Azure Portal を使用した複数の IP 構成での負荷分散Load balancing on multiple IP configurations by using the Azure portal

この記事では、1 つのセカンダリ ネットワーク インターフェイス コントローラー (NIC) に複数の IP アドレスがある Azure Load Balancer の使用方法について説明します。In this article, we're going to show you how to use Azure Load Balancer with multiple IP addresses on a secondary network interface controller (NIC). 次の図にこのシナリオを示します。The following diagram illustrates our scenario:

ロード バランサーのシナリオ

このシナリオでは、次の構成を使用しています。In our scenario, we're using the following configuration:

  • Windows を実行している 2 つの仮想マシン (VM)。Two virtual machines (VMs) that are running Windows.
  • 各 VM には、プライマリ NIC とセカンダリ NIC が 1 つずつ存在します。Each VM has a primary and a secondary NIC.
  • セカンダリ NIC にはそれぞれ 2 つの IP 構成が割り当てられています。Each secondary NIC has two IP configurations.
  • それぞれの VM は、contoso.com と fabrikam.com の 2 つの Web サイトをホストします。Each VM hosts two websites: contoso.com and fabrikam.com.
  • それぞれの Web サイトは、セカンダリ NIC の IP 構成の 1 つにバインドされています。Each website is bound to an IP configuration on the secondary NIC.
  • Azure Load Balancer を使用して、それぞれの Web サイト用に 2 つのフロントエンド IP アドレスを公開します。Azure Load Balancer is used to expose two front-end IP addresses, one for each website. フロントエンド アドレスは、トラフィックを Web サイトのそれぞれの IP 構成に分散するのに使用します。The front-end addresses are used to distribute traffic to the respective IP configuration for each website.
  • フロントエンド IP アドレスとバックエンド プール IP アドレスの両方で同じポート番号が使用されます。The same port number is used for both front-end IP addresses and back-end pool IP addresses.

前提条件Prerequisites

このシナリオでは、次の構成の contosofabrikam という名前のリソース グループがあることを前提としています。Our scenario example assumes that you have a resource group named contosofabrikam that is configured as follows:

  • リソース グループには myVNet という名前の仮想ネットワークが含まれています。The resource group includes a virtual network named myVNet.
  • myVNet ネットワークには、VM1VM2 という名前の 2 つの VM が含まれます。The myVNet network includes two VMs named VM1 and VM2.
  • VM1 と VM2 は、myAvailset という名前の同じ可用性セット内に存在します。VM1 and VM2 are in the same availability set named myAvailset.
  • VM1 と VM2 のプライマリ NIC の名前はそれぞれ VM1NIC1VM2NIC1 です。VM1 and VM2 each have a primary NIC named VM1NIC1 and VM2NIC1, respectively.
  • セカンダリ NIC の名前はそれぞれ VM1NIC2VM2NIC2 です。VM1 and VM2 each have a secondary NIC named VM1NIC2 and VM2NIC2, respectively.

複数の NIC を持つ VM の作成の詳細については、「PowerShell を使用して複数の NIC を持つ VM を作成する」を参照してください。For more information about creating VMs with multiple NICs, see Create a VM with multiple NICs by using PowerShell.

複数の IP 構成で負荷分散を実行するPerform load balancing on multiple IP configurations

この記事で紹介するシナリオを実現するには、次の手順に従います。Complete the following steps to achieve the scenario outlined in this article.

手順 1: セカンダリ NIC を構成するStep 1: Configure the secondary NICs

仮想ネットワーク内の各 VM に、次のようにセカンダリ NIC の IP 構成を追加します。For each VM in your virtual network, add the IP configuration for the secondary NIC:

  1. Azure Portal にアクセスします: https://portal.azure.comBrowse to the Azure portal: https://portal.azure.com. Azure のアカウントを使用してサインインします。Sign in with your Azure account.

  2. 画面の左上にある [リソース グループ] を選択します。In the upper left of the screen, select the Resource Group icon. 次に、VM が配置されているリソース グループ (たとえば、contosofabrikam) を選択します。Then select the resource group where your VMs are located (for example, contosofabrikam). すべてのリソースと VM の NIC の一覧が表示される [リソース グループ] ウィンドウが表示されます。The Resource groups pane displays all of the resources and NICs for the VMs.

  3. 各 VM のセカンダリ NIC に次のように IP 構成を追加します。For the secondary NIC of each VM, add the IP configuration:

    1. 構成するセカンダリ NIC を選択します。Select the secondary NIC that you want to configure.

    2. [IP 構成] を選択します。Select IP configurations. 表示されたウィンドウの上部近くにある [追加] を選択します。In the next pane, near the top, select Add.

    3. [Add IP configurations (IP 構成の追加)] で、次のように NIC に 2 つ目の IP 構成を追加します。Under Add IP configurations, add a second IP configuration to the NIC:

      1. セカンダリ IP 構成の名前を入力します。Enter a name for the secondary IP configuration. (たとえば、VM1 と VM2 の IP 構成にそれぞれ VM1NIC2-ipconfig2VM2NIC2-ipconfig2 という名前を付けます)。(For example, for VM1 and VM2, name the IP configuration VM1NIC2-ipconfig2 and VM2NIC2-ipconfig2, respectively.)

      2. [プライベート IP アドレス][割り当て] 設定で [静的] を選択します。For the Private IP address, Allocation setting, select Static.

      3. [OK] を選択します。Select OK.

セカンダリ NIC の 2 つ目の IP 構成が完了すると、該当する NIC の [IP 構成] 設定に表示されます。After the second IP configuration for the secondary NIC is complete, it's displayed under the IP configurations settings for the given NIC.

手順 2: ロード バランサーを作成するStep 2: Create the load balancer

次のように構成のロード バランサーを作成します。Create your load balancer for the configuration:

  1. Azure Portal にアクセスします: https://portal.azure.comBrowse to the Azure portal: https://portal.azure.com. Azure のアカウントを使用してサインインします。Sign in with your Azure account.

  2. 画面の左上で、 [リソースの作成] > [ネットワーキング] > [Load Balancer] の順に選択します。In the upper left of the screen, select Create a resource > Networking > Load Balancer. 次に、 [作成] を選択します。Next, select Create.

  3. [ロード バランサーの作成] で、ロード バランサーの名前を入力します。Under Create load balancer, type a name for your load balancer. このシナリオでは、mylb という名前を使用します。In this scenario, we're using the name mylb.

  4. [パブリック IP アドレス] で、PublicIP1 という名前の新しいパブリック IP を作成します。Under Public IP address, create a new public IP called PublicIP1.

  5. [リソース グループ] で、VM の既存のリソース グループ (たとえば、contosofabrikam) を選択します。Under Resource Group, select the existing resource group for your VMs (for example, contosofabrikam). ロード バランサーを展開する場所を選択してから、 [OK] を選択します。Select the location to deploy your load balancer to, and then select OK.

ロード バランサーのデプロイが開始されます。The load balancer starts to deploy. デプロイが正常に完了するまでに数分かかる場合があります。Deployment can take a few minutes to successfully complete. デプロイが完了すると、ロード バランサーがリソース グループ内のリソースとして表示されます。After deployment is complete, the load balancer is displayed as a resource in your resource group.

手順 3:フロントエンド IP プールを構成するStep 3: Configure the front-end IP pool

次のように各 Web サイト (contoso.com と fabrikam.com) で、ロード バランサーのフロントエンド IP プールを構成します。For each website (contoso.com and fabrikam.com), configure the front-end IP pool on your load balancer:

  1. ポータルで [その他のサービス] を選択します。In the portal, select More services. フィルター ボックスに「パブリック IP アドレス」と入力して、 [パブリック IP アドレス] をクリックします。In the filter box, type Public IP address and then select Public IP addresses. 表示されたウィンドウの上部近くにある [追加] を選択します。In the next pane, near the top, select Add.

  2. 次のように両方の Web サイト (contoso.com と fabrikam.com) の 2 つのパブリック IP アドレス (PublicIP1PublicIP2) を構成します。Configure two public IP addresses (PublicIP1 and PublicIP2) for both websites (contoso.com and fabrikam.com):

    1. フロントエンド IP アドレスの名前を入力します。Type a name for your front-end IP address.

    2. [リソース グループ] で、VM の既存のリソース グループ (たとえば、contosofabrikam) を選択します。For Resource Group, select the existing resource group for your VMs (for example, contosofabrikam).

    3. [場所] で VM と同じ場所を選択します。For Location, select the same location as the VMs.

    4. [OK] を選択します。Select OK.

      パブリック IP アドレスが作成されると、 [パブリック IP アドレス] に表示されます。After the public IP addresses are created, they are displayed under the Public IP addresses.

  3. ポータルで [その他のサービス] を選択します。In the portal, select More services. フィルター ボックスに「ロード バランサー」と入力して、 [Load Balancer] を選択します。In the filter box, type load balancer and then select Load Balancer.

  4. フロントエンド IP プールを追加するロード バランサー (mylb) を選択します。Select the load balancer (mylb) that you want to add the front-end IP pool to.

  5. [設定] で、 [フロントエンド IP の構成] を選択します。Under Settings, select Frontend IP configuration. 表示されたウィンドウの上部近くにある [追加] を選択します。In the next pane, near the top, select Add.

  6. フロントエンド IP アドレスの名前 (たとえば、contosofe または fabrikamfe) を入力します。Type a name for your front-end IP address (for example, contosofe or fabrikamfe).

  7. [IP アドレス] を選択します。Select IP address. [パブリック IP アドレスの選択] で、フロントエンドの IP アドレス (PublicIP1 または PublicIP2) を選択します。Under Choose Public IP address, select the IP addresses for your front-end (PublicIP1 or PublicIP2).

  8. 2 つ目のフロントエンド IP アドレスを作成するには、このセクションの手順 37 を繰り返します。Create the second front-end IP address by repeating step 3 through step 7 in this section.

フロントエンド プールの構成が完了すると、IP アドレスがロード バランサーの [フロントエンド IP の構成] 設定に表示されます。After the front-end pool is configured, the IP addresses are displayed under your load balancer Frontend IP configuration settings.

手順 4:バックエンド プールを構成するStep 4: Configure the back-end pool

次のように各 Web サイト (contoso.com と fabrikam.com) で、ロード バランサーのバックエンド アドレス プールを構成します。For each website (contoso.com and fabrikam.com), configure the back-end address pool on your load balancer:

  1. ポータルで [その他のサービス] を選択します。In the portal, select More services. フィルター ボックスに「ロード バランサー」と入力して、 [Load Balancer] を選択します。In the filter box, type load balancer and then select Load Balancer.

  2. バックエンド プールを追加するロード バランサー (mylb) を選択します。Select the load balancer (mylb) that you want to add the back-end pool to.

  3. [設定] で、 [バックエンド プール] を選択します。Under Settings, select Backend Pools. バックエンド プールの名前 (たとえば、contosopoolfabrikampool) を入力します。Type a name for your back-end pool (for example, contosopool or fabrikampool). 表示されたウィンドウの上部近くにある [追加] を選択します。In the next pane, near the top, select Add.

  4. [関連付け先][可用性セット] を選択します。For Associated to, select Availability set.

  5. [可用性セット][myAvailset] を選択します。For Availability set, select myAvailset.

  6. 次のように両方の VM のターゲット ネットワーク IP 構成を追加します。Add the target network IP configurations for both VMs:

    ロード バランサー用にバックエンド プールを構成する

    1. [ターゲット仮想マシン] で、バックエンド プールに追加する VM (たとえば、VM1VM2) を選択します。For Target virtual machine, select the VM that you want to add to the back-end pool (for example, VM1 or VM2).

    2. [Network IP configuration (ネットワーク IP 構成)] で、前の手順で選択した VM のセカンダリ NIC の IP 構成 (たとえば、VM1NIC2-ipconfig2VM2NIC2-ipconfig2) を選択します。For Network IP configuration, select the IP configuration of the secondary NIC for the VM that you selected in the previous step (for example, VM1NIC2-ipconfig2 or VM2NIC2-ipconfig2).

  7. [OK] を選択します。Select OK.

バックエンド プールの構成が完了すると、アドレスがロード バランサーの [バックエンド プール] 設定に表示されます。After the back-end pool is configured, the addresses are displayed under your load balancer Backend pool settings.

手順 5:正常性プローブを構成するStep 5: Configure the health probe

次のようにロード バランサーの正常性プローブを構成します。Configure a health probe for your load balancer:

  1. ポータルで [その他のサービス] を選択します。In the portal, select More services. フィルター ボックスに「ロード バランサー」と入力して、 [Load Balancer] を選択します。In the filter box, type load balancer and then select Load Balancer.

  2. 正常性プローブを追加するロード バランサー (mylb) を選択します。Select the load balancer (mylb) that you want to add the health probe to.

  3. [設定] で、 [正常性プローブ] を選択します。Under Settings, select Health probe. 表示されたウィンドウの上部近くにある [追加] を選択します。In the next pane, near the top, select Add.

  4. 正常性プローブの名前 (たとえば、HTTP) を入力します。Type a name for the health probe (for example, HTTP). [OK] を選択します。Select OK.

手順 6:負荷分散規則の構成Step 6: Configure load balancing rules

次のように各 Web サイト (contoso.com と fabrikam.com) で、負荷分散規則を構成します。For each website (contoso.com and fabrikam.com), configure the load balancing rules:

  1. [設定] で、 [負荷分散規則] を選択します。Under Settings, select Load balancing rules. 表示されたウィンドウの上部近くにある [追加] を選択します。In the next pane, near the top, select Add.

  2. [名前] に、負荷分散規則の名前 (たとえば、contoso.com には HTTPc、fabrikam.com には HTTPf) を入力します。For Name, type a name for the load balancing rule (for example, HTTPc for contoso.com, or HTTPf for fabrikam.com).

  3. [フロントエンド IP アドレス] で、以前に作成したフロントエンド IP アドレス (たとえば、contosofefabrikamfe) を選択します。For Frontend IP address, select the front-end IP address that you previously created (for example, contosofe or fabrikamfe).

  4. [ポート][バックエンド ポート] については、既定値の 80 のままにします。For Port and Backend port, keep the default value 80.

  5. [フローティング IP (ダイレクト サーバー リターン)] で、 [無効] を選択します。For Floating IP (direct server return), select Disabled.

  6. [OK] を選択します。Select OK.

  7. 2 つ目の負荷分散規則を作成するには、このセクションの手順 16 を繰り返します。Create the second load balancer rule by repeating step 1 through step 6 in this section.

規則の構成が完了すると、規則がロード バランサーの [負荷分散規則] 設定に表示されます。After the rules are configured, they are displayed under your load balancer Load balancing rules settings.

手順 7:DNS レコードを構成するStep 7: Configure DNS records

最後に、Load Balancer の各フロントエンド IP アドレスを指すように DNS リソース レコードを構成します。As the last step, configure your DNS resource records to point to the respective front-end IP addresses for your load balancer. ドメインを Azure DNS でホストできます。You can host your domains in Azure DNS. Azure DNS を Load Balancer で使用する方法の詳細については、「Azure DNS を他の Azure サービスで使用する」を参照してください。For more information about using Azure DNS with Load Balancer, see Using Azure DNS with other Azure services.

次の手順Next steps