Linux VM の DHCPv6 の構成Configure DHCPv6 for Linux VMs

Azure Marketplace の一部の Linux 仮想マシン イメージでは、動的ホスト構成プロトコル バージョン 6 (DHCPv6) が既定で構成されていません。Some of the Linux virtual-machine images in the Azure Marketplace do not have Dynamic Host Configuration Protocol version 6 (DHCPv6) configured by default. IPv6 をサポートするには、使用している Linux OS のディストリビューションで DHCPv6 を構成する必要があります。To support IPv6, DHCPv6 must be configured in the Linux OS distribution that you are using. Linux ディストリビューションによって使用するパッケージが異なるため、さまざまな方法で DHCPv6 が構成されます。The various Linux distributions configure DHCPv6 in a variety of ways because they use different packages.

注意

Azure Marketplace の最近の SUSE Linux と CoreOS のイメージは DHCPv6 に対応するように事前構成されています。Recent SUSE Linux and CoreOS images in the Azure Marketplace have been pre-configured with DHCPv6. これらのイメージを使用する場合、追加の変更は不要です。No additional changes are required when you use these images.

このドキュメントでは、DHCPv6 を有効にしてお使いの Linux 仮想マシンが IPv6 アドレスを取得できるようにする方法について説明します。This document describes how to enable DHCPv6 so that your Linux virtual machine obtains an IPv6 address.

警告

ネットワーク構成ファイルが適切に編集されていないと、VM へのネットワーク アクセスが失われるおそれがあります。By improperly editing network configuration files, you can lose network access to your VM. 構成の変更は、運用環境以外のシステムでテストすることをお勧めします。We recommended that you test your configuration changes on non-production systems. この記事の手順は、Azure Marketplace 内の最新バージョンの Linux イメージでテストされています。The instructions in this article have been tested on the latest versions of the Linux images in the Azure Marketplace. 詳細な手順については、お使いのバージョンの Linux のドキュメントを参照してください。For more detailed instructions, consult the documentation for your own version of Linux.

UbuntuUbuntu

  1. /etc/dhcp/dhclient6.conf ファイルを編集し、次の行を追加します。Edit the /etc/dhcp/dhclient6.conf file, and add the following line:

     timeout 10;
    
  2. eth0 インターフェースのネットワーク構成を、次のように編集します。Edit the network configuration for the eth0 interface with the following configuration:

    • Ubuntu 12.04 および 14.04 では、 /etc/network/interfaces.d/eth0.cfg ファイルを編集します。On Ubuntu 12.04 and 14.04, edit the /etc/network/interfaces.d/eth0.cfg file.

    • Ubuntu 16.04 では、 /etc/network/interfaces.d/50-cloud-init.cfg ファイルを編集します。On Ubuntu 16.04, edit the /etc/network/interfaces.d/50-cloud-init.cfg file.

      iface eth0 inet6 auto
          up sleep 5
          up dhclient -1 -6 -cf /etc/dhcp/dhclient6.conf -lf /var/lib/dhcp/dhclient6.eth0.leases -v eth0 || true
      
  3. IPv6 アドレスを次のように更新します。Renew the IPv6 address:

    sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0
    

Ubuntu 17.10 以降、既定のネットワーク構成メカニズムは NETPLAN です。Beginning with Ubuntu 17.10, the default network configuration mechanism is NETPLAN. インストール/インスタンス化時に、NETPLAN は、/{lib,etc,run}/netplan/*.yaml の場所にある YAML 構成ファイルからネットワーク構成を読み取ります。At install/instantiation time, NETPLAN reads network configuration from YAML configuration files at this location: /{lib,etc,run}/netplan/*.yaml.

構成の各イーサネット インターフェイスに dhcp6:true ステートメントを含めてください。Please include a dhcp6:true statement for each ethernet interface in your configuration. 例:For example:

    network:
      version: 2
      ethernets:
        eno1:
          dhcp6: true

初期ブート時に、netplan "ネットワーク レンダラー" は、構成を /run に書き込み、デバイスの制御を指定されたネットワーク デーモンに渡します。NETPLAN の参照情報については、 https://netplan.io/reference を参照してください。During early boot, the netplan “network renderer” writes configuration to /run to hand off control of devices to the specified networking daemon For reference information about NETPLAN, see https://netplan.io/reference.

DebianDebian

  1. /etc/dhcp/dhclient6.conf ファイルを編集し、次の行を追加します。Edit the /etc/dhcp/dhclient6.conf file, and add the following line:

     timeout 10;
    
  2. /etc/network/interfaces ファイルを編集し、次の構成を追加します。Edit the /etc/network/interfaces file, and add the following configuration:

     iface eth0 inet6 auto
         up sleep 5
         up dhclient -1 -6 -cf /etc/dhcp/dhclient6.conf -lf /var/lib/dhcp/dhclient6.eth0.leases -v eth0 || true
    
  3. IPv6 アドレスを次のように更新します。Renew the IPv6 address:

    sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0
    

RHEL、CentOS、および Oracle LinuxRHEL, CentOS, and Oracle Linux

  1. /etc/sysconfig/network ファイルを編集し、次のパラメーターを追加します。Edit the /etc/sysconfig/network file, and add the following parameter:

     NETWORKING_IPV6=yes
    
  2. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ファイルを編集し、次の 2 つのパラメーターを追加します。Edit the /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 file, and add the following two parameters:

     IPV6INIT=yes
     DHCPV6C=yes
    
  3. IPv6 アドレスを次のように更新します。Renew the IPv6 address:

    sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0
    

SLES 11 と openSUSE 13SLES 11 and openSUSE 13

Azure の最近の SUSE Linux Enterprise Server (SLES) と openSUSE のイメージは、DHCPv6 に対応するように事前構成されています。Recent SUSE Linux Enterprise Server (SLES) and openSUSE images in Azure have been pre-configured with DHCPv6. これらのイメージを使用する場合、追加の変更は不要です。No additional changes are required when you use these images. 古い SUSE イメージまたはカスタム SUSE イメージに基づく VM がある場合は、次の手順に従います。If you have a VM that's based on an older or custom SUSE image, do the following:

  1. 必要に応じて、 dhcp-client パッケージをインストールします。Install the dhcp-client package, if needed:

    sudo zypper install dhcp-client
    
  2. /etc/sysconfig/network/ifcfg-eth0 ファイルを編集し、次のパラメーターを追加します。Edit the /etc/sysconfig/network/ifcfg-eth0 file, and add the following parameter:

     DHCLIENT6_MODE='managed'
    
  3. IPv6 アドレスを次のように更新します。Renew the IPv6 address:

    sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0
    

SLES 12 と openSUSE LeapSLES 12 and openSUSE Leap

Azure の最近の SLES と openSUSE のイメージは、DHCPv6 に対応するように事前構成されています。Recent SLES and openSUSE images in Azure have been pre-configured with DHCPv6. これらのイメージを使用する場合、追加の変更は不要です。No additional changes are required when you use these images. 古い SUSE イメージまたはカスタム SUSE イメージに基づく VM がある場合は、次の手順に従います。If you have a VM that's based on an older or custom SUSE image, do the following:

  1. /etc/sysconfig/network/ifcfg-eth0 ファイルを編集し、#BOOTPROTO='dhcp4' パラメーターを次の値に置き換えます。Edit the /etc/sysconfig/network/ifcfg-eth0 file, and replace the #BOOTPROTO='dhcp4' parameter with the following value:

     BOOTPROTO='dhcp'
    
  2. /etc/sysconfig/network/ifcfg-eth0 ファイルに、次のパラメーターを追加します。To the /etc/sysconfig/network/ifcfg-eth0 file, add the following parameter:

     DHCLIENT6_MODE='managed'
    
  3. IPv6 アドレスを次のように更新します。Renew the IPv6 address:

    sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0
    

CoreOSCoreOS

Azure の最近の CoreOS のイメージは、DHCPv6 に対応するように事前構成されています。Recent CoreOS images in Azure have been pre-configured with DHCPv6. これらのイメージを使用する場合、追加の変更は不要です。No additional changes are required when you use these images. 古い CoreOS イメージまたはカスタム CoreOS イメージに基づく VM がある場合は、次の手順に従います。If you have a VM based on an older or custom CoreOS image, do the following:

  1. /etc/systemd/network/10_dhcp.network ファイルを次のように編集します。Edit the /etc/systemd/network/10_dhcp.network file:

     [Match]
     eth0
    
     [Network]
     DHCP=ipv6
    
  2. IPv6 アドレスを次のように更新します。Renew the IPv6 address:

    sudo systemctl restart systemd-networkd