概要Overview

Kusto クエリは、データを処理して結果を返すための、読み取り専用の要求です。A Kusto query is a read-only request to process data and return results. 要求は、構文を読みやすく、作りやすく、自動化しやすくするように設計されたデータフロー モデルを利用してプレーンテキストで述べられます。The request is stated in plain text, using a data-flow model designed to make the syntax easy to read, author, and automate. クエリでは、データベース、テーブル、列など、SQL に似た階層に編成されたスキーマ エンティティが使用されます。The query uses schema entities that are organized in a hierarchy similar to SQL's: databases, tables, and columns.

クエリは、セミコロン (;) で区切られた一連のクエリ ステートメントで構成されます。少なくとも 1 つのステートメントが表形式のステートメントになります。これは、表のような列と行からなる網目に配置されたデータを生成するステートメントです。The query consists of a sequence of query statements, delimited by a semicolon (;), with at least one statement being a tabular expression statement which is a statement that produces data arranged in a table-like mesh of columns and rows. クエリの表形式ステートメントからクエリの結果が生成されます。The query's tabular expression statements produce the results of the query.

表形式ステートメントの構文には、ある表形式クエリ演算子から別の表形式クエリ演算子への表形式のデータ フローがあり、データ ソース (データベース内のテーブルや、データを生成する演算子など) から始まり、パイプ (|) 区切り記号を使用して結合された一連のデータ変換演算子を通過します。The syntax of the tabular expression statement has tabular data flow from one tabular query operator to another, starting with data source (e.g. a table in a database, or an operator that produces data) and then flowing through a set of data transformation operators that are bound together through the use of the pipe (|) delimiter.

たとえば、次の Kusto クエリにはステートメントが 1 つありますが、それは表形式ステートメントです。For example, the following Kusto query has a single statement, which is a tabular expression statement. このステートメントは StormEvents という名前のテーブルの参照から始まっています (このテーブルをホストするデータベースはここでは接続情報の一部として暗に示されるだけです)。The statement starts with a reference to a table called StormEvents (the database that host this table is implicit here, and part of the connection information). そのテーブルのデータ (行) が StartTime 列の値でフィルター処理され、さらに State 列の値でフィルター処理されます。The data (rows) for that table are then filtered by the value of the StartTime column, and then filtered by the value of the State column. "最後まで残った" 行の数がクエリにより返されます。The query then returns the count of "surviving" rows.

StormEvents 
| where StartTime >= datetime(2007-11-01) and StartTime < datetime(2007-12-01)
| where State == "FLORIDA"  
| count 

このクエリを実行するには、ここをクリックしてください。To run this query, click here. この場合、結果は次のようになります。In this case, the result will be:

CountCount
2323