チュートリアル:Azure portal の Basic ロードバランサーを使用して内部トラフィックの負荷を分散するTutorial: Balance internal traffic load with a Basic load balancer in the Azure portal

負荷分散では、着信要求を仮想マシン (VM) に分散させることで、より高いレベルの可用性とスケールを実現します。Load balancing provides a higher level of availability and scale by spreading incoming requests across virtual machines (VMs). Azure portal を使用して、Basic ロード バランサーを作成し、内部トラフィックを VM 間で分散させることができます。You can use the Azure portal to create a Basic load balancer and balance internal traffic among VMs. このチュートリアルでは、Basic 価格レベルで、内部ロード バランサー、バックエンド サーバー、およびネットワーク リソースを作成および構成する方法について説明します。This tutorial shows you how to create and configure an internal load balancer, back-end servers, and network resources at the Basic pricing tier.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

必要に応じて、ポータルではなく Azure CLI または Azure PowerShell を使用してこのような手順を実行できます。If you prefer, you can do these steps using the Azure CLI or Azure PowerShell instead of the portal.

このチュートリアルを使用してこの手順を実行するには、https://portal.azure.com の Azure portal にサインインします。To do the steps using this tutorial, sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

VNet、バックエンド サーバー、およびテスト VM を作成するCreate a VNet, back-end servers, and a test VM

まず仮想ネットワーク (VNet) を作成します。First, create a virtual network (VNet). VNet では、Basic ロードバランサーのバックエンド プールに使用する 2 つの VM と、ロード バランサーのテストに使用する 3 つ目の VM を作成します。In the VNet, create two VMs to use for the back-end pool of your Basic load balancer, and a third VM to use for testing the load balancer.

仮想ネットワークの作成Create a virtual network

  1. ポータルの画面の左上で、 [リソースの作成] > [ネットワーキング] > [仮想ネットワーク] の順に選択します。On the upper-left side of the portal, select Create a resource > Networking > Virtual network.

  2. [仮想ネットワークの作成] ウィンドウで、以下の値を入力または選択します。In the Create virtual network pane, type or select these values:

    • Name:「MyVNet」と入力します。Name: Type MyVNet.
    • ResourceGroup: [新規作成] を選択してから「MyResourceGroupLB」と入力し、 [OK] を選択します。ResourceGroup: Select Create new, then enter MyResourceGroupLB, and select OK.
    • [サブネット] > [名前] : 「MyBackendSubnet」と入力します。Subnet > Name: Type MyBackendSubnet.
  3. 作成 を選択します。Select Create.

    仮想ネットワークの作成

仮想マシンを作成するCreate virtual machines

  1. ポータルの左上で、 [リソースの作成] > [Compute] > [Windows Server 2016 Datacenter] の順に選択します。On the upper-left side of the portal, select Create a resource > Compute > Windows Server 2016 Datacenter.

  2. [仮想マシンの作成][Basic] タブに次の値を入力するか選択します。In Create a virtual machine, type or select the following values in the Basics tab:

    • [サブスクリプション] > [リソース グループ] : ドロップダウンから [MyResourceGroupLB] を選択します。Subscription > Resource Group: Drop down and select MyResourceGroupLB.
    • [インスタンスの詳細] > [仮想マシン名] : 「MyVM1」と入力します。Instance Details > Virtual machine name: Type MyVM1.
    • [インスタンスの詳細] > [可用性オプション] :Instance Details > Availability Options:
      1. ドロップダウン メニューから [可用性セット] を選択します。Drop down and select Availability set.
      2. [新規作成] を選択し、「MyAvailabilitySet」と入力して [OK] を選択します。Select Create new, type MyAvailabilitySet, and select OK.
  3. [ネットワーク] タブまたは [次へ: ディスク] を選択してから [次へ: ネットワーク] を選択します。Select the Networking tab, or select Next: Disks, then Next: Networking.

    以下が選択されていることを確認します。Make sure the following are selected:

    • 仮想ネットワーク:MyVNetVirtual network: MyVNet
    • サブネット:MyBackendSubnetSubnet: MyBackendSubnet

    [ネットワーク セキュリティ グループ] :Under Network Security Group:

    1. [Advanced] (詳細設定) を選択します。Select Advanced.
    2. ドロップダウン メニュー [ネットワーク セキュリティ グループの構成] から [なし] を選択します。Drop down Configure network security group and select None.
  4. [管理] タブまたは [次へ] > [管理] を選択します。Select the Management tab, or select Next > Management. [監視][ブート診断][オフ] に設定します。Under Monitoring, set Boot diagnostics to Off.

  5. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create.

  6. 設定を確認し、 [作成] を選択します。Review the settings, and then select Create.

  7. 手順に従って MyVM2 という名前の 2 つ目の VM を作成します。他のすべての設定は MyVM1 と同じです。Follow the steps to create a second VM named MyVM2, with all the other settings the same as MyVM1.

  8. この手順に従って MyTestVM という 3 つ目の VM を作成します。Follow the steps again to create a third VM named MyTestVM.

Basic Load Balancer を作成するCreate a Basic load balancer

ポータルを使用して Basic 内部ロード バランサーを作成します。Create a Basic internal load balancer by using the portal. 作成する名前と IP アドレスは、ロード バランサーのフロント エンドとして自動的に構成されます。The name and IP address you create are automatically configured as the load balancer's front end.

  1. ポータルの左上で、 [リソースの作成] > [ネットワーキング] > [Load Balancer] の順に選択します。On the upper-left side of the portal, select Create a resource > Networking > Load Balancer.

  2. [ロード バランサーの作成] ページの [基本] タブで、次の情報を入力するか選択し、それ以外の設定では既定値をそのまま使用して、 [確認と作成] を選択します。In the Basics tab of the Create load balancer page, enter or select the following information, accept the defaults for the remaining settings, and then select Review + create:

    設定Setting Value
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    Resource groupResource group [新規作成] を選択して、テキスト ボックスに「MyResourceGroupLB」と入力します。Select Create new and type MyResourceGroupLB in the text box.
    NameName myLoadBalancermyLoadBalancer
    リージョンRegion [米国東部 2] を選択します。Select East US 2.
    種類Type [内部] を選択します。Select Internal.
    SKUSKU [Basic] を選択します。Select Basic.
    仮想ネットワークVirtual network [MyVNet] を選択します。Select MyVNet.
    IP アドレスの割り当てIP address assignment [静的] を選択します。Select Static.
    プライベート IP アドレスPrivate IP address 仮想ネットワークとサブネットのアドレス空間内にあるアドレスを入力します (例: 10.3.0.7)。Type an address that is in the address space of your virtual network and subnet, for example 10.3.0.7.
  3. [確認と作成] タブで、 [作成] をクリックします。In the Review + create tab, click Create.

Basic ロード バランサーのリソースを作成するCreate Basic load balancer resources

このセクションでは、バックエンド アドレス プールと正常性プローブのロード バランサー設定を構成し、ロード バランサーの規則を指定します。In this section, you configure load balancer settings for a back-end address pool and a health probe, and specify load balancer rules.

バックエンド アドレス プールを作成するCreate a back-end address pool

トラフィックを複数の VM に分散させるために、バックエンド アドレス プールを使用します。To distribute traffic to the VMs, the load balancer uses a back-end address pool. バックエンド アドレス プールに、ロード バランサーに接続される仮想ネットワーク インターフェイス (NIC) の IP アドレスを含めます。The back-end address pool contains the IP addresses of the virtual network interfaces (NICs) that are connected to the load balancer.

VM1 と VM2 を含むバックエンド アドレス プールを作成するには:To create a back-end address pool that includes VM1 and VM2:

  1. 左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、リソースの一覧から [MyLoadBalancer] を選択します。Select All resources on the left menu, and then select MyLoadBalancer from the resource list.

  2. [設定] で、 [バックエンド プール][追加] の順に選択します。Under Settings, select Backend pools, and then select Add.

  3. [バックエンド プールの追加] ページで、以下の値を入力または選択します。On the Add a backend pool page, type or select the following values:

    • Name:「MyBackendPool」と入力します。Name: Type MyBackendPool.
    • [関連付け先] : ドロップダウン メニューから [可用性セット] を選択します。Associated to: Drop down and select Availability set.
    • 可用性セット: [MyAvailabilitySet] を選択します。Availability set: Select MyAvailabilitySet.
  4. [ターゲット ネットワーク IP 構成の追加] を選択します。Select Add a target network IP configuration.

    1. [MyVM1][MyVM2] をバックエンド プールに追加します。Add MyVM1 and MyVM2 to the back-end pool.
    2. 各マシンを追加したら、ドロップダウンメニューから [ネットワーク IP 構成] を選択します。After you add each machine, drop down and select its Network IP configuration.

    注意

    [MyTestVM] はプールに追加しないでください。Do not add MyTestVM to the pool.

  5. [OK] を選択します。Select OK.

    バックエンド アドレス プールの追加

  6. [バックエンド プール] ページで、 [MyBackendPool] を展開し、 [VM1][VM2] の両方が表示されていることを確認します。On the Backend pools page, expand MyBackendPool and make sure both VM1 and VM2 are listed.

正常性プローブの作成Create a health probe

ロード バランサーで VM の状態を監視するには、正常性プローブを使用します。To allow the load balancer to monitor VM status, you use a health probe. 正常性プローブは、ロード バランサーのローテーションに含める VM を、正常性チェックへの応答に基づいて動的に追加したり削除したりする働きをします。The health probe dynamically adds or removes VMs from the load balancer rotation based on their response to health checks.

正常性プローブを作成して VM の正常性を監視するには:To create a health probe to monitor the health of the VMs:

  1. 左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、リソースの一覧から [MyLoadBalancer] を選択します。Select All resources on the left menu, and then select MyLoadBalancer from the resource list.

  2. [設定] で、 [正常性プローブ][追加] の順に選択します。Under Settings, select Health probes, and then select Add.

  3. [正常性プローブの追加] ページで、以下の値を入力または選択します。On the Add a health probe page, type or select the following values:

    • Name:「MyHealthProbe」と入力します。Name: Type MyHealthProbe.
    • プロトコル:ドロップダウンから [HTTP] を選択します。Protocol: Drop down and select HTTP.
    • ポート:「80」と入力します。Port: Type 80.
    • パス:既定の URI の / をそのまま使用します。Path: Accept / for the default URI. この値は任意の別の URI に置き換えることができます。You can replace this value with any other URI.
    • 間隔: 「15」と入力します。Interval: Type 15. [間隔] は、プローブの試行の間隔を示す秒数です。Interval is the number of seconds between probe attempts.
    • [異常のしきい値] : 「2」と入力します。Unhealthy threshold: Type 2. この値は、プローブの連続する失敗回数です (この回数を超えると、VM は異常と見なされます)。This value is the number of consecutive probe failures that occur before a VM is considered unhealthy.
  4. [OK] を選択します。Select OK.

    プローブの追加

ロード バランサー規則の作成Create a load balancer rule

ロード バランサー規則は、VM に対するトラフィックの分散方法を定義します。A load balancer rule defines how traffic is distributed to the VMs. この規則で、着信トラフィック用のフロントエンド IP 構成、トラフィックを受信するためのバックエンド IP プール、必要な発信元ポートと宛先ポートを定義します。The rule defines the front-end IP configuration for incoming traffic, the back-end IP pool to receive the traffic, and the required source and destination ports.

MyLoadBalancerRule という名前のロード バランサー規則は、フロントエンド LoadBalancerFrontEnd のポート 80 をリッスンしています。The load balancer rule named MyLoadBalancerRule listens to port 80 in the front-end LoadBalancerFrontEnd. この規則は、ネットワーク トラフィックをバックエンド アドレス プール MyBackendPool に、またポート 80 上で送信します。The rule sends network traffic to the back-end address pool MyBackendPool, also on port 80.

ロード バランサー規則を作成するには:To create the load balancer rule:

  1. 左側のメニューで [すべてのリソース] を選択し、リソースの一覧から [MyLoadBalancer] を選択します。Select All resources on the left menu, and then select MyLoadBalancer from the resource list.

  2. [設定] で、 [負荷分散規則][追加] の順に選択します。Under Settings, select Load balancing rules, and then select Add.

  3. [負荷分散規則の追加] ページで、(まだ指定されていない場合は) 次の値を入力または選択します。On the Add load balancing rule page, type or select the following values, if not already present:

    • Name:「MyLoadBalancerRule」と入力します。Name: Type MyLoadBalancerRule.
    • [フロントエンド IP アドレス] : 指定されていない場合は「LoadBalancerFrontEnd」と入力します。Frontend IP address: Type LoadBalancerFrontEnd if not present.
    • プロトコル: [TCP] を選択します。Protocol: Select TCP.
    • ポート:「80」と入力します。Port: Type 80.
    • [バックエンド ポート] :「80」と入力します。Backend port: Type 80.
    • [バックエンド プール] : [MyBackendPool] を選択します。Backend pool: Select MyBackendPool.
    • [正常性プローブ] : [MyHealthProbe] を選択します。Health probe: Select MyHealthProbe.
  4. [OK] を選択します。Select OK.

    ロード バランサー規則の追加

ロード バランサーをテストするTest the load balancer

バックエンド サーバーにインターネット インフォメーション サービス (IIS) をインストールしてから、MyTestVM を使用し、プライベート IP アドレスを使用してロード バランサーをテストします。Install Internet Information Services (IIS) on the back-end servers, then use MyTestVM to test the load balancer using its private IP address. 各バックエンド VM は、既定の IIS Web ページの異なるバージョンを提供するため、ロード バランサーが 2 つの VM 間で要求を分散していることがわかります。Each back-end VM serves a different version of the default IIS web page, so you can see the load balancer distribute requests between the two VMs.

ポータルでは、MyLoadBalancer[概要] ページの [プライベート IP アドレス] にその IP アドレスがあります。In the portal, on the Overview page for MyLoadBalancer, find its IP address under Private IP Address. アドレスにカーソルを置き、 [コピー] アイコンを選択してコピーします。Hover over the address and select the Copy icon to copy it. この例では 10.3.0.7 です。In this example, it is 10.3.0.7.

RDP を使用して VM に接続するConnect to the VMs with RDP

まず、リモート デスクトップ (RDP) を使用して 3 つの VM すべてに接続します。First, connect to all three VMs with Remote Desktop (RDP).

注意

既定で、VM では、リモート デスクトップ アクセスを許可する RDP (リモート デスクトップ) ポートが開かれています。By default, the VMs already have the RDP (Remote Desktop) port open to allow remote desktop access.

リモート デスクトップ (RDP) から VM に接続するには:To remote desktop (RDP) into the VMs:

  1. ポータルの左側のメニューで [すべてのリソース] を選択します。In the portal, select All resources on the left menu. リソースの一覧の MyResourceGroupLB リソース グループから各 VM を選択します。From the resource list, select each VM in the MyResourceGroupLB resource group.

  2. [概要] ページで [接続] を選択してから [RDP ファイルのダウンロード] を選択します。On the Overview page, select Connect, and then select Download RDP file.

  3. ダウンロードした RDP ファイルを開き、 [接続] を選択します。Open the RDP file you downloaded, and select Connect.

  4. [Windows セキュリティ] ウィンドウで、 [その他][別のアカウントを使用する] の順に選択します。On the Windows Security screen, select More choices and then Use a different account.

    ユーザー名とパスワードを入力し、 [OK] を選択します。Enter username and password and then select OK.

  5. 証明書のプロンプトが表示されたら [はい] を選択します。Respond Yes to any certificate prompt.

    VM デスクトップが新しいウィンドウに開きます。The VM desktop opens in a new window.

バックエンド VM に IIS をインストールし、既定の IIS ページを置き換えます。Install IIS and replace the default IIS page on the back-end VMs

各バックエンド サーバー上で、PowerShell を使用して IIS をインストールし、既定の IIS Web ページをカスタマイズしたページに置き換えます。On each back-end server, use PowerShell to install IIS and replace the default IIS web page with a customized page.

注意

また、 [サーバー マネージャー][役割と機能の追加ウィザード] を使用して IIS をインストールすることもできます。You can also use the Add Roles and Features Wizard in Server Manager to install IIS.

IIS をインストールし、既定の Web ページを PowerShell で更新するには:To install IIS and update the default web page with PowerShell:

  1. MyVM1 と MyVM2 上で、 [スタート] メニューから Windows PowerShell を起動します。On MyVM1 and on MyVM2, launch Windows PowerShell from the Start menu.

  2. 次のコマンドを実行して IIS をインストールし、既定の IIS Web ページを置き換えます。Run the following commands to install IIS and replace the default IIS web page:

     # Install IIS
       Install-WindowsFeature -name Web-Server -IncludeManagementTools
    
     # Remove default htm file
      remove-item  C:\inetpub\wwwroot\iisstart.htm
    
     #Add custom htm file
      Add-Content -Path "C:\inetpub\wwwroot\iisstart.htm" -Value $("Hello World from " + $env:computername)
    
  3. [切断] を選択して、MyVM1 と MyVM2 との RDP 接続を閉じます。Close the RDP connections with MyVM1 and MyVM2 by selecting Disconnect. VM をシャット ダウンしないでください。Do not shut down the VMs.

ロード バランサーをテストするTest the load balancer

  1. MyTestVM で Internet Explorer を開き、構成のプロンプトが表示されたら [OK] を選択します。On MyTestVM, open Internet Explorer, and respond OK to any configuration prompts.

  2. ロード バランサーのプライベート IP アドレス (10.3.0.7) をブラウザーのアドレス バーに貼り付けるか入力します。Paste or type the load balancer's private IP address (10.3.0.7) into the address bar of the browser.

    カスタマイズされた IIS Web サーバーの既定のページがブラウザーに表示されます。The customized IIS web server default page appears in the browser. Hello World from MyVM1 または Hello World from MyVM2 というメッセージが表示されます。The message reads either Hello World from MyVM1, or Hello World from MyVM2.

  3. ブラウザーを更新して、ロード バランサーによって VM 間でトラフィックが分散されていることを確認します。Refresh the browser to see the load balancer distribute traffic across VMs. 場合によっては、試行の間にブラウザーのキャッシュをクリアする必要があります。You may also need to clear your browser cache between attempts.

    ロード バランサーによって要求が各バックエンド VM に分散されている場合、MyVM1 ページが表示されるときと、MyVM2 ページが表示されるときがあります。Sometimes the MyVM1 page appears, and other times the MyVM2 page appears, as the load balancer distributes the requests to each back-end VM.

    新しい IIS の既定のページ

リソースをクリーンアップするClean up resources

不要になったときにロード バランサーと関連するすべてのリソースを削除するには、MyResourceGroupLB リソース グループを開き、 [リソース グループの削除] を選択します。To delete the load balancer and all related resources when you no longer need them, open the MyResourceGroupLB resource group and select Delete resource group.

次のステップNext steps

このチュートリアルでは、Basic レベルの内部ロード バランサーを作成しました。In this tutorial, you created a Basic-tier internal load balancer. ネットワーク リソース、バックエンド サーバー、正常性プローブ、およびロードバランサーの規則を作成および構成しました。You created and configured network resources, back-end servers, a health probe, and rules for the load balancer. バックエンド VM に IIS をインストールし、テスト VM を使用してブラウザーでロード バランサーをテストしました。You installed IIS on the back-end VMs and used a test VM to test the load balancer in the browser.

次は、可用性ゾーン間で VM の負荷分散を行う方法を学びます。Next, learn how to load balance VMs across availability zones.