Azure および Azure Stack の Java 長期サポートJava Long-Term Support for Azure and Azure Stack

Azure と Azure Stack を使用する Java 開発者は、Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition JDK ビルドを使用して、運用 Java アプリケーションを構築して実行できます。追加のサポート コストは発生しません。Java developers on Azure and Azure Stack can build and run production Java applications using the Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition JDK builds without incurring additional support costs. Azure 上で希望の Java ランタイムを使用できますが、Zulu を使用すると、無料のメンテナンス更新プログラムが提供され、Microsoft でサポート案件を作成できます。You can use any Java runtime you want on Azure, but when you use Zulu you get free maintenance updates and can create support issues with Microsoft.

長期サポート (LTS)Long-term support (LTS)

テクニカル プレビューTechnical preview

Azure の Zulu OpenJDK とは何ですか?What is the Zulu OpenJDK for Azure?

OpenJDK の Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition ビルドは、Microsoft および Azul Systems によってサポートされる、無料でマルチプラットフォーム対応かつ実稼働可能な、Azure と Azure Stack 用の OpenJDK のディストリビューションです。Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition builds of OpenJDK are a no-cost, multi-platform, production-ready distribution of the OpenJDK for Azure and Azure Stack backed by Microsoft and Azul Systems. これらのディストリビューションは次のような特長があります。These distributions are:

  • Java Development Kit (JDK)、Java Runtime Environment (JRE) およびヘッドレス JRE としてパッケージ化された、100% オープンソースの OpenJDK のビルド。100% open source builds of OpenJDK packaged as Java Development Kits (JDKs), Java Runtime Environments (JREs), and Headless JREs. これらのバイナリは、Java Standard Edition (SE) の完全に互換性のある、準拠している商用ビルドであり、Azure と Azure Stack 上の Java アプリケーションまたはコンポーネントで使用できます。These binaries are fully compatible and compliant commercial builds of Java Standard Edition (SE) that can be used with Java applications or components on Azure and Azure Stack.
  • バグの修正、パフォーマンス強化、セキュリティ パッチを含む、長期サポートが付属。Provided with long-term support including bug fixes, performance enhancements, and security patches.
  • Windows、Linux、および MacOS での Java アプリケーションの開発および実行で使用可能。Available for developing and running Java applications on Windows, Linux, and MacOS.
  • Docker Hub のコンテナー イメージおよび Azure Marketplace の仮想マシン (Windows および Linux) として使用可能。Available as container images on Docker Hub and as virtual machines (Windows and Linux) on Azure Marketplace.
  • 次のような多くの Azure サービスを稼働させるために Microsoft Azure で使用。Used by Microsoft Azure to power many Azure services, such as:
    • App Service WindowsApp Service Windows
    • App Service LinuxApp Service Linux
    • FunctionsFunctions
    • Service FabricService Fabric
    • HDInsightHDInsight
    • SearchSearch
    • Azure DevOpsAzure DevOps
    • Cloud ShellCloud Shell

サポートされている Java バージョンと更新スケジュールSupported Java versions and update schedule

Azul Systems は、Java SE 7、8、11 以降の Java のすべての長期サポート (LTS) バージョンに対して、Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition ビルドを提供します。Azul Systems provides fully-supported Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition builds for all long-term support (LTS) versions of Java, starting with Java SE 7, 8, and 11. 詳細については、Azul のプレス リリースのページをご覧ください。More information can be found in the Azul press release.

Java SE LTSJava SE LTS サポート期限Support until
サポートされている Java バージョン - Java 7Supported Java version - Java 7 2023 年 7 月July 2023
サポートされている Java バージョン - Java 8Supported Java version - Java 8 2025 年 3 月March 2025
サポートされている Java バージョン - Java 11Supported Java version - Java 11 2026 年 9 月Sept. 2026
サポートされている Java バージョン - Java 12Supported Java version - Java 12 プレビューPREVIEW

これらの JDK リリースには、四半期ごとのセキュリティ更新プログラムとバグ修正が含まれ、必要に応じて、重要なアウトオブバンドの更新プログラムと修正プログラムも含まれます。These JDK releases have quarterly security updates, bug fixes, and critical out-of-band updates and patches as needed. このサポートには、Java 11 などの新しいバージョンの Java で報告されたセキュリティ更新プログラムとバグ修正の Java 7 および 8 へのバック ポーティングが含まれており、古いバージョンの Java の継続的な安定性とセキュリティが確保されます。This support includes back ports of security updates and bug fixes to Java 7 and 8 reported in newer versions of Java such as Java 11, which ensures the continued stability and security of older versions of Java. Azure のお客様は、予定外の Java SE サブスクリプション料金を負担することなく、これらのセキュリティ更新プログラムとプラットフォームのバグ修正を入手できます。Azure customers can get these security updates and platform bug fixes without incurring any unplanned Java SE subscription fees.

Azul Systems では、これらのリリースの Java SE ロードマップを管理しています。Azul Systems maintains a Java SE roadmap for these releases.

開発者にとっての利点Benefits for developers

Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition JDK リリース:The Azul Zulu for Azure - Enterprise Edition JDK releases are:

  1. Microsoft と Azul Systems の両方でサポートBacked and supported by both Microsoft and Azul Systems

    • Zulu のバイナリは実稼働可能であり、Microsoft と Azul Systems でサポートされます。Zulu binaries are production-ready and backed by Microsoft and Azul Systems
    • Zulu には、Java 7、8、および 11 の無料の長期サポート (LTS) が付属します。Zulu comes with zero-cost long-term support (LTS) for Java 7, 8, and 11. (LTS は Java 17 にも提供されます)。(LTS will be provided for Java 17, as well). Java のバージョンは、必要なときにのみアップグレードできます。You can upgrade Java versions only when you need to.
    • Java 7 は 2023 年 7 月までサポートされます。Java 7 supported until July 2023. Java 8 および 11 は 2024 年以降もサポートされます。Java 8 and 11 are supported beyond 2024.
    • Microsoft は、多くの Azure サービスを稼働するマシンで Zulu を内部的に実行することに取り組んでいます。Microsoft is committed to running Zulu internally on machines that power many Azure services.
  2. 実稼働可能Production-ready

    • OpenJDK のビルドで 100% オープンソース。100% open-source for its builds of OpenJDK.
    • 多くの Java SE ディストリビューションに対する簡単な置き換え。Drop-in replacements for many Java SE distributions.
    • JDK、JRE および JRE ヘッドレスJDK, JRE, and JRE-headless
    • Java 7、8、および 11Java 7, 8, and 11
    • OpenJDK Community Technology Compatibility Kit (TCK) を使用して Java SE 仕様に準拠していることを確認済み。Verified compliant with the Java SE specifications using the OpenJDK Community Technology Compatibility Kit (TCK).
    • Java 開発者には、Java SE 向けの運用更新プログラムの提供が継続され、これには Java SE 7、8、11 のバグ修正、パフォーマンス強化、およびセキュリティ修正プログラムが含まれます。Developers will continue to receive production updates for Java SE, including bug fixes, performance enhancements, and security patches for Java SE 7, 8, and 11.
  3. マルチプラット フォームのサポート。Supported for multi-platform. Zulu では、次のような複数のプラットフォームとバージョンのバイナリがサポートされています。Zulu supports binaries for multiple platforms and versions, including:

    • Windows クライアントWindows Client
      • 1010
      • 8.18.1
      • 8、78, 7
    • Windows ServerWindows Server
      • 2016R22016R2
      • 20162016
      • 2012 R22012 R2
      • 20122012
      • 2008 R22008 R2
    • Linux (次を含む)Linux, including
      • RHELRHEL
      • CentOSCentOS
      • UbuntuUbuntu
      • SLESSLES
      • DebianDebian
      • Oracle LinuxOracle Linux
    • Mac OS XMac OS X
    • 複数のパッケージ タイプで配信:delivered in multiple package types:
      • MSI、ZIP、TAR、DEB、RPM、および DMGMSI, ZIP, TAR, DEB, RPM, and DMG

    複数のベース OS イメージ上の Zulu JDK、JRE および JRE ヘッドレス用の認定済み Docker コンテナー イメージを Docker で利用できます。Certified Docker container images for Zulu JDK, JRE, and JRE-headless on multiple base OS images are available at Docker.

    ハブ:Hub:

  4. 無料No cost

    • Microsoft は、Azure 上の Java アプリをビルドおよび拡張するために必要なものをすべて無料で提供します。Microsoft provides everything you need to build and scale Java apps on Azure at no cost to you. Zulu を通じて、Java アプリ用のセキュリティ更新プログラムとプラットフォームのバグ修正が無料で提供されます。Through Zulu you'll receive free security updates and platform bug fixes for Java apps without any fees.
    • Java Flight Recorder および Mission Control は、Zulu Java 8、11、および 12 (プレビュー) で利用できます。Java Flight Recorder and Mission Control are available in Zulu Java 8, 11, and 12 (Preview).
  5. 非 LTS バージョンの技術プレビューTech Preview of Non-LTS versions

    • 技術プレビューでは、新機能が最終的に Java 17 LTS となる短期的なバージョンで提供される中で、それらを斬新的にテストする機会を得られます。Tech previews provide you with opportunities to progressively test new features as they are delivered in short-term versions that will eventually graduate to Java 17 LTS.
  6. OpenJDK に対する変更を上流に反映Changes to OpenJDK are up-streamed

    • Azul Systems のコミッターが Zulu の変更を OpenJDK にプッシュするため、上流のリポジトリが包括的に維持されます。Azul Systems committers push Zulu changes to OpenJDK which makes the upstream repo comprehensive and inclusive.

Java 開発者は、Oracle JDK や Red Hat JDK などの独自の Java ランタイムを Azure に取り込んで、セキュリティ保護されたインフラストラクチャと機能豊富なサービスを利用できます。As always, Java developers can bring their own Java run-times, including Oracle JDK and Red Hat JDK, to Azure and use the secure infrastructure and feature-rich services. Java 開発者は、Azure 上の Windows または Linux 仮想マシンで Java ワークロードを実行するために Oracle Java SE の運用エディションも利用できます。The production edition of Oracle Java SE is also available to Java developers for running Java workloads in Windows or Linux virtual machines on Azure.

ローカル開発に使用Use for local development

開発者は、Azure および Azure Stack 用の Java JDK をダウンロードして、ローカル開発環境で使用できます。Developers can download Java JDKs for Azure and Azure Stack for use in local development environments. ダウンロードは、Windows、Linux、macOS で利用できます。Downloads are available for Windows, Linux, and macOS. Linux を使用している開発者は、yum および apt パッケージ マネージャーを使ってパッケージを入手することもできます。Developers working on Linux can also get packages through the yum and apt package managers.

追加のガイダンスについては、Azure 用の Docker イメージに関する記事を参照してください。For additional guidance see Docker images for Azure.