYes はいYes
RHEL 7.5RHEL 7.5 はいYes はいYes
Ubuntu 18.04Ubuntu 18.04 はいYes はいYes
Ubuntu 16.04Ubuntu 16.04 はいYes はいYes
Wind River 8Wind River 8 はいYes いいえNo
YoctoYocto はいYes いいえNo

Virtual MachinesVirtual Machines

Azure IoT Edge は仮想マシンで実行できます。Azure IoT Edge can be run in virtual machines. 仮想マシンを IoT Edge デバイスとして使用することは、エッジ インテリジェンスで既存のインフラストラクチャを拡張しようとする場合によく行われます。Using a virtual machine as an IoT Edge device is common when customers want to augment existing infrastructure with edge intelligence. ホスト VM OS のファミリは、モジュールのコンテナー内で使用されるゲスト OS のファミリと一致する必要があります。The family of the host VM OS must match the family of the guest OS used inside a module's container. この要件は、Azure IoT Edge がデバイス上で直接実行されるときと同じです。This requirement is the same as when Azure IoT Edge is run directly on a device. Azure IoT Edge は基盤となる仮想化テクノロジに依存しており、Hyper-V や vSphere などのプラットフォームを使用した VM で動作します。Azure IoT Edge is agnostic of the underlying virtualization technology and works in VMs powered by platforms like Hyper-V and vSphere.


VM 内の Azure IoT Edge

![Azure IoT Edge in a VM](./media/support/edge-on-vm.png)

最小システム要件Minimum system requirements

Azure IoT Edge は、Raspberry Pi3 のような小規模なデバイスから、サーバー グレード ハードウェアまで、幅広いデバイスで快適に動作します。Azure IoT Edge runs great on devices as small as a Raspberry Pi3 to server grade hardware. シナリオに適したハードウェアの選択は、実行するワークロードによって決まります。Choosing the right hardware for your scenario depends on the workloads that you want to run. デバイスを最終的に決定するまでには複雑なプロセスを要する場合もありますが、従来型のラップトップやデスクトップ上でソリューションのプロトタイプを作成することは簡単に開始できます。Making the final device decision can be complicated; however, you can easily start prototyping a solution on traditional laptops or desktops.

プロトタイプ作成の過程で得られた経験は、最終的なデバイスの選択に役立ちます。Experience while prototyping will help guide your final device selection. 考慮すべき質問としては次のようなものがあります。Questions you should consider include:

  • ワークロード内のモジュールはいくつありますか。How many modules are in your workload?
  • モジュールのコンテナーが共有するレイヤーはいくつありますか。How many layers do your modules’ containers share?
  • モジュールはどの言語で作成されていますか。In what language are your modules written?
  • モジュールで処理されるデータはどのくらいですか。How much data will your modules be processing?
  • モジュールには、ワークロードを加速するための特殊なハードウェアが必要ですか。Do your modules need any specialized hardware for accelerating their workloads?
  • ソリューションの望ましいパフォーマンス特性はどのようなものですか。What are the desired performance characteristics of your solution?
  • ハードウェア予算はどのくらいですか。What is your hardware budget?