Azure Explorer for Eclipse を使用して Redis Cache を管理するManaging Redis Caches using the Azure Explorer for Eclipse

Azure Toolkit for Eclipse の一部である Azure Explorer は、Eclipse IDE 内から Azure アカウントの Redis Cache を管理するための使いやすいソリューションを Java 開発者に提供します。The Azure Explorer, which is part of the Azure Toolkit for Eclipse, provides Java developers with an easy-to-use solution for managing redis caches in their Azure account from inside the Eclipse IDE.

前提条件Prerequisites

この記事の手順を完了するには、Azure Toolkit for Eclipse をインストールする必要があります。これには、次のソフトウェア コンポーネントが必要です。To complete the steps in this article, you will need to install the Azure Toolkit for Eclipse, which requires the following software components:

注意

Eclipse Marketplace の Azure Toolkit for Eclipse に関するページに、このツールキットと互換性のあるビルドが一覧表示されています。The Azure Toolkit for Eclipse page at the Eclipse Marketplace lists the builds that are compatible with the toolkit.

[Azure Explorer] ビューの表示Displaying the Azure Explorer view

[Azure Explorer] ビューが Eclipse に表示されていない場合は、以下の手順に従って表示します。If the Azure Explorer view is not visible in Eclipse, display it by doing the following:

  1. [Window](ウィンドウ)[Show View](ビューの表示)[Other](その他) の順にクリックします。Click Window, click Show View, and then click Other.

    [Show View](ビューの表示) コマンド

  2. [Show View](ビューの表示) ダイアログ ボックスで [Azure Explorer] を選択して [OK] をクリックします。In the Show View dialog box, select Azure Explorer, and then click OK.

    [Show View](ビューの表示) ダイアログ ボックス

Eclipse を使用して Redis Cache を作成するCreate a Redis Cache by using Eclipse

次の手順では、Azure Explorer を使って Redis Cache を作成する方法を説明します。The following steps walk you through the steps to create a redis cache using the Azure Explorer.

  1. 記事「Azure Toolkit for Eclipse のサインイン手順」の手順を使用して、Azure アカウントにサインインします。Sign in to your Azure account using the steps in the [Sign In Instructions for the Azure Toolkit for Eclipse] article.

  2. Azure Explorer ツール ウィンドウで、 [Azure] ノードを展開し、 [Redis Cache] を右クリックして、 [Create Redis Cache](Redis Cache の作成) をクリックします。In the Azure Explorer tool window, expand the Azure node, right-click Redis Caches, and then click Create Redis Cache.

    [Create Redis Cache](Redis Cache の作成) メニュー

  3. [新規 Redis Cache] ダイアログ ボックスが表示されたら、次のオプションを指定します。When the New Redis Cache dialog box appears, specify the following options:

    新規 Redis Cache 作成ダイアログ ボックス

    a.a. [DNS 名] : 新しい Redis Cache の DNS サブドメインを指定します。この名前は、".redis.cache.windows.net" の前に付加されます (例: wingtiptoys.redis.cache.windows.net)。DNS Name: Specifies the DNS subdomain for the new redis cache, which is prepended to ".redis.cache.windows.net"; for example: wingtiptoys.redis.cache.windows.net.

    b.b. サブスクリプション:新しい Redis Cache に使う Azure サブスクリプションを指定します。Subscription: Specifies the Azure subscription you want to use for the new redis cache.

    c.c. リソース グループ:Redis Cache のリソース グループを指定します。以下のオプションのいずれかを選ぶ必要があります。Resource Group: Specifies the resource group for your redis cache; you need to choose one of the following options:

    • [新規作成] : 新しいリソース グループを作成することを指定します。Create New: Specifies that you want to create a new resource group.
    • [Use Existing](既存の使用) :Azure アカウントに関連付けられているリソース グループの一覧から選ぶことを指定します。Use Existing: Specifies that you will choose from a list of resource groups associated with your Azure account.

    d.d. [場所] :Redis Cache を作成する場所を指定します (例: 米国西部)。Location: Specifies the location where your redis cache is created; for example, West US.

    e.e. [価格レベル] : Redis Cache が使う価格レベルを指定します。この設定により、クライアント接続の数が決まります。Pricing Tier: Specifies which pricing tier your redis cache uses; this setting determines the number of client connections. 詳しくは、「Redis Cache の価格」をご覧ください。(For more information, see Redis Cache Pricing.)

    f.f. [非 SSL ポート] : Redis Cache が非 SSL 接続を許可するかどうかを指定します。既定では、SSL 接続のみが許可されます。Non-SSL port: Specifies whether your redis cache allows non-SSL connections; by default, only SSL connections are allowed.

  4. Redis Cache のすべての設定を指定したら、 [OK] をクリックします。When you have specified all your redis cache settings, click OK.

Redis Cache が作成されて、Azure Explorer に表示されます。After your redis cache has been created, it will be displayed in the Azure Explorer.

Azure Explorer の Redis Cache

注意

Azure Redis Cache の設定の構成について詳しくは、「Azure Redis Cache の構成方法」をご覧ください。For more information about configuring your Azure redis cache settings, see How to configure Azure Redis Cache.

Eclipse で Redis Cache のプロパティを表示するDisplay the properties for your Redis Cache in Eclipse

  1. Azure Explorer で Redis Cache を右クリックし、 [プロパティの表示] をクリックします。In the Azure Explorer, right-click your redis cache and click Show properties.

    Redis Cache のプロパティを表示する Azure Explorer のコンテキスト メニュー

  2. Azure Explorer で、Redis Cache のプロパティが表示されます。The Azure Explorer displays the properties for your redis cache.

    Redis cache properties

Eclipse を使用して Redis Cache を削除するDelete your Redis Cache by using Eclipse

  1. Azure Explorer で Redis Cache を右クリックし、 [削除] をクリックします。In the Azure Explorer, right-click your redis cache and click Delete.

    Redis Cache を削除する Azure Explorer のコンテキスト メニュー

  2. Redis Cache の削除を確認するメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。Click OK when prompted to delete your redis cache.

    Redis Cache 削除のプロンプト

次の手順Next steps

Azure Redis Cache、構成設定、および料金について詳しくは、次のリンクをご覧ください。For more information about Azure redis caches, configuration settings and pricing, see the following links:

バグを報告したり、新機能をリクエストしたりするには、当社の GitHub リポジトリで問題を作成してください。To report bugs or request new features, create issues on our GitHub repository. または、Stack Overflow でタグ azure-java-tools を使用して質問してください。Or, ask questions on Stack Overflow with tag azure-java-tools.

Azure での Java の使用方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。For more information about using Java with Azure, see the following links: