Azure IoT Hub とはWhat is Azure IoT Hub?

IoT Hub は、クラウド内でホストされているマネージド サービスであり、IoT アプリケーションとそれが管理するデバイスの間の双方向通信に対する中央メッセージ ハブとして機能します。IoT Hub is a managed service, hosted in the cloud, that acts as a central message hub for bi-directional communication between your IoT application and the devices it manages. Azure IoT Hub を使って IoT ソリューションを構築し、何百万もの IoT デバイスとクラウドでホストされたソリューション バックエンドの間に、信頼性が高く、セキュリティで保護された通信を提供できます。You can use Azure IoT Hub to build IoT solutions with reliable and secure communications between millions of IoT devices and a cloud-hosted solution backend. IoT Hub には、ほぼすべてのデバイスを接続できます。You can connect virtually any device to IoT Hub.

IoT Hub は、デバイスからクラウドへと、クラウドからデバイスへの、両方の通信をサポートします。IoT Hub supports communications both from the device to the cloud and from the cloud to the device. IoT Hub は、デバイスとクラウドの間のテレメトリ、デバイスからのファイルのアップロード、クラウドからデバイスを制御するための要求/応答メソッドなど、複数のメッセージング パターンをサポートします。IoT Hub supports multiple messaging patterns such as device-to-cloud telemetry, file upload from devices, and request-reply methods to control your devices from the cloud. IoT Hub の監視は、デバイスの作成、デバイスの障害、デバイスの接続などのイベントを追跡することにより、ソリューションの正常性を維持するのに役立ちます。IoT Hub monitoring helps you maintain the health of your solution by tracking events such as device creation, device failures, and device connections.

IoT Hub の機能を使うと、製造で使われる産業機器の管理、医療での価値の高い資産の追跡、オフィス ビルの使用状況の監視など、スケーラブルで機能を完備した IoT ソリューションを構築できます。IoT Hub's capabilities help you build scalable, full-featured IoT solutions such as managing industrial equipment used in manufacturing, tracking valuable assets in healthcare, and monitoring office building usage.

ソリューションをスケール調整するScale your solution

IoT Hub は、数百万のデバイスの同時接続、および IoT ワークロードをサポートするための毎秒数百万のイベントに対応するようにスケーリングします。IoT Hub scales to millions of simultaneously connected devices and millions of events per second to support your IoT workloads. IoT Hub では、スケーラビリティのニーズに最適になるように、複数のサービス階層が提供されます。IoT Hub offers several tiers of service to best fit your scalability needs. 詳細については、価格に関するページを参照してください。Learn more by checking out the pricing page.

通信のセキュリティ保護Secure your communications

IoT Hub が提供するセキュリティで保護された通信チャネルを使用して、デバイスはデータを送信できます。IoT Hub gives you a secure communication channel for your devices to send data.

  • デバイスごとの認証により、各デバイスは IoT Hub に安全に接続でき、各デバイスを安全に管理できます。Per-device authentication enables each device to connect securely to IoT Hub and for each device to be managed securely.

  • ユーザーは、デバイスのアクセスを完全に制御でき、デバイスごとのレベルで接続を制御できます。You have complete control over device access and can control connections at the per-device level.

  • IoT Hub Device Provisioning Service は、デバイスの初期起動時に、正しい IoT ハブに対してデバイスを自動的にプロビジョニングします。The IoT Hub Device Provisioning Service automatically provisions devices to the right IoT hub when the device first boots up.

  • 複数の認証の種類により、さまざまなデバイス機能がサポートされています。Multiple authentication types support a variety of device capabilities:

    • IoT ソリューションを短時間で使用できるようにする SAS トークン ベースの認証。SAS token-based authentication to quickly get started with your IoT solution.

    • セキュリティで保護された、標準ベースの認証のための、個別の X.509 証明書認証。Individual X.509 certificate authentication for secure, standards-based authentication.

    • 簡単な標準ベースの登録用の X.509 CA 認証。X.509 CA authentication for simple, standards-based enrollment.

デバイス データのルーティングRoute device data

組み込まれているメッセージ ルーティング機能により、ルールに基づく自動メッセージ ファンアウトを柔軟に設定できます。Built-in message routing functionality gives you flexibility to set up automatic rules-based message fan-out:

  • メッセージ ルーティングを使って、ハブがデバイスのテレメトリを送信する場所を制御します。Use message routing to control where your hub sends device telemetry.

  • 複数のエンドポイントにメッセージをルーティングしても、追加コストは発生しません。There is no additional cost to route messages to multiple endpoints.

  • カスタム メッセージ ディスパッチャー コードの代わりに、コードのないルーティング ルールが使われます。No-code routing rules take the place of custom message dispatcher code.

他のサービスとの統合Integrate with other services

IoT Hub を他の Azure サービスと統合して、完全なエンド ツー エンドのソリューションを構築できます。You can integrate IoT Hub with other Azure services to build complete, end-to-end solutions. たとえば、次のようなサービスを使います。For example, use:

  • Azure Event Grid を使うと、信頼性が高く、スケーラブルかつ安全な方法で重要なイベントに迅速に対応できます。Azure Event Grid to enable your business to react quickly to critical events in a reliable, scalable, and secure manner.

  • Azure Logic Apps は、ビジネス プロセスを自動化します。Azure Logic Apps to automate business processes.

  • Azure Machine Learning は、機械学習と AI モデルをソリューションに追加します。Azure Machine Learning to add machine learning and AI models to your solution.

  • Azure Stream Analytics は、デバイスからのデータ ストリーミングに対してリアルタイムの分析計算を実行します。Azure Stream Analytics to run real-time analytic computations on the data streaming from your devices.

デバイスの構成と制御Configure and control your devices

さまざまな組み込み機能を利用して、IoT Hub に接続されたデバイスを管理できます。You can manage your devices connected to IoT Hub with an array of built-in functionality.

  • すべてのデバイスのデバイス メタデータと状態情報を保存、同期、照会します。Store, synchronize, and query device metadata and state information for all your devices.

  • デバイスごとに、またはデバイスの共通特性に基づいて、デバイスの状態を設定します。Set device state either per-device or based on common characteristics of devices.

  • メッセージ ルーティング統合により、デバイスで報告された状態の変化に自動的に対応します。Automatically respond to a device-reported state change with message routing integration.

ソリューションの高可用性化Make your solution highly available

IoT Hub のサービス レベル アグリーメントは 99.9% です。There's a 99.9% Service Level Agreement for IoT Hub. 完全な Azure SLA では、全体としての Azure の可用性の確保について説明します。The full Azure SLA explains the guaranteed availability of Azure as a whole.

デバイスの接続Connect your devices

Azure IoT device SDK のライブラリを使うと、デバイス上で実行して IoT Hub と対話するアプリケーションを作成できます。Use the Azure IoT device SDK libraries to build applications that run on your devices and interact with IoT Hub. 複数の Linux ディストリビューション、Windows、リアルタイム オペレーティング システムなどのプラットフォームがサポートされています。Supported platforms include multiple Linux distributions, Windows, and real-time operating systems. 以下の言語がサポートされています。Supported languages include:

  • CC
  • C#C#
  • JavaJava
  • PythonPython
  • Node.js.Node.js.

IoT Hub と device SDK は、次のプロトコルを使ったデバイスの接続をサポートしています。IoT Hub and the device SDKs support the following protocols for connecting devices:

  • HTTPSHTTPS
  • AMQPAMQP
  • AMQP over WebSocketAMQP over WebSockets
  • MQTTMQTT
  • WebSocket 経由の MQTTMQTT over WebSockets

ソリューションで device ライブラリを使用できない場合、デバイスは MQTT v3.1.1、HTTPS 1.1、または AMQP 1.0 プロトコルを使って、ハブにネイティブに接続できます。If your solution cannot use the device libraries, devices can use the MQTT v3.1.1, HTTPS 1.1, or AMQP 1.0 protocols to connect natively to your hub.

ソリューションがサポートされているどのプロトコルも使用できない場合は、カスタム プロトコルをサポートするように IoT Hub を拡張できます。If your solution cannot use one of the supported protocols, you can extend IoT Hub to support custom protocols:

クォータと制限Quotas and limits

各 Azure サブスクリプションにはサービスの悪用を防ぐために既定のクォータ制限が設けられており、これらの制限が IoT ソリューションの範囲に影響する可能性があります。Each Azure subscription has default quota limits in place to prevent service abuse, and these limits could impact the scope of your IoT solution. 現在、サブスクリプションごとの IoT ハブの数は 50 個に制限されています。The current limit on a per-subscription basis is 50 IoT hubs per subscription. クォータの増加を要求する場合は、サポートに連絡してください。You can request quota increases by contacting support. クォータ制限の詳細については、次を参照してください。For more details on quota limits:

次の手順Next steps

エンド ツー エンドの IoT ソリューションを試すには、IoT Hub のクイック スタートをご覧ください。To try out an end-to-end IoT solution, check out the IoT Hub quickstarts: