クイック スタート:Azure portal を使用して、VM の負荷分散を行うパブリック ロード バランサーを作成する

Azure portal を使用してパブリック ロード バランサーと 2つの仮想マシンを作成することにより、Azure Load Balancer の使用を開始します。

前提条件

Azure へのサインイン

Azure Portal ( https://portal.azure.com ) にサインインします。

仮想ネットワークの作成

このセクションでは、仮想ネットワーク、サブネット、Azure Bastion ホストを作成します。 仮想ネットワークとサブネットには、ロード バランサーと仮想マシンが含まれます。 bastion ホストは、仮想マシンを安全に管理し、IIS をインストールしてロード バランサーをテストするために使用されます。

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想ネットワーク」と入力します。 検索結果で、 [仮想ネットワーク] を選択します。

  2. [仮想ネットワーク][+ 作成] を選択します。

  3. [仮想ネットワークの作成][基本] タブで、次の情報を入力するか選択します。

    設定 Value
    プロジェクトの詳細
    サブスクリプション Azure サブスクリプションを選択します。
    リソース グループ [新規作成] を選択します。

    に「CreatePubLBQS-rg」 と入力します。

    を選択します。
    インスタンスの詳細
    名前 myVNet」と入力します
    リージョン [西ヨーロッパ] を選択します
  4. [IP アドレス] タブを選択するか、ページ下部の [次へ: IP アドレス] ボタンを選択します。

  5. [IP アドレス] タブで、次の情報を入力します。

    設定
    IPv4 アドレス空間 10.1.0.0/16」と入力します。
  6. [サブネット名] で、 [default](既定) という単語を選択します。 サブネットが存在しない場合は、[+ サブネットの 追加] を選択します。

  7. [サブネットの編集] に次の情報を入力します。

    設定
    サブネット名 myBackendSubnet」と入力します
    サブネットのアドレス範囲 10.1.0.0/24」と入力します。
  8. [保存 ] または [ 追加] を選択します。

  9. [セキュリティ] タブをクリックします。

  10. [BastionHost][有効にする] を選択します。 この情報を入力します。

    設定
    要塞名 myBastionHost」と入力します
    AzureBastionSubnet のアドレス空間 10.1.1.0/27」 と入力します
    パブリック IP アドレス [新規作成] を選択します。
    [名前] に「myBastionIP」と入力します。

    を選択します。
  11. [確認と作成] タブを選択するか、 [確認と作成] ボタンを選択します。

  12. [作成] を選択します

    Note

    仮想ネットワークとサブネットはすぐに作成されます。 Bastion ホストの作成はジョブとして送信され、10 分以内に完了します。 Bastion ホストが作成されている間、次の手順に進むことができます。

ロード バランサーの作成

このセクションでは、仮想マシンの負荷分散を行うゾーン冗長ロード バランサーを作成します。 ゾーン冗長では、1 つまたは複数の可用性ゾーンで障害が発生しても対応可能であり、リージョン内に正常なゾーンが 1 つでも残っていれば、データ パスは存続します。

ロード バランサーの作成中に、次の構成を行います。

  • フロントエンド IP アドレス
  • バックエンド プール
  • インバウンドの負荷分散規則
  • 正常性プローブ
  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「ロード バランサー」と入力します。 検索結果で [ロード バランサー] を選択します。

  2. [ロード バランサー] ページで、 [+ 作成] を選択します。

  3. [ロード バランサーの作成] ページの [基本] タブで、次の情報を入力または選択します。

    設定
    プロジェクトの詳細
    サブスクリプション サブスクリプションを選択します。
    Resource group [CreatePubLBQS-rg] を選択します。
    インスタンスの詳細
    名前 myLoadBalancer」と入力します
    リージョン [西ヨーロッパ] を選択します。
    SKU 既定値 [標準] のままにします。
    Type [パブリック] を選択します。
    レベル [地域] は既定値のままにします。

    Screenshot of create standard load balancer basics tab.

  4. ページ下部にある [次へ: フロントエンド IP の構成] を選択します。

  5. [フロントエンド IP 構成] で、[+ フロントエンド IP 構成の追加] を選択します。

  6. [名前] に「myFrontend」と入力します。

  7. [IP バージョン] には [IPv4] または [IPv6] を選択します。

    Note

    IPv6 は現在、ルーティングの優先順位およびリージョン間の負荷分散 (グローバル階層) ではサポートされていません。

  8. [IP の種類] として [IP アドレス] を選択します。

    Note

    IP プレフィックスの詳細については、Azure パブリック IP アドレス プレフィックスに関するページを参照してください。

  9. [パブリック IP アドレス][新規作成] を選択します。

  10. [パブリック IP アドレスの追加] で、 [名前] に「myPublicIP」と入力します。

  11. [可用性ゾーン] で、 [ゾーン冗長] を選択します。

    Note

    Availability Zones があるリージョンでは、ゾーンなし (既定のオプション)、特定のゾーン、またはゾーン冗長を選択できます。 この選択は、特定のドメイン障害要件によって異なる場合があります。 Availability Zones がないリージョンでは、このフィールドは表示されません。
    可用性ゾーンの詳細については、可用性ゾーンの概要に関するページを参照してください。

  12. [ルーティングの優先順位] は、既定値の [Microsoft ネットワーク] のままにします。

  13. [OK] を選択します。

  14. [追加] を選択します。

  15. ページ下部で [次へ: バックエンド プール] を選択します。

  16. [バックエンド プール] タブで、 [+ バックエンド プールの追加] を選択します。

  17. [バックエンド プールの追加][名前] に「myBackendPool」と入力します。

  18. [仮想ネットワーク][myVNet] を選択します。

  19. [バックエンド プールの構成] には [NIC] または [IP アドレス] を選択します。

  20. [IP バージョン] には [IPv4] または [IPv6] を選択します。

  21. [追加] を選択します。

  22. ページ下部にある [次へ: インバウンド規則] を選択します。

  23. [受信規則] タブの [負荷分散規則] で、 [+ 負荷分散規則の追加] を選択します。

  24. [負荷分散規則の追加] で、次の情報を入力または選択します。

    設定
    名前 myHTTPRule」と入力します。
    IP バージョン 要件に応じて、 [IPv4] または [IPv6] を選択します。
    フロントエンド IP アドレス [myFrontend] を選択します。
    バックエンド プール [myBackendPool] を選択します。
    Protocol [TCP] を選択します。
    Port 80」と入力します。
    バックエンド ポート 80」と入力します。
    正常性プローブ [新規作成] を選択します。
    [名前] に、「myHealthProbe」と入力します。
    [プロトコル][TCP] を選択します。
    残りの部分は既定値のままにし、[OK] を選択します。
    セッション永続化 [なし] を選択します。
    アイドル タイムアウト (分) 15」を入力または選択します。
    TCP リセット [Enabled] を選択します。
    フローティング IP [無効] をクリックします。
    アウトバウンド送信元ネットワーク アドレス変換 (SNAT) 既定値の [(推奨) アウトバウンド規則を使用して、バックエンド プールのメンバーがインターネットにアクセスできるようにします。] のままにします。
  25. [追加] を選択します。

  26. ページ下部にある青色の [確認と作成] ボタンを選択します。

  27. [作成] を選択します

    注意

    この例では、送信インターネット アクセスを提供する NAT ゲートウェイを作成します。 構成の [アウトバウンド規則] タブは省略可能であり、NAT ゲートウェイでは不要なためバイパスされました。 Azure NAT ゲートウェイの詳細については、「Virtual Network NAT とは」を参照してください。Azure でのアウトバウンド接続の詳細については、アウトバウンド接続の送信元ネットワーク アドレス変換 (SNAT) に関するページを参照してください。

NAT ゲートウェイの作成

このセクションでは、仮想ネットワーク内のリソースの送信インターネット アクセス用の NAT ゲートウェイを作成します。

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「NAT ゲートウェイ」と入力します。 検索結果から [NAT ゲートウェイ] を選択します。

  2. [NAT ゲートウェイ] で、 [+ 作成] を選択します。

  3. [ネットワーク アドレス変換 (NAT) ゲートウェイを作成します] で、次の情報を入力または選択します。

    設定
    プロジェクトの詳細
    サブスクリプション サブスクリプションを選択します。
    Resource group [CreatePubLBQS-rg] を選択します。
    インスタンスの詳細
    NAT ゲートウェイ名 myNATgateway」と入力します。
    リージョン [西ヨーロッパ] を選択します。
    可用性ゾーン [なし] を選択します。
    アイドル タイムアウト (分) 15」と入力します。
  4. [送信 IP] タブを選択するか、ページの下部にある [次へ: 送信 IP] を選択します。

  5. [送信 IP] で、 [パブリック IP アドレス] の横にある [新しいパブリック IP アドレスの作成] を選択します。

  6. [名前] に、「myNATgatewayIP」と入力します。

  7. [OK] を選択します。

  8. [サブネット] タブを選択するか、ページ下部にある [次へ: サブネット] ボタンを選択します。

  9. [サブネット] タブの [仮想ネットワーク][myVNet] を選択します。

  10. [サブネット名][myBackendSubnet] を選択します。

  11. ページ下部にある青色の [確認と作成] ボタンを選択するか、 [確認と作成] タブを選択します。

  12. [作成] を選択します

仮想マシンを作成する

このセクションでは、2 つの異なるゾーン (ゾーン 1ゾーン 2) に 2 つの VM (myVM1myVM2) を作成します。

これらの VM を、前に作成したロード バランサーのバックエンド プールに追加します。

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想マシン」と入力します。 検索結果から [仮想マシン] を選択します。

  2. [仮想マシン] で、[+ 作成][仮想マシン] を選択します。

  3. [仮想マシンの作成][基本] タブに次の値を入力するか選択します。

    設定
    プロジェクトの詳細
    サブスクリプション Azure サブスクリプションを選択します。
    リソース グループ CreatePubLBQS-rg を選択します
    インスタンスの詳細
    仮想マシン名 myVM1」と入力します
    リージョン [(ヨーロッパ) 西ヨーロッパ] を選択します
    可用性オプション [可用性ゾーン] を選択します
    可用性ゾーン [Zone 1] を選択します
    セキュリティの種類 [Standard] を選択します。
    Image [Windows Server 2022 Datacenter: Azure Edition - Gen2] を選択します。
    Azure Spot インスタンス 既定値のオフのままにします。
    サイズ VM サイズを選択するか、既定の設定を使用します
    管理者アカウント
    ユーザー名 ユーザー名を入力します
    Password [パスワード] を入力します
    [パスワードの確認入力] パスワードを再入力します
    受信ポートの規則
    パブリック受信ポート [なし] を選択します
  4. [ネットワーク] タブまたは [次へ: ディスク] を選択してから [次へ: ネットワーク] を選択します。

  5. [ネットワーク] タブで、次の情報を入力または選択します。

    設定
    ネットワーク インターフェイス
    仮想ネットワーク [myVNet] を選択します
    Subnet [myBackendSubnet] を選択します
    パブリック IP [なし] を選択します。
    NIC ネットワーク セキュリティ グループ [Advanced] \(詳細設定) を選択します
    ネットワーク セキュリティ グループを構成する [新規作成] を選択します。
    [ネットワーク セキュリティ グループの作成] で、[名前] に「myNSG」と入力します。

    で、[+ 受信規則の追加] を選択します。

    で、[HTTP] を選択します。

    に「100」と入力します。

    に「myNSGRule」と入力 [追加] を選択 [OK] を選択します
    VM が削除された場合に NIC を削除する 既定値の [未選択]のままにします。
    Accelerated Networking 既定値の [選択済み]のままにします。
    負荷分散
    この仮想マシンを既存の負荷分散ソリューションの後ろに配置しますか? チェック ボックスをオンにします。
    ロード バランサーの設定
    負荷分散のオプション [Azure ロード バランサー] を選択する
    ロード バランサーを選択する [myLoadBalancer] を選択します
    バックエンド プールを選択する [myBackendPool] を選択します
  6. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。

  7. 設定を確認し、 [作成] を選択します。

  8. 手順 1 から 7 に従って、別の VM を作成します。次の値を使用し、他の設定はすべて myVM1 と同じにします。

    設定 VM 2
    名前 myVM2
    可用性ゾーン ゾーン 2
    ネットワーク セキュリティ グループ 既存の [myNSG] を選択します

Note

パブリック IP アドレスが割り当てられていないか、内部の Basic Azure Load Balancer のバックエンド プールにある VM に対しては、Azure によってデフォルト送信アクセス IP が提供されます。 デフォルト送信アクセス IP メカニズムは、構成できないアウトバウンド IP アドレスを提供します。

詳細については、「Azure での既定の送信アクセス」を参照してください。

パブリック IP アドレスが VM に割り当てられている場合、またはアウトバウンド規則の有無にかかわらず VM が Standard Load Balancer のバックエンド プールに配置されている場合、既定の送信アクセス IP は無効になります。 Azure Virtual Network ネットワーク アドレス変換 (NAT) ゲートウェイ リソースが仮想マシンのサブネットに割り当てられている場合、デフォルト送信アクセス IP は無効になります。

フレキシブル オーケストレーション モードの仮想マシン スケール セットによって作成された VM には、既定の送信アクセスがありません。

Azure でのアウトバウンド接続の詳細については、「アウトバウンド接続に送信元ネットワーク アドレス変換 (SNAT) を使用する」を参照してください。

IIS のインストール

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想マシン」と入力します。 検索結果から [仮想マシン] を選択します。

  2. [myVM1] を選択します。

  3. [概要] ページで [接続][要塞] の順に選択します。

  4. VM 作成時に入力したユーザー名とパスワードを入力します。

  5. [接続] を選択します。

  6. サーバーのデスクトップで、[Windows 管理ツール][Windows PowerShell] の順に移動します。

  7. PowerShell ウィンドウで、次のコマンドを実行して以下の作業を行います。

    • IIS サーバーをインストールする
    • 既定の iisstart.htm ファイルを削除する
    • VM の名前が表示された新しい iisstart.htm ファイルを追加する。
     # Install IIS server role
     Install-WindowsFeature -name Web-Server -IncludeManagementTools
    
     # Remove default htm file
     Remove-Item  C:\inetpub\wwwroot\iisstart.htm
    
     # Add a new htm file that displays server name
     Add-Content -Path "C:\inetpub\wwwroot\iisstart.htm" -Value $("Hello World from " + $env:computername)
    
    
  8. myVM1 との Bastion セッションを閉じます。

  9. 手順 1. から 8. を繰り返して、IIS と更新済み iisstart.htm ファイルを myVM2 にインストールします。

ロード バランサーをテストする

  1. ページの上部にある検索ボックスに、「パブリック IP」と入力します。 検索結果から [パブリック IP アドレス] を選択します。

  2. [パブリック IP アドレス] で、 [myPublicIP] を選択します。

  3. [IP アドレス]内の項目 をコピーします。 その URL をブラウザーのアドレス バーに貼り付けます。 IIS Web サーバーのカスタムの VM ページがブラウザーに表示されます。

    Screenshot of load balancer test

リソースをクリーンアップする

リソース グループ、ロード バランサー、および関連するすべてのリソースは、不要になったら削除します。 これを行うには、リソースを含むリソース グループ (CreatePubLBQS-rg) を選択し、 [削除] を選択します。

次のステップ

このクイック スタートでは次の作業を行います。

  • Azure Load Balancer を作成しました
  • 2 つの VM をロード バランサーにアタッチしました。
  • ロード バランサーをテストしました

Azure Load Balancer についてさらに学習するには、次の記事に進んでください。