クラスルーム ラボのテンプレート VM 内に複数の VM を備えた環境を作成するCreate an environment with multiple VMs inside a template VM of a classroom lab

現在、Azure Lab Services では、ラボ内に 1 つのテンプレート仮想マシンを設定し、各ユーザーが 1 つのコピーを使用できるようにすることができます。Currently Azure Lab Services enables you to set up one template virtual machine in a lab and make a single copy available to each of your user. ただし、ファイアウォールやサーバーの設定方法について IT クラスに講義する教授であれば、必要に応じて、複数の仮想マシンがネットワークを介して相互に通信できる環境を各学生に用意します。But if you are a professor teaching an IT class on how to set up firewalls or servers, you may need to provide each of your students with an environment in which multiple virtual machines can talk to each other over a network.

入れ子になった仮想化を使用すると、ラボのテンプレート仮想マシン内にマルチ VM 環境を作成できます。Nested virtualization enables you to create a multi-VM environment inside a lab’s template virtual machine. テンプレートを公開すると、ラボ内の各ユーザーに、内部に複数の VM が設定された仮想マシンが提供されます。Publishing the template will provide each user in the lab with a virtual machine set up with multiple VMs within it.

入れ子になった仮想化の概要What is nested virtualization?

入れ子になった仮想化を使用すると、1 つの仮想マシン内に複数の仮想マシンを作成できます。Nested virtualization enables you to create virtual machines within a virtual machine. 入れ子になった仮想化は Hyper-V を介して行われ、Windows VM でのみ使用できます。Nested virtualization is done through Hyper-V, and is only available on Windows VMs.

入れ子になった仮想化の詳細については、以下の記事を参照してください。For more information about nested virtualization, see the following articles:

Azure Lab Services で入れ子になった仮想化を使用するUse nested virtualization in Azure Lab Services

重要な手順は次のとおりです。The important steps are:

  1. ラボ用に L サイズの Windows テンプレート マシンを作成します。Create a large sized Windows template machine for the lab.
  2. それに接続して、入れ子になった仮想化を有効にしますConnect to it and enable nested virtualization.

次に、その手順を詳しく説明します。The following procedure gives you the detailed steps:

  1. まだお持ちでない場合は、ラボ アカウントを作成します。Create a lab account if you don't have one already. 手順については、「チュートリアル:Azure Lab Services でラボ アカウントを設定する」を参照してください。For instructions, see Tutorial: Set up a lab account with Azure Lab Services.

  2. Azure Lab Services Web サイトに移動します。Navigate to Azure Lab Services website.

  3. [サインイン] を選択して、資格情報を入力します。Select Sign in and enter your credentials. Azure Lab Services では、組織アカウントと Microsoft アカウントがサポートされています。Azure Lab Services supports organizational accounts and Microsoft accounts.

  4. [New Lab](新しいラボ) ウィンドウで、次のようにします。In the New Lab window, do the following actions:

    1. ラボの名前を指定します。Specify a name for your lab.

    2. ラボでの仮想マシンの数の最大値を指定します。Specify the maximum number of virtual machines in the lab. ラボの作成後、または既存のラボで、VM の数を増やしたり減らしたりできます。You can increase or decreate the number of VMs after creating the lab or in an existing lab. 詳しくは、「ラボ内の仮想マシンの数を更新する」をご覧くださいFor more information, see Update number of VMs in a lab

    3. [保存] を選択します。Select Save.

      クラスルーム ラボを作成する

  5. [Select virtual machine specifications] (仮想マシンの仕様の選択) ページで、次の手順を実行します。On the Select virtual machine specifications page, do the following steps:

    1. ラボで作成する仮想マシン (VM) のサイズに [L] を選択します。Select Large for the size of virtual machines (VMs) to be created in the lab. 現在、入れ子になった仮想化をサポートしているのは L サイズのみです。Currently, only the large size supports nested virtualization.

    2. Windows イメージである仮想マシン イメージを選択します。Choose a virtual machine image that is a Windows image. 入れ子になった仮想化は、Windows マシンでのみ使用できます。Nested virtualization is only available on Windows machines.

    3. [次へ] を選択します。Select Next.

      VM 仕様の指定

  6. [資格情報の設定] ページで、ラボ内のすべての VM に使う既定の資格情報を指定します。On the Set credentials page, specify default credentials for all VMs in the lab.

    1. ラボ内のすべての VM に使うユーザーの名前を指定します。Specify the name of the user for all VMs in the lab.

    2. ユーザーのパスワードを指定します。Specify the password for the user.

      重要

      ユーザー名とパスワードはメモしておいてください。Make a note of user name and password. これらは再表示されません。They won't be shown again.

    3. 作成 を選択します。Select Create.

      資格情報の設定

  7. [Configure template](テンプレートの構成) ページで、ラボの作成プロセスの状態を確認します。On the Configure template page, you see the status of lab creation process. ラボ内のテンプレートの作成には、最大 20 分がかかります。The creation of the template in the lab takes up to 20 minutes.

    テンプレートの構成

  8. テンプレートの構成が完了すると、次のページが表示されます。After the configuration of the template is complete, you see the following page:

    完了後の [Configure template](テンプレートの構成) ページ

  9. [Configure template](テンプレートの構成) ページで、 [接続] を選択してテンプレート VM に接続し、入れ子になった仮想化を構成します。On the Configure template page, select Connect to connect to the template VM to configure nested virtualization. また、このウィザードの手順を完了した後で設定することもできます。You can also configure later after you complete the steps in this wizard.

  10. テンプレート仮想マシン内で、入れ子になった仮想化を設定し、複数の仮想マシンがある仮想ネットワークを構成します。Inside the template virtual machine, set up nested virtualization and configure a virtual network with multiple virtual machines. 詳細な手順については、「Azure VM で入れ子になった仮想化を有効にする方法」を参照してください。For detailed step-by-step instructions, see How to enable nested virtualization in an Azure VM. 手順の概要を次に示します。Here’s a quick summary of the steps:

    1. テンプレート仮想マシンで Hyper-V 機能を有効にします。Enable the Hyper-V feature in the template virtual machine.
    2. 入れ子になった仮想マシンにインターネット接続を使用して内部仮想ネットワークを設定しますSet up an internal virtual network with internet connectivity for the nested virtual machines
    3. Hyper-V マネージャーで仮想マシンを作成しますCreate virtual machines through the Hyper-V Manager
    4. IP アドレスを仮想マシンに割り当てますAssign an IP address to the virtual machines
  11. [Configure template](テンプレートの構成) ページの [次へ] を選択します。Select Next on the template page.

  12. [Publish the template] (テンプレートの発行) ページで、次の操作を行います。On Publish the template page, do the following actions.

    1. テンプレートをすぐに発行するには、 [Publish](発行) を選択します。To publish the template immediately, and select Publish.

      警告

      一度発行すると、再発行することはできません。Once you publish, you can't unpublish.

    2. 後で発行する場合は、 [後のために保存] を選択します。To publish later, select Save for later. ウィザードが完了した後に、テンプレート VM を発行することができます。You can publish the template VM after the wizard completes. ウィザード完了後の構成および発行方法の詳細については、「クラスルーム ラボの管理」記事の「テンプレートを発行する」セクションを参照してください。For details on how to configure and publish after the wizard completes, see Publish the template section in the How to manage classroom labs article.

      テンプレートを発行する

  13. テンプレートの発行に関する進行状況が表示されます。You see the progress of publishing the template. このプロセスには、最大で 1 時間かかることがあります。This process can take up to an hour.

    テンプレートの発行 - 進行状況

  14. テンプレートが正常に発行されると、次のページが表示されます。You see the following page when the template is published successfully. [完了] を選択します。Select Done.

    テンプレートの発行 - 正常

  15. ラボのダッシュボードが表示されます。You see the dashboard for the lab.

    クラスルーム ラボのダッシュボード

次の手順Next steps

これで、各ユーザーは、内部にマルチ VM 環境を含む 1 つの仮想マシンを取得するようになりました。Now, each user gets a single virtual machine that includes a multi-VM environment within it. ラボにユーザーを追加して登録リンクを送信する方法については、次の記事を参照してください。ラボへのユーザーの追加To learn how to add users to the lab and send registration link to them, see the following article: Add users to the lab.