New-AzIotHub コマンドレットを使用して IoT ハブを作成するCreate an IoT hub using the New-AzIotHub cmdlet

はじめにIntroduction

Azure PowerShell コマンドレットを使用すると、Azure IoT Hub を作成して管理できます。You can use Azure PowerShell cmdlets to create and manage Azure IoT hubs. このチュートリアルでは、PowerShell を使用して IoT Hub を作成する方法を説明します。This tutorial shows you how to create an IoT hub with PowerShell.

このハウツー記事を完了するには、Azure サブスクリプションが必要です。To complete this how-to, you need an Azure subscription. Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。Azure hosts Azure Cloud Shell, an interactive shell environment that you can use through your browser. Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。You can use either Bash or PowerShell with Cloud Shell to work with Azure services. ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。You can use the Cloud Shell preinstalled commands to run the code in this article without having to install anything on your local environment.

Azure Cloud Shell を開始するには:To start Azure Cloud Shell:

オプションOption 例とリンクExample/Link
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。Selecting Try It doesn't automatically copy the code to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Go to https://shell.azure.com, or select the Launch Cloud Shell button to open Cloud Shell in your browser. 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動するLaunch Cloud Shell in a new window
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the top-right menu bar in the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:To run the code in this article in Azure Cloud Shell:

  1. Cloud Shell を開始します。Start Cloud Shell.

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。Select the Copy button on a code block to copy the code.

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。Paste the code into the Cloud Shell session by selecting Ctrl+Shift+V on Windows and Linux or by selecting Cmd+Shift+V on macOS.

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。Select Enter to run the code.

Azure サブスクリプションへの接続Connect to your Azure subscription

Cloud Shell を使用している場合は、既にサブスクリプションにログインしています。If you are using the Cloud Shell, you are already logged in to your subscription. そうではなく、PowerShell をローカルに実行している場合は、次のコマンドを入力して Azure サブスクリプションにサインインします。If you are running PowerShell locally instead, enter the following command to sign in to your Azure subscription:

# Log into Azure account.
Login-AzAccount

リソース グループの作成Create a resource group

IoT Hub をデプロイするためのリソース グループが必要です。You need a resource group to deploy an IoT hub. 既存のリソース グループを使用することも、新しいリソース グループを作成することもできます。You can use an existing resource group or create a new one.

お使いの IoT ハブ用のリソース グループを作成するには、New-AzResourceGroup コマンドを使用します。To create a resource group for your IoT hub, use the New-AzResourceGroup command. この例では、米国東部リージョンに MyIoTRG1 というリソース グループを作成しています。This example creates a resource group called MyIoTRG1 in the East US region:

New-AzResourceGroup -Name MyIoTRG1 -Location "East US"

IoT Hub の作成Create an IoT hub

前の手順で作成したリソース グループに IoT ハブを作成するには、New-AzIotHub コマンドを使用します。To create an IoT hub in the resource group you created in the previous step, use the New-AzIotHub command. この例では、米国東部リージョンに MyTestIoTHub という S1 ハブを作成しています。This example creates an S1 hub called MyTestIoTHub in the East US region:

New-AzIotHub `
    -ResourceGroupName MyIoTRG1 `
    -Name MyTestIoTHub `
    -SkuName S1 -Units 1 `
    -Location "East US"

IoT ハブの名前は、グローバルに一意である必要があります。The name of the IoT hub must be globally unique.

重要

IoT ハブは DNS エンドポイントとして公開されるため、名前を付ける際に機密情報や個人を特定できる情報を入力しないように注意してください。Because the IoT hub will be publicly discoverable as a DNS endpoint, be sure to avoid entering any sensitive or personally identifiable information when you name it.

Get-AzIotHub コマンドを使用して、お使いのサブスクリプションに含まれるすべての IoT ハブを一覧表示できます。You can list all the IoT hubs in your subscription using the Get-AzIotHub command:

Get-AzIotHub

この例では、前のステップで作成した S1 Standard IoT Hub を示します。This example shows the S1 Standard IoT Hub you created in the previous step.

IoT ハブを削除するには、Remove-AzIotHub コマンドを使用します。You can delete the IoT hub using the Remove-AzIotHub command:

Remove-AzIotHub `
    -ResourceGroupName MyIoTRG1 `
    -Name MyTestIoTHub

また、Remove-AzResourceGroup コマンドを使用して、リソース グループとそのグループに含まれるすべてのリソースを削除することもできます。Alternatively, you can remove a resource group and all the resources it contains using the Remove-AzResourceGroup command:

Remove-AzResourceGroup -Name MyIoTRG1

次の手順Next steps

ここでは、PowerShell コマンドレットを使用して IoT ハブをデプロイしました。さらに詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。Now you have deployed an IoT hub using a PowerShell cmdlet, if you want to explore further, check out the following articles:

IoT Hub の開発に関する詳細については、以下の記事をご覧ください。To learn more about developing for IoT Hub, see the following articles:

IoT Hub の機能を詳しく調べるには、次のリンクを使用してください。To further explore the capabilities of IoT Hub, see: