Azure DevTest Labs の共有 IP アドレスについてUnderstand shared IP addresses in Azure DevTest Labs

Azure DevTest Labs では、ラボの VM で同じパブリック IP アドレスを共有して、ラボの個別の VM へのアクセスに必要なパブリック IP アドレスの数を最小限に抑えます。Azure DevTest Labs lets lab VMs share the same public IP address to minimize the number of public IP addresses required to access your individual lab VMs. この記事では、共有 IP アドレスの動作と、関連する構成オプションについて説明します。This article describes how shared IPs work and their related configuration options.

共有 IP 設定Shared IP setting

ラボは仮想ネットワークのサブネットに作成されます。When you create a lab, it's created in a subnet of a virtual network. 既定では、このサブネットは、 [Enable shared public IP (共有パブリック IP を有効にする)] が "はい" に設定されている状態で作成されます。By default, this subnet is created with Enable shared public IP set to Yes. この構成では、サブネット全体に対して 1 つのパブリック IP アドレスが作成されます。This configuration creates one public IP address for the entire subnet. 仮想ネットワークとサブネットの構成について詳しくは、「Azure DevTest Labs で仮想ネットワークを構成する」をご覧ください。For more information about configuring virtual networks and subnets, see Configure a virtual network in Azure DevTest Labs.

新しいラボのサブネット

既存のラボの場合は、 [Configuration and policies](構成とポリシー) > [Virtual Networks](仮想ネットワーク) を選択することで、このオプションを有効にできます。For existing labs, you can enable this option by selecting Configuration and policies > Virtual Networks. その後、一覧から仮想ネットワークを選択して、選択したサブネットに [ENABLE SHARED PUBLIC IP](共有パブリック IP を有効にする) を選択します。Then, select a virtual network from the list and choose ENABLE SHARED PUBLIC IP for a selected subnet. また、ラボの VM 間でパブリック IP アドレスを共有しない場合は、いずれかのラボでこのオプションを無効にすることができます。You can also disable this option in any lab if you don't want to share a public IP address across lab VMs.

このラボで作成された VM は、既定では共有 IP を使用するように設定されます。Any VMs created in this lab default to using a shared IP. VM の作成中、この設定は、 [詳細設定] ページの [IP アドレス構成] で確認できます。When creating the VM, this setting can be observed in the Advanced settings page under IP address configuration.

新しい VM

  • 共有: 共有として作成された VM はすべて、1 つのリソース グループ (RG) に配置されます。Shared: All VMs created as Shared are placed into one resource group (RG). その RG には 1 つの IP アドレスが割り当てられ、RG 内のすべての VM がその IP アドレスを使用します。A single IP address is assigned for that RG and all VMs in the RG will use that IP address.
  • パブリック: 作成した VM はすべて独自の IP アドレスを持ち、独自のリソース グループに作成されます。Public: Every VM you create has its own IP address and is created in its own resource group.
  • プライベート: 作成したすべての VM でプライベート IP アドレスが使用されます。Private: Every VM you create uses a private IP address. リモート デスクトップで、インターネットから直接この VM に接続することはできません。You can't connect to this VM directly from the internet with Remote Desktop.

共有 IP が有効になっている VM がサブネットに追加されると必ず、DevTest Lab によってロード バランサーに VM が自動的に追加され、パブリック IP アドレスで TCP ポート番号が割り当てられ、VM の RDP ポートに転送されます。Whenever a VM with shared IP enabled is added to the subnet, DevTest Labs automatically adds the VM to a load balancer and assigns a TCP port number on the public IP address, forwarding to the RDP port on the VM.

共有 IP の使用Using the shared IP

  • Linux ユーザー: VM への SSH では、IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を使用し、その後にコロン、ポート番号を指定します。Linux users: SSH to the VM by using the IP address or fully qualified domain name, followed by a colon, followed by the port. たとえば、次の図では、VM に接続するための RDP アドレスは mydevtestlab597975021002.eastus.cloudapp.azure.com:50661 になります。For example, in the image below, the RDP address to connect to the VM is mydevtestlab597975021002.eastus.cloudapp.azure.com:50661.

    VM の例

  • Windows ユーザー: Azure portal で [接続] ボタンを選択し、構成済みの RDP ファイルをダウンロードして VM にアクセスします。Windows users: Select the Connect button on the Azure portal to download a pre-configured RDP file and access the VM.

次の手順Next steps