テンプレートを使用したインターネット接続ロード バランサーの作成Creating an Internet facing load balancer using a template

重要

Azure Load Balancer では、Basic と Standard の 2 種類がサポートされています。Azure Load Balancer supports two different types: Basic and Standard. この記事では、Basic Load Balancer について説明します。This article discusses Basic Load Balancer. Basic Load Balancer は一般公開されていますが、Standard Load Balancer は現在パブリック プレビュー中です。Basic Load Balancer is generally available, whereas Standard Load Balancer is currently in Public Preview. Standard Load Balancer について詳しくは、Standard Load Balancer の概要に関するページをご覧ください。For more information about Standard Load Balancer, see Standard Load Balancer Overview.

Azure Load Balancer は、第 4 層 (TCP、UDP) のロード バランサーです。An Azure load balancer is a Layer-4 (TCP, UDP) load balancer. ロード バランサーは、ロード バランサー セット内のクラウド サービスまたは仮想マシンの正常なサービス インスタンスに着信トラフィックを分散することによって高可用性を提供します。The load balancer provides high availability by distributing incoming traffic among healthy service instances in cloud services or virtual machines in a load balancer set. さらに、Azure Load Balancer は、これらのサービスを複数のポート、複数の IP アドレス、またはその両方に提供できます。Azure Load Balancer can also present those services on multiple ports, multiple IP addresses, or both.

ロード バランサーは次の目的で構成できます。You can configure a load balancer to:

  • 仮想マシン (VM) への着信インターネット トラフィックを負荷分散します。Load balance incoming Internet traffic to virtual machines (VMs). このシナリオのロード バランサーを、 インターネット接続ロード バランサーと呼びます。We refer to a load balancer in this scenario as an Internet-facing load balancer.
  • 仮想ネットワーク (VNet) 内の VM 間、クラウド サービス内の VM 間、またはクロスプレミスの仮想ネットワーク内のオンプレミス コンピューターと VM 間でトラフィックを負荷分散します。Load balance traffic between VMs in a virtual network (VNet), between VMs in cloud services, or between on-premises computers and VMs in a cross-premises virtual network. このシナリオのロード バランサーを、 内部ロード バランサー (ILB)と呼びます。We refer to a load balancer in this scenario as an internal load balancer (ILB).
  • 外部トラフィックを特定の VM インスタンスに転送します。Forward external traffic to a specific VM instance.

重要

Azure リソースを使用する前に、Azure は現在、Azure Resource Manager デプロイ モデルとクラシック デプロイ モデルの 2 種類を備えていることを理解しておくことが重要です。Before you work with Azure resources, it's important to understand that Azure currently has two deployment models: Azure Resource Manager and classic. Azure リソースを使用する前に、必ず デプロイ モデルとツール について知識をつけておいてください。Make sure you understand deployment models and tools before you work with any Azure resource. この記事の上部にあるタブをクリックすると、さまざまなツールについてのドキュメントを参照できます。You can view the documentation for different tools by clicking the tabs at the top of this article.

この記事では、リソース マネージャーのデプロイ モデルについて説明します。This article covers the Resource Manager deployment model. 従来のデプロイ モデルを使用してインターネットに接続するロード バランサーを作成する方法You can also Learn how to create an Internet facing load balancer using classic deployment model

このシナリオでは、次のタスクを実行します。The following tasks will be done in this scenario:

  • ポート 80 でネットワーク トラフィックを受信するロード バランサーを作成し、負荷分散されたトラフィックを仮想マシン "web1" と "web2" に送信するCreate a load balancer that receives network traffic on port 80 and send load-balanced traffic to virtual machines "web1" and "web2"
  • ロード バランサーの背後にある仮想マシンのリモート デスクトップ アクセス/ SSH 用の NAT 規則を作成するCreate NAT rules for remote desktop access/SSH for virtual machines behind the load balancer
  • 正常性プローブを作成するCreate health probes

ロード バランサーのシナリオ

[クリックしてデプロイ] を使用してテンプレートをデプロイするDeploy the template by using click to deploy

パブリック リポジトリで使用できるサンプル テンプレートは、上記のシナリオの生成に使用した既定値を含むパラメーター ファイルを使用します。The sample template available in the public repository uses a parameter file containing the default values used to generate the scenario described above. "クリックしてデプロイ" を使用してこのテンプレートをデプロイするには、 このリンクに従って、 [Azure へのデプロイ]をクリックし、必要に応じて既定のパラメーター値を置き換えて、ポータルの指示に従います。To deploy this template using click to deploy, follow this link, click Deploy to Azure, replace the default parameter values if necessary, and follow the instructions in the portal.

PowerShell を使用してテンプレートをデプロイするDeploy the template by using PowerShell

PowerShell を使用してダウンロードしたテンプレートをデプロイするには、次の手順に従います。To deploy the template you downloaded by using PowerShell, follow the steps below.

  1. Azure PowerShell を初めて使用する場合は、 Azure PowerShell のインストールおよび構成方法 を参照し、このページにある手順をすべて最後まで実行し、Azure にサインインしてサブスクリプションを選択します。If you have never used Azure PowerShell, see How to Install and Configure Azure PowerShell and follow the instructions all the way to the end to sign into Azure and select your subscription.
  2. テンプレートを使用してリソース グループを作成するには、 New-AzureRmResourceGroupDeployment コマンドレットを実行します。Run the New-AzureRmResourceGroupDeployment cmdlet to create a resource group using the template.

    New-AzureRmResourceGroupDeployment -Name TestRG -Location uswest `
        -TemplateFile 'https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/201-2-vms-loadbalancer-lbrules/azuredeploy.json' `
        -TemplateParameterFile 'https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/201-2-vms-loadbalancer-lbrules/azuredeploy.parameters.json'
    

Azure CLI を使用してテンプレートをデプロイするDeploy the template by using the Azure CLI

Azure CLI を使用してテンプレートをデプロイするには、次の手順に従います。To deploy the template by using the Azure CLI, follow the steps below.

  1. Azure CLI を初めて使用する場合は、「 Azure CLI のインストール 」を参照して、Azure のアカウントとサブスクリプションを選択する時点までの指示に従います。If you have never used Azure CLI, see Install and Configure the Azure CLI and follow the instructions up to the point where you select your Azure account and subscription.
  2. 次に示すように、 azure config mode コマンドを実行してリソース マネージャー モードに切り替えます。Run the azure config mode command to switch to Resource Manager mode, as shown below.

    azure config mode arm
    

    上記のコマンドで想定される出力を次に示します。Here is the expected output for the command above:

     info:    New mode is arm
    
  3. ブラウザーでクイック スタート テンプレートに移動し、json ファイルの内容をコピーして、コンピューター内の新しいファイルに貼り付けます。From your browser, navigate to the Quickstart Template, copy the contents of the json file and paste into a new file in your computer. このシナリオでは、次の値を c:\lb\azuredeploy.parameters.json という名前のファイルにコピーします。For this scenario, you would be copying the values below to a file named c:\lb\azuredeploy.parameters.json.

  4. 上記でダウンロードして変更したテンプレート ファイルとパラメーター ファイルを使用し、 azure group deployment create コマンドレットを実行して、新しいロード バランサーをデプロイします。Run the azure group deployment create cmdlet to deploy the new load balancer by using the template and parameter files you downloaded and modified above. 出力の後に表示される一覧では、使用されたパラメーターについて説明されています。The list shown after the output explains the parameters used.

    azure group create --name TestRG --location westus --template-file 'https://raw.githubusercontent.com/azure/azure-quickstart-templates/master/201-2-vms-loadbalancer-lbrules/azuredeploy.json' --parameters-file 'c:\lb\azuredeploy.parameters.json'
    

次のステップNext steps

内部ロード バランサーの構成の開始Get started configuring an internal load balancer

ロード バランサー分散モードの構成Configure a load balancer distribution mode

ロード バランサーのアイドル TCP タイムアウト設定の構成Configure idle TCP timeout settings for your load balancer