Visual Studio Code から Azure Functions をデプロイするDeploy Azure Functions from Visual Studio Code

このチュートリアルでは、Visual Studio Code と Azure Functions 拡張機能を使用して、JavaScript で記述された Azure Functions アプリケーションを作成してデプロイします。In this tutorial, you use Visual Studio Code and the Azure Functions extension to create and deploy an Azure Functions application written with JavaScript.

前提条件Prerequisites

Azure Functions 拡張機能をインストールするInstall the Azure Functions extension

Azure サブスクリプションAzure subscription

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、無料アカウントに今すぐご登録いただけます。Azure クレジットの 200 ドルを使用してさまざまな組み合わせのサービスをお試しください。If you don't have an Azure subscription, sign up now for a free account with $200 in Azure credits to try out any combination of services.

Azure へのサインインSign in to Azure

Azure 拡張機能をインストールしたら、お使いの Azure アカウントにサインインします。それには、Azure エクスプローラーに移動し、 [Azure にサインイン] を選択して、画面の指示に従います。Once you've installed the Azure extension, sign into your Azure account by navigating to the Azure explorer, select Sign in to Azure, and follow the prompts. (複数の Azure 拡張機能がインストールされている場合は、App Service、Functions など、自分が作業している分野のものを選択します)。(If you have multiple Azure extensions installed, select the one for the area in which you're working, such as App Service, Functions, etc.)

VS Code から Azure にサインインする

サインイン後、お使いの Azure アカウントのメール アドレス (または "サインイン済み" ) がステータス バーに表示されていることと、サブスクリプションが Azure エクスプローラーに表示されていることを確認します。After signing in, verify that the email address of your Azure account (or "Signed In") appears in the Status Bar and your subscription(s) appears in the Azure explorer:

Azure アカウントが表示されている、VS Code のステータス バー

サブスクリプションが表示されている、VS Code の Azure エクスプローラー

注意

"Cannot find subscription with name (<サブスクリプション ID> という名前のサブスクリプションが見つかりません)" というエラーが表示された場合、原因としては、プロキシの内側にいるため、Azure API に到達できないことが考えられます。If you see the error "Cannot find subscription with name [subscription ID]", this may be because you are behind a proxy and unable to reach the Azure API. ご利用のターミナルのプロキシ情報に環境変数の HTTP_PROXYHTTPS_PROXY を構成してください。Configure HTTP_PROXY and HTTPS_PROXY environment variables with your proxy information in your terminal:

# macOS/Linux
export HTTPS_PROXY=https://username:password@proxy:8080
export HTTP_PROXY=http://username:password@proxy:8080
# Windows
set HTTPS_PROXY=https://username:password@proxy:8080
set HTTP_PROXY=http://username:password@proxy:8080

Azure Functions Core Tools のインストールInstall the Azure Functions Core Tools

ローカル デバッグを有効にするには、Azure Functions Core Tools をインストールする必要があります。これは、Visual Studio Code で直接実行できます。To enable local debugging, you need to install the Azure Functions Core Tools, which can be done directly in Visual Studio Code.

  1. Visual Studio Code を起動します。Start Visual Studio Code.

  2. コマンド パレット を開き (F1)、「Azure Functions: Install or Update Azure Functions Core Tools」と入力し、Enter キーを押してコマンドを実行します。Open the Command Palette (F1), enter Azure Functions: Install or Update Azure Functions Core Tools, and press Enter to run the command.

  3. インストールを確認するには、VS Code でメニュー コマンド [Terminal](ターミナル) > [New Terminal](新しいターミナル) の順に選択し、コマンド func を実行します。To verify installation, select the menu command Terminal > New Terminal in VS Code, then run the command, func. このコマンドにより、次のような出力が表示されます (使用方法に関する情報も表示されます)。The command should show output like that below (along with usage information).

                      %%%%%%
                     %%%%%%
                @   %%%%%%    @
              @@   %%%%%%      @@
           @@@    %%%%%%%%%%%    @@@
         @@      %%%%%%%%%%        @@
           @@         %%%%       @@
             @@      %%%       @@
               @@    %%      @@
                    %%
                    %
    
    Azure Functions Core Tools (2.4.419 Commit hash: c9c1724d002bd90b2e6b41393915ea3a26bcf0ce)
    Function Runtime Version: 2.0.12332.0