Azure Portal を使用して IoT Hub を作成するCreate an IoT hub using the Azure portal

この記事では、Azure portal を使用して、IoT ハブを作成して管理する方法について説明します。This article describes how to create and manage IoT hubs using the Azure portal.

このチュートリアルの手順を使用するには、Azure サブスクリプションが必要です。To use the steps in this tutorial, you need an Azure subscription. Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

IoT Hub の作成Create an IoT hub

ここでは、Azure portal を使用して IoT ハブを作成する方法について説明します。This section describes how to create an IoT hub using the Azure portal.

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure ホームページから [+ リソースの作成] ボタンを選択し、 [Marketplace を検索] フィールドに「IoT Hub」と入力します。From the Azure homepage, select the + Create a resource button, and then enter IoT Hub in the Search the Marketplace field.

  3. 検索結果の [IoT Hub] を選択し、 [作成] を選択します。Select IoT Hub from the search results, and then select Create.

  4. [基本] タブで、次のように各フィールドに入力します。On the Basics tab, complete the fields as follows:

    • サブスクリプション:ハブで使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription to use for your hub.

    • リソース グループ:リソース グループを選択するか、新しく作成します。Resource Group: Select a resource group or create a new one. 新たに作成するには、 [新規作成] を選択して、使用する名前を入力します。To create a new one, select Create new and fill in the name you want to use. 既存のリソース グループを使用するには、そのリソース グループを選択します。To use an existing resource group, select that resource group. 詳しくは、「Manage Azure Resource Manager resource groups (Azure Resource Manager のリソース グループの管理)」をご覧ください。For more information, see Manage Azure Resource Manager resource groups.

    • [リージョン] :ハブを配置するリージョンを選択します。Region: Select the region in which you want your hub to be located. ユーザーに最も近い場所を選択します。Select the location closest to you.

    • [IoT Hub 名] : ハブの名前を入力します。IoT Hub Name: Enter a name for your hub. この名前はグローバルに一意である必要があります。This name must be globally unique. 入力した名前が使用可能な場合は、緑色のチェック マークが表示されます。If the name you enter is available, a green check mark appears.

    重要

    IoT ハブは DNS エンドポイントとして公開されるため、名前を付ける際に機密情報や個人を特定できる情報を入力しないように注意してください。Because the IoT hub will be publicly discoverable as a DNS endpoint, be sure to avoid entering any sensitive or personally identifiable information when you name it.

    Azure portal でハブを作成する

  5. [次へ:Size and scale](次へ: サイズとスケール) を選択して、ハブの作成を続けます。Select Next: Size and scale to continue creating your hub.

    Azure portal を使用して新しいハブのサイズとスケールを設定する

    この画面では、以下の値を設定できます。This screen allows you to set the following values:

    • [価格とスケールティア] : 選択したレベル。Pricing and scale tier: Your selected tier. 必要な機能およびソリューションで 1 日に送信するメッセージの数に応じて、複数のレベルから適切なものを選びます。You can choose from several tiers, depending on how many features you want and how many messages you send through your solution per day. 無料レベルは、テストおよび評価用です。The free tier is intended for testing and evaluation. ハブに接続できるデバイスは 500 個で、1 日に許可されるメッセージ数は最大 8,000 件です。It allows 500 devices to be connected to the hub and up to 8,000 messages per day. Azure サブスクリプションごとに、Free レベルの IoT ハブを 1 つ作成できます。Each Azure subscription can create one IoT hub in the free tier.

    • [IoT Hub ユニット] : ユニットごとに許可される 1 日あたりのメッセージの数は、ハブの価格レベルによって決まります。IoT Hub units: The number of messages allowed per unit per day depends on your hub's pricing tier. たとえば、ハブで 700,000 件のイングレス メッセージをサポートする場合は、S1 レベルのユニットを 2 つ選択します。For example, if you want the hub to support ingress of 700,000 messages, you choose two S1 tier units. 他のレベルのオプションについて詳しくは、適切な IoT Hub レベルの選択に関するページをご覧ください。For details about the other tier options, see Choosing the right IoT Hub tier.

    • [詳細設定] > [Device-to-cloud パーティション] : このプロパティでは、device-to-cloud メッセージがそのメッセージの同時閲覧者数に関連付けられます。Advanced Settings > Device-to-cloud partitions: This property relates the device-to-cloud messages to the number of simultaneous readers of the messages. ほとんどのハブでは、4 つのパーティションのみが必要となります。Most hubs need only four partitions.

  6. この記事では、既定の選択のままにして、 [確認および作成] を選択して選択内容を確認します。For this article, accept the default choices, and then select Review + create to review your choices. 次の画面のようになります。You see something similar to this screen.

    新しいハブを作成するための情報を確認する

  7. [作成] を選択して、新しいハブを作成します。Select Create to create your new hub. ハブの作成には数分かかります。Creating the hub takes a few minutes.

IoT Hub の設定変更Change the settings of the IoT hub

IoT Hub ウィンドウから IoT ハブを作成したら、既存の IoT ハブの設定を変更できます。You can change the settings of an existing IoT hub after it's created from the IoT Hub pane.

IoT Hub の設定を示すスクリーンショット

IoT ハブに対して設定できるプロパティをいくつか以下に示します。Here are some of the properties you can set for an IoT hub:

価格とスケール:このプロパティを使用して、別のレベルに移行したり、IoT Hub ユニットの数を設定したりすることができます。Pricing and scale: You can use this property to migrate to a different tier or set the number of IoT Hub units.

操作の監視:デバイスからクラウドへのメッセージまたはクラウドからデバイスへのメッセージに関連するイベントのログ記録など、さまざまな監視カテゴリをオンまたはオフにします。Operations monitoring: Turn the different monitoring categories on or off, such as logging for events related to device-to-cloud messages or cloud-to-device messages.

IP フィルター:IoT ハブで許可または拒否される IP アドレスの範囲を指定します。IP Filter: Specify a range of IP addresses that will be accepted or rejected by the IoT hub.

[プロパティ] :リソース ID、リソース グループ、場所など、コピーして別の場所で使用できるプロパティのリストが提供されます。Properties: Provides the list of properties that you can copy and use elsewhere, such as the resource ID, resource group, location, and so on.

共有アクセス ポリシーShared access policies

[設定] セクションの [共有アクセス ポリシー] をクリックして、共有アクセス ポリシーのリストを表示したり、変更したりすることもできます。You can also view or modify the list of shared access policies by clicking Shared access policies in the Settings section. これらのポリシーで、IoT Hub に接続するデバイスとサービス用のアクセス許可を定義します。These policies define the permissions for devices and services to connect to IoT Hub.

[追加] をクリックして、 [共有アクセスポリシーを追加] ブレードを開きます。Click Add to open the Add a shared access policy blade. 次の図に示すように、新しいポリシーの名前と、このポリシーに関連付けるアクセス許可を入力できます。You can enter the new policy name and the permissions that you want to associate with this policy, as shown in the following figure:

共有アクセス ポリシーの追加を示すスクリーンショット

  • レジストリの読み取りポリシーとレジストリの書き込みポリシーは、ID レジストリに対する読み取りと書き込みのアクセス権を付与します。The Registry read and Registry write policies grant read and write access rights to the identity registry. これらのアクセス許可は、バックエンド クラウド サービスがデバイス ID の管理に使用します。These permissions are used by back-end cloud services to manage device identities. 書き込みオプションを選択すると、読み取りオプションが自動的に選択されます。Choosing the write option automatically chooses the read option.

  • サービス接続ポリシーは、サービス エンドポイントへのアクセス許可を付与します。The Service connect policy grants permission to access service endpoints. このアクセス許可は、デバイスからのメッセージの送受信やデバイス ツインおよびモジュール ツインのデータの更新および読み取りを行うために、バックエンド クラウド サービスが使用します。This permission is used by back-end cloud services to send and receive messages from devices as well as to update and read device twin and module twin data.

  • デバイス接続ポリシーは、IoT Hub デバイス側エンドポイントを使用してメッセージを送受信するためのアクセス許可を付与します。The Device connect policy grants permissions for sending and receiving messages using the IoT Hub device-side endpoints. このアクセス許可は、IoT Hub からのメッセージの送受信、デバイス ツインおよびモジュール ツインのデータの更新および読み取り、およびファイルのアップロードを実行するために、デバイスが使用します。This permission is used by devices to send and receive messages from an IoT hub, update and read device twin and module twin data, and perform file uploads.

[作成] をクリックして、この新しく作成されたポリシーを既存のリストに追加します。Click Create to add this newly created policy to the existing list.

特定のアクセス許可によって付与されるアクセスの詳細については、IoT Hub のアクセス許可に関するセクションを参照してください。For more detailed information about the access granted by specific permissions, see IoT Hub permissions.

IoT ハブのメッセージ ルーティングMessage Routing for an IoT hub

[メッセージング][メッセージ ルーティング] をクリックして、メッセージ ルーティング ウィンドウを表示します。ここでハブのルートとカスタム エンドポイントを定義することができます。Click Message Routing under Messaging to see the Message Routing pane, where you define routes and custom endpoints for the hub. メッセージ ルーティング では、デバイスからエンドポイントへのデータの送信方法を管理することができます。Message routing enables you to manage how data is sent from your devices to your endpoints. 最初の手順では、新しいルートを追加します。The first step is to add a new route. その後、ルートに既存のエンドポイントを追加したり、Blob Storage など、サポートされる新しい種類のいずれかを作成したりすることができます。Then you can add an existing endpoint to the route, or create a new one of the types supported, such as blob storage.

メッセージ ルーティング ウィンドウ

RoutesRoutes

[ルート] は、メッセージ ルーティング ウィンドウで最初のタブです。Routes is the first tab on the Message Routing pane. 新しいルートを追加するには、[+ 追加] をクリックします。To add a new route, click +Add. 次の画面が表示されます。You see the following screen.

新しいルートの追加を示すスクリーンショット

ハブに名前を付けます。Name your hub. 名前は、そのハブのルートのルート リスト内で一意である必要があります。The name must be unique within the list of routes for that hub.

[エンドポイント] では、ドロップダウン リストのいずれかを選択したり、新しいものを追加したりすることができます。For Endpoint, you can select one from the dropdown list, or add a new one. この例では、ストレージ アカウントとコンテナーは既に使用可能です。In this example, a storage account and container are already available. それらをエンドポイントとして追加するには、エンドポイント ドロップダウンの横にある [+ 追加] をクリックして、 [Blob Storage] を選択します。To add them as an endpoint, click +Add next to the Endpoint dropdown and select Blob Storage. 次の画面には、ストレージ アカウントとコンテナーが指定されている場所が示されています。The following screen shows where the storage account and container are specified.

ルーティング規則用のストレージ エンドポイントの追加を示すスクリーンショット

[コンテナーを選択します] をクリックして、ストレージ アカウントとコンテナーを選択します。Click Pick a container to select the storage account and container. これらのフィールドを選択すると、エンドポイント ウィンドウに戻ります。When you have selected those fields, it returns to the Endpoint pane. 残りのフィールドでは既定値を使用して、 [作成] を選択してストレージ アカウントのエンドポイントを作成し、それをルーティング規則に追加します。Use the defaults for the rest of the fields and Create to create the endpoint for the storage account and add it to the routing rules.

[データ ソース] では、[Device Telemetry Messages](デバイス テレメトリ メッセージ) を選びます。For Data source, select Device Telemetry Messages.

次に、ルーティング クエリを追加します。Next, add a routing query. この例では、critical と同じ値の level と呼ばれるアプリケーション プロパティを含むメッセージが、ストレージ アカウントにルーティングされます。In this example, the messages that have an application property called level with a value equal to critical are routed to the storage account.

新しいルーティング規則の保存を示すスクリーンショット

[保存] をクリックして、ルーティング規則を保存します。Click Save to save the routing rule. メッセージ ルーティング ウィンドウに戻ると、新しいルーティング規則が表示されます。You return to the Message Routing pane, and your new routing rule is displayed.

カスタム エンドポイントCustom endpoints

[カスタム エンドポイント] タブをクリックします。既に作成されているカスタム エンドポイントがすべて表示されます。Click the Custom endpoints tab. You see any custom endpoints already created. ここで、新しいエンドポイントを追加したり、既存のエンドポイントを削除したりすることができます。From here, you can add new endpoints or delete existing endpoints.

注意

ルートを削除しても、そのルートに割り当てられているエンドポイントは削除されません。If you delete a route, it does not delete the endpoints assigned to that route. エンドポイントを削除するには、[カスタム エンドポイント] タブをクリックして、削除するエンドポイントを選択し、[削除] をクリックします。To delete an endpoint, click the Custom endpoints tab, select the endpoint you want to delete, and click Delete.

カスタム エンドポイントの詳細については、「リファレンス - IoT Hub エンドポイント」を参照してください。You can read more about custom endpoints in Reference - IoT hub endpoints.

IoT ハブに対して最大 10 個のカスタム エンドポイントを定義できます。You can define up to 10 custom endpoints for an IoT hub.

ルーティングでカスタム エンドポイントを使用する方法の完全な例を確認する場合は、IoT Hub でのメッセージ ルーティングに関するページを参照してください。To see a full example of how to use custom endpoints with routing, see Message routing with IoT Hub.

特定の IoT ハブを見つけるFind a specific IoT hub

サブスクリプション内の特定の IoT ハブを見つける方法は次の 2 つです。Here are two ways to find a specific IoT hub in your subscription:

  1. IoT ハブが属しているリソース グループがわかっている場合は、 [リソース グループ] をクリックし、リストからリソース グループを選択します。If you know the resource group to which the IoT hub belongs, click Resource groups, then select the resource group from the list. リソース グループ画面には、IoT ハブを含め、そのグループ内のすべてのリソースが表示されます。The resource group screen shows all of the resources in that group, including the IoT hubs. 探しているハブをクリックします。Click on the hub for which you're looking.

  2. [すべてのリソース] をクリックします。Click All resources. [すべてのリソース] ウィンドウには、既定で All types に設定されているドロップダウン リストがあります。On the All resources pane, there is a dropdown list that defaults to All types. ドロップダウン リストをクリックして、Select all をオフにします。Click on the dropdown list, uncheck Select all. IoT Hub を見つけて、オンにします。Find IoT Hub and check it. ドロップダウン リスト ボックスをクリックして閉じると、エントリがフィルター処理され、自分の IoT ハブのみが表示されます。Click on the dropdown list box to close it, and the entries will be filtered, showing only your IoT hubs.

IoT Hub の削除Delete the IoT hub

IoT ハブを削除するには、削除する IoT ハブを見つけて、IoT ハブ名の下にある [削除] ボタンをクリックします。To delete an Iot hub, find the IoT hub you want to delete, then click the Delete button below the IoT hub name.

次の手順Next steps

Azure IoT Hub の管理についてさらに学習するには、次のリンクを使用してください。Follow these links to learn more about managing Azure IoT Hub: