クイック スタート:デバイスから IoT ハブに利用統計情報を送信してバックエンド アプリケーションで読み取る (C)Quickstart: Send telemetry from a device to an IoT hub and read it with a back-end application (C)

IoT Hub は、保管や処理のために IoT デバイスから大量の利用統計情報をクラウドに取り込むことを可能にする Azure サービスです。IoT Hub is an Azure service that enables you to ingest high volumes of telemetry from your IoT devices into the cloud for storage or processing. このクイック スタートでは、シミュレートされたデバイス アプリケーションから、IoT ハブを経由して、処理のためのバックエンド アプリケーションに、利用統計情報を送信します。In this quickstart, you send telemetry from a simulated device application, through IoT Hub, to a back-end application for processing.

クイック スタートでは、C 対応の Azure IoT device SDK から C サンプル アプリケーションを使用して、IoT ハブに利用統計情報を送信します。The quickstart uses a C sample application from the Azure IoT device SDK for C to send telemetry to an IoT hub. Azure IoT device SDK は、移植性と広範なプラットフォーム互換性のために、ANSI C (C99) で作成されています。The Azure IoT device SDKs are written in ANSI C (C99) for portability and broad platform compatibility. サンプル コードを実行する前に、IoT ハブを作成して、そのハブを使ってシミュレートされたデバイスを登録します。Before running the sample code, you will create an IoT hub and register the simulated device with that hub.

この記事は Windows 用に書かれていますが、Linux 上でも、このクイックスタートを完了できます。This article is written for Windows, but you can complete this quickstart on Linux as well.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。Azure hosts Azure Cloud Shell, an interactive shell environment that you can use through your browser. Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。You can use either Bash or PowerShell with Cloud Shell to work with Azure services. ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。You can use the Cloud Shell preinstalled commands to run the code in this article without having to install anything on your local environment.

Azure Cloud Shell を開始するには:To start Azure Cloud Shell:

オプションOption 例とリンクExample/Link
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。Selecting Try It doesn't automatically copy the code to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Go to https://shell.azure.com, or select the Launch Cloud Shell button to open Cloud Shell in your browser. 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動するLaunch Cloud Shell in a new window
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the top-right menu bar in the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:To run the code in this article in Azure Cloud Shell:

  1. Cloud Shell を開始します。Start Cloud Shell.

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。Select the Copy button on a code block to copy the code.

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。Paste the code into the Cloud Shell session by selecting Ctrl+Shift+V on Windows and Linux or by selecting Cmd+Shift+V on macOS.

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。Select Enter to run the code.

Azure サブスクリプションがない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don’t have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

  • "C++ によるデスクトップ開発" ワークロードを有効にした Visual Studio 2019 をインストールします。Install Visual Studio 2019 with the 'Desktop development with C++' workload enabled.

  • 最新バージョンの Git をインストールします。Install the latest version of Git.

  • 次のコマンドを実行して、Microsoft Azure IoT Extension for Azure CLI を Cloud Shell インスタンスに追加します。Run the following command to add the Microsoft Azure IoT Extension for Azure CLI to your Cloud Shell instance. IoT Hub、IoT Edge、IoT Device Provisioning Service (DPS) 固有のコマンドが Azure CLI に追加されます。The IOT Extension adds IoT Hub, IoT Edge, and IoT Device Provisioning Service (DPS) specific commands to Azure CLI.

    az extension add --name azure-cli-iot-ext
    

開発環境の準備Prepare the development environment

このクイック スタートでは、C 対応の Azure IoT device SDK を使用します。For this quickstart, you'll be using the Azure IoT device SDK for C.

以下の環境にこれらのパッケージとライブラリをインストールして、SDK を使用できます。For the following environments, you can use the SDK by installing these packages and libraries:

  • Linux: CPU アーキテクチャ amd64、arm64、armhf、および i386 を使用して、Ubuntu 16.04 および 18.04 用に apt-get パッケージが利用可能です。Linux: apt-get packages are available for Ubuntu 16.04 and 18.04 using the following CPU architectures: amd64, arm64, armhf, and i386. 詳細については、「Using apt-get to create a C device client project on Ubuntu」(apt-get を使用して Ubuntu 上に C デバイス クライアント プロジェクトを作成する) を参照してください。For more information, see Using apt-get to create a C device client project on Ubuntu.

  • mbed: mbed プラットフォーム上にデバイス アプリケーションを作成している開発者向けに、ライブラリとサンプルを公開しています。これを利用して、Azure IoT Hub の使用をすぐに開始できます。mbed: For developers creating device applications on the mbed platform, we've published a library and samples that will get you started in minutes witH Azure IoT Hub. 詳細については、mbed ライブラリの使用に関するページを参照してください。For more information, see Use the mbed library.

  • Arduino: Arduino で開発している場合、Arduino IDE ライブラリ マネージャーで利用可能な Azure IoT ライブラリを活用できます。Arduino: If you're developing on Arduino, you can leverage the Azure IoT library available in the Arduino IDE library manager. 詳細については、Arduino 対応の Azure IoT Hub ライブラリに関するページを参照してください。For more information, see The Azure IoT Hub library for Arduino.

  • iOS: IoT Hub Device SDK は、Mac および iOS デバイス開発の CocoaPods として利用可能です。iOS: The IoT Hub Device SDK is available as CocoaPods for Mac and iOS device development. 詳細については、Microsoft Azure IoT の iOS サンプルに関するページを参照してください。For more information, see iOS Samples for Microsoft Azure IoT.

ただし、このクイック スタートでは、クローンに使用される開発環境を準備して、GitHub から Azure IoT C SDK をビルドします。However, in this quickstart, you'll prepare a development environment used to clone and build the Azure IoT C SDK from GitHub. GitHub 上の SDK には、このクイック スタートで使用されるサンプル コードが含まれます。The SDK on GitHub includes the sample code used in this quickstart.

  1. CMake ビルド システムをダウンロードします。Download the CMake build system.

    CMake のインストールを開始する前に、Visual Studio の前提条件 (Visual Studio と "C++ によるデスクトップ開発" ワークロード) が マシンにインストールされていることが重要です。It's important that the Visual Studio prerequisites (Visual Studio and the 'Desktop development with C++' workload) are installed on your machine, before starting the CMake installation. 前提条件を満たし、ダウンロードを検証したら、CMake ビルド システムをインストールします。Once the prerequisites are in place, and the download is verified, install the CMake build system.

  2. コマンド プロンプトまたは Git Bash シェルを開き、Azure IoT C SDK を複製する作業ディレクトリに移動します。Open a command prompt or Git Bash shell and navigate to a working directory that you want to clone the Azure IoT C SDK into. 次のコマンドを実行して、Azure IoT C SDK の GitHub リポジトリを複製します。Execute the following command to clone the Azure IoT C SDK GitHub repository:

    git clone https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c.git --recursive
    

    この操作は、完了するまでに数分かかります。You should expect this operation to take several minutes to complete.

  3. git リポジトリのルート ディレクトリに cmake サブディレクトリを作成し、そのフォルダーに移動します。Create a cmake subdirectory in the root directory of the git repository, and navigate to that folder. 作業ディレクトリから次のコマンドを入力します。Enter the following commands from your working directory:

    cd azure-iot-sdk-c
    mkdir cmake
    cd cmake
    
  4. 次のコマンドを実行して、開発クライアント プラットフォームに固有の SDK のバージョンをビルドします。Run the following command to build a version of the SDK specific to your development client platform. シミュレートされたデバイスの Visual Studio ソリューションが cmake ディレクトリに生成されます。A Visual Studio solution for the simulated device will be generated in the cmake directory.

    cmake ..
    

    cmake で C++ コンパイラが見つからない場合は、上記のコマンドの実行中にビルド エラーが発生している可能性があります。If cmake doesn't find your C++ compiler, you might get build errors while running the above command. これが発生した場合は、Visual Studio コマンド プロンプトでこのコマンドを実行してください。If that happens, try running this command in the Visual Studio command prompt.

    ビルドが成功すると、最後のいくつかの出力行は次のようになります。Once the build succeeds, the last few output lines will look similar to the following output:

    $ cmake ..
    -- Building for: Visual Studio 15 2017
    -- Selecting Windows SDK version 10.0.16299.0 to target Windows 10.0.17134.
    -- The C compiler identification is MSVC 19.12.25835.0
    -- The CXX compiler identification is MSVC 19.12.25835.0
    
    ...
    
    -- Configuring done
    -- Generating done
    -- Build files have been written to: E:/IoT Testing/azure-iot-sdk-c/cmake
    

IoT Hub の作成Create an IoT hub

ここでは、Azure portal を使用して IoT ハブを作成する方法について説明します。This section describes how to create an IoT hub using the Azure portal.

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure ホームページから [+ リソースの作成] ボタンを選択し、 [Marketplace を検索] フィールドに「IoT Hub」と入力します。From the Azure homepage, select the + Create a resource button, and then enter IoT Hub in the Search the Marketplace field.

  3. 検索結果の [IoT Hub] を選択し、 [作成] を選択します。Select IoT Hub from the search results, and then select Create.

  4. [基本] タブで、次のように各フィールドに入力します。On the Basics tab, complete the fields as follows:

    • サブスクリプション:ハブで使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription to use for your hub.

    • リソース グループ:リソース グループを選択するか、新しく作成します。Resource Group: Select a resource group or create a new one. 新たに作成するには、 [新規作成] を選択して、使用する名前を入力します。To create a new one, select Create new and fill in the name you want to use. 既存のリソース グループを使用するには、そのリソース グループを選択します。To use an existing resource group, select that resource group. 詳しくは、「Manage Azure Resource Manager resource groups (Azure Resource Manager のリソース グループの管理)」をご覧ください。For more information, see Manage Azure Resource Manager resource groups.

    • [リージョン] :ハブを配置するリージョンを選択します。Region: Select the region in which you want your hub to be located. ユーザーに最も近い場所を選択します。Select the location closest to you.

    • [IoT Hub 名] : ハブの名前を入力します。IoT Hub Name: Enter a name for your hub. この名前はグローバルに一意である必要があります。This name must be globally unique. 入力した名前が使用可能な場合は、緑色のチェック マークが表示されます。If the name you enter is available, a green check mark appears.

    重要

    IoT ハブは DNS エンドポイントとして公開されるため、名前を付ける際に機密情報や個人を特定できる情報を入力しないように注意してください。Because the IoT hub will be publicly discoverable as a DNS endpoint, be sure to avoid entering any sensitive or personally identifiable information when you name it.

    Azure portal でハブを作成する

  5. [次へ:Size and scale](次へ: サイズとスケール) を選択して、ハブの作成を続けます。Select Next: Size and scale to continue creating your hub.

    Azure portal を使用して新しいハブのサイズとスケールを設定する

    この画面では、以下の値を設定できます。This screen allows you to set the following values:

    • [価格とスケールティア] : 選択したレベル。Pricing and scale tier: Your selected tier. 必要な機能およびソリューションで 1 日に送信するメッセージの数に応じて、複数のレベルから適切なものを選びます。You can choose from several tiers, depending on how many features you want and how many messages you send through your solution per day. 無料レベルは、テストおよび評価用です。The free tier is intended for testing and evaluation. ハブに接続できるデバイスは 500 個で、1 日に許可されるメッセージ数は最大 8,000 件です。It allows 500 devices to be connected to the hub and up to 8,000 messages per day. Azure サブスクリプションごとに、Free レベルの IoT ハブを 1 つ作成できます。Each Azure subscription can create one IoT hub in the free tier.

    • [IoT Hub ユニット] : ユニットごとに許可される 1 日あたりのメッセージの数は、ハブの価格レベルによって決まります。IoT Hub units: The number of messages allowed per unit per day depends on your hub's pricing tier. たとえば、ハブで 700,000 件のイングレス メッセージをサポートする場合は、S1 レベルのユニットを 2 つ選択します。For example, if you want the hub to support ingress of 700,000 messages, you choose two S1 tier units. 他のレベルのオプションについて詳しくは、適切な IoT Hub レベルの選択に関するページをご覧ください。For details about the other tier options, see Choosing the right IoT Hub tier.

    • [詳細設定] > [Device-to-cloud パーティション] : このプロパティでは、device-to-cloud メッセージがそのメッセージの同時閲覧者数に関連付けられます。Advanced Settings > Device-to-cloud partitions: This property relates the device-to-cloud messages to the number of simultaneous readers of the messages. ほとんどのハブでは、4 つのパーティションのみが必要となります。Most hubs need only four partitions.

  6. この記事では、既定の選択のままにして、 [確認および作成] を選択して選択内容を確認します。For this article, accept the default choices, and then select Review + create to review your choices. 次の画面のようになります。You see something similar to this screen.

    新しいハブを作成するための情報を確認する

  7. [作成] を選択して、新しいハブを作成します。Select Create to create your new hub. ハブの作成には数分かかります。Creating the hub takes a few minutes.

デバイスの登録Register a device

デバイスを IoT ハブに接続するには、あらかじめ IoT ハブに登録しておく必要があります。A device must be registered with your IoT hub before it can connect. このセクションでは、IoT 拡張機能と共に Azure Cloud Shell を使用して、シミュレートされたデバイスを登録します。In this section, you'll use the Azure Cloud Shell with the IoT extension to register a simulated device.

  1. Azure Cloud Shell で次のコマンドを実行してデバイス ID を作成します。Run the following command in Azure Cloud Shell to create the device identity.

    YourIoTHubName: このプレースホルダーは、実際の IoT ハブに対して選んだ名前に置き換えてください。YourIoTHubName: Replace this placeholder below with the name you chose for your IoT hub.

    MyCDevice: これは、登録するデバイスの名前です。MyCDevice: This is the name of the device you're registering. 示されているように、MyCDevice を使用することをお勧めします。It's recommended to use MyCDevice as shown. デバイスに別の名前を選択した場合は、この記事全体でその名前を使用する必要があります。また、サンプル アプリケーションを実行する前に、アプリケーション内のデバイス名を更新してください。If you choose a different name for your device, you'll also need to use that name throughout this article, and update the device name in the sample applications before you run them.

    az iot hub device-identity create --hub-name {YourIoTHubName} --device-id MyCDevice
    
  2. Azure Cloud Shell で次のコマンドを実行して、登録したデバイスの "デバイス接続文字列" を取得します。Run the following command in Azure Cloud Shell to get the device connection string for the device you just registered:

    YourIoTHubName: このプレースホルダーは、実際の IoT ハブに対して選んだ名前に置き換えてください。YourIoTHubName: Replace this placeholder below with the name you chose for your IoT hub.

    az iot hub device-identity show-connection-string --hub-name {YourIoTHubName} --device-id MyCDevice --output table
    

    次のようなデバイス接続文字列をメモしておきます。Make a note of the device connection string, which looks like:

    HostName={YourIoTHubName}.azure-devices.net;DeviceId=MyCDevice;SharedAccessKey={YourSharedAccessKey}

    この値は、このクイックスタートの後の方で使用します。You'll use this value later in the quickstart.

シミュレートされた利用統計情報の送信Send simulated telemetry

シミュレートされたデバイス アプリケーションは、IoT ハブ上のデバイス固有のエンドポイントに接続し、シミュレートされた利用統計情報として文字列を送信します。The simulated device application connects to a device-specific endpoint on your IoT hub and sends a string as simulated telemetry.

  1. テキスト エディターを使用して、iothub_convenience_sample.c ソース ファイルを開き、利用統計情報を送信するサンプル コードを確認します。Using a text editor, open the iothub_convenience_sample.c source file and review the sample code for sending telemetry. このファイルは、Azure IoT C SDK を複製した作業ディレクトリの下の次の場所にあります。The file is located in the following location under the working directory where you cloned the Azure IoT C SDK:

    azure-iot-sdk-c\iothub_client\samples\iothub_convenience_sample\iothub_convenience_sample.c
    
  2. 次の connectionString 定数の宣言を探します。Find the declaration of the connectionString constant:

    /* Paste in your device connection string  */
    static const char* connectionString = "[device connection string]";
    

    connectionString 定数の値を、前にメモしたデバイス接続文字列に置き換えます。Replace the value of the connectionString constant with the device connection string you made a note of earlier. その後、iothub_convenience_sample.c への変更を保存します。Then save your changes to iothub_convenience_sample.c.

  3. ローカル ターミナル ウィンドウで、Azure IoT C SDK で作成した CMake ディレクトリの iothub_convenience_sample プロジェクト ディレクトリに移動します。In a local terminal window, navigate to the iothub_convenience_sample project directory in the CMake directory that you created in the Azure IoT C SDK. 作業ディレクトリから次のコマンドを入力します。Enter the following command from your working directory:

    cd azure-iot-sdk-c/cmake/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample
    
  4. ローカル ターミナル ウィンドウで CMake を実行して、更新した connectionString 値を使用してサンプルをビルドします。Run CMake in your local terminal window to build the sample with your updated connectionString value:

    cmake --build . --target iothub_convenience_sample --config Debug
    
  5. ローカル ターミナル ウィンドウで次のコマンドを実行して、シミュレートされたデバイス アプリケーションを実行します。In your local terminal window, run the following command to run the simulated device application:

    Debug\iothub_convenience_sample.exe
    

    次のスクリーンショットは、シミュレートされたデバイス アプリケーションが IoT ハブに利用統計情報を送信したときの出力を示しています。The following screenshot shows the output as the simulated device application sends telemetry to the IoT hub:

    シミュレートされたデバイスを実行する

ハブから利用統計情報を読み取るRead the telemetry from your hub

このセクションでは、IoT 拡張機能と共に Azure Cloud Shell を使用して、シミュレートされたデバイスから送信されるデバイス メッセージを監視します。In this section, you'll use the Azure Cloud Shell with the IoT extension to monitor the device messages that are sent by the simulated device.

  1. Azure Cloud Shell を使用して、次のコマンドを実行して接続し、お使いの IoT ハブからのメッセージを読み取ります。Using the Azure Cloud Shell, run the following command to connect and read messages from your IoT hub:

    YourIoTHubName: このプレースホルダーは、実際の IoT ハブに対して選んだ名前に置き換えてください。YourIoTHubName: Replace this placeholder below with the name you choose for your IoT hub.

    az iot hub monitor-events --hub-name {YourIoTHubName} --output table
    

    Azure CLI を使用してデバイス メッセージを読み取る

リソースのクリーンアップClean up resources

次の推奨記事に進む場合は、既に作成したリソースを維持して、再利用することができます。If you will be continuing to the next recommended article, you can keep the resources you've already created and reuse them.

それ以外の場合は、課金されないようにするために、この記事で作成した Azure リソースを削除してもかまいません。Otherwise, you can delete the Azure resources created in this article to avoid charges.

重要

リソース グループを削除すると、元に戻すことができません。Deleting a resource group is irreversible. リソース グループとそこに含まれるすべてのリソースは完全に削除されます。The resource group and all the resources contained in it are permanently deleted. 間違ったリソース グループやリソースをうっかり削除しないようにしてください。Make sure that you do not accidentally delete the wrong resource group or resources. IoT ハブを、保持したいリソースが含まれている既存のリソース グループ内に作成した場合は、リソース グループを削除するのではなく、IoT Hub リソースだけを削除してください。If you created the IoT Hub inside an existing resource group that contains resources you want to keep, only delete the IoT Hub resource itself instead of deleting the resource group.

名前でリソース グループを削除するには、以下の手順を実行します。To delete a resource group by name:

  1. Azure portal にサインインし、 [リソース グループ] を選択します。Sign in to the Azure portal and select Resource groups.

  2. [名前でフィルター処理してください] テキスト ボックスに、IoT ハブが含まれているリソース グループの名前を入力します。In the Filter by name textbox, type the name of the resource group containing your IoT Hub.

  3. 結果一覧のリソース グループの右側で、 [...][リソース グループの削除] の順に選択します。To the right of your resource group in the result list, select ... then Delete resource group.

    削除

  4. リソース グループの削除の確認を求めるメッセージが表示されます。You will be asked to confirm the deletion of the resource group. 確認のためにもう一度リソース グループの名前を入力し、 [削除] を選択します。Type the name of your resource group again to confirm, and then select Delete. しばらくすると、リソース グループとそこに含まれているすべてのリソースが削除されます。After a few moments, the resource group and all of its contained resources are deleted.

次の手順Next steps

このクイックスタートでは、IoT ハブの設定、デバイスの登録、C アプリケーションによるハブへのシミュレートされた利用統計情報の送信、および Azure Cloud Shell によるハブからの利用統計情報の読み取りを行いました。In this quickstart, you set up an IoT hub, registered a device, sent simulated telemetry to the hub using a C application, and read the telemetry from the hub using the Azure Cloud Shell.

Azure IoT Hub C SDK による開発の詳細については、引き続き次の攻略ガイドを参照してください。To learn more about developing with the Azure IoT Hub C SDK, continue to the following How-to guide: