Azure DevTest Labs でラボのすべてのポリシーを管理Manage all policies for a lab in Azure DevTest Labs

Azure DevTest Labs では、各ラボのポリシー (設定) を管理することで、ラボのコストを制御し、無駄を最小限に抑えることができます。Azure DevTest Labs lets you control cost and minimizes waste in your labs by managing policies (settings) for each lab. この記事では、各ポリシーを設定する方法を順を追って詳しく説明します。This article explains in step-by-step detail how to set each policy.

許可される仮想マシン サイズの設定Set allowed virtual machine sizes

許可される VM サイズを設定するポリシーでは、ラボで使用可能な VM サイズを指定できるので、ラボの無駄を最小限に抑えるのに役立ちます。The policy for setting the allowed VM sizes helps to minimize lab waste by enabling you to specify which VM sizes are allowed in the lab. このポリシーを有効にすると、この一覧の VM サイズだけを使用して VM を作成できます。If this policy is activated, only VM sizes from this list can be used to create VMs.

  1. Azure Portal でラボを選択し、 [構成とポリシー] を選択します。In the Azure portal, select a lab and then select Configuration and policies.

    ラボの [構成とポリシー] にアクセスする

  2. ラボの [構成とポリシー] ウィンドウで、 [許可される仮想マシンのサイズ] を選択します。On the lab's Configuration and policies pane, select Allowed virtual machines sizes.

    [許可される仮想マシンのサイズ]

  3. このポリシーを有効にするには [オン] を選択し、無効にするには [オフ] を選択します。Select On to enable this policy, and Off to disable it.

  4. このポリシーを有効にする場合は、ラボで作成できる 1 つ以上の VM サイズを選択します。If you enable this policy, select one or more VM sizes that can be created in your lab.

  5. [保存] を選択します。Select Save.

ユーザーごとの仮想マシンの設定Set virtual machines per user

[ユーザー当たりの仮想マシン数] のポリシーでは、各ユーザーが作成できる VM の数を指定できます。The policy for Virtual machines per user lets you specify the number of VMs that can be created by an individual user. ユーザーの上限に達している場合、ユーザーが VM を作成または要求しようとすると、VM を作成/要求できないことを示すエラー メッセージが表示されます。If a user tries to create or claim a VM when the user limit has been met, an error message indicates that the VM cannot be created/claimed.

  1. ラボの [構成とポリシー] ウィンドウで [ユーザー当たりの仮想マシン数] を選択します。On the lab's Configuration and policies pane, select Virtual machines per user.

    ユーザーごとの VM 数

  2. [はい] を選択して、ユーザーごとの VM 数を制限します。Select Yes to limit the number of VMs per user. ユーザーごとの VM 数を制限しない場合は、 [いいえ] を選択します。If you do not want to limit the number of VMs per user, select No. [はい] を選択した場合は、ユーザーが作成または要求できる VM の数を示す数値を入力します。If you select Yes, enter a numeric value indicating the number of VMs that can be created or claimed by a user.

  3. [はい] を選択して、SSD (ソリッド ステート ディスク) を使用できる VM 数を制限します。Select Yes to limit the number of VMs that can use SSD (solid-state disk). SSD を使用できる VM 数を制限しない場合は、 [いいえ] を選択します。If you do not want to limit the number of VMs that can use SSD, select No. [はい] を選択した場合は、SSD を使用して作成できる VM の数を示す数値を入力します。If you select Yes, enter a value indicating the number of VMs that can be created using SSD.

  4. [保存] を選択します。Select Save.

ラボごとの仮想マシンの設定Set virtual machines per lab

[ラボ当たりの仮想マシン数] のポリシーでは、現在のラボで作成できる VM の数を指定することができます。The policy for Virtual machines per lab lets you specify the number of VMs that can be created for the current lab. ラボの上限に達している場合、ユーザーが VM を作成しようとすると、VM を作成できないことを示すエラー メッセージが表示されます。If a user tries to create a VM when the lab limit has been met, an error message indicates that the VM cannot be created.

  1. ラボの [構成とポリシー] ウィンドウで [ラボ当たりの仮想マシン数] を選択します。On the lab's Configuration and policies pane, select Virtual machines per lab.

    ラボごとの VM 数

  2. [はい] を選択して、ラボごとの VM 数を制限します。Select Yes to limit the number of VMs per lab. ラボごとの VM 数を制限しない場合は、 [いいえ] を選択します。If you do not want to limit the number of VMs per lab, select No. [はい] を選択した場合は、ユーザーが作成または要求できる VM の数を示す数値を入力します。If you select Yes, enter a numeric value indicating the number of VMs that can be created or claimed by a user.

  3. [はい] を選択して、SSD (ソリッド ステート ディスク) を使用できる VM 数を制限します。Select Yes to limit the number of VMs that can use SSD (solid-state disk). SSD を使用できる VM 数を制限しない場合は、 [いいえ] を選択します。If you do not want to limit the number of VMs that can use SSD, select No. [はい] を選択した場合は、SSD を使用して作成できる VM の数を示す数値を入力します。If you select Yes, enter a value indicating the number of VMs that can be created using SSD.

  4. [保存] を選択します。Select Save.

自動シャットダウンの設定Set auto shutdown

自動シャットダウン ポリシーでは、このラボの VM をシャットダウンする時刻を指定できるので、ラボの無駄を最小限に抑えるのに役立ちます。The auto shutdown policy helps minimize lab waste by letting you specify the time that this lab's VMs shut down.

  1. ラボの [構成とポリシー] ウィンドウで [自動シャットダウン] を選択します。On the lab's Configuration and policies pane, select Auto shutdown.

    自動シャットダウン

  2. このポリシーを有効にするには [オン] を選択し、無効にするには [オフ] を選択します。Select On to enable this policy, and Off to disable it.

  3. このポリシーを有効にした場合は、現在のラボのすべての VM をシャットダウンする時刻 (およびタイム ゾーン) を指定します。If you enable this policy, specify the time (and time zone) to shut down all VMs in the current lab.

  4. 指定した自動シャットダウン時刻の 15 分前に通知を送信するオプションに対して [はい] または [いいえ] を指定します。Specify Yes or No for the option to send a notification 15 minutes before the specified auto shutdown time. [はい] を選択した場合は、通知が投稿または送信される webhook の URL エンドポイントまたはメール アドレスを入力します。If you choose Yes, enter a webhook URL endpoint or an email address specifying where you want the notification to be posted or sent. ユーザーは通知を受信し、シャットダウンを遅らせるオプションが表示されます。The user receives notification and is given the option to postpone the shutdown.

    webhook の詳細については、「webhook または API Azure Function を作成する」を参照してください。For more information about webhooks, see Create a webhook or API Azure Function.

  5. [保存] を選択します。Select Save.

このポリシーを有効にすると、既定では現在のラボのすべての VM にこのポリシーが適用されます。By default, once enabled, this policy applies to all VMs in the current lab. この設定を特定の VM から削除するには、その VM の管理ウィンドウを開いて [自動シャットダウン] の設定を変更します。To remove this setting from a specific VM, open the VM's management pane and change its Auto shutdown setting.

自動シャットダウン ポリシーの設定Set auto shutdown policy

ラボ所有者は、ラボ内のすべての VM のシャットダウン スケジュールを構成できます。As a lab owner, you can configure a shutdown schedule for all the VMs in your lab. これを行うことで、使用中ではない (アイドル状態の) マシンを実行するコストを節約できます。By doing so, you can save costs from running machines that aren't being used (idle). すべてのラボの VM 上にあるシャットダウン ポリシーを一元的に適用できるだけでなく、ラボ ユーザーが個々のマシンのスケジュールを設定する手間もかかりません。You can enforce a shutdown policy on all your lab VMs centrally but also save your lab users the effort from setting up a schedule for their individual machines. この機能を利用して、制御権なしから完全な制御権の提供まで、ラボ ユーザーにラボ スケジュール上でのポリシーを設定できます。This feature enables you to set the policy on your lab schedule starting from offering no control to full control, to your lab users. ラボ所有者は、次の手順を実行してこのポリシーを構成できます。As a lab owner, you can configure this policy by taking the following steps:

  1. ラボの [ホーム] ページで、 [構成とポリシー] を選択します。On the home page for your lab, select Configuration and policies.

  2. 左側のメニューの [スケジュール] セクションにある [自動シャットダウン ポリシー] を選択します。Select Auto shutdown policy in the Schedules section of the left menu.

  3. いずれかのオプションを選択します。Select one of the options. 以下のセクションでは、これらのオプションについてさらに詳しく説明します。設定されたポリシーは、ラボで新しく作成される VM に対してのみ適用され、既存の VM には適用されません。The following sections give you more details about these options: The set policy applies only to new VMs created in the lab and not to the already existing VMs.

    自動シャットダウン ポリシーのオプション

ユーザーがスケジュールを設定し、オプトアウトできるUser sets a schedule and can opt out

ラボをこのポリシーに設定した場合、ラボ ユーザーがラボ スケジュールを上書きまたは無効にできます。If you set your lab to this policy, the lab users can override or opt out of the lab schedule. このオプションでは、VM の自動シャットダウン スケジュールの完全な制御権をラボ ユーザーに付与します。This option grants lab users full control over auto shutdown schedule of their VMs. ラボ ユーザーの VM 自動シャットダウン スケジュールのページには、変更は表示されません。Lab users see no change in their VM auto shutdown schedule page.

自動シャットダウン ポリシーのオプション - 1

ユーザーがスケジュールを設定し、オプトアウトできないUser sets a schedule and cannot opt out

ラボをこのポリシーに設定した場合、ラボ ユーザーがラボ スケジュールを上書きできます。If you set your lab to this policy, lab users can override the lab schedule. ただし、自動シャットダウン ポリシーは無効にできません。However, they can't opt out of auto shutdown policy. このオプションでは、ラボ内のすべてのマシンが、自動シャットダウン スケジュール下にあることを保証します。This option makes sure that every machine in your lab is under an auto shutdown schedule. ラボ ユーザーは、VM の自動シャットダウン スケジュールを更新して、シャットダウンの通知を設定できます。Lab users can update auto shutdown schedule of their VMs, and set up shut down notifications.

自動シャットダウン ポリシーのオプション - 2

ユーザーはラボ管理者が設定したスケジュールを制御できないUser has no control over the schedule set by lab admin

ラボをこのポリシーに設定した場合、ラボ ユーザーがラボ スケジュールを上書きまたは無効にすることはできません。If you set your lab to this policy, lab users can't override or opt out of the lab schedule. このオプションでは、ラボ内のすべてのマシンのスケジュールに対する完全な制御権をラボ管理者に付与します。This option offers lab admin the complete control on the schedule for every machine in the lab. ラボ ユーザーは、各自の VM の自動シャットダウンの通知を設定できるだけです。Lab users can only set up auto shutdown notifications for their VMs.

自動シャットダウン ポリシーのオプション - 3

自動開始の設定Set autostart

自動開始のポリシーでは、現在のラボにある VM をいつ開始するか指定することができます。The autostart policy lets you specify when the VMs in the current lab should be started.

  1. ラボの [構成とポリシー] ウィンドウで [自動開始] を選択します。On the lab's Configuration and policies pane, select Autostart.

    自動開始

  2. このポリシーを有効にするには [オン] を選択し、無効にするには [オフ] を選択します。Select On to enable this policy, and Off to disable it.

  3. このポリシーを有効にした場合は、ポリシーを開始する時刻、タイム ゾーン、その時刻を適用する曜日を指定します。If you enable this policy, specify the scheduled start time, time zone, and the days of the week for which the time applies.

  4. [保存] を選択します。Select Save.

このポリシーを有効にしても、現在のラボの VM に自動的に適用されることはありません。Once enabled, this policy is not automatically applied to any VMs in the current lab. この設定を特定の VM に適用するには、その VM の管理ウィンドウを開いて [自動開始] 設定を変更します。To apply this setting to a specific VM, open the VM's management pane and change its Autostart setting.

有効期限の設定Set expiration date

VM を作成するときに有効期限を設定をできます。You can set an expiration date when you create the VM. [詳細設定] で、予定表アイコンを選択して、VM が自動的に削除される日付を指定します。In Advanced settings, choose the calendar icon to specify a date on which the VM is automatically deleted. 既定では、VM は無期限に設定されます。By default, the VM never expires.

Azure DevTest Labs を使用するGet started with Azure DevTest Labs

Azure を利用するのが初めてであれば、New to Azure? 無料の Azure アカウントを作成しますCreate a free Azure account.

既に Azure をご利用中であれば、Already on Azure? DevTest Labs で最初のラボの使用を開始します。Get started with your first lab in DevTest Labs.

Get started with Azure DevTest Labs in minutesGet started with Azure DevTest Labs in minutes

次の手順Next steps

ラボに対して各種の VM ポリシー設定を定義および適用した後は、次に示すいくつかの操作を試してみてください。Once you've defined and applied the various VM policy settings for your lab, here are some things to try next:

  • 共有 IP アドレスについて - DevTest Labs で共有 IP アドレスを使用して、ラボの VM への接続に必要なパブリック IP アドレスの数を最小限に抑える方法について説明します。Understand shared IP addresses - Explains how shared IP addresses are used in DevTest Labs to minimize the number of public IP addresses required to connect to your lab VMs.
  • コスト管理を構成する - 月間推定コスト傾向グラフを使用してConfigure cost management - Illustrates how to use the Monthly Estimated Cost Trend chart
    現在のカレンダー月の現時点までの推定コストと月末の予測コストを表示する方法を示します。to view the current month's estimated cost-to-date and the projected end-of-month cost.
  • カスタム イメージを作成する - VM を作成する場合は、ベースとしてカスタム イメージまたは Marketplace イメージを指定します。Create custom image - When you create a VM, you specify a base, which can be either a custom image or a Marketplace image. この記事では、VHD ファイルからカスタム イメージを作成する方法について説明します。This article illustrates how to create a custom image from a VHD file.
  • Marketplace イメージを構成する - Azure DevTest Labs では、Azure Marketplace イメージを基にした VM を作成することができます。Configure Marketplace images - Azure DevTest Labs supports creating VMs based on Azure Marketplace images. この記事では、ラボで VM を作成する際に使用できるようにする Azure Marketplace イメージ (該当するものがある場合) を指定する方法について説明します。This article illustrates how to specify which, if any, Azure Marketplace images can be used when creating VMs in a lab.
  • ラボで VM を作成する - 基本イメージ (カスタムまたは Marketplace) から VM を作成する方法と、VM でアーティファクトを操作する方法について説明します。Create a VM in a lab - Illustrates how to create a VM from a base image (either custom or Marketplace), and how to work with artifacts in your VM.