IntelliJ 用のレガシ ツールキットを使用して Azure 用の Hello World Web アプリを作成するCreate a Hello World web app for Azure using the legacy toolkit for IntelliJ

このチュートリアルでは、Azure Toolkit for IntelliJ バージョン 3.0.6 以前を使用して、Web アプリとして基本的な Hello World アプリケーションを作成し、Azure にデプロイする方法について説明します。This tutorial shows how to create and deploy a basic Hello World application to Azure as a web app by using version 3.0.6 (or earlier) of the Azure Toolkit for IntelliJ.

注意

この記事で使用される Azure Toolkit for Eclipse のバージョンについては、 を使用した Azure 用の Hello World Web アプリの作成に関するページを参照してください。For a version of this article that uses the Azure Toolkit for Eclipse, see Create a Hello World web app for Azure using Eclipse.

重要

Azure Toolkit for IntelliJ は 2017 年 8 月に更新され、別のワークフローが導入されました。The Azure Toolkit for IntelliJ was updated in August 2017 with a different workflow. この記事では、Azure Toolkit for IntelliJ のバージョン 3.0.6 以前を使用して Hello World Web アプリを作成する方法を示します。This article illustrates creating a Hello World web app by using version 3.0.6 (or earlier) of the Azure Toolkit for IntelliJ. バージョン 3.0.7 (以降) のツールキットを使用している場合は、IntelliJ での Azure 用の Hello World Web アプリの作成に関するページの手順に従う必要があります。If you are using the version 3.0.7 (or later) of the toolkit, you will need to follow the steps in Create a Hello World web app for Azure in IntelliJ.

このチュートリアルを完了し、作成したアプリケーションを Web ブラウザーで開くと、次の図のようになります。When you have completed this tutorial, your application will look similar to the following illustration when you view it in a web browser:

Hello World アプリのプレビュー

前提条件Prerequisites

この記事の手順を完了するには、Azure Toolkit for IntelliJ をインストールする必要があります。これには、次のソフトウェア コンポーネントが必要です。To complete the steps in his article, you will need to install the Azure Toolkit for IntelliJ, which requires the following software components:

注意

JetBrains Plugin Repository の Azure Toolkit for IntelliJ に関するページに、このツールキットと互換性のあるビルドが一覧表示されています。The Azure Toolkit for IntelliJ page at the JetBrains Plugin Repository lists the builds that are compatible with the toolkit.

新しい Web アプリ プロジェクトの作成Create a new web app project

  1. Azure Toolkit for IntelliJ の Azure サインイン手順に関する記事の手順を使用して、IntelliJ を起動し、自分の Azure アカウントにサインインします。Start IntelliJ, and sign into your Azure account by using the instructions in the Azure Sign In Instructions for the Azure Toolkit for IntelliJ article.

  2. [ファイル] メニューの [New](新規) をクリックし、 [プロジェクト] をクリックします。Click the File menu, then click New, and then click Project.

    [File (ファイル)]、[New (新規)]、[Project (プロジェクト)]

  3. [New Project](新しいプロジェクトの作成) ダイアログ ボックスで、 [Java][Web Application](Web アプリケーション)[Next](次へ) の順にクリックし、Project SDK を追加します。In the New Project dialog box, select Java, then Web Application, and then click New to add a Project SDK.

    [新しいプロジェクト] ダイアログ

  4. [Select Home Directory for JDK (JDK のホーム ディレクトリの選択)] ダイアログ ボックスで JDK がインストールされているフォルダーを選択し、 [OK] をクリックします。In the Select Home Directory for JDK dialog box, select the folder where your JDK is installed, and then click OK. [New Project (新しいプロジェクト)] ダイアログ ボックスで [Next (次へ)] をクリックして続行します。Click Next in the New Project dialog box to continue.

    JDK ホーム ディレクトリを指定する

  5. このチュートリアルでは、プロジェクトに Java-Web-App-On-Azure という名前を付け、 [Finish (完了)] をクリックします。For purposes of this tutorial, name the project Java-Web-App-On-Azure, and then click Finish.

    [新しいプロジェクト] ダイアログ

  6. IntelliJ の [Project Explorer (プロジェクト エクスプローラー)] ビューで、 [Java-Web-App-On-Azure][Web] の順に展開し、index.jsp をダブルクリックします。Within IntelliJ's Project Explorer view, expand Java-Web-App-On-Azure, then expand web, and then double-click index.jsp.

    インデックスを開くページ

  7. index.jsp ファイルが IntelliJ で開いたら、"Hello World! " を動的に表示するためのテキストをWhen your index.jsp file opens in IntelliJ, add in text to dynamically display Hello World! 既存の <body> 要素に追加します。within the existing <body> element. 更新された <body> コンテンツは、次のようになります。Your updated <body> content should resemble the following example:

    <body><b><% out.println("Hello World!"); %></b></body>
    
  8. index.jsp を保存します。Save index.jsp.

Azure への Web アプリのデプロイDeploy your web app to Azure

Java Web アプリを Azure にデプロイする方法はいくつかあります。There are several ways by which you can deploy a Java web app to Azure. このチュートリアルでは、アプリケーションを Azure Web アプリ コンテナーにデプロイするという最も簡単な方法について説明します。特殊なプロジェクトの種類や追加のツールは必要ありません。This tutorial describes one of the simplest: your application will be deployed to an Azure Web App Container - no special project type nor additional tools are needed. JDK と Web コンテナー ソフトウェアは Azure から提供されるので、自分でアップロードする必要はありません。必要なものは Java Web アプリのみです。The JDK and the web container software will be provided for you by Azure, so there is no need to upload your own; all you need is your Java Web App. 結果として、アプリケーションの発行プロセスにかかる時間は分単位ではなく、秒単位になります。As a result, the publishing process for your application will take seconds, not minutes.

アプリケーションを発行する前に、まずモジュール設定を構成する必要があります。Before you publish your application, you first need to configure your module settings. そのためには、次の手順を実行してください。To do so, use the following steps:

  1. IntelliJ の Project Explorer で、 Java-Web-App-On-Azure プロジェクトを右クリックします。In IntelliJ's Project Explorer, right-click the Java-Web-App-On-Azure project. コンテキスト メニューが表示されたら、 [Open Module Settings (モジュール設定を開く)] をクリックします。When the context menu appears, click Open Module Settings.

    モジュール設定を開く

  2. [プロジェクト構造] ダイアログが表示されます。When the Project Structure dialog box appears:

    a.a. [プロジェクト設定] の一覧で、 [Artifacts (アーティファクト)] をクリックします。Click Artifacts in the list of Project Settings.

    b.b. [名前] ボックスのアーティファクトの名前を、空白または特殊文字が含まれないように変更します。この名前が Uniform Resource Identifier (URI) で使用されるため、変更が必要になります。Change the artifact name in the Name box so that it doesn't contain whitespace or special characters; this is necessary since the name will be used in the Uniform Resource Identifier (URI).

    c.c. [タイプ] を次に変更します: [Web Application: Archive](Web アプリケーション: アーカイブ)Change the Type to Web Application: Archive.

    d.d. [OK] をクリックして、[プロジェクト構造] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Project Structure dialog box.

    モジュール設定を開く

モジュール設定を構成したら、次の手順を使用してアプリケーションを Azure に発行できます。When you have configured your module settings, you can publish your application to Azure by using the following steps:

  1. IntelliJ の Project Explorer で、 Java-Web-App-On-Azure プロジェクトを右クリックします。In IntelliJ's Project Explorer, right-click the Java-Web-App-On-Azure project. コンテキスト メニューが表示されたら、 [Azure][Publish as Azure Web App (Azure Web アプリとして発行)] の順に選択します。When the context menu appears, select Azure, and then click Publish as Azure Web App...

    Azure に発行するためのコンテキスト メニュー

  2. まだ IntelliJ から Azure にサインインしていない場合、Azure アカウントにサインインするように求められます。If you have not already signed in to Azure from IntelliJ, you will be prompted to sign in to your Azure account. (複数の Azure アカウントがある場合、サインイン プロセス中に同じようなプロンプトが何度も表示されることがあります。(If you have multiple Azure accounts, some of the prompts during the sign-in process may be shown more than once, even if they appear to be the same. このような状況の場合、次のサインイン手順を続行します。)When this happens, continue to follow the sign-in instructions.)

    Azure のログイン ダイアログ

  3. Azure アカウントに正常にサインインすると、 [サブスクリプションの管理] ダイアログ ボックスに、資格情報に関連付けられたサブスクリプションの一覧が表示されます。After you have successfully signed in to your Azure account, the Manage Subscriptions dialog box will display a list of subscriptions that are associated with your credentials. (複数のサブスクリプションが表示された場合、その一部のみを使うには、使わないサブスクリプションのチェックボックスを必要に応じてオフにします)。サブスクリプションを選択したら、 [閉じる] をクリックします。(If there are multiple subscriptions listed and you want to work with only a specific subset of them, you may optionally uncheck the subscriptions you don't want to use.) When you have selected your subscriptions, click Close.

    サブスクリプションの管理

  4. [Deploy to Azure Web App Container (Azure Web アプリ コンテナーにデプロイ)] ダイアログ ボックスを開くと、以前に作成した Web アプリ コンテナーがすべて表示されます。コンテナーを作成していない場合、一覧は空欄です。When the Deploy to Azure Web App Container dialog box appears, it will display any Web App containers that you have previously created; if you have not created any containers, the list will be empty.

    アプリ コンテナー

  5. 以前に Azure Web アプリ コンテナーを作成していない場合、またはアプリケーションを新しいコンテナーに発行する場合は、次の手順を実行します。If you have not created an Azure Web App Container before, or if you would like to publish your application to a new container, use the following steps. 作成済みの場合は、既存の Web アプリ コンテナーを選択し、以下の手順 6. に進みます。Otherwise, select an existing Web App Container and skip to step 6 below.

    a.a. + 記号をクリックします。Click the + sign.

    アプリ コンテナーの追加

    b.b. [New Web App Container (新しい Web アプリ コンテナー)] ダイアログ ボックスが表示されます。このコンテナーは、後続のいくつかの手順で使用します。The New Web App Container dialog box will be displayed, which will be used for the next several steps.

    新しいアプリ コンテナー

    c.c. Web アプリ コンテナーの [DNS Label (DNS ラベル)] を入力します。これで、Azure の Web アプリケーションについて、ホスト URL のリーフ DNS ラベルが構成されます。Enter a DNS Label for your Web App Container; this will form the leaf DNS label of the host URL for your web application in Azure. この名前は使用可能であり、Azure Web アプリの名前付け要件に準拠している必要があります。Note that the name must be available and conform to Azure Web App naming requirements.

    d.d. [Web Container (Web コンテナー)] ドロップダウン メニューで、アプリケーションに適したソフトウェアを選択します。In the Web Container drop-down menu, select the appropriate software for your application.

    現在、Tomcat 8、Tomcat 7 または Jetty 9 から選択することができます。Currently, you can choose from Tomcat 8, Tomcat 7 or Jetty 9. 選択したソフトウェアの最新ディストリビューションが Azure で提供され、Azure で提供される JDK の最新ディストリビューションで実行されます。A recent distribution of the selected software will be provided by Azure, and it will run on a recent distribution of the JDK provided by Azure.

    e.e. [サブスクリプション] ドロップダウン メニューで、このデプロイに使用するサブスクリプションを選択します。In the Subscription drop-down menu, select the subscription you want to use for this deployment.

    f.f. [Resource Group (リソース グループ)] ドロップダウン メニューで、Web アプリに関連付けるリソース グループを選択します。In the Resource Group drop-down menu, select the Resource Group with which you want to associate your Web App. (Azure リソース グループを使用すると、関連リソースをグループ化できるため、たとえば、リソースをまとめて削除できます。)(Azure Resource Groups allow you to group related resources together so that, for example, they can be deleted together.)

    (所有している場合は) 既存のリソース グループを選択して、下記のステップ g にスキップするか、以下のステップに従って、新しいリソース グループを作成します。You can select an existing Resource Group (if you have any) and skip to step g below, or use the following steps to create a new Resource Group:

    • [リソース グループ] ドロップダウン メニューから、 <<新規リソース グループの作成>> を選択します。Select << Create new Resource Group >> in the Resource Group drop-down menu.

    • [New Resource Group (新しいリソース グループ)] ダイアログ ボックスが表示されます。The New Resource Group dialog box will be displayed:

      New Resource Group

    • [Name](名前) テキスト ボックスに、新しいリソース グループの名前を入力します。In the Name textbox, specify a name for your new Resource Group.

    • [Region](リージョン) ドロップダウン メニューで、リソース グループに適した Azure データ センターの場所を選択します。In the Region drop-down menu, select the appropriate Azure data center location for your Resource Group.

    • Click OK.Click OK.

    g.g. [App Service Plan (App Service プラン)] ドロップダウン メニューには、選択したリソース グループに関連付けられた App Service プランが表示されます。The App Service Plan drop-down menu lists the app service plans that are associated with the Resource Group that you selected. (App Service プランでは、Web アプリの場所、価格レベル、およびコンピューティング インスタンス サイズなどの情報を指定します。(An App Service Plan specifies information such as the location of your Web App, the pricing tier and the compute instance size. 単一の App Service プランを複数の Web Apps に使用できます。そのため、App Service プランは、特定の Web アプリのデプロイとは別に保持されます。)A single App Service Plan can be used for multiple Web Apps, which is why it is maintained separately from a specific Web App deployment.)

    (所有している場合は) 既存の App Service プランを選択して、下記のステップ h にスキップするか、以下のステップに従って、新しい App Service プランを作成します。You can select an existing App Service Plan (if you have any) and skip to step h below, or use the following steps to create a new App Service Plan:

    • [App Service プラン] ドロップダウン メニューから、 <<新しい App Service プランの作成>> を選択します。Select << Create new App Service Plan >> in the App Service Plan drop-down menu.

    • [New App Service Plan (新しい App Service プラン)] ダイアログ ボックスが表示されます。The New App Service Plan dialog box will be displayed:

      新しい App Service プラン

    • [Name](名前) ボックスに、新しい App Service プランの名前を入力します。In the Name textbox, specify a name for your new App Service Plan.

    • [Location](場所) ドロップダウン メニューで、プランに適した Azure データ センターの場所を選択します。In the Location drop-down menu, select the appropriate Azure data center location for the plan.

    • [Pricing Tier](価格レベル) ドロップダウン メニューで、プランに適した価格を選択します。In the Pricing Tier drop-down menu, select the appropriate pricing for the plan. テスト目的の場合は、 [Free] を選択できます。For testing purposes you can choose Free.

    • [Instance Size](インスタンス サイズ) ドロップダウン メニューで、プランに適したインスタンス サイズを選択します。In the Instance Size drop-down menu, select the appropriate instance size for the plan. テスト目的の場合は、 [Small] を選択できます。For testing purposes you can choose Small.

    • Click OK.Click OK.

    h.h. (オプション) 既定では、Java 8 の最新のディストリビューションは、Azure によって Web アプリ コンテナーに JVM として自動的にデプロイされます。(Optional) By default, a recent distribution of Java 8 will be automatically deployed as your JVM by Azure to your web app container. ただし、JVM の別のバージョンおよびディストリビューションを選択することができます。However, you can select a different version and distribution of the JVM. そのためには、次の手順を実行してください。To do so, use the following steps:

    • [New Web App Container (新しい Web アプリ コンテナー)] ダイアログ ボックスの [JDK] タブをクリックします。Click the JDK tab in the New Web App Container dialog box.

    • 次のオプションのいずれかを選択できます。You can choose from one of the following options:

      • Azure によって提供される既定の JDK をデプロイするDeploy the default JDK which is offered by Azure
      • Azure で利用可能な追加の JDK のドロップダウン リストからサード パーティの JDK をデプロイするDeploy a 3rd party JDK from a drop-down list of additional JDKs which are available on Azure
      • カスタム JDK をデプロイする。カスタム JDK は、ZIP ファイルとしてパッケージ化され、一般に入手可能であるか、Azure ストレージ アカウントに格納されている必要があります。Deploy a custom JDK, which must be packaged as a ZIP file and either publicly available or in your Azure storage account

      [New Web App Container (新しい Web アプリ コンテナー)] の [JDK] タブ

    i.i. これらの手順をすべて完了すると、[New Web App Container] (新しい Web アプリ コンテナー) ダイアログ ボックスは次の図のようになります。Once you have completed all of the above steps, the New Web App Container dialog box should resemble the following illustration:

    新しいアプリ コンテナー

    j.j. [OK] をクリックすると、新しい Web アプリ コンテナーの作成が完了します。Click OK to complete the creation of your new Web App container.

    数秒待つと Web アプリ コンテナーの一覧が更新されます。一覧で新しく作成した Web アプリ コンテナーが選択されています。Wait a few seconds for the list of the Web App containers to be refreshed, and your newly-created web app container should now be selected in the list.

  6. これで、Azure への Web アプリの初期デプロイを完了する準備ができました。 [OK] をクリックして、Java アプリケーションを選択した Web アプリ コンテナーにデプロイします。You are now ready to complete the initial deployment of your Web App to Azure; click OK to deploy your Java application to the selected Web App container. 既定では、アプリケーションはアプリケーション サーバーのサブディレクトリとしてデプロイされます。By default, your application will be deployed as a subdirectory of the application server. ルート アプリケーションとしてデプロイする場合、 [Deploy to root (ルートにデプロイ)] チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックします。If you want it to be deployed as the root application, check the Deploy to root checkbox before clicking OK.

    Azure へのデプロイ

  7. [Azure Activity Log (Azure アクティビティ ログ)] ビューが開き、Web アプリのデプロイの状態が表示されます。Next, you should see the Azure Activity Log view, which will indicate the deployment status of your Web App.

    進捗状況インジケーター

    Web アプリを Azure にデプロイするプロセスは、わずか数秒で完了します。The process of deploying your Web App to Azure should take only a few seconds to complete. アプリケーションの準備ができると、 [Status](状態) 列に [Published](発行済み) というリンクが表示されます。When your application is ready, you will see a link named Published in the Status column. リンクをクリックすると、デプロイされた Web アプリのホーム ページに移動します。また、次のセクションの手順を使用して Web アプリを参照することもできます。When you click the link, it will take you to your deployed Web App's home page, or you can use the steps in the following section to browse to your web app.

Azure の Web アプリの参照Browsing to your Web App on Azure

Azure Explorer ビューを使用すると、Azure の Web アプリを参照できます。To browse to your Web App on Azure, you can use the Azure Explorer view.

[Azure Explorer (Azure エクスプローラー)] ビューがまだ開いていない場合、IntelliJ の [View (ビュー)] メニュー、 [Tool Windows (ツール ウィンドウ)][Service Explorer (サービス エクスプローラー)] の順にクリックして開きます。If the Azure Explorer view is not already open, you can open it by clicking then View menu in IntelliJ, then click Tool Windows, and then click Service Explorer. まだログインしていない場合は、ログインするように求められます。If you have not previously logged in, it will prompt you to do so.

[Azure Explorer] ビューが表示されたら、次の手順に従って Web アプリを参照します。When the Azure Explorer view is displayed, follow these steps to browse to your Web App:

  1. [Azure] ノードを展開します。Expand the Azure node.

  2. [Web Apps (Web アプリ)] ノードを展開します。Expand the Web Apps node.

  3. 目的の Web App を右クリックします。Right-click the desired Web App.

  4. コンテキスト メニューが表示されたら、 [Open in Browser] (ブラウザーで開く) をクリックします。When the context menu appears, click Open in Browser.

    Web アプリの参照

Web アプリの更新Updating your web app

既存の実行中の Azure Web アプリを更新するプロセスは短時間で簡単です。更新には 2 つのオプションがあります。Updating an existing running Azure Web App is a quick and easy process, and you have two options for updating:

  • 既存の Java Web アプリのデプロイを更新できます。You can update the deployment of an existing Java Web App.
  • 同じ Web アプリ コンテナーに追加の Java アプリケーションを発行できます。You can publish an additional Java application to the same Web App Container.

いずれの場合でもプロセスは同じで、かかる時間は数秒です。In either case, the process is identical and takes only a few seconds:

  1. IntelliJ の Project Explorer で、更新する Java アプリケーションを右クリックするか、既存の Web アプリ コンテナーに追加します。In the IntelliJ project explorer, right-click the Java application you want to update or add to an existing Web App Container.
  2. コンテキスト メニューが表示されたら、 [Azure][Publish as Azure Web App (Azure Web アプリとして発行)] の順に選択します。When the context menu appears, select Azure and then Publish as Azure Web App...
  3. 既にログインしているので、既存の Web アプリ コンテナーの一覧が表示されます。Since you have already logged in previously, you will see a list of your existing Web App containers. Java アプリケーションを発行または再発行するコンテナーを選択し、 [OK] をクリックします。Select the one you want to publish or re-publish your Java application to and click OK.

数秒後、 [Azure Activity Log (Azure アクティビティ ログ)] ビューに更新されたデプロイが [Published (発行済み)] と表示され、Web ブラウザーで更新されたアプリケーションを確認できます。A few seconds later, the Azure Activity Log view will show your updated deployment as Published and you will be able to verify your updated application in a web browser.

既存の Web アプリの起動、停止、再起動Starting, stopping, or restarting an existing web app

既存の Azure Web アプリ コンテナー (コンテナー内にデプロイされているすべての Java アプリケーションを含む) を起動または停止するには、 [Azure Explorer] (Azure Explorer) ビューを使用できます。To start or stop an existing Azure Web App container, (including all the deployed Java applications in it), you can use the Azure Explorer view.

[Azure Explorer (Azure エクスプローラー)] ビューがまだ開いていない場合、IntelliJ の [View (ビュー)] メニュー、 [Tool Windows (ツール ウィンドウ)][Service Explorer (サービス エクスプローラー)] の順にクリックして開きます。If the Azure Explorer view is not already open, you can open it by clicking then View menu in IntelliJ, then click Tool Windows, and then click Service Explorer. まだログインしていない場合は、ログインするように求められます。If you have not previously logged in, it will prompt you to do so.

[Azure Explorer] ビューが表示されたら、次の手順に従って Web アプリを起動また停止します。When the Azure Explorer view is displayed, follow these steps to start or stop your Web App:

  1. [Azure] ノードを展開します。Expand the Azure node.

  2. [Web Apps (Web アプリ)] ノードを展開します。Expand the Web Apps node.

  3. 目的の Web App を右クリックします。Right-click the desired Web App.

  4. コンテキスト メニューが表示されたら、 [Start (起動)] [Stop (停止)] 、または [Restart (再起動)] をクリックします。When the context menu appears, click Start, Stop, or Restart. メニュー項目はコンテキストに依存します。つまり、Web アプリが実行しているときは停止操作のみ、Web アプリが現在実行されていないときは起動操作のみを行うことができます。Note that the menu choices are context-aware, so you can only stop a running web app or start a web app which is not currently running.

    Web アプリの停止

次の手順Next steps

バグを報告したり、新機能をリクエストしたりするには、当社の GitHub リポジトリで問題を作成してください。To report bugs or request new features, create issues on our GitHub repository. または、Stack Overflow でタグ azure-java-tools を使用して質問してください。Or, ask questions on Stack Overflow with tag azure-java-tools.

Azure での Java の使用方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。For more information about using Java with Azure, see the following links:

Azure Web Apps の作成の詳細については、「 Web Apps の概要」を参照してください。For additional information about creating Azure Web Apps, see the Web Apps Overview.