IoT Hub に対するその他のプロトコルのサポートSupport additional protocols for IoT Hub

Azure IoT Hub は MQTT、AMQP、および HTTPS プロトコルを介した通信をネイティブでサポートします。Azure IoT Hub natively supports communication over the MQTT, AMQP, and HTTPS protocols. 場合によっては、デバイスまたはフィールド ゲートウェイでこれらの標準プロトコルをいずれも使用できず、プロトコルの適応が必要になることがあります。In some cases, devices or field gateways might not be able to use one of these standard protocols and require protocol adaptation. このような場合は、カスタム ゲートウェイを使用できます。In such cases, you can use a custom gateway. カスタム ゲートウェイによって IoT Hub との間のトラフィックをブリッジすることにより、IoT Hub エンドポイントにプロトコルを適応できます。A custom gateway enables protocol adaptation for IoT Hub endpoints by bridging the traffic to and from IoT Hub. IoT Hub に対するプロトコルの適用を可能にするには、 Azure IoT プロトコル ゲートウェイ をカスタム ゲートウェイとして使用します。You can use the Azure IoT protocol gateway as a custom gateway to enable protocol adaptation for IoT Hub.

Azure IoT プロトコル ゲートウェイAzure IoT protocol gateway

Azure IoT プロトコル ゲートウェイは、IoT Hub との大規模双方型デバイス通信用に設計された、プロトコル適応用フレームワークです。The Azure IoT protocol gateway is a framework for protocol adaptation that is designed for high-scale, bidirectional device communication with IoT Hub. プロトコル ゲートウェイは、特定のプロトコルを介してデバイスの接続を受け入れるパススルー コンポーネントです。The protocol gateway is a pass-through component that accepts device connections over a specific protocol. AMQP 1.0 経由の IoT Hub へのトラフィックをブリッジします。It bridges the traffic to IoT Hub over AMQP 1.0.

プロトコル ゲートウェイは、Azure Service Fabric、Azure Cloud Services の worker ロール、または Windows Virtual Machines を使用することで、高度にスケーラブルな方法で Azure にデプロイできます。You can deploy the protocol gateway in Azure in a highly scalable way by using Azure Service Fabric, Azure Cloud Services worker roles, or Windows Virtual Machines. さらに、プロトコル ゲートウェイはフィールド ゲートウェイなどのオンプレミス環境にデプロイできます。In addition, the protocol gateway can be deployed in on-premises environments, such as field gateways.

Azure IoT プロトコル ゲートウェイには、必要な場合は MQTT プロトコルの動作をカスタマイズできるようにする MQTT プロトコル アダプターが含まれています。The Azure IoT protocol gateway includes an MQTT protocol adapter that enables you to customize the MQTT protocol behavior if necessary. IoT Hub では MQTT v3.1.1 プロトコルの組み込みサポートを提供しているため、プロトコルのカスタマイズが必要な場合または追加機能に対して特定の要件が必要な場合にのみ MQTT プロトコル アダプターの使用を検討してください。Since IoT Hub provides built-in support for the MQTT v3.1.1 protocol, you should only consider using the MQTT protocol adapter if protocol customizations or specific requirements for additional functionality are required.

MQTT アダプターは、その他のプロトコルのプロトコル アダプターを構築するためのプログラミング モデルにもなっています。The MQTT adapter also demonstrates the programming model for building protocol adapters for other protocols. さらに、Azure IoT プロトコル ゲートウェイのプログラミング モデルでは、カスタム認証、メッセージの変換、圧縮/圧縮解除、デバイスと IoT Hub 間のトラフィックの暗号化/暗号化解除などの特殊な処理を行うために、カスタム コンポーネントを接続することができます。In addition, the Azure IoT protocol gateway programming model allows you to plug in custom components for specialized processing such as custom authentication, message transformations, compression/decompression, or encryption/decryption of traffic between the devices and IoT Hub.

柔軟性を高めるために、Azure IoT プロトコル ゲートウェイと MQTT の実装はオープン ソース ソフトウェア プロジェクトで提供されます。For flexibility, the Azure IoT protocol gateway and MQTT implementation are provided in an open-source software project. オープンソース プロジェクトを使用して、さまざまなプロトコルやプロトコル バージョンのサポートを追加したり、シナリオに合わせて実装をカスタマイズしたりできます。You can use the open-source project to add support for various protocols and protocol versions, or customize the implementation for your scenario.

次の手順Next steps

Azure IoT プロトコル ゲートウェイについて、およびそれを IoT ソリューションの一部として使用およびデプロイする方法については、以下をご覧ください。To learn more about the Azure IoT protocol gateway and how to use and deploy it as part of your IoT solution, see:

IoT Hub のデプロイの計画に関する詳細については、以下をご覧ください。To learn more about planning your IoT Hub deployment, see: